タグ:旅行 ( 240 ) タグの人気記事

See you later, Alligator

b0059565_1232562.jpg今回の旅行における個人的焦点はワニでした。動物園や熱川バナナワニ園など、対面したことは数々あれど、天然物には巡り合ったことがなかったので。
だからこそ、トレイルを歩き始めて即ワニが水面に出ているのを見た時は非常に感激し、何枚も写真を撮り。あ、もうちょっとこっちを向いてくれると嬉しいな。おーいいねいいねその笑顔……

ところがその後、どこに行っても必ずいる。なんのことはない、エバーグレーズ内ではワニは大層commonな存在でありました。それはまるでイエローストーンでのバイソンのごとく。
b0059565_1232298.jpgb0059565_12403323.jpg


水面上から見られるワニはそれでもまばらですが、例えば私があまりの暑さにめげて池に飛び込めば、水の下で何十匹ものワニと対面できるそうで。ワニは冷血動物で体温が外環境により左右されるので、時々水面に出ては調節しているということなのですね。
ワニ1匹は相当の重さで、ミドルクラスの車を持ち上げられる力があれば、ワニも持ち上げられるそうです。

アリゲーターとクロコダイルの違いは、アリゲーターは色が黒っぽく歯が少ない。クロコダイルは灰色で歯が多く非常に獰猛、ということらしいです。道理でアリゲーターショーの看板は見てもクロコダイルショーは見ないわけだと納得。
b0059565_12333997.jpgb0059565_12335319.jpg


b0059565_12351555.jpgトレッキングの時、ワニの姿をしばらく見なかったので、お嬢を水際に押しやって「ほーらえさだよー」と呼びかけながら歩いてみたところ、出てきました。子供のアリゲーター4匹。動物も人間も、赤ちゃんは保護欲をかきたて生存率を高める為に可愛らしいというのが常識のはずなのに、ワニはさすがにワニでした。赤ちゃんの頃から爬虫類的三白眼。

正確な内容は忘れてしまったので間違っていると思うのですが(だったら言うな)、ワニの孵化、83度以上だと雄ばかり生まれ、69度以下だと雌ばかり生まれ、適温内では50/50だそうです。性別の極端な偏りは、例え孵化数は同じであっても歪みに他ならず。エバーグレーズ内のAmerican Crocodileは絶滅危惧種に指定されています。


b0059565_12345782.jpgたまたま入ったシーフードレストラン。メニューを見たらアリゲーターのガーリックソテーというのがありました。食べてみたら、ガーリック風味の衣の中の肉はピンク色で、筋張って固め。
以前オーストラリアで食べた、その名もずばりクロコダイル・ダンディー というワニ料理は、肉は白く、ちょうど白身の魚とチキンの中間のようで、むしろ淡白な味でしたが、これは料理人のせいか、それとも種類そのものの差なのでしょうか。

ちなみにこの店の他のメニューに、DuckやFlog's legがありました。そして駐車場の前には大きめの池。ヤギやカモがその周りを歩いていました。

なんかとっても胸騒ぎがしたような。
[PR]
by senrufan | 2005-04-01 12:26 | Trackback | Comments(0)

Everglades National Park

フロリダ半島南部にあるエバーグレーズ国立公園。大湿原と言われていますが、実は広大な浅い川であり、一枚の巨大な水のシートだそうです。1979年に世界遺産にも指定されています。
公園内はFlamiingoの南部、Shark Valleyの北部、Gulf Coastの北西部と、大きく3つに分けられ、園内のビジターセンターは5つ。

今回、公園内の4つのツアーに参加しました。いつもはトレッキング優先なのですが、公園の性質上、ボートやトラムの移動が必要と思われたので。
公園ゲートをくぐってすぐのErnest F. Coe Visitor Centerからスタートし、最初はレンジャーによるトレイルを歩きながらのツアー。いきなりワニの唸り声で出迎えられ、それから沢山の水鳥達。短い距離ながら見られた動物はアリゲーターワニ、カメ、ヘビウ(Anhinga)、キツツキ(Red woodpecker)など多数。自称・Bird loverのお嬢は大興奮しておりました。
b0059565_553782.jpgb0059565_555395.jpg

b0059565_56710.jpgb0059565_561943.jpg


続いてFlamingo Visitor Centerに移動、2つのボートツアーに連続参加。最初はFlorida Bayを周るツアーで、運が良ければBottle nose dolphinが見られるとのことでしたが、運は無く。延々と続くKeys(サンゴ礁の島々)や水鳥を眺めました。
b0059565_513298.jpgb0059565_5131380.jpg


