タグ:時事 ( 453 ) タグの人気記事

数多の歩みの、その上に (3)

「現実の人生では、あらゆる偉業は信念に始まり、信念によって第一歩を踏み出す」
   ----- アウグスト・シュレーゲル
       (ドイツ人、文学者・翻訳家、1767年9月8生まれ)



大坂なおみ選手、全米オープン優勝、おめでとうございます!!!!!
あのような状況の中で、若干20歳の彼女が示した精神力の強さは、本当に目を瞠るばかりでございました。

前に初優勝した時の、沢山の人へのThank you メッセージがむっちゃくちゃ可愛くて、
準決勝で勝った後、セリーナへのメッセージは?と聞かれて、「I love you」と言って照れまくったのが、また可愛くて。
なので、勝った後に笑顔が見られなかったことから始まって、表彰式に至るまで、私までずっと涙ぐずぐずでありました……あ、鼻水か。

それは、なんてかわいそうな、という気持ちからの涙であったのですけど、
でも、お母様とのハグ、あれはもう、ただただガンドーーだああああああ、の涙がだーだー。
私も思いっきりエアハグ送りますよおおおお 素晴らしかったよおおおおおお!!!
だからこそ、保身に走って、最初になおみちゃんじゃなく、セリーナを褒め称え、セリーナにマイクを向けた運営側が腹立たしい。




日本人とか関係なく、彼女が成し遂げたこと、彼女のキャラクター、諸々を素晴らしいと思って応援しているわけですが。
決勝戦の前にNY Timesに載った、なおみちゃんの記事は、日本人だからこそ色々と考えさせられる内容です。
ほかにもなあ、やっぱりこういう意見が出てくるなあ。



さあ、次は車椅子テニスの決勝です!

* * * * *

【旅行】

25693118238_7814aa281d_o

イタリア旅行に行ったのは、うん、昨年末、だったよね……
もう記憶が薄れて書けないなー、とほっとくうちに、ほとんど霞か霧かというぐらいになってしまったです。(遠い目)

でも、実は3日後には、またイギリスに発つので(ええええ)、もう写真の羅列だけでもしておこうかと。
ほんとに、羅列のみで……
まあ実際、教会などの建物内では、撮影禁止のところが多かったので、外観写真のみだったりもするんですよ。
内部の写真の半数以上は、隠し撮りでございます。(罰当たり)(しかも教会内で)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-09-08 09:32 | Trackback | Comments(0)

厚い基盤があってこそ

「人を下に見るようなことはいけません。
すべての人の仕事がこの世には必要なのですから」
   ----- フランシスコ・サレジオ
       (フランス人、聖職者、1567年8月21生まれ)


あううぅ、視力がどんどん低下してきていて、ほんとツラすぎる……(泣)
そんな中、最近読んだオンライン記事の中から、印象に残ったものをランダムに。


  ↓
(患者が話をしている時に、医師がどれくらいじっくりと話を聞くか見てみると、
女性医師は3分間話を聞いてから遮ったのに対して、男性医師は47秒で遮ったという研究結果)

  ↓







大ファンの渡辺由佳里さんが書かれていたのですが、英語で「willful ignorance」という表現があるそうで。
意味は、意図的に「無知であること」を選ぶ、であるそうですが、同時にその背後には、
「自分より学んでいる人からばかにされたくない」という「自尊心」がある、と指摘されておられました。

ネットで、リベラル/右翼/左翼はバカとか、全ては金持ちが悪いとか、陰謀論やトンデモ論を支持している方々の中に、
もしかして、勉強したら負け、とか思ってるんじゃね?
勉強しないでも、本能で正しいものがわかるのが本物! そして、それは俺!とか思ってね?
という人達が見受けられるように感じます。

自分を変えないで、今の位置から動かないで、でも自分が”正解”だったら、どれほど楽かと思うんですけどね。
でも、それが人権を侵すものであれば、それはどうしたって”不正解”だと思うので。
それにしても、同性婚や夫婦別姓は、選択肢を増やそうという話なのですから、
貴方達に何も変化を求めているわけでも何でもないのになあ、としみじみ不思議です。





* * * * *

【レストラン】

IMG_0047

麗しのRさんとの定期デート。
いつも素敵なお店を探してくださるのだけど、今回、ここは知ってますか?と見つけてくださったのは、2人とも未訪のニューアメリカン。
ファーマーズマーケットで毎週来ている場所であれど、マーケットからははずれたところなので、じぇんじぇん知らなかったです。

こちらのお店は、ダイニングとバーラウンジに分かれてて、ダイニングの方だとPre fixe menuだけの提供で。
今、アレルギー症状でお辛いRさんには、自分でメニューをチェックして選べる方が良いので、アラカルトがオーダーできるラウンジの方を選んでみたんだよ。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-08-21 10:13 | Trackback | Comments(2)

私を作るものだから

「『何かをやろう』ということじゃなくて、普段『何を思って生きているか』
『何を感じて生きているか』がキーだと思う」
   ----- ヒロ・ヤマガタ
       (日本人、洋画家、1948年5月30生まれ)



日大のアメフト部の事件について、最近会う人会う人、みんな言いたいことが沢山あるので、あちこちで活発な議論が発生いたします。
アメリカの一部メディアでも取り上げられている理由は、「日本スゲー」じゃ全然ないことはおわかりいただけるかと。

日本の大学に入学したお嬢、少しだけ、体育会のとある部に仮入部してたことがあるのですよ。
ほんの短い間でしたが、彼女が感じたことは、

・具体的に技術を教える人が少ない(見て学べ、盗め)
・でも、できないと叱られる
・しかし、できてもあまり褒められない
・授業よりも部活を優先することを求められる(先輩に留年生ぽろぽろ)
・夜遅くまでの練習の後、2年生が担当して1年生の反省会を毎日
・文字通り”反省会”であって、その日に目についたあれこれをひたすら叱る
・その日に1年生がやった良いことには言及なし
・明確な理由がないこだわり事が多く、理由を聞くと叱られる
・そして、外部から見たら理不尽なことでも、内部の部員達はそれを当然と受け入れている

ってな感じでございましたね。
日本育ちの私からすると、あるあるある、なことばかりですが、
日本を知りたくて日本の大学に行った彼女、ある意味、
一番早く文化の一旦を垣間見ることができた体験でありました。

部活を離れたところでは良い先輩が多かったそうで、入部を辞めた後も、
キャンパスで会うと、色々おしゃべりしてくれたのが嬉しかった、とのこと。
あと、体育会系が就職率が良いのはわかる、とも言ってましたな、そういえば。

* * * * *

【読書】

IMG_9985



最初に知ったのはどこだったか忘れてしまったのですが、結構前から拝読させていただいているブログです。
ブログを書かれているのは、現在カリフォルニアのUCLAで助教授(になるのかな?)を勤められている津川友介氏。
最近ますます真に役立つ情報かトンデモ情報か、素人目には見分けがつかない情報が氾濫している昨今、こちらではきちんと論拠を示して説明してくださっていることを、とても頼もしく感じ、以来フォローさせていただいているんですね。

その津川先生(と呼ばせていただきます)が発行されるというご本、タイトルからしてわくわくと期待していたのは私一人ではなかったようで、なんと発売10日で、累計4刷・10万部という大変な売れ行きです。
Kindleも出ているので、そちらで買おうかと思ったのですが、ほかにも読みたい人がいるかなあ、と思い、紙の本で購入したですよ。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-05-30 02:39 | Trackback | Comments(4)

私もお役に立つ所存

「家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、
愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない」
   ----- ハンス・クリスチャン・アンデルセン
       (デンマーク人、作家、1805年4月2生まれ)


18951298_1983518451910447_8070202159261958444_n


大谷翔平選手、米国メジャーリーグ、投手としての初登板戦。
オークランド・アスレチックスとの対戦試合を観に行って参りました。
眠いー、TVで見ている方がいいー、という心の中の声を3割ほど出しながら。

旦那と私は2階席だったんですけど、前後左右、ばっちり日本人の方々ばかり。
あちこちに大谷選手応援のボードが見られて、皆さんのわくわく感がとても良かったです。(眠い目をこすりつつ)
試合も無事エンゼルスの勝利に終わり、めでたしめでたし。


29663122_1983618848567074_27160482286324880_o

29791481_1983620811900211_7529221370458277232_n

旦那が2階席から、三脚ナシの望遠レンズで撮ったわりに、綺麗に撮れてて立派・立派。
アップの顔は、ホームランを打たれた直後の写真だそうです。なんでコレ撮った。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9842

わくわくさんが見つけてくれて、2月半ばにご一緒させてもらったお店。
あの時はソフトオープンだったのだけど、今ではだいぶこなれてきたんじゃないかな。

なんと、Water buffaloの乳製品を使ったお店なんだって。
大々的にバッファローミルクをメインとする、としたお店は、全米でも初めてとか。
最初は2人して、バッファローとバイソンって、同じじゃないの? イエローストーンでむっちゃ見られた、あの茶色い巨体のミルク? なんて言ってたけど、席に着いてから検索したら、別物でありました。
入店する前に調べとけ。(ウォーターの文字に気づいてなかったんだ……)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-04-02 10:12 | Trackback | Comments(0)

灯台の下は暗くとも

「ある国の平和も、他国がまた平和でなければ保証されない。
この狭い相互に結合した世界では、戦争も自由も平和も全て連帯している」
   ----- ジャワハルラール・ネルー
       (インド人、政治家、1889年11月14生まれ)



探し物があって過去日記内を検索してたのですが、ちょうど6年前の今日、
ケヴィン・スペイシー氏の舞台、「リチャード三世」を観に行ったことを書いていたのですね。

彼の未成年へのセクハラ行為が告発されて以来、同様な被害の報告が続いて、今やスコットランドヤードが捜査に乗り出したとの報道もあり。
氏の演技に感銘を受けた身であるものの、未成年への犯罪行為に断固とした態度を取る体制を、非常に心強く思います。
だからこそ余計に、日本の伊藤詩織さんの事件に、たまらなく心が痛むと同時に、胸が悪くなるほどの怒りを覚えます。

これは司法の問題です、と詩織さんはおっしゃいましたが、その前に前提となるべき、一部の人達の倫理観が低すぎて。
女性専用車両や痴漢問題について、メディアで散見される男性優位視点の意見に、呆れかえって物も言えなくなることが度重なり。
女性に対してだけでなく、男性への侮辱でもあるのだ、ということが、なぜわからないのか、わかりません。

ワインスタイン氏のことをきっかけに噴出したのは、一部業界の問題点、ではありません。
数え切れない数の人達の、数え切れない年月に渡って積もり積もった思いの、ごくごく一部にすぎないことなのです。


お嬢とも、いろんな話をしたですよ。
娘とこういう話ができることを、とても幸運に思います。
というのは、親にも言えない、と思う人も多数いらっしゃることだと思うので。

溢れるものが多すぎて、日記には今はとても書けないので。
せめてお嬢が教えてくれた、怒りを笑いに変えてくれたTwitterのまとめのリンクの貼りますね。
そして私も、#MeToo



女性というのは、男性を刺す生き物なのよ。
みんな知ってることでしょう?

女性と一対一でいれば、刺されても良いという意思表示だと思われても仕方ないじゃない。

だって胸を大きく開けている服を着てたんだから、刺してほしいんだ、ってこっちは思うわよね?

男性の服装や歩き方、話し方、笑い方、全部が刺されることを自ら招いている。

魔女狩りよ! オフィスにいる女性全員が、弁護士に連絡し始めた。
こんなこと、間違ってる。

相手の意見を聞かずに刺したことを話すのは、ただのYoga studio talkに過ぎないでしょ。


* * * * *

【レストラン】

IMG_8884

はっと気づけば、なんと9月のことでした。
仲間達と、人気のファラフェル屋さんに行ったんだ。

何年も前から人気のお店らしく、別な友達に話したら、行ったことなかったの!? と驚かれたぐらい。
うん、行ってみて、もっと早くに知りたかったわ……となったです。
お嬢がいるうちに、連れて行ってあげれば良かったよー、くー。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-14 13:44 | Trackback | Comments(2)

もてなす心の真髄を

「若い人には若い日の花があるのと同時に、老いたる人には老人の日の花があるのだ」
   ----- 大佛次郎
       (日本人、作家、1897年10月9生まれ)





実は今、ちょっとだけ日本に来ているのですが。(唐突)
発つ直前に飛び込んできたのが、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞のニュース。
久しぶりに心が震えた、素晴らしいニュースでございます。

海外ミステリーかファンタジー系しか読まない私が、氏の本だけは数冊読んでいたのは、博識なお友達が貸してくれたから。
しかも、いつもお世話になってる早川書房からの出版。
どこまでがフィクションで、どこからが現実なのか、境目がぼやけるほどに引き込まれて読んだです。
薦めてくれた友人に感謝すると共に、素晴らしい作家さんが受賞されたこと、本当に喜ばしく思います。


で、そういうおめでたいニュースが流れている中で、一つ気になったのがこちら↓。


今年に入ってから、アメリカの一部で話題になった小説が、記事にあったマーガレット・アトウッドの「侍女の物語」
近未来、キリスト教原理主義・白人至上主義の国家で、女性は子供を産む道具として仕えるだけの監視社会を描いたディストピア小説です。
2年ぐらい前にKindleで購入して読んだのですが、なんともいえない硬質な不気味さが漂う作品で、涙が麻痺して出ないような感覚を味わいました。

発表されたのは1985年でありながら、なぜ今年また、アメリカで話題になったのか。
それは当然、大統領交代の前以来、様々な人が抱いている危機感の表れ、に他なりません。

両氏の本は、読み返すのにエネルギーが必要であるのと、最初の印象を壊したくない思いがあるのとで、どの本も一読したままになっておりますが。
またいつか、違った気持ちで読み返したい、というのが誠実な望みでございます。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_8923

カリフォルニアでも、Green TeaやMatchaが珍しくなくなってきた昨今。
しかし、私の好みからすれば、全然抹茶の味が足りないぜ、というのを、以前日記に書いたんだ。

そしたらとある方から、サンフランシスコに、お寿司&抹茶デザートのお店を開かれるという、素敵なお知らせをいただいて。
絶対行きたい、行かいでか(鼻息)、と、いつもの遠足仲間におねだりさせてもらってね。
夏が終わって、みんな揃ってお出かけできる日に、いそいそと出かけていったのね。

お知らせをくださったお店の方に、あらかじめ連絡していくべきかどうか、かなり悩んだが。
もう忘れていらっしゃるかもしれないし、お気遣いいただいたからかえって申し訳ないし、と思って、何も言わずにお店に向ったの。(小心者)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-10-09 20:44 | Trackback | Comments(2)

影も形も捨て難し

「財産ではなく資質こそが、人の階級を決定する」
   ----- ベンジャミン・ハリソン
       (アメリカ人、政治家・第23代米国大統領、1833年8月20生まれ)


     S__3588134

アメリカを横断すると話題だった日食、ベイエリアでも大いに盛り上がった模様。
SNSにアップされた数々の写真、どれもすごく良くて、いっぱいLikeをつけてしまったです。
シェアしてくれてありがとう!


お友達の旦那様は、オレゴンまで出かけられると聞きましたが、無事に当地で鑑賞されたのでしょうか。
TVなどに映る鑑賞会やツアー、誰もがすごくわくわくした表情で、同じ方向を向いて、あのメガネをかけている様子が、とっても微笑ましかったです。


     IMG_8316

さて、私の方も、お嬢と一緒に外に出て、影を楽しんできたですよ。
穴のあるものを通してとか、木漏れ日とかが、日食の形になるのが面白いんですよね。


IMG_8317

あまり上手く写せなかったのですけど、日食が始まった頃の、とある場所の写真。


IMG_8319

それが、日食のピークを過ぎた頃、三日月のような形の向きが変わったんですよ。
うー、同じ場所にカメラを据えておけば良かった。

そういう反省点を生かせるのは、ええと、アメリカでは2024年?
西海岸ではないので、望み薄かなー。もう生きてないわー。

ちなみに日食関係で、今日一番笑ったTweetは↓です。



短いですが、ここまでで。
明日から2泊3日の小旅行に行って、大好きなお友達に会ってきます。
観光とか全然なしで、ひたすらおしゃべりしまくってくる予定。(ひゃっほーい!)(酒持参)



[PR]
by senrufan | 2017-08-20 13:52 | Trackback | Comments(0)

垣根は幾つもあるけれど

「『わたしは正しい』という確信が『この人は間違っている』との思い込みにつながり、
最終的に「だからわたしは勝たねばならない」と勝ち負けを争ってしまう。
これは完全なる権力争いでしょう」
   ----- 岸見一郎 著 「嫌われる勇気」より


35754898192_b192cefc93_o

先日、またあのカフェに行きまして。
気になっていたAvocado Toastを頼んでみたですよ。

切り方が大変ナチュラルで(え)、味付けもごくシンプルに、塩・胡椒・ちょっとオイルのみ。
でもアボカド1個はいってるね、という量で、これで$5は納得、お味も悪くなし。
これなら家で作れるでしょ、という言葉は抜きにしよ。

トーストがちょっとしたブームになって、2年ぐらい経ったかな?
アボカドも、どんどんその地位を上げてきているので、それがのったトーストとなれば、そらあ付加価値がつくんだろうとは思うものの、
$5と言えば500円以上、デフレの日本では、ワンコインでランチが食べられますからね。

なんでこんなにお高いの、という理由は、以下の記事を読んで納得です。



これぐらい、家で作れば、もっと安くあがるでしょ、と思いたいところですが、
ローカル産のオーガニックのアボカド、高級グローサリーでは1個で$2.50以上する場合もあるので、買う場所を選ばないとなかなかねえ。
物価高騰が止まらないベイエリアですから、こちらが払うお金が、働いている人のお給料になると思えば、高くても払わなきゃ、と思うんですよね。
それを少しでも安くあげようとするのは、自分が買うものをどう選ぶか・どう使うか次第。

今も変わらず、毎週ファーマーズマーケットで青物を買い込むです。
マーケットで払うお金も、去年の1.5倍近くになってます……(涙をこらえて)

* * * * *

【レストラン】

34405328670_cf0f722fc0_o

本日の日記は、全てiPhone写真でお送りいたします……
や、ずっとずっと行きたかったお店に、遠足仲間と行けることになって、勿論一眼レフを持参したんだが。
ONにして、ファインダーをのぞきこんだら、「カードがありません」という表示がね……(思い出し泣き)
あー、これが日本だったら、近くのコンビニで買えるのに。
つか、予備のカードを持ち歩けよテメエ。

なんせ携帯写真に慣れてないもんで、写真名人のSちゃんに教わりながら、オタオタと撮ってみたものばかりなので、クオリティは更に低下。
マシな写真は、恐らくSちゃんが代わりに撮ってくれたものであろう。(確信)

とゆう前置きはどーでもいい。
ようやくサンフランシスコのTartine Manufactoryに行ったよ、という記録をば。
ええと、2ヶ月前の出来事ね。(目をそらしながら)



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-07-13 13:24 | Trackback | Comments(2)

山の手前も道があり

「科学は熱狂や迷信の毒に対する素晴らしい解毒剤である」
   ----- アダム・スミス
       (イギリス人、経済学者、1723年6月5生まれ)



大分間があいてしまいました。
ちょっと季節労働に従事中で、それがPC作業なもんで、
空き時間までPCに向いたくなくて、今日も日記が書けませんという日々。
うーー、目がしょぼしょぼするよお……(ババアまっしぐら)

なので、東日本に激震が走ったあのニュースについても、今頃。
私も最初は大変ドーヨーしたのですけど、チーズあじとうすあじは残るそうなので、
買うのはほぼこの2つである私は、ほっと一安心でございます。

しかし、世間様はそうではない模様。










このニュースが流れた日に日系スーパーに行きましたら、チーズあじとうすあじがまだ沢山残ってたので、久しぶりに買いましたよ。
家でお嬢と食べたら、やばい、この分だとすぐ食べ切っちゃう、と彼女が袋の口を閉じ、
ゴムでまとめて、ええと、以下のところに収納しました。
食べ過ぎ防止、だそうです……まあ、洗ってあるけどさ、鳥かご……


34876490696_9de82e1d4f_o

* * * * *

【家庭内事情】

IMG_7449

カールだけだとさすがにナンなんで、なんかなかったかなー、うーん。
あ、そうそう、お嬢がこちらの携帯をゲットしたんですよ。

日本で使ってたあいふぉんはSIMフリーではなかったのですが、買ってから3年半以上経ってるので、
日本を発つ前に解約&Unlockしてもらおうと、某a社に行ったんですって。
いわゆる2年縛りは終わってるハズなので。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-06-05 11:17 | Trackback | Comments(0)

嵐を避けるに足るものを

「開け放たれた窓を外から見る者は、閉ざされた窓を透かして見る者と決して同じほど多くのものを見ない」
   ----- シャルル・ボードレール
       (フランス人、詩人、1821年4月9生まれ)



エイプリルフールを楽しむ暇もなく、4月も飛ぶように過ぎていく。
これが年を取るってことですね。(悟)

先日日本から帰ってきたフライトはエア・カナダで、初のカルガリー経由便。
カルガリーで米国入国審査も済ませられたし、カナダの空港の係員は相変わらずナイスな方々が多かったので(米国比)、不満はございませんでしたね。
この便にほんとにネコノミークラスがあれば、生涯最高のフライトになったことでありましょう。

ちなみに今、カナダを経由するだけでも、電子渡航認証(eTA)が必要となります。
オンラインで手続きできるので、近々カナダに行かれる方や経由便をご利用の方は、お忘れなく。
12月に、サンフランシスコからカナダのバンクーバー経由で発とうとした時、eTAを持ってなくて、その場でスマホで大汗かきながら入力したバカの二の舞にはなられませんように。ええ、ワタクシです。




ところで本日、サービスゼロで定評のあるUnitedで、またもやトンデモ事件が起きた模様。
現時点で詳細は不明ですが、動画を見る限り、恐怖で震えるような事件です。
SNSでは、ユナイテッドをボイコットしよう、という動きが早速始まってますね。


先日Airbnbで、アジア系アメリカ人の女性が、アジア系であることを理由に宿泊を拒否される、という事件が起きたこともあり、どうしても敏感になってしまうです。


* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6202

あーー……
もう、どの時点の日記から書いたらいいのかわからない……
と、ワタシはひたすら途方に暮れる。あ、タイトル出た。
だって、11月の日記で残ってるのもあるんだよねえ。(遠すぎる目)

とりあえず、前に書いた通り、12月のハーブクラスの記録は書いておかねばな。
この日は、シュタイナー教育では定番のにじみ絵描きと、ハーブのティーバッグを作ったよ。
Kanaちゃん、Aちゃん、Erinちゃんと、久しぶりにレギュラーメンバーが全員揃ったという意味でも、嬉しい一日だったよね。



続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-04-09 14:30 | Trackback | Comments(2)