タグ:旅行 ( 240 ) タグの人気記事

求める光の在り場所は (6)

「自分探しの旅に出かけても見つかるわけがない。
自分が変わらなければ、どこに行っても一緒だ」
   ----- 宮藤官九郎
       (日本人、俳優・脚本家、1970年7月19日生まれ)


     EST WST

ネパールで4月25日に大地震が起きてから、早3ヶ月が経とうとしています。
M7.8という規模で、死者8,500人以上、負傷者は15,000人以上という、大きな被害をもたらしました。

起こった数日後、取り急ぎ2団体に寄付したのですが、
そのお金が、果たしてどこまで被災者の直接の役に立つのか、そして何より、
その後の復興について案じる気持ちが、心のどこかにずっとあったのでございます。

そうした時、先日会ったお友達が、良いショップを紹介してくれたのですよ。
ネパールとインドの工房と直接契約し、そこで織られた生地を使い、
バッグやスカーフを製作・販売されているショップです。

EST WST Collective

サイトに説明がありますが、フェアトレードによるハンドメイドの生地、
オーガニックコットン、リサイクル材料使用のエコレザーなど、
地球環境の維持と文化への配慮を大きな目的とした、今はまだ小さなショップ。
ネパールへの支援の為にファンドを立ち上げ、売り上げの一部をそちらに寄付されているのですが、
このたびの地震により、そのファンドから、草の根の復興支援を行っていらっしゃるそうです。

寄付されたお金は、オーナーさん達と繋がりのあるネパールの方々が、
本当に必要と考える物資に変えられて、直接届けてくださっているとのこと。
こういうところを待っていた、という思いと共に、大喜びで寄付させていただきましたです。

RURAL RELIEF FOR NEPAL EARTHQUAKE


勿論、EST WST Collectiveの商品自体にも、興味津々。
タブレットやPCを持ち歩く用にぴったりなバッグが揃っていて、
ちょうどそういうのを探していた私には、そちらの意味でもありがたく。

私の趣味を知ってる友人達には、あー、アンタが好きそうねー、と言われること間違いなしな感じの商品が並んでいて、大変悩ましいのでございますが、
すでにSOLD OUTのバッグもあるので、早いとこ決めなくてはいかんです。(わくわく)

* * * * *

【旅行】

5. 共産主義博物館 (HP

IMG_7388

プラハの博物館といえば、アートならアルフォンス・ミュシャ美術館とか、音楽ならスメタナやドヴォルザークの博物館があるのですが。
そこで、なんで共産主義博物館なの、というのは、お嬢の希望です、と言うしかありません……
前にも書いたように、冷戦時代の東欧にすごく興味があるお嬢にとって、ここはむしろ、はずせない場所でありました。

最初、どこが入り口かわからなくてウロウロしてしまったぐらい、目立たないビルの2階にひっそりとありました。
が、その中は、真っ赤なソ連の旗とレーニン像のお出迎えから始まる、
狭いスペースにぎっしりと、あれこれ詰め込んだ博物館でございましたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-07-19 08:04 | Trackback | Comments(0)

お国自慢に乾杯を

「政治家は国家のために自分を捧げ、
政治屋は自分のために国家を利用する」
   ----- ジョルジュ・ポンピドゥー
       (フランス人、政治家、1911年7月5日生まれ)


2015年7月4日は、アメリカの239回目の独立記念日。
土曜と祝日が重なったので、金曜からの三連休となりましたね。
皆様、BBQや宴会でにぎやかに、もしくは日頃の疲れの癒しにのんびりと、思い思いに過ごされたことと思います。

夏の宴会に欠かせないのが、冷たいビール。
以前はバドワイザーかミラー、クアーズあたりが主だったのに、今や地ビールブームのベイエリア。
ビール売り場に行けば、あれもこれもそれも、と迷ってしまう、嬉しい品揃えになってます。


        IMG_9026

3月末のプラハ旅行、行く前に何人かから、チェコはビールが名物だよ、と聞いてはいたのですが、
まさか、水よりビールの方が安いとまでは、露知らず。
どれも美味しかったですが、これまた無知だったのが、チェコにバドワイザーがあって、初めてメニューで見た時には、え、まさかあのバド!? と驚いたのですよ。