その次は園内のWhitewater Bayを縦に往復するツアー。両側が見事なマングローブの林で、規模としては世界で2番目だそう。クロコダイルワニが数匹見られ、「絶対落ちないように」とレンジャーが繰り返し注意していました。インディアンが昔、矢に塗る為に使った毒の実がなる木などがマングローブの中に。
b0059565_535812.jpgb0059565_5352123.jpg


b0059565_5175239.jpgb0059565_518678.jpg


翌日はShark Valley Visitor Centerより、トラムツアーに。はるかに続くSaw grassの湿原、亜熱帯だからこそ育つというSlash pineの雄大な風景の中、水際や空に見られる鳥達。所々にあるアリゲーターホールは、ワニが卵を孵化させる為に作ったもの。見られた鳥はGreat white heron、Blue heron、Brown pelican、Stork、Osprey、Snail kite……あああ名前が覚えきれない。
b0059565_524259.jpgb0059565_5392759.jpg

b0059565_5233540.jpgb0059565_5241533.jpg


さて、各ツアーのレンジャーさんが一貫して力説したのが、「現在エバーグレーズがいかに危機に瀕しているか」でした。1日辺り900人という割合で増え続けるフロリダの人口、大勢の観光客により、水の需要が急増した結果、1930年代には265,000あった鳥の巣が、90%以上も減って18,500となってしまった現在。湿原自体の規模も5分の1以下になっています。
いかにWater Managementを成し遂げるかで湿原が生き残る確率が決まります。要素は4つ、水質・水量・タイミング・分配。エバーグレーズを救う為の委員会は様々なプランを練り、州政府もそれを援助しようとしているのですが、決定的な対策は未だ見つからず、専門家と政府側が対立している状況だそうです。

b0059565_5263443.jpgトラムツアーの時、レンジャーの方が車から降りて水を瓶にくみ、水草を少し取り、全員に回してくれました。水は少しだけ色づいていたものの透明で、水草は鼻を近づけても何の臭いもありませんでした。「ここはswampじゃなくmarshなんです」との言葉通りのエバーグレーズ、この水質と水量が保たれなければ、いかにここの動植物の生態が変わってしまうかということは想像に難くありません。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-31 04:57 | Trackback | Comments(2)

Kennedy Space Center

ディズニーワールドで有名なオーランド(Orlando)という市の東の海側、Cape Canaveralという岬にあるNASA(米航空宇宙局)。人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号が打ち上げられた場所であり、宇宙への玄関口として有名なケネディ・スペースセンターです。

まずはチケットを買ってVisitor Complexへ。施設内はバスツアーで巡ることになっているので、そのままバスに乗り込みます。バス内ではビデオによる説明が流れ、更にそのビデオに一々突っ込みを入れる運転手さん。「僕はこれで給料もらってるからね」とおっしゃってました。
バスは2施設に停車するので、そこで降りて見学。最初はLC-39(Observation Gantry)。展望台があり、そこに上がると遠方にある打ち上げ台が2箇所、そしてセンターの360度の景色が見られます。ロケットのエンジンが中心部に据えられていました。

b0059565_12565410.jpgb0059565_1257636.jpg


b0059565_12573784.jpgb0059565_1258739.jpg


次はApollo/Saturn Ⅴ Center。バスから降りるとFiring Roomを模した建物があり、その中のシアターで発射時の様子を疑似体験。隣に行くと、そこには全長363フィートのサターンロケットが端から端まで展示されていて圧巻。自由の女神像の2.5倍だそう。

b0059565_13265424.jpgb0059565_1327682.jpg


Visitor Complexに戻って、幾つかあるアトラクションの内、IMAXシアターで、映画「The Dream is Alive」を観て。初めてアポロが月に行くまでの歴史や、スペースシャトル内での生活の様子など、大変面白かったです。栄光の影に隠れた幾つかの悲劇に胸を痛めつつ、犠牲を越えての宇宙の映像は、生で見たら如何なるものかと思う美しさでした。

