タグ:買い物 ( 292 ) タグの人気記事

出たとこ勝負の道行きは (10)

「国民国家の動揺、大衆社会の問題、代議制民主主義の機能不全、帝国主義と人種主義、
反ユダヤ主義、民族問題や難民問題、国外追放と収容所による『民族浄化』の政治、
イデオロギー的思考停止、どれ一つとして、昔話にはなっていない。
その意味で、全体主義は過去の出来事ではないのである」
   ----- 川崎修 「ハンナ・アレント」より


     IMG_4261

感謝祭前後の大セール。
Black FridayからCyber Mondayの期間、皆様は欲しいものを無事ゲットされましたでしょうか。

実は11月に入ってから、右手首がやや腱鞘炎気味になりまして。
PCワークが増えていた時期で、前々から、気をつけないとヤバいな、と思っていた右手首が、
マウスでクリックするたびに、とうとう悲鳴を上げ始めちゃったんですねえ。はあ。(ため息)

で、考えたのが、マウスからトラックボールへの変更。少しでも負担が減るかな、と。
別にセール時期をねらわんでも、という備品でありますが、一応Fry'sに見に行ったんですよ。
当然、安くもなんともなってなかったんですけど。

でもサンプルを試してみて、ううむ、これは慣れるのに時間がかかりそう、と思い。
短気な私は、結局買わずに、家にあった別なマウスを取り付けて、両手でマウスを使うことにいたしましたです。
マウスの二刀流。ゾロみたいに口にくわえれば、三刀流。(なにをしたいんだ)

意外とこれが良くってですね、たとえば右手のマウスでカーソルを動かして、当該箇所を左手のマウスでクリック。
トレーニングもいらず、すぐに楽に使えるようになった上、右手の負担が減って、痛みがかなり軽減されましたです。

ちなみに隠れた目的は、両手を使うことによるボケ防止です。(堂々)

* * * * *

【旅行】

IMG_2271

バンクーバー旅行記録、あと2回!
なのに、なぜ今回は、米国ワシントン州から、なんですか。

や、フェリーに乗って、ビクトリアからバンクーバーに戻った夜、翌日はどこに行くかを相談したのですが。
家族全員、バンクーバーで絶対観光したいところ、というのが、ほかに見つからなかったんですよ。
有名なキャピラノつり橋は、高所恐怖症の私が死ぬし、グラウスマウンテンもゴンドラに1人$42と聞いて、心が折れまして。(軟弱すぎ)

目的なく、あちこちのんびり回るのが一番楽しそうだったので、そうしようかとも思ったのですが、
翌日の夜はシアトル泊ということを考えて地図を見ていると、どうしても行きたくなってしまった場所が。
それは、ワシントン州にあるオリンピック国立公園でございます。

一度訪れてみたいと思っていた場所なのですけど、広大なので、とても短時間でどうこうできる公園ではなく。
おまけに移動時間を考慮すると、公園に滞在できるのは、せいぜい3時間。
そんな短い時間で、かえってヨッキュウフマンになるんじゃないか、
でも、ここまで来たならせっかくだし、と心を決め、
早朝にバンクーバーを出発し、再び車で国境を越え、一路オリンピックを目指したのでありました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-12-14 14:23 | Trackback | Comments(4)

季節の備えは身体から

「ヒーローと呼ばれる人たちは、その過程で必ず抱えてきた多くの問題を克服している。
子どもたちにとっては、人生の最高の教科書だ」
   ----- セルゲイ・ブブカ
       (ウクライナ人、棒高跳び選手、1963年12月4日生まれ)


     IMG_4038

先日、我が家で行われた宴会。
とあるイベントメンバーの打ち上げだったので、お祝いということで、
蕎麦花さんの手打ち蕎麦を、どーん!と10人前注文させていただいたです。
打ったばかりのお蕎麦を、わざわざ届けてくださったところで、すでに感涙モノ。

蕎麦せいろが足りないこともあって、まとめてザルで出したのですけど、
全員椅子から立ち上がって、我先に箸をのばしては掬い取り、
響き渡るのは、「うまーーっっ!!」「むちゃくちゃうまーーっっ!!」の雄叫び。
いやいやいやいや、相変わらず、本当に美味しいお蕎麦でございました。(しみじみ)
10人前じゃ足りなかったね、15人前お願いしとけば良かったなあ、
って言い合った私達@全部で6人です。

蕎麦花さんは今年も近々、年末の年越し蕎麦のご注文を受け付けられることと。
うちは今年の年末は、予定があってオーダーできないので、せめて今月いただくことができて、ほんとーーーに良かったです。うん、泣いてない。

年越し蕎麦のオーダーは、公平を期する為、事前予約は基本ナシ。
12月のどこかで、蕎麦花さんからお客様に、予約についての一斉メールが送られるので、即座にメールでオーダーするという仕組み。
毎年、数時間も経たないうちに完売になってしまうという人気ぶりでございます。

蕎麦花さんの年越し蕎麦注文メールを初めて希望される方は、事前にメーリングリストに登録をお願いされることを、強くお勧めいたします。
ご連絡は以下のメルアドへ、どぞ!

soba.hana@gmail.com

今までの蕎麦花さんの記録 : 1 2 3

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3478

やっばあああい、もう12月ですってよ、奥様!
8月の旅行記録をまだ終えてないって。終えてないって。(エコー)

と言いながら今回は(あっさり)、「マクロベースの会~風邪のワークショップ」に参加した記録をば。
以前、マクロビのFumi先生と鍼灸のMiki先生がコラボされた「更年期ワークショップ」に参加させていただいて、この時のお話が大変有意義だったのね。
風邪の自然派お手当てについては、以前にマクロビクラブのワークショップできっちり教わって、
その時の資料とメモが、そのまま自分的バイブルとなっているのだが。
今回は、東洋医学的視点から見た時の予防や対処法を、両先生から教われたら嬉しいなあ、と思っての参加だったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-12-04 12:25 | Trackback | Comments(2)

その華やかさは日常の

「子どもはね、お母さんが大好き。どんなことがあっても、親の悪口は言わないものなのよ」
   ----- 中川李枝子
       (日本人、児童文学作家、1935年9月29日生まれ)


スマホは持ってないのですが、タブレットは持ってます。日米のKindleを一台ずつ。
でもって最近、毎日チェックさせていただいているのが、こちらのサイトです。

きんどるどうでしょう

日本のAmazonの電子書籍のセール情報や無料本のお知らせを、毎日アップしてくださるので、
おかげさまで大変楽しい電子書籍ライフです、なんつって。
今日も今日とて、このセール!

【速報】角川・ドワンゴ統合記念!Kindle『カドカワ祭』がスタートしました。
20,000冊以上のコミック・小説・ラノベ・実用書が50%以上OFF or 還元セール


文庫になるまで数年待とうと覚悟していた上橋さんの新刊が!
もちろん、ソッコーでクリックいたしましたとも。
ほかにも、あれとかこれとかそれとか。ううう、嬉しすぎてどうしよう。
本当に管理者の方には、感謝・感謝でございます。

Kindleをお持ちでない方でも、iPadやAndroid用のKindleアプリをダウンロードすればOK、だったかな?
電子書籍については色々と意見が分かれていますが、こうやって海外在住の身で、家にいながらにして、すぐ日本の本が買えて、すぐ読める。
これは日本語(ここ重要)活字がないと生きていけないワタシのような人間には、ほんとにありがたい進歩なのでございますよ。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3474

珍しく、リアルタイム日記なり。
麗しのKaoruさんが開催された、Jewelry Partyの記録です。

Kaoruさんがお友達から紹介されて以来、すっかりファンになられたというジュエリーショップは、
NYにデザインチームを置く、Chloe+Isabelというところ。
いつもセンス抜群のKaoruさんのお勧めなら、ぜひ手に取って見てみたい。
普段は、アクセサリーのアの字もないくせして、ついいそいそと行ってみた年寄りです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-09-29 09:30 | Trackback | Comments(4)

甘い気持ちを箱に詰め

「もし事実が理論と合わないとしたら、理論は捨てることだ」
   ----- アガサ・クリスティー
       (イギリス人、作家、1890年9月15日生まれ)


IMG_3207

この週末は、ヨセミテ国立公園に行っておりました。
キャンプの達人となりつつあるSarahさんご夫妻が誘ってくださって、ヨセミテ内にて2泊3日のキャンプです。
何から何までお世話になりっぱなしの、すっごおおおおく楽しいキャンプでございましたよーー!

国立公園好きなわりに、地元カリフォルニアの象徴的なヨセミテには、実は10年以上前に2回ほど行ったきり。
しかも、日帰りでございますよ……
あ、でも考えてみれば、カリフォルニア内の国立公園、ほとんど日帰りばかりだったかも。
ンマー、レイクタホのスキーも、毎度日帰りの家族ですしねー。

なので、ゆっくり滞在しての公園巡りが、どれほど楽しかったか、
誘ってくださったSarahさんご夫妻にどれほど感謝しているか、ということについて、
後日ゆっくり書くのが楽しみなのでございます。

* * * * *

【買い物】

IMG_1264

大好きだったMonique's Chocolateが閉店して、あーあ、と思っていたところ。
そのすぐ後に、また別なチョコレート屋さんができたらしい、と聞いて、えええええ

今度は、どんなチョコレートに出会えるか。
やはりMoniqueファンだったerinちゃんと、どきどきしながら偵察だ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-09-15 13:29 | Trackback | Comments(4)

素足は君のキャンバスだ

「悪の最も効果的な誘惑手段の一つは闘争への誘いだ」
   ----- フランツ・カフカ
       (チェコ人、作家、1883年7月3日生まれ)


6月最後の週末、お嬢が金~月の3泊4日だけ帰宅していたですよ。
金曜の午後4時ごろ着いて、月曜の昼前の飛行機で戻るという強行軍。
中二日しかねえぇ、と思っていたら、更に土曜はお友達宅にお泊りだったもんで、
えーと、ほんとにいたのかな、というぐらいに、あっという間でございました。

なんでこんな中途半端な時期に、という理由は、アレです、グリーンカードの延長手続きというヤツです。
永住権を持つ人は、1年のうち50%以上米国に滞在していることが条件なのですが、日本の大学に通うお嬢には無理なわけで。
そういう場合、米国移民局の再入国許可(Reentry Permit)というものを取得しないと、永住権を保持できなくなるんですね。
って、こんな説明でいいのかな。

市民権(Citizen)を持っている人には、勿論必要のない手続き。
余談ですが、移民受け入れの声が上がってきた日本、まずは二重国籍を認めればいいのになあ。
こういった海外育ちの子供達にも、グローバル(ぷっ)人材が沢山いるんじゃないか、と思うんですけどね。


お嬢が日本に滞在する間、その再入国許可を一定期間ごとに申請しなければならないのですが、
今回はその手続きの為、一度こちらに戻り、更に数ヶ月以内にもう一度来る予定にしております。
次は夏休みの間なので、長めに滞在することになるですよ。今度は一緒に遊べるわ。

大学卒業後、お嬢がそのまま日本に住む可能性もありますからして、ちとフクザツな気持ちもいたしますが。
卒業までは親の仕事の範疇として、続けていこうと思っているですよ。(つまり、それ以降は自分でやれ)

* * * * *

【買い物】

     IMG_0906

大変珍しく、リアルタイム日記です。
そんな感じで、お嬢の幻覚だけを見たような週末でしたが(……)、一つだけ一緒にやったことがありますので、その記録。
2人で、初ジェルネイル@ネイルサロンを体験してみたでありますよ。

素材が悪すぎて、ネイルサロンなど勿体無くて行けません、なワタクシ、初めてサロンでペディキュアをしてもらったのが、昨年の夏。
自分でもたまに塗ってはいたのですけど、さすがプロにやってもらうのは全然違って、ひと夏もってくれたのですね。
勿論、時々爪を切っていたので、最後は逆フレンチネイルになっていましたが。(ヘーキ)

今年、このエリアに、日本のネイルサロンが支店をオープンされまして。
そちらのオーナーさんと昔からのお友達、というHさんが、オープン早々訪問されたのですけど、
彼女がFacebookにポストしたネイルの写真のきれいなことったら。
拝見しながら、マニキュアは苦手だけど、ペディキュアならやってみたいな、と思っていたのですよ。

私と違って、ネイルのおしゃれを楽しんでるお嬢が来る時に、いっそ一緒に行ってみる?なんて。
ジェルネイルだから、お値段的にも勇気がいるけど(あくまで本人の気持ちです)、もうサンダルになってる季節、早くやれば、それだけ長く楽しめるしね、なんて。
ぐだぐだと言い訳を繰り出して、自分を納得させて、どきどきしながらおじゃましてみたのであります。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-07-03 12:30 | Trackback | Comments(0)

その手が生み出す幸せを

「できないことの数が増えるだけ、できることがより深くなる」
   ----- 為末大 「諦める力」より


     IMG_0568

お友達のNちゃんが誘ってくれて、もんのすごおおおおく久しぶりに、アウトレットモールに行ってまいりました。
といっても、今まで行ったことのない場所だったので、更にわくわく。

そこには、特に熟女な方々に人気の高いEileen Fisherのアウトレット店が!
精神年齢はともかく、身体年齢はしっかり熟女なワタクシも、喜んで入ってみましたよ。
正規店では無理ですが(くっ…)、アウトレットではなんとか。
いやー、アメリカで服を買うのって、何年ぶりだろか。(半マジ)

モールを出た後は、Nちゃんが調べてくれた、港の見えるレストランでお昼ご飯でした。
おごってもらっちゃった、えへえへ。(殴)


Marina Square Center
1201 Marina Blvd.
San Leandro, CA 94577

* * * * *

【買い物】

IMG_9022

美術館ベーカリーカフェ、ときた後は、チョコレートのお店にね。
折りしもこの日は、バレンタインデー当日。
チョコレート好きなサンドラさんが調べてくれたお店は、サンフランシスコはイタリア街にある、トリュフ専門店だったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-28 13:51 | Trackback | Comments(2)

焦がれていたのは、その空と (その7)

「最悪なのは、あらゆる人間を分類して、わかりやすいレッテルを貼ることである。
この不幸な習性の持主は、自分が相手に適切だと思うタグを貼りつける時に、
その相手について完全に知っていると考える」
   ----- バートランド・ラッセル
       (イギリス人、論理学者・哲学者、1872年5月18日生まれ)


        IMG_0215

Palo Alto在住のお友達から教わったのですが、
大好きなMonique's Chocolateが閉店してしまうのだそうです……
私の為に彼女が買ってきてくれたチョコレートを、いつもにもまして大切にいただいているところでございます。
あら、チョコレートなのに、なぜしょっぱいの。(涙ながら)

足繁く通っていたわけではありませんが、ギフトに、ちょっとした自分へのごほうびに、と機会をとらえておじゃましていたお店。
チョコレートの美味しさやお手ごろ価格は勿論のこと、
気さくなオーナーやお店の人が快く応対してくださるおかげもあって、いつも途切れることなくお客さんが訪れる場所であります。

フランスに引っ越される為の閉店日は、6月15日。
それまでに、また買いに行くつもりでございます。
やはりお好きな方がいらっしゃいましたら、お早めにご来店くださいませ。ああ、しくしく。


Monique’s Chocolates

* * * * *

【旅行】

5. Glen Canyon Dam (Carl Hayden Visitor Centers) (HP

IMG_7918

1月の旅行記も、ようやく最後です。
アンテロープキャニオンのアッパーツアーに行く前に、時間があったので、近くのGlen Canyon Damに、少しだけ寄ってみたですよ。

ダム自体のツアーもあるそうですが、残念ながら、そこまでの時間はなかったので、
ビジターセンターの中をしばし見学して、あとは外からダムの様子を眺めるにとどまりました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-05-18 11:42 | Trackback | Comments(4)

雨が育てる命から (その3)

「一枚の葉っぱを切る所から始まってね、 何千枚何万枚の葉っぱを全部切り抜いて仕上がっていくっていう、そういうのが人生そのもの。 一歩一歩歩いて、一万歩歩いて、一万歩先に到達するっていうようにね」
    ----- 藤城清治
        (日本人、影絵作家、1924年4月17日生まれ)


         IMG_9660 

お友達のコンドミニアムのプールサイドでのBBQにおじゃましてまいりました。 
わいわいと皆でおしゃべり・お食事、いやもう、すんごく楽しかった!でございます。 

その際、お一人の方がお持ちくださったのが、↑ のピンクの板。 
Salt Plate というもので、なんと、かのヒマラヤンソルトでできた板なのですって。 
直接火にかけて、その上で牛タンを焼いていただのたのですけど、 ただ焼いただけで、絶妙の塩味がついていて、うまーーっ! 
他に何も調味料がいらないぐらいです。 

小ぶりなので、牛タンを2枚のせたらいっぱいの大きさ。 
皆で、順番に並んで焼いて、堪能させていただきましたです。 
ポートベロマシュルームのスライスも、うまうまーーー、でございましたぞ。 

あまり汁気が多いものは避けた方が良いそうですが、そうでなければ、少しずつ削りながら、長く使えるそうで。
AmazonやSur la table、William Sonomaなどで買えるそうなので、かーなーり前向きに検討中でございます。じゅる。  

* * * * *

【旅行】

IMG_8598 

シアトル滞在記、最後はファーマーズマーケットとヴィーガンレストラン訪問記でございます。 

土曜の午前中のマーケット、いやー、寒かった。
そして並んでる品が、全然違う。距離を考えれば当たり前なんですけど、本当に面白かったです。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-04-17 12:03 | Trackback | Comments(2)

ふと目に留まった佇まい

「人生を愛せよ、死を思え、時が来たら、誇りをもって、わきへどけ」
   ----- エーリッヒ・ケストナー
       (ドイツ人、作家、1899年2月23日生まれ)


福島第一原発で働く皆さんに感謝の気持ちを届けよう
福島第一原子力発電所で働く作業員の皆様に、機能性インナーとカイロを寄贈する寄付金を集める活動が行われています。
米国内での寄付の受付は2月末まで、日本国内は3月末までです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

     IMG_9040

ファーマーズマーケットでの新しい出会い、第……えーと、何弾だろこれ。

Purple Dandelion? にしては華奢だな、と思ったら、
Purple Mizuna紫水菜でございました。

数年前からこちらでも、水菜がMizunaという名で栽培されるようになって、ほくほくなのですが、紫版まで出てきて、更に嬉し。
あとで検索したら、日本では普通に売ってるんですね、知らなかったー。

早速、生でいただいてみたら、普通の水菜より、やや辛め。
ちなみにこちらでは、水菜(Mizuna)も、Mustard Mizunaという名で売ってたりするぐらい、ちょっとぴりっとした味わいが特徴とされている模様。

紫の野菜を見れば、抗酸化作用!と条件反射のように反応するワタクシ。
でも、肝心の要素名のアントシアニンは、何度聞いても覚えません。
私の場合、脳の劣化がひどすぎて、抗酸化作用も追いつけないようでございます……

* * * * *

【買い物】

     IMG_8259

イタリアンレストランを出て、次のお目当てのお店に向かう途中。
面白いお店に2軒出会えたので、その記録をば。

1軒目は、なんとリボンの専門店。
ランチをいただいたレストランのご近所で、ウィンドウに並んだ数々のリボンに目を引かれて、皆で入ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-02-25 13:16 | Trackback | Comments(0)

仕上げは炎で締めくくり

「君は山を呼び寄せる男だ。
呼び寄せて来ないと怒る男だ。
地団駄を踏んでくやしがる男だ。
そうして山を悪く批判する事だけを考える男だ。
なぜ山の方へ歩いて行かない」
   ----- 夏目漱石
       (日本人、作家、1867年2月9日生まれ)


福島第一原発で働く皆さんに感謝の気持ちを届けよう
福島第一原子力発電所で働く作業員の皆様に、機能性インナーとカイロを寄贈する寄付金を集める活動が行われています。
米国内での寄付の受付は2月末まで、日本国内は3月末までです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

     IMG_8848

ファーマーズマーケットで見かけて、一目惚れしたラディッシュの束。
お店のお姉さんに名前を聞いたら、Easter Egg Radishだと教えてくれました。

なんか安易な、と思ったんですけど、検索したら、ちゃんとありました。
疑ってすみません。漱石先生、すみません。(何故)

 Easter Egg Radish

ちょうど、この日の夜に「みぎや」だったので、早速こちらを胡麻酢和えにして、お出ししましたです。
次は、洋風メニューにしてみよう。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_7172

12月のレストラン記録、ラストワン!

日本からYokoさんとお嬢様が、ご親戚を訪ねていらっしゃって。
お忙しい中、私にも1日割いてくださったの。(感激)

絵がお好きなお嬢様に、とCantor Art Centerで美術鑑賞した後、ランチにピザというご希望をいただいて。
ちょうど帰り道にあった、私もまだ行ったことはないけれど、評判の良いカジュアルイタリアンに行ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-02-09 14:15 | Trackback | Comments(6)