店員さんに聞いてみたところ、元々チェコにバドワイザー、というかブドヴァイゼル・ブドヴァルというビールがあって、
アメリカのバドは、ドイツ系アメリカ人の起こした会社が作った別のビールだ、とのこと。
Wikiで説明が見つかり、ほえぇ、でございます。

チェコを発つ時、缶ビールを数本購入して帰り、みぎやで家飲みしたですよ。
チェコのバド、すっきりと美味しいビールです。

* * * * *

【イベント】

IMG_9941

さて、当の7月4日、私はどうしてたかと申しますと。
Kさんの温かいお誘いにのっかって、チリを食べに行ってましたですよ。

といっても、レストランとかではなくて、出場者がチリを作り、それを食べて、どれが美味しかったか投票するというコンテスト。
前に住んでいた市の、独立記念日の恒例行事なのですが、住んでいた間は、なんやかんやで行ったことがありませんで。
引っ越してから、ようやく参加するとはなあ。これも運命の妙ですか。(違)

そんな私と違って、毎年ご家族で参加されていらっしゃるというKさん。
おかげで、お薦めブースや列への並び方など、全ておんぶに抱っこの甘えんぼ。
お互い、祝日に家族が日本にいる、気軽な独り身同士、ということでの合流なれど、
なんのこたーない、私という子供を一人背負った状態にさせてしまったという。(くらっ)
Kさんには誠に申し訳ないながらも、私には、すんごおおおく楽しい一日となりました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-07-05 13:22 | Trackback | Comments(2)

求める光の在り場所は (5)

「人生は無限の教訓に満ちあふれている。
しかしどの一つとってみても、万人にあてはまるものはない。
それを教訓にするかどうかは、君自身の選択にかかっている」
   ----- 山本周五郎
       (日本人、作家、1903年6月22日生まれ)


周囲の友人達から、いつもすっぴんだと思われているワタクシ。
や、一応ファンデは塗ってはいるんですよ……
アイシャドーやリップグロスもしてるんですが、あまりに薄すぎて、誰にも気づかれないという。
ここまでいくと、立派な特技だネ!(ぽじてぃぶ)

そんな私にとって、マスカラは、レベルが高すぎて手を出せないメイク用品。
なのですが、お友達がコスメパーティをホストした際、
そちらの看板商品だったマスカラについて、周囲の友人数人に話したところ、
みんな、興味津々で購入してくれたのですよ。
私がまとめてオンラインで購入し、届いた後で皆で集まって、お試し会開催と相成りましたです。


IMG_9840

届いたマスカラは、2本セット。
1本がジェル、もう1本がファイバーとなっていて、まずはジェルをつけ、それからファイバーをつけ、更にその上からジェルをつける、という方法。
勿論、それを繰り返しても良いですし、今持ってるマスカラをつけて、その上に重ね塗りしても良いそうです。

その名も3Dファイバーラッシュというだけあって、普段ほかのマスカラをつけている友人達も、これは結構なボリューム!と意見が一致。
しかもファイバーの材料が、お茶の葉だというから驚きです。
その他の原材料も、極力自然素材にこだわり、アニマルテストもしていないという商品だそうですよ。

全員のBefore & Afterの写真を撮ったのですけど(みんなマジで綺麗なのー)、それはさすがに非公開。
興味のある方は、以下のサイトで画像や動画をご覧くださいませ。

ちなみに私は、パウダー状になったコンシーラーを購入いたしました。
シミだらけで、いっそガングロになった方が早いんじゃね?という顔でありますが、
特に大きなシミで試したところ、おお、かなり目立たなくなったじゃないですか。
こちらに頼って、これからも頑張って、「少しでもマシなすっぴん顔を作る」ことに邁進していこうと思うです。


Younique

* * * * *

【旅行】

4. ストラホフ修道院

     IMG_7184

プラハ城の近くにある修道院。
お嬢と私の、プラハでのもう一つのお目当てだったところです。


IMG_7185

ところが、えー、というような事情で、半分しか叶えられなかったというか。
ラッキー半分、アンラッキー半分の見学となりました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-06-22 07:35 | Trackback | Comments(4)

求める光の在り場所は (4)