ロボットの展示やギフトショップなど、そんなこんなであっという間に時刻は5時。そのままエバーグレーズまで数時間かけて移動しなくてはならないので、涙をのんでそこまでで終了。
チケットは2種類あり、私達が今回購入したStandard Admissionの他、Maximum Access Admissionというのがあり、それだと更に別施設であるAstronaut Hall of Fameに入場でき、フライトシュミレーションが体験できるとか。すっっっごく行きたかったですが時間に負けました(唇を震わせながら)。センターに丸一日以上滞在できる方、ぜひ体験なさってみて下さい。
b0059565_13144065.jpgb0059565_131454100.jpg


こんな最新施設の周りは、実はMerritt Island Wildlife Refugeという自然保護地区で野生動物が観察できるところであり、トレイルもあります。残念ながらバスで通り過ぎるだけでしたが、途中8フィートあるという白頭ワシ(米国鳥)の巣が見られました。水鳥も多く、バードウォッチングが楽しめるそうです。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-30 12:48 | Trackback | Comments(7)

予定は予定

お嬢の春休みを利用したフロリダ旅行。旅程は以下の通りで。ちなみに、現地とカリフォルニアとの時差は3時間。
3/29 : サンフランシスコ 午前7時発 → マイアミ 午後3時半着
       レンタカーにて、マイアミからオーランドに移動。オーランド泊。
3/30 : ケネディ・スペースセンター
      車でフロリダシティまで移動。フロリダシティ泊。
3/31 : エバーグレーズ国立公園
4/1  : エバーグレーズ国立公園
      車でキーウェストまで移動。キーウェスト泊。
4/2  : キーウェスト観光
      車でマイアミまで移動。マイアミ泊。
4/3  : マイアミ 午前6時半発 → サンフランシスコ 午前11時半着

初日の今日は、朝5時に家を出て空港へ。直行便にてマイアミ国際空港まで。外に出た途端、むっとした熱気。そうだった、東側の夏は日本の夏と似てるのだよね。周囲にはこれでもかと立ち並ぶパームツリー。カリフォルニアで見慣れたものなれど種類が違うらしく、背は低めで太く、たわわに実がなっているものも沢山。

b0059565_13335234.jpgレンタカーに乗って空港を出たのはいいものの、ちょうどラッシュ時にあたってしまい、カープール車線さえカタツムリ並の混雑ぶり。げんなりと運転している間、空中に何かが少しずつ現れた。宣伝なのか趣味なのかはわからないが、飛行機が描いたものは加算式。
 「U+GOD=(^_^)」。

有料道路に乗って、ようやくオーランドのホテルに着いたのは約5時間後。時差のおかげで眠くはなくとも、時計が示す時刻はしっかり夜。そうして続く早起きの日々。(超朝苦手人間)
b0059565_1332742.jpgb0059565_13322392.jpg


[PR]
by senrufan | 2005-03-29 13:30 | Trackback | Comments(3)

バーモント簡単記

初めての子無し旅行ということで。帰国前に行けるところは行っておきたいということで。
実現の運びとなった友人と二人だけの旅行は、バーモント州のバーリントン&ストウ観光。
紅葉と言えば日本の秋をイメージするけれど、この国の情緒はどんな風景で育まれたんだろうね、などと話しつつ。

雨女の友人と、天気運だけはいい私との対決になったが、神様はどうやら公平に軍配をあげて下さった模様。日曜は雨だったものの、月曜は昼前からカラリと晴れ上がり、すんばらしい紅葉風景を満喫してきました。
バーモントはメイプルが非常に多く、それがオリーブグリーン・黄色・オレンジ・朱色・紅色と見事に色を揃えて、360度が綾錦の世界。
半ば賭けでこの週末を選んだが、見事に紅葉の絶頂期だったらしい。そんな私達を褒めてやりたい。(涙ぐみながら)

山の頂上へ行くゴンドラもちょうどシーズン中の運行最終日に間に合い、初雪まで経験。
数十台ある中で、唯一足元までガラスのベスト物を二人で占領するという運の良さ。

トラップファミリービレッジで散策したり、アイスクリーム工場で遊んできたり、ホテルではのんびりゲームしておしゃべりして。雨ということもあって、あちこちのお店を冷やかして。
トレッキングが存分にできなかったのは残念だったけど、ほんとにほんとに楽しかった。

なーんだこんなにうまくいくなんて、やっぱり私達すごくいい奴だったんじゃん。(怒髪天級勘違)

そんなうぬぼれを戒めるかのように、帰りの飛行機にトラブルが。
バーモント→シカゴ→サンノゼという経由便だったのだけど、シカゴの強風と飛行機混雑により、遅れにつぐ遅れ。
シカゴ発の便も同様に遅れているとの情報を頼りに、一か八かで便を変更せずに搭乗。
シカゴに着くや否や電光掲示板に走り、15分後に発つ予定の便のゲートに向かって、国内最大級の空港の中を走る走る。汗だくになってゲートに着いたら、更に30分の遅れになっているのを確認した途端、脱力してベンチに崩れ落ちるオバサン二人がここに。
ようやく乗り込んだところで、発着の順番待ちで出れやしない。シカゴを離れたのは、更に1時間後だった。

ちなみに連日の睡眠不足@自業自得だった私は、1回飛行機内で吐きました。

家に辿り着いたのは夜中の2時。目先の用事を片付けて、3時にベッドにもぐりこむ。
明日からはまた日常が私達を待っている。
b0059565_13585635.jpg

[PR]
by senrufan | 2004-10-18 14:09 | Trackback | Comments(0)

なつかしき我が家

ようやく帰り着いた……!(11:30PM)

アメリカに帰ってきたなーと実感した瞬間。
 JFK空港(NY)で縦や横に巨大な人たちを沢山目にした時。
 スペイン語がいっぱい聞こえてきた時。
 カフェでコーヒー$1.35の値段を目にした時。

乗り継ぎでスイス航空に初めて乗ったのだが、快適。
食事はおいしいし、サービスいいし、スナックくれるし、エコノミー座席でもアメリカン航空のビジネス並の仕様だし。
そんな満足にひたっている頃、アテンダントのおじさんが私のテーブルに紅茶をのせる時に倒してしまい、腹部全面に浴びてしまってさあ大変。
涙目で氷で冷やしている最中にお偉いさんらしきおじさんが来て、具合をうかがう。わかってます、訴訟その他が心配なんですね。
誰にでもありうる事故として責める気のない私に、お詫びということでシャンペンを1本くれました。
旦那は不満そうだったが、すまん、私はそういう交渉は苦手なのだ。ちょろい奴と思われてもしかたがない。
ていうか、最中に寝てたのか何なのか気づかなかった君に言う権利はないと思うが。
腹部5cmの水ぶくれと沢山の赤い跡と引き換えに得たシャンペンは、ネットで$45でした。

事故の前に、機内食の時のカテトラリーが気に入って3人分こっそりカバンにがめていたことの罪悪感は、このことできれいに去った。
[PR]
by senrufan | 2004-08-09 14:54 | Trackback | Comments(0)

ヴェルサイユの呪い

色々と名所の多いパリだが、やはりここははずせない。だって私は「ベルサイユのバラ」世代。

到着2日目、夕方時間があったので、道を確かめる意味で一度行ってしまおうということになる。
郊外まで電車を乗り継いで辿り着いたら、まあ石畳の道の歩きにくいこと。この上を馬車で通ってたんだから、さぞかし舌を噛んだことだろう。
そんなこんなで入り口に着いたら、休館でした。月曜日でした。……またかい。

庭は出入り自由だったので、広々とした庭園をのんびりと歩き、ポセイドンの噴水を眺めつつ休憩していたら、お嬢は土の上いっぱいに落書きをