タグ:雑事 ( 432 ) タグの人気記事

集うは我らの旗の下

「世のため、後(のち)のため」
   ----- 塙保己一
       (日本人、国学者、1746年6月23生まれ)



SNSのおかげで、世の中、いろんな人がいるんだなあ、ということを認識させられるようになりました。
って、もうほとんど、ナニ当たり前のことゆってんの、ってなセリフでありますが。

でもね、自分のリアルな世界では、自分と価値観が近い人や好意を持つ人のほうが、嫌いな人よりずっと多いではないですか。
SNSをやってない友人もいますしね。
それなのに、SNS上のあれやこれやによって、心が受けたものが、
確実にリアルな世界を色付けして、目に映るものや耳に入る言葉への印象を変えていく以上、
これらはもうすでに別個の存在とは言えなくなってます。

SNSの短い文章に、コアとなる価値観を期待通りに詰め込むのも、
また的確に読み取るのも、なかなかに技術のいることで。
光のように流れていく情報の一つに、脊髄反射的に抱いた感想に対して、
ちょっと立ち止まって考えてみることが必要だなあ、としみじみ思います。
↑ にリンクさせていただいた記事はSE向けとなってますが、そうでない方にも十分通じるものであることと。

自分の中にある、差別感情や特定の偏見。
それは歪みだ、早くなくせ、ということではなく、まずは自分の中に歪みがあるという自覚を持つところから、ですよね。

* * * * *

【映画】

Black Panther 1

(※映画の画像は全て公式サイトや公式Facebookページからお借りしました)

随分前になってしまいますが、映画「Black Panther」を観に行って参りました。
映画が公開になってから随分経つので、もう感想書いてもいいかな? いいかな?
うん、ほんとはサボってただけですけど(爆)

公開後、爆発的な人気を呼んだこちらの映画、5月30日時点の歴代興行ランキングで、なんと9位に入っています。
映画は飛行機内でまとめて観るもの、となりつつあったワタシでさえ、それこそSNSでの熱狂ぶりを目にしたり、批評家の手放しの絶賛振りを読んだりするうちに、これは久々に映画館に行くか!となったのでございます。
ハッピーエンド厨なワタシにも大丈夫、という確信を胸にして、行ってきたですよ。


続きの戯言(ネタバレ、はそれほどないと思うけど)
[PR]
by senrufan | 2018-06-23 09:54 | Trackback | Comments(0)

結ぶ絆は釜飯の

「私は、見るためには目を閉じるのです」
   ----- ポール・ゴーギャン
       (フランス人、画家、1848年6月7生まれ)


Oprah's Inspirational Commencement Speech at USC



お友達のご子息が、先日USCを卒業されたのですが、ゲストスピーカーがオプラ・ウィンフリーだったそうで。
素晴らしかった!と友人が絶賛していたので、動画を探してみたのです。
こうやって、その場にいられなくとも拝聴できること、本当にありがたい限りです。

お嬢もちょうど6年前に、こちらのハイスクールを卒業いたしました。
日本のしみじみとした卒業式も良いですが、明るく前向きで、笑顔のまま泣けてしまうような、そんなこちらの卒業式も、なかなか良いものでございますぞ。

あー、また卒業式に出たいなあ。誰か卒業してくれないかなあ。(え)
以下の記事と動画も良いですよー。


Letter from a father to his graduating daughter (卒業する娘へ、父からの手紙)




* * * * *

【レストラン】

     IMG_9997

新しい和食レストランができたよ、と、あるお友達から聞いた後。
Kさんから、友人がなんとレストランをオープンしたの、とうかがって。
もしかして、と思って確認したら、同じお店のことでした。

お値段だけを見たら、最近のベイエリア価格なので、う、と思ってしまうかもしれないけど、ボリュームと味から見たら、全然OKよ、
と、お二人それぞれの意見が一致してたので。

それは行きたい、行ってみたい。
ということで、Kさんにおねだりして、ご一緒させてもらったのよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-06-07 09:51 | Trackback | Comments(0)

重ねて加えて、時が満ち

「平和は眠りを許さない。地球のすべての男女の運命がそれにかかわっている。
最もまめな骨おしみをしない人類的事業の一つである」
   ----- 宮本百合子
       (日本人、作家、1899年2月13生まれ)


Legends Summarized: King Arthur



オリンピックでもバレンタインでもない話題ですみません。
お嬢から面白い動画を教わったので、ここにめもめも。

アーサー王伝説は大変有名ですが、はるか昔に本で読んだぐらいで、当然細部は全く覚えておりません。ぢまんすんな。
あとはアニメとか、子供向け番組でちらっと、ぐらいですが、
そんな私でも、王妃グィネヴィアとか騎士ランスロット、マーリンあたりの名前は知ってるぐらい、有名な伝説ですよね。

で、良くご存じの方には嘲笑モノなんですが、実はアーサー王伝説というのは、
ほとんど当時の同人誌によって、現在の形になっていった
というのをお嬢の解説でようやく知って、驚愕&コーフンした無知モンがワタシです。


元々アーサー王とは、存在したかもどうかもわからない微妙な方でして、
アナールカンブリエという古文書に、アーサーっぽい記載があったぐらい。
しかもこのアナールカンブリエ、歴史的に不正確な記述も多く、ツッコミどころ満載の書物なんだそうですよ。

しかし、そんな伝説に萌える魂があるのは、時代も国も超えて共通。
トロップスというフランス人が書いた同人で、ランスロットと聖杯が登場。
その後の別の同人でパーシヴァルが、更に別の同人でガラハットが、という感じで、
続々と創作キャラが登場し、伝説が膨らんでいったそうでございます。


あと、お嬢の解説で面白かった別ポイントは、途中の同人で、イスラムの影響を受けた恋愛模様が出てくる、という点。
それってどんなもの?と聞いたところ、愛の為に愛する、女性を崇め奉る、愛は人をより良いものにする、などの恋愛観だと言われて、
へ? それって元はイスラムなの?

アナールカンブリエが出たのが4世紀後半だそうですから、とっくにキリスト教は出現しているわけで。
その恋愛観や愛の概念に、イスラムが影響を与えて、今の形へと変貌を遂げていく。
対して、今現在のイスラムの恋愛観は如何なるものなのか。
現代のこの対立は、一体何なのか。
もう、無限に疑問と好奇心、そして希望が沸いてくるのです。


なんつって、そういう壮大なものは、専門家の方々におまかせするとして。
腐ったワタシが真っ先に思ったのは、同人誌やオタク界がますますアツい今、
もしかして100年後ぐらいには、誰かの二次創作設定が公式の一部になってたりして!
みたいなことでした。
うん、死んでいいですね。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9796

久しぶりにPalo Altoのダウンタウンに行った時、あら、新しいお店が。
ベーカリーカフェ? それは興味あるナリよ。

尊敬するNさんと、貸し借りした本の受け渡しをしようという話になった時。(歓喜)
んじゃ、こちらはいかがでしょう?となったのは良いんだが。
Webサイトを見てみるに、あらまあ、なんという強気なお値段よ……

一瞬後悔しかけたものの、MさんやCさんともご一緒できることになったので、気を取り直す。
おしゃべりがご馳走、おしゃべりが何よりの(言い聞かせ中)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-02-13 14:37 | Trackback | Comments(0)

姿を変えて、化粧して

「秀でたる思想は、背後からも眺めることができねばならない」
   ----- ノヴァーリス
       (ドイツ人、詩人・作家、1772年5月2生まれ)

 
   34260134612_c9c62abd58_o

先日、駐車場で見かけた車。
どこにあるの、ねえ、どこにあるラーメン屋なの。

* * * * *

【レストラン】

IMG_7422

どこから書いていいかわからないぐらいに溜まった過去記録を前に悩んで、最新記録を書くという選択。
なんの告白をしてるんだ。

わくわくさんとデートしようとなった時、いつも素敵な場所を見つけてくださるのだけど、今回も。
クロッフィンって知ってますか? と聞かれて、ふえぇ?なワタシ。
クロワッサン生地で作ったマフィンというか、クロワッサンをマフィン型に仕立てたというか。
実際はCrocakeという名前で売られている、そんなお店に行ったのよ。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-05-02 14:20 | Trackback | Comments(0)

口にも眼にも福希望

「子どもは 一人一人違うのだということを頭に入れて、
あわてないで信用し、子どもになんでもさせる。 
失敗は多いほどいいのだから、失敗しても決して叱らない。
『やる気を育てる』にはこれ以外の方法はない」
   ----- 吉岡たすく
       (日本人、児童文化研究家、1915年4月24生まれ)


PCの前に向う時間が前よりずっと長くなってしまっていて、とにかく目がヤバいです。
この分だと、来年あたりにはビン底メガネになるんじゃないか、ってぐらいにヤヴァいです。

更にマズいのは、早く仕事を済ませたいが為に、いろんなものを読み飛ばす傾向が強まっていることで。
頭悪い分、じっくり腰を据えて読んで咀嚼しないといけないのに、ばばーっ、と斜め読み、どころか、下方向に98°読み。
長い記事は、最初っから読むのを諦めたりして、ほんとにもう。(オノレをタコ殴り)


以下、ネットで読んだコラムから。

「平均的なビジネスパーソンは、1時間に30回メールチェックをしているといわれています。
これでは集中力どころの話ではありません。
実際、時代が進めば進むほど、人間が集中できる時間は短くなっています。

マイクロソフト社のレポートによれば、現代人が連続して集中できる時間は、2000年では12秒でしたが、2015年にはとうとう8秒になってしまったそうです。
さらに面白いことに、どうやって調べたのか、金魚の集中は9秒続くらしいので、人間の集中力はついに金魚以下になってしまったと報告されています」

* * * * *

【レストラン】

IMG_7386

予告通り(え)、同じくスタンフォードショッピングセンター内にできた、新しいカフェの記録だよ。
あのオサレなアパレルショップ、Anthropologieが、堂々2階建てのリッチオープンとなったのだけど、その中にカフェも入ってね。

前々から気になっていたこちらに、まずはNちゃんと2人で、それから友人3人と一緒に、2回訪問したので、それぞれに。
まあ、どっちもテキトーな内容で。(殴)



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-04-24 14:02 | Trackback | Comments(0)

声には出さないこだわりを

「戦場にいかなくても戦火のなかで子供たちがどうしているのか、
どうなってしまうのかよくわかるのです」
   ----- いわさきちひろ
       (日本人、絵本作家、1918年12月15生まれ)


ベイエリア式部会〜仮面心理学入門クラスとKIDSクラスのご案内〜

マクロビ仲間のeriちゃんが、素敵なクラスを企画されました。
ちょうど今日が、彼女との今年最後のデート日だったので、色々聞いてきましたよ。


   29015122123_7f26c1d979_o

いつも勉強熱心なeriちゃん、小さいお子さんがいてお忙しいのに、
常に学びと前進を続けていて、本当に頭が下がります。
彼女が探求する様々な学問やワークショップは、私が全く知らない世界ばかりで、
会っていると話を聞くのに夢中で、いつも全然時間が足りないんですよねえ。

で、次に出てきたのが、仮面心理学
ざっと内容を拝読すると、望診?と一瞬思いますが、
望診は顔立ちやパーツから体調を診断するものであるのに対して、
仮面心理学は人相から、その人の考えや感情、才能といったものを診断するものなのですね。

大人同士でも有益ですが、子供の講座では、子育ては勿論のこと、
教育関係のお仕事に携わる方にも大いに活用できそうな。
うちはもう大きくなってしまいましたから、無理ですけど。(ちっ)

私自身も大いに興味ありなので、まずはSkypeでの無料案内を受けようかどうしようか、
迷っているところです。
やはりご興味がおありの方は、どうぞeriちゃんに連絡を取られてみてくださいませ。

erin@neri.me

* * * * *

【レストラン】

IMG_6460

バター繋がりの2軒目は、麗しのRさんとのクリスマスランチデート先。
何年も前にサンデーブランチで訪問して、とても良い思い出になっているお店。
再訪したいと思いつつ、叶ってなかったわ、そういえば。

お店に着いた時は当然、ここでバターとの出会いがあると思っていたわけではなかったよ。
わかる能力があったら、今頃は。(妄想)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-12-15 12:30 | Trackback | Comments(0)

過ぎた薬味は受け取れず

「風はいつも、遠い日の記憶につながっている」
   ----- 森本哲郎
       (日本人、哲学者、1925年10月13生まれ)


「怒羅衛門」から「那戊怜怨」まで。難読の暴走族を一挙紹介

むかあし昔、私が高校生だった頃。(恐竜時代)
ツッパリとかリーゼントとかなめ猫が全盛期の頃、暴走族も大変日常でありました。

それがいつの間にかヤンキーという名前が出てきたり、漢字文化発展に貢献したりしてて、
あら、えらいじゃない。
でも、こんないかつい字面で、中身はなんて可愛いの……
今のキラキラネームの起源、と思っていいんだよね。

鉈出殺殺(なたでここ)、犯那殺多(ぱんなこった)に次ぐスイーツヤンキーネームを探す人々

* * * * *

【レストラン】

IMG_5010

楽しい楽しい街探索の合間に、もちろんランチもいただくよ。
同じPiedmont沿いにあるイタリアン。
前に、どこかの記事でほめてあったのを見たのでね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-10-13 12:19 | Trackback | Comments(0)

いただく気持ちが元になり

「自分一人でつねに集団の全員を説得できるリーダーはいない。
だが、押しの強いリーダーなら集団のなかのかなりの人数を説得することはできるだろう。
そして、相当な人数が信じているという事実が残りの人たちを納得させる」
   ----- フィリップ・デルヴス・ブロートン著
         「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」より


・湯上がり娘
・なつのまい
・おつな姫

これらはなんの名前でしょう?
なんとエダマメの品種名だということを、金田妙さんのネットコラムで教わりました。
……絶対、業界のオジサン達が考えた名前に違いない。

ほかにも笑える野菜の名が色々書いてあって、
青菜系の、たべたい菜・よかった菜・うまい菜、とか
コーン類の、おひさまコーン・キラキラコーン・みわくのコーン、
きゅうりの、なるなる・ピノキオ・イボ美人、
筋肉ゴーヤマン、なべちゃんネギ、葉大根のハットリくん、スイカのカメハメハ。

品種改良に余念のない農業界、次々と登場する新品種の名づけにも苦労されるのでしょうなあ。(ハライタイ)

でも名前といえば、私の中で、小林製薬に敵うものはございませんですよ。

ネーミングに迷ったら小林製薬に習うべし!全95種類の商品名からアイデアを得よう

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_4765

一年に5回、陰陽五行にのっとったマクロビオティックの法則とお料理を学ぶ、マクロベースの会
尊敬するFumi先生が教えてくださるクラスは、ストイック過ぎず、ベイエリアの風土に合わせての内容で、本当に楽しく学ばせていただいた。

私が受けたのは2013年で、それからもいろんな生徒さんが、1年クラスを受けていらっしゃって。
今は、お友達のYokoさんが習っておられるのだけど、そのクラスのメンバーに、興味深いフードビジネスに携わっていた方がおられると。
良かったら、お話を聞いてみませんか?と、Fumi先生から大変温かいお申し出をいただいたの。

先生のクラスは大好きだし、Yokoさんにも会えるし、何よりそのお話、ぜひ聞いてみたい。
お言葉に甘えて、クラスの末席におじゃまさせていただいたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-09-29 11:54 | Trackback | Comments(2)

程好い加減のバランスは

「教師にとって、最も偉大な成功の証は、
『子供達が、あたかも教師がいないかの如くに勉強している』
ということが出来ることである」
   ----- マリア・モンテッソーリ
       (イタリア人、教育者、1870年8月31生まれ)


知っているようで知らない「アレ」の正式名称【クイズ20問】

20問中、わかったのは6問だけでした。(背後に木枯らし)

* * * * *

【レストラン】

IMG_4448

9月になっちゃうーーーー!
うん、日記、サボってた。サボりたいお年頃なんだ……
つーことで、例のごとくの日付詐欺日記。(殴)

ええと、ええと、とりあえずいつものレストラン記録でも。
麗しのRさんとの夜のデートで行ったお店だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-08-31 13:09 | Trackback | Comments(0)

希望の地図を奏でよう

「恋をするということは、過ちを犯し易い神が君臨する、宗教をもつようなものである」
   ----- ホルヘ・ルイス・ボルヘス
       (アルゼンチン人、作家・詩人、1899年8月24生まれ)


「あなた個人の誤読で印象に残る語」



老眼になって、誤読もタイポも、息するように自然になったお年頃ですが(泣いてない)、
これには爆笑に次ぐ爆笑でした。
ひーーー、ハライタイーーーー

* * * * *

【イベント】

IMG_4654

久しぶりに、コンサートに行って参りました。
UC Berkeleyのキャンパスにある屋外会場、The Hearst Greek Theatreにて開催された、
Yo-Yo Ma and The Silk Road Ensembleのコンサートでございます。
なんか最近、このシアターのコンサートばっかり行ってるな……

2年前にも、このシアターのヨーヨー・マ氏のソロコンサートに行ったのですが、その時に比べてチケットの値段が高くなったことったら。
ってなことも、最近ずっと言ってるな……

何はともあれ、前にこのアンサンブルの音楽を聴いて、背景を知ってから、ずっと気になっていたグループ。
生で聴けることを大いに喜び、勇んで出かけたのでございますよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2016-08-24 12:57 | Trackback | Comments(0)