「私は『言論の自由』と聞くとカッとなるくせがある。
それは危険なときは黙っていて、安全とみてとると我がちに言う自由のことかと思うからである」
   ----- 山本夏彦
       (日本人、コラムニスト、1915年6月15日生まれ)


     IMG_9418

ハーブクラスでも色々教わっておりますが、お友達とわいわい、というのも大変楽しいもの。
doTERRAのアロマオイルでお世話になっているさくさんが、少し前から、
アロマオイルを使って、皆であれこれ手作りしちゃおう♪ という、
楽しい集まりを開いてくださっているんですよ。

大体月イチペースで、化粧水を作ったり、クリームを作ったり。
全然クラスという感じではなく、おしゃべりと情報交換の楽しい場となってます。

こちらは先月教わった、手作りのハンドサニタイザー
市販のハンドサニタイザーは強力過ぎて、必要な常在菌まで殺してしまうとか。
その点、アロエジェルや抗菌効果のあるアロマオイルで作られたこちらは、安心度高し。
さらっとしていて、クローブやシナモンの香りのするサニタイザーです。

今月は、日焼け止めを手作りしましたよー。
いつもいつもさくさんに、そして、楽しいお仲間の皆さんに感謝です。

* * * * *

【旅行】

3. カレル橋

IMG_7102

プラハ内でヴルダヴァ川(モルダウ川)にかかる橋の一つ、カレル橋
1357年、時の神聖ローマ帝国皇帝であったカレル4世の命により建築が始まった、ゴシック様式の石橋です。
旧市街とマラー・ストラナという2つのエリアを繋ぐ、プラハ最古の石橋でございますね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-06-15 12:06 | Trackback | Comments(2)

求める光の在り場所は (3)

「子どもの愚かさをとがめすぎるから、その分大人が愚かになる」
   ----- なだいなだ
       (日本人、精神科医・作家、1929年6月8日生まれ)


pyrex-100-main-feature

ガラス製容器の代表選手、パイレックス。
1915年設立のこちら、今年はなんと100年目なんですね。

その100周年を記念した商品が発売されたのですが、周囲でたちまち大評判。(当社比)
カラフル5色ラインナップの水玉模様コンテナ、計量カップ、パイ皿、キャリアバッグと、常日頃からお役立ちの商品達が、限定デザインで行進中でございます。
個人的に、ターコイズとグリーンに一目惚れしたですよ。

TargetやWalmartなど、店舗でも買えるのですけど、人気商品だけあって、行っても希望のものが売り切れだったりして。
なので、友人間で、オンラインでの共同購入の話が持ち上がったのですよ。
$99以上の注文は、送料無料になりますしね。

私も声をかけてもらったのですが、悩んだ末に諦めましたです……
パイレックスはすでにいろんなサイズを多数持っているので、これ以上持ってもなあ、と思いまして。
ですが、その後も悶々と、あーー、やっぱり計量カップぐらい頼めば良かった、あの色、欲しかったなー、と未練がましくウダウダと。


     IMG_9659

そしたら先日、お友達からプレゼントされたのが、当のグリーンの計量カップだったので、もうもう、ひっくり返らんばかりに驚き&感動。
わあぁ、なんで私の欲しいものがわかったのおおぉぉ、とマジで嬉し涙がにじんだです。
カップの中に詰まっていたのは、愛でした。(思い込み)

実は母が、私の嫁入り道具として、白のパイレックスコンテナを5個用意してくれたのでして。
24年間で1個だけ割ってしまいましたが、残り4個はいまだに現役で活躍中でございます。
愛と永遠は、ダイヤモンドだけではないですぞ。


Pyrex 100th Anniversary

* * * * *

【旅行】

2. 旧市街広場

IMG_7043

プラハを悠々と流れるヴルダヴァ川(モルダウ川)の東岸に広がるのは、プラハ旧市街。
ユネスコの世界遺産に指定されているプラハ歴史地区に含まれます。

イースター期間で、イースター市でにぎわっていた広場。
最初に訪れた日はあいにくの雨だったのですが、再訪した時には晴れ。
お嬢がプラハで一番見たかった建物がある場所でもありました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-06-08 03:45 | Trackback | Comments(2)

求める光の在り場所は (2)

「誰かを心から助けると、かならず自分自身も助けられている。
これは人生でもっとも美しいお返しである」
   ----- ラルフ・エマーソン
       (アメリカ人、思想家、1903年5月25日生まれ)


     IMG_9470

Memorial Dayの三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家はといえば、昨年の5月26日、大いに祝福されて誕生した友人夫妻のご長男が、めでたく1歳のバースディを迎えたので、
そのパーティにお呼ばれしてきましたよ。

柔らかな笑顔、ふくふくとした手足、どこをとっても愛らしくて愛らしくて。
そして、素敵なご夫妻には、素敵なご友人が集まってくるのは、自然の理。
旦那様の美味な手料理に感嘆しつつ、楽しい時間を過ごさせていただきましたです。

ちなみにご子息は、我が家の結婚記念日にご誕生。
つまり、彼が大きくなるにつれ、旦那と私の歴史も積み重なっていくということですが、
もうすっかり脳内は、この日=天使の誕生日で置き換えられてしまった感があり、
やばいなー、まいっか。(1秒で諦め)

今回、24回目の記念日だ、と言ったら、結婚7年目ぐらいの友人から、
「よく24年も結婚してられるよね!」
と、あっかるい笑顔で言われたのが思い出です。
うん、なんとかなったわ。全部、旦那の人徳のおかげだわ。(潔く)

* * * * *

【旅行】

IMG_7219

旅行記を書くにあたって、大変聞き苦しい言い訳をお許しくださいまし。

今回の旅行は、「地球の歩き方-チェコ・ハンガリー・ポーランド編」に大変お世話になったんですよ。
現地でいろんなガイドツアーに申し込めば、効率良く回れて、いろんなことを教えてもらえるので、ほんとは片っ端からお願いしたかったところですが、そうは問屋ならぬ財布が卸さない。

なので正直、結構無駄が多かったり、色々見逃してたりした旅行でしたが、
それでもガイドブックのおかげで、毎日楽しく歩き回れましたし、特に載っていたトラムやメトロの地図は、プラハでは本当に役に立ってくれて、何度も拝んでおりました。
一方、ワルシャワの交通地図には、幾つか間違いがあったんですが、あれは報告した方がいいのかな……まいっか。(こればっか)

で、その貴重な記念すべきガイドブックをですね、最終日に博物館に置き忘れた人がいましてですね……
幸か不幸か最終日でありましたし、私もそのテのポカミスはいくらでもあるヤツなので、仕方がないっちゃー仕方がないんですが、
こうやって旅行記を書くにあたって、全然インフォがないことに愕然です。(真っ青)

なので、すでに霞んでいる記憶や、ネットで拝見した説明などの助けを借りつつ、むっちゃくちゃ簡単に進めていくですよ。
つーことで、「読んでもカケラも得にならないプラハ&ワルシャワ記」
まずはプラハ観光の目玉、プラハ城からスタートです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-05-25 10:56 | Trackback | Comments(4)

求める光の在り場所は (1)

「学者は『自然』の探求を歓び、愚者は余計なことを知らぬのを歓ぶ」
   ----- アレキサンダー・ポープ
       (イギリス人、詩人、1688年5月21日生まれ)


        IMG_9169

先日、友人と、こちらのお店に行きまして。
ドリンクメニューを眺めていたら、Grain Latteというのが目に留まったんですよ。

お店の方に聞いてみましたら、麦や玄米、大豆などを挽いた粉のドリンクですと。
甘いですか?と聞いたら、少しだけ、ということだったので、
だったらトライしてみようとオーダーしたのです。
ソイで、とお願いしたら、これは最初からソイなんですよ、ヘルシードリンクでしょ?と、にっこりおっしゃられて、わくわくしながら待ちました。

飲んでみた感想は、うーんと、えーと、……麦茶&黄な粉ミルク、みたいな。
強い子のミロに、黄な粉と麦茶を加えたような。(※個人の感想です)

飲み始めは決して悪くはなかったのですけど、私には結構甘かった上、最後の方は段々と飽きてしまいまして。(すみません)
でも、甘くなかったらいけるかな、と思ったので、翌日訪れた、やはり韓国系カフェのこちらで、メニューにあったMulti Grain Latteを、Unsweetenedで、とお願いしてみたですよ。
ちなみにお店のお姉さんに聞いたところ、
「なんというか……オートミールみたいなドリンクです」
と説明してくれました。

