タグ:買い物 ( 295 ) タグの人気記事

共に味わう佇まい

「無益なことも無意味なことも存在しません。
結果が出るのを待てば、その意味は自然にわかります」
   ----- キャサリン・アン・ポーター
       (アメリカ人、ジャーナリスト・作家、1890年5月15生まれ)


大好きなSarahさんご夫妻が、先日拙宅に来てくださいました。
お二人とも激多忙なところ、本当にありがとうございました。(感謝の礼)

ビール好きなお二人が、お薦めの地ビールを持ってきてくださったのですけど、
その時にお持ちになったのが、こちらのボトルです。


     IMG_9973

ステンレス製で保冷効果が高く、ガス&チューブで、自宅でも生ビールが楽しめるという優れモノ。
アレですよ、バーテンダーさんがカウンターにあるハンドルで、ぶしゅーっ、とビールを注ぐヤツ、
の、家で楽しめる版。

わざわざお店まで行って、ボトルに詰めてもらってきてくださったビール、そのまま我が家のグラスにしゅわしゅわと。
柑橘系の香りがふわっ、と漂う、まっことフレッシュで美味しいビールでございましたぞ。

ボトルの中身がなくなったら、冷やしておいた瓶ビールを詰めて、またチューブから注いでも、十分うまし。
他にもいろんな商品があるみたいなので、これからのBBQシーズンには良さそうだなあ。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9966

前回に引き続き、コーヒーショップ、もう一軒。
名前を聞いた時、え、あのお店がこっちにもできるの、やったー!と喜んだものの、Webで見る限り、別のお店だったみたい。ありゃ。
どっちにしても、行きたい、行かねばならぬ。(誰にも頼まれてない)

愛しのerinちゃんと行ったのが初めてで、それから2回目、3回目。
同じ店ではなくとも、コンセプトは流行りのあちら系で、同じお店と言われても違和感がないのよね。
あ、これ、褒めても貶してもいませんよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-05-15 12:24 | Trackback | Comments(0)

ただ一杯の珈琲で

「前進するためには、行動するだけでは十分ではない。
まず、どの方向に行動すべきかを、理解している必要がある」
   ----- ギュスターヴ・ル・ボン
       (フランス人、社会学者、1841年5月7生まれ)


IMG_9948


ビーズ作りの会の時、じゃあ何かTO GOランチでもする?ってことになりまして。
Sちゃんが提案してくれたのが、Mimaさんのデリバリーのお弁当でございました。

このエリアの日本人の方は良くご存じだと思いますが、無知な私は全く知らず。
初めていただいたお弁当、満足・満腹でございましたよ。


IMG_9950

色とりどり、バラエティ豊かなおかずが並んだお弁当が、$13。
加えて、お弁当をオーダーした人は、サイドとして、カレー、ハヤシライス、カツ丼、親子丼、三色鶏そぼろ、焼きそば、ナポリタンを、なんと$3で追加注文することが可能。

サイドメニューは、これで$3ですと!? とびっくりするほど、普通のボリュームがあって、しかも美味。
中にはいっぺんに10個ぐらいオーダーして、冷凍される方もいらっしゃると聞いて、なんてナイスなアイディア。
結局この日は、ランチの時は三色そぼろをいただき、夜に旦那とお弁当をシェアしたのですけど、旦那もとっても喜んでおりましたですよ。


IMG_9951 IMG_9952

物価の上昇がめざましいベイエリア、和食レストランで丼モノを頼むと、ヘタすればチップを入れて$20払ったりも。(くらっ)
でもMimaさん製お弁当なら、美味しくお安く、皆でゆっくり食べて、のんびりおしゃべりも可能です。
またの機会を淡々とうかがっている現在です。


連絡先 : msuwa@comcast.net


* * * * *

【レストラン】

IMG_9901

いつも新しいお店を開拓してくれるお友達(愛)が、気になってたコーヒー屋さんが新しくお店を出したので、と教えてくれて、2人でGO。
行ってみたら、あれ、ここ、ベジタリアンカフェがあった場所だよね。
しかも、隣のお気に入りだったアサイーボウルも閉店だと……(愕然)

とりあえず、涙をふいて、私達は前に進むのだ。(つまり店に入った)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-05-07 10:51 | Trackback | Comments(0)

春の陽射しの誘いで

「学とは”ならう”ということで、すぐれた人物の立派な行いを習い、
みずからもそれを実行していくことである」
   ----- 橋本左内
       (日本人、幕末志士、1834年4月19生まれ)


     IMG_1245

日本にいる間、友人に荷物の運搬を頼まれまして。
ブツはなんだ…(ひそひそ)、と聞いたところ、彼女の愛犬の柴犬ちゃん用のクッキーだと言うんですよ。

Instagramで人気に火がついて、今ではクッキーやグッズのみならず、なんとわんこ用の焼売まで販売されていらっしゃるという黒兵衛さん。
こちらに戻ってきて、彼女に渡したところ、その場で開けて、クッキーを味見させてくれたのですけど、これが旨い!

さつまいも、小麦粉、全粒粉、オリーブオイルと、材料は4つだけ。
甘味料は入ってないのですが、噛み締めて美味しい粉系スナックに大変弱い私には、どんぴしゃの美味しさでありました。

お嬢がいなくなって(生きてますが)、とんとお菓子も作らなくなってしまったワタシ。
たまには自分で作らにゃいかんよなあ。テメエのもんはテメエでな。(あ、犬には言ってないですよ)



* * * * *

【レストラン】

IMG_9929

ひっさびさに、大人の遠足に行ったんだー。
むらさきちゃんがバークレーに用事があるということで、みんなに声をかけてくれたんだ。(愛)

んじゃ、ほかにどこに行こっか?
あ、私、あのベーカリーに行きたい。
おお、いいね。なら、その近くでランチできるお店を探そうか。

なんて流れで、当日まず向ったのは、あのベーカリー。
駐車スペースがなかなか見つからなかったけど、ダメモトで行ってみたところが、一台だけ空いててラッキー。
駐車運の神様・Sちゃんがついている我々に死角はなかったぜ。

当のベーカリー、前は午後遅めに行ったこともあって、あまり商品がなかったのだけど、今回は早めに行ったおかげで、充実の品揃え。
何人も列を作ってて、人気の程を改めて実感だ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-04-19 12:22 | Trackback | Comments(0)

数多の歩みの、その上に (1)

「愚か者の第一段階は、自分をよりよく見せようとする事である。
第二段階は、それを他人にしゃべることである。
最終段階は、他人の考えを馬鹿にすることである」
   ----- ベンジャミン・フランクリン
       (アメリカ人、政治家・物理学者、1706年1月17生まれ)



旅行に行く時、えっちらおっちらと、重い一眼レフを持っていくワタシです。
本体+標準レンズに加えて、広角だったり望遠だったり、替えのレンズも必要で。
なので、上下二段に分かれて、下がカメラ入れ、上が物入れになっているバックパックを、長年愛用しているんですね。

しかし今回の旅行で、イタリアに行くことになった時、
何人かから、バッグをひったくられたとか、バッグを切られて物を取られた等の被害経験談を聞きまして。
実際私も、新婚旅行でローマに行った際、変な詐欺ヤロウに絡まれたりしたので、事前警戒度MAX。

で、いつものバックパックは、生地が軽くて切られやすい、チャックも開けやすい、ということから、
カメラ用ではなかったのですが、もっと丈夫でオーガナイズしやすい形のバックパックを購入して、
旅先で頑張ってもらったのでございます。


20171224_manfrotto_top-w960

そして帰宅してから、こんなカメラ用バックパックの記事を拝見。
おー、私の持ってるバッグを、更に使いやすくした感じ。
お高いけど、なかなか良さそうだ。

こういうバッグを手に入れるか、と思った後で、いや、それより、
もっとカメラの性能の良いスマホに替える方が先なんじゃ、と思ってしまったりするんですけどね。

* * * * *

【旅行】

IMG_9301

今回の旅行は、12月半ばにベイエリアを発って、ロンドンにちょこっと寄って、それからイタリアを4箇所、駆け足で回る、という旅でした。
日程的に無理もあり、クリスマスを挟むことで足留めもあり、となりつつも、楽しいことがいっぱいの。

最後の3日ほどが雨に降られるという、天気運が良い私にしてはレアなこともありましたが(どういう自信だ)、無事に終われば全て良し。
人が多い夏ではなく、冬だったせいか、スリにも泥棒にも会わなかったのが、何より僥倖です。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-01-17 13:01 | Trackback | Comments(0)

だって高望みではないからね

「経験の与えた一つの棘は警告の最も厳しいものの全部にも値する」
   ----- アルフレッド・ド・ミュッセ
       (フランス人、作家、1810年12月11生まれ)


26345207349_4f553357f8_o

先日、Nちゃんに連れられて、すんごく素敵なれでぃ、お二人にお会いしたのですが。
美味しい中華ランチをご一緒して、その後に連れて行ってくださったのが、
ずっと名前だけは知っていたものの、行ったことがなかった老舗の日系スーパーだったのですよ。

この日は水曜で、ハワイのPokeでお馴染みの海藻、オゴが入荷する曜日なのだそうで。
マジっすか!と大喜びでお供しましたとも、しましたとも。

お店の方に、一掴みほどください、と英語でお願いしたところ、
「大きい手? 小さい手?」
と、そこだけ日本語で聞いてくださったのに大笑い。
大きい手で!と全員でお願いしたですよ。

初めて訪問したスーパーでしたが、ハワイ系のデリメニューやスイーツがあって、
色々楽しく拝見させていただきました。
オゴも、海藻サラダとお味噌汁で、あっという間に使い切り。
ポキ作る暇なかったわ。

欲しくなったら、また水曜に行かねば、です。


221 S Claremont Street
San Mateo, CA 94401

* * * * *

【レストラン】

IMG_9175

その素敵なれでぃ達に連れて行っていただいたのが、小籠包が美味しいという中華レストラン。
前に書いた通り、好みの小籠包はどこにあるんかえー(なまはげ風)、な私なので、喜んで飛びついたことは言うまでもない。

全然オシャレじゃない、普通のお店なんだけど、オジサンが面白いのよね。
そんなお言葉もうかがって、わくわくとお供させていただいたのですよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-12-11 11:35 | Trackback | Comments(0)

見せたい顔と見えた顔 (その3)

「愚者はいつも自分よりさらに愚かで、自分のことを尊敬してくれるような人間を見つけ出す」
   ----- ニコラ・ボアロー=デプレオー
       (フランス人、詩人・批評家、1636年11月1生まれ)


     IMG_0875

その国の人でも賛否両論、という食がありますよね。
日本だと納豆とか鮒寿司、クサヤあたりの、発酵系。

そしてイギリスで、私が一度チャレンジしたいと思っている発酵食品(だよね?)について、現地のお嬢からレポートが入りました。
その食品とは、マーマイト
ビール酵母をベースにした、イギリスが誇らない栄養食品でございます。

とろ~っ、としたハチミツ状のものなので、パンに塗って食べることが多いようで。
カフェテリアで、ジャムやバターに混じって、このマーマイトを見つけたお嬢、
早速試して報告をくれました。
なんというか、しょっぱくて半固形のビールみたいな感じ?
ビールっぽい匂いで、旨味があって後味が苦い。
後味もIPAほどじゃないけど、ビールっぽい苦味で、
味自体は、発酵が進んだチェダーみたいな。
意外と悪くないかも……隠し味にいいかも。
という感想でございました。

イギリスに行った際には、彼女にまたもらってきてもらおうと思ってます。
いつかハギスにもチャレンジしておくれ。


* * * * *

【旅行】

ポートランド旅行記録、お店編に引き続き、今度は食べ物編でございます。
駆け足、駆け足。


1. Food Carts (参考Web

IMG_8438

着いた日のお昼ご飯をゲットしたのは、ダウンタウンにあるフード屋台エリアにて。
こちらのOff the Gridとは違って、毎日のようにオープンしているのが嬉しいところです。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-01 11:32 | Trackback | Comments(0)

見せたい顔と見えた顔 (その2)

「人生は常に一回きりのプロセスだ。
それゆえ、未来は過去の反復ではありえない」
   ----- ウォルター・リップマン
       (アメリカ人、ジャーナリスト・政治評論家、1889年9月23生まれ)


イギリスに移ったお嬢から、毎日のように面白い話が届きます。
まだ授業は始まってなくて、オリエンテーションや新生活の準備中なので、
街探索をしたり、ミュージアム巡りなどを楽しんだりしたりしておるです。

先日は念願の大英博物館に行ったそうですが。
チケットを買う為の列に並んでいる時、後ろの方から日本語の会話が聞こえてきたそうなんですよ。
男の子2人で、4ヶ月の留学で来たらしいですが、
「ここってさ、世界三大美術館の一つだよな、確か。
 他のはルーブルと、えーと、えーと、なんだっけ……メソポタミア?」
「ルーブルはフランスだけど、メソポタミアはどこだ?
 アメリカじゃないよなー、アメリカにいい美術館なんてないし」

ツッコミどころ満載で、お嬢と腹を抱えて笑ったです。
さて、彼らのセリフに、何箇所間違いがあったでしょーか。

* * * * *

【旅行】

IMG_8609

さて、ポートランド旅行。
基本、街巡りに終始したので、さくっとまとめて記録します。
まずはお店編。
といっても、それほど写真を撮ってないので、数店だけ。


1. POWELL’S CITY OF BOOKS (HP

IMG_8442

なんといっても、こちらの本屋。
訪問したのは本店なのですが、独立系書店としては世界最大の広さを誇る店舗だそうですよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-09-23 12:27 | Trackback | Comments(0)

貴方と私の交差点

「あなたを心配させるものが、あなたを支配する」
   ----- ジョン・ロック
       (イギリス人、哲学者、1632年8月29生まれ)


36756166152_834438af54_o


Whole FoodsがAmazonの傘下に置かれることが決定したニュースが発表された時、正直すっごくほっとしたんですよ。
丸ごと食品が前々から買収先を探しているのは耳にしていたのですが、
その候補として挙がっていた企業が、どう見てもコンセプトが違うんじゃね?というところが多く、
お店の方針ががらっと変わりかねないのでは、と心配していたところだったので、
Amazonならとりあえず大丈夫だろう、と安心したんですね。
まあ、私の二大依存先が一緒になることがあろうとは、みたいな感慨もありき。

そして、その正式スタートの第一日目。
15品目が定価を値下げして販売されることになったです。きゃっほーい!

うちは青果はほとんどファーマーズマーケットで買うので、丸ごと食品で買うのはそれ以外の食品なのですが、
それでもオーガニックのアボカドやりんごの値下げは、大変嬉しゅうございます。
特にオーガニックのFujiりんご、$1.99/lbなら、マーケットより安いじゃないですか。

このニュースに対して、今までどんだけぼってたんだよ、という類のレスも見受けられ、
オーガニックムーブメントを含むあれこれへの批判を背後に感じたりするのも、
また興味深いところでございます。なんつってなー。

* * * * *

【家庭内事情】

IMG_8377

さて、お嬢と一緒に2泊3日で、サンディエゴのfrogfreakさん宅に行ってまいりましたです。
お嬢は国際免許は持ってきたものの、高速は未経験なので、運転手は私一人。
460マイル(740km)の道のり、一体何時間かかるかなー、でしたが、
蓋を開けてみれば、往き帰りとも1回ずつのランチ休憩を入れて、7時間半と8時間で終了したので、まあまあだったかな。

これはお嬢のおかげも大きくて、ですね。
助手席でほとんど眠らないまま、ずっと私とおしゃべりしてくれたので、あまり眠気を感じることなく、退屈することもなく、運転を楽しめたのですよ。
親孝行な娘でございます。
まあ、ヤツも自分の命がかかってましたからねー。(身も蓋も)

で、どんなことを話したかって、そりゃもうあれもこれもそれもいやどれだよってなぐらいにとりとめもなかったんですが、
そのうちの一つについて、ちらっとだけメモしておくですよ。
つーでも、絶対うまくまとめられない話題なんですけどね。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-08-29 16:17 | Trackback | Comments(4)

その味わいはほろ苦く

「人間は自分たちの話になると、まるで自分たちには小さな欠点だけしかないように語る」
   ----- ジャン・ド・ラ・ブリュイエール
       (フランス人、作家、1645年8月16生まれ)


IMG_8163

お嬢がイギリスの大学院に進学するにあたり、その前に色々手続きがありまして。
領事館やVISAセンター行きで、サンフランシスコに3週続けて行ったです。

せっかく行くんだから、それなりにお遊びもくっつけて。
領事館と近いので、フェリービルディング訪問もしたですよ。

で、Dandelion Chocolateのブースを見たところ、チョコレートとサンプルがずらりと並んでて。
85%以上のチョコが大好物のワタクシ、100%のサンプルを食べてみたところ、これがすっごく美味しくてですね。(あくまで個人の感想です)
今まで買った90%以上のチョコは、やたら酸味が強いのが多かったのですが、これはマイルドでとても良かったです。


IMG_8129

買いたかったのですけど、この大きさで$12か……
と、しょんぼりして、とりあえずラテを買いましたら、添えられてたチョコクッキーが、またさっくりして美味。
これだけ売ってないの?と聞いたのですが、残念ながら非売品でございました。(舌打ち)


IMG_8162

チョコと言えば、やはりフェリービルディング内のMiette Patisserieに売っていた、こちらのチョコレート。
お嬢が、あ、これ、日本のコンビニでも売ってるんだよ! すごく美味しくてお勧めだよ、と言った後にお値段を見て絶句。
日本だと通常値段が600円ぐらいで、たまにセールで198円になるから、その時に買ってたんだけど……
その差はどこからどう来るのか、知りたいものですな。

* * * * *

【レストラン】

img_8071_35697209965_o

冷麺好きなお嬢に、美味しい冷麺が食べたいと言われたのだけど、どこが美味しいのかわからなくってね。
前に好きだったお店は、別のお店に変わっちゃったし、とりえあえず入ってみたお店はイマイチで。

で、お友達に聞いたところ、薦められたのは、サムゲダンと冷麺のお店だと。
わーい、サムゲダン、食べたことないから、ぜひ行きたい。教えてくれてありがとう!
同じモールに、日本から出店のお好み焼き屋さんがあるのに、そちらに行かずに冷麺へ、家族でGO。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-08-16 15:36 | Trackback | Comments(0)

肩の力を抜ける場所

「すべての大きな過ちにはいつも中間点となる瞬間があるのだ。
その過ちを取り消し、あるいは正すことのできる瞬間が」
   ----- パール・バック
       (アメリカ人、作家、1892年6月26生まれ)


     IMG_8040

我が家の庭にあるフェイジョア(パイナップルグアバ)の木。
今年の春も、いっぱい花をつけてくれました。
実が生るのが楽しみで楽しみで。

で、この木に良く来る鳥がいましてですね、どうやら花を食べてるっぽいんですな。
へー、好きなんだ、ぐらいしか思ってなかったんですが。

ファーマーズマーケットで、とあるフルーツ屋台に寄ったところ、この花をいっぱいカゴに入れていて、買い物客に配ってるんですよ。
何かと思って寄っていったら、
「この花の花びらを食べてみて! 美味しいわよ」
と言われまして、ですね。
ほえ、と思って口に入れて噛んでみたら、ええええ、すっごく甘いじゃん!

何年もこの花を見ていたのに、なんということだ。
私は宝の山を目の前にしながら、見逃していたということか。(愕然)

しかし、家に帰って、庭にある木を前にして。
私がこれを食べたら、生る実の数が減ってしまうのではなかろうか、という疑いが。
植物知識にもめっちゃ暗いので、それが当たってるかどうかはわかりませんが。

とりあえず、鳥が食べる分には良し、でも人間は、ちと我慢。
今年の花は終わりましたが、来年の花は、少しだけ食べようと思ってます。

* * * * *

【レストラン】

IMG_8063

さて、最近出会った、もう一軒の新しい私的立ち寄り所。(別名:カフェ)
前に良く行っていたあのカフェ、随分ご無沙汰してたのだけど、先日前を通りかかった時、げ、お店が変わってる、と発見したのだよ。

好きな場所だっただけに悲しみを覚えつつ、一回訪れてみないといかんな、と思っていたところ。
Eちゃんがこちら方面に来る用事がある、と聞いたので、ここでのデートをお願いしてみたんだよ。
年寄りって、ほんと好き勝手ゆうんで、若者は困るよね。(他人事)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-06-26 13:49 | Trackback | Comments(0)