Cocohodoよりは甘さは控えめでしたが、やっぱり最後には飽きてしまって、またまたすみません。
あと、粉を溶いて作るらしく、最後はカップの底に残った粉が溜まってしまって、そこで飲むのを断念してしまうのですな。

これはむしろ、自分で作ってみた方が、好みのものが飲めるかも。
検索してみたら、以下の2つの記事を見つけたです。
なるほど、確かに朝食には良いかもしれませんね。

Healthy Korean Multi-Grain Shakes – Homemade Misutgaru Latte

Coffee drinkers enjoy the perks, and health benefits, of grain-based beverages

* * * * *

【旅行】

IMG_6829

まだ3月で残ってる日記もあるんですが、少しずつ旅行記録も始めようと……
始めなくば、始まらず……始める為の始まりと……
すでにカオス状態で、どうしたらいいんだか。

とりあえず、まずは概略から、ですかな。
前にちょこっと書いたものと重複するところもありますが、まあいっか。(殴)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-05-21 11:01 | Trackback | Comments(0)

会えない間の恋しさは

「未来は今日始まる。明日始まるのではない」
   ----- ヨハネ・パウロ二世
       (ポーランド人、ローマ教皇、1920年5月18日生まれ)


     IMG_9198

週末に一泊二日で、三度目のシャスタ旅行に行ってまいりました。
前回・前々回とは別メンバーとでありますが、またまた女子4人の旅。
あっという間に時間が過ぎてしまった、本当に楽しい旅でございましたよ。

前にシャスタに行った時の記録は、旅行インデックスから見ていただけますが、
今回初めて行った場所が一箇所あるので、追って、そちらを追加したいと思います。
……まだ4月の旅の記録も書いてませんが。

今回の旅行も、我が家のカムリ君@TOYOTA組で行ったのですけど、
前2回の時も、その燃費の良さに驚きましたが、今回は更にそれを上回りまして。
片道320マイルぐらいの距離で、行きはメーターの半分、帰りはメーターの2/5しか減らなかったという(驚愕)
いっそ帰りは、給油しないでどこまで行けるか試してみたかったぐらいですが、
さすがにそれはヤメといた。(当たり前だ)

10年以上乗ってる、走行距離は18万マイルのカムリ君。
先日サスペンションを変えたばかりの彼、どうやらシャスタが好きでたまらないようでございますな。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_8903

ひっっさびさに、tamachanレストランの訪問記録だよー。
どれぐらい久々かというと、前回が去年の5月の訪問だったから、ほぼ一年ぶりになるんだね。

tamachanから、再開のお知らせを受け取った時、ファンの皆さんの歓喜の歓声がはっきりと聞こえたです。(断言)
またあの滋味溢れるお料理がいただけると思うと、感無量の一言に尽きるよね。
早速、お友達を誘って、予約させていただいたのでありますよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-05-20 10:07 | Trackback | Comments(2)

月に向かって伸ばす手を

「次世代を教育・養成することは常に社会の第一の目標であり、
他の全ては二の次である」
   ----- ロバート・オーウェン
       (イギリス人、社会運動家、1771年5月14日生まれ)



        IMG_7439

さて、また旅行ネタ。

私がクロワッサン探索なんぞをやってしまうのは、ずっと前にパリに行って以来、
というのはどこかで書いたっけ……あ、書いてました
この記録も、すでに何年も前なので、今ではまた違ったベスト3になることと。
まあ、これも良き思い出です。終わり。じゃねーですよ。

パン名人のむらさきちゃんが教えてくれたのですが、こちらで良いクロワッサンを焼くには、小麦粉以上に、バター選びが大変なのだそうで。
こちらでも発酵バター、つまりEuropean Style Cultured Butterというのが売られてはいるのですけど、それでも日本で手に入る発酵バターとは違うらしく。
焼き方以上に、あの”バター+イーストの香り”にこだわる私にとって、なかなかこれというクロワッサンに出会えないのは、無理もないことだったようでございます。

余談ですが、そのむらさきちゃんとMさんと一緒に、あの素敵なケーキ屋さんを訪問した際、クロワッサンを試してみたのですが。
ダメモトでパティシエの方にむらさきちゃんが、クロワッサンを作るアドバイスをうかがったところ、
そこまで聞いてしまっていいですか、と驚くぐらいに、丁寧に作り方を教えてくださって。
その時にいただいたケーキも、当然とっても美味しくて、またファン度が増した訪問となりました。


     IMG_7216

今回の旅はヨーロッパだったので、もしかしたら、とお嬢と期待していましたら。
その通り、その辺で普通に売ってるクロワッサンが、とっても美味しかったのですよ。

焼き方なら、ベイエリアのパン屋さんも全然負けてない、どころか、上を行くベーカリーも沢山あるのでしょうけれど。
とにかくバターが全然違って、ふわっと漂う香り、噛み締めた時の味わいが、これだよこれこれ、と、2人で本当に喜んでしまったです。

旅が終わって、また当分会えないかと思うと……(ため息)
またあのお店や、あのベーカリーへ、クロワッサンを買いに行ってみようかなあ。

* * * * *

【ベーカリー】

IMG_6588

Campbellにある美味しいベーカリーカフェが、もうちょっと北のダウンタウンにできるよ、と聞いたのは、結構前。
オープンしてから、いつ行こうかなー、と思っていたところに、麗しのKaoruさんとデートできることになったので。
これ幸いとわがままを言わせていただいて、このカフェで会うことになったのだ。
わーい、逢引だー。(激違)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-05-14 09:08 | Trackback | Comments(2)

貴女を染める為の色

「思い切り泣けない人は、思い切り笑うことなど出来ません」
   ----- ゴルダ・メイヤー
       (ウクライナ→イスラエル人、政治家、1898年5月3日生まれ)


ベトナム戦争終結40年で記念式典

「我々はナチスの犠牲者への責任がある」 メルケル首相が演説

色々な出来事の節目に当たる2015年。
今も米国内に大きな傷を残すベトナム戦争も、今年が終結40年だったのですね。

プラハに行った時、ガイドさんから聞いたのですが、
チェコのアジア系移民人口で最も多いのが、ベトナム人なのだそうですね。
当時は同じ社会主義国ということで、移住しやすかったのでしょう、とのことで。

今回プラハとワルシャワに行って、強く感じたのは、
ナチスドイツとスターリン時代のソ連が残した爪痕の大きさです。
元々、今回の旅行を決めた理由の一つが、お嬢が第二次大戦以降から冷戦期間にかけての東欧に興味を持っていたことだったので、
ささやかではありましたが、そういう場所や博物館を訪れたのですね。
で、到底そんな付け焼刃では知りえない、膨大な歴史に圧倒されたのでございます。

ダッハウ強制収容所の解放からも、70年。
収容所はあっても、ガス室での殺戮はなかった。
慰安婦は存在しても、国家による強制はなかった。
南京事件で犠牲になった人数は、もっと少なかった。

自分だけが悪かったんじゃない。そこまで酷くない。
自国についてそう言い続ける限り、その国は、
他国が戦時中に犯した罪を非難することはできない、と思うのです。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6024

最近、もひとつ新しいことを始めてしまったです。
それはね、パーソナルカラー診断……の、むっっっちゃくちゃ入り口の探検ね。

パーソナルカラー診断とは、文字通り、貴女にはこの色が似合いますよ、を診断する、
カラーについての個人カウンセリングというか。
ズンバのクラスで知り合ったSeikoさんが、実はパーソナルカラー診断士の資格をお持ちで、
診断の依頼を受けてくださるだけでなく、なんとクラスも開いていらっしゃるというではないですか。
直接その話をうかがった、Mさん、Sさん、私の目が、マジできらーん☆と光ったよ。(目撃者情報)

カラー診断そのものにご興味があるMさん達と、色について学ぶなんて面白そう!というワタシ。
早速クラスについてうかがったところ、初級と中級があって、それぞれ全7回。
クラスの曜日も融通を利かせてくださる上、まずは体験講座を受けてみる、ということも可能だそう。

むらさきちゃんもお誘いして、4人で相談して、まずは体験講座をお願いしてみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-05-03 14:03 | Trackback | Comments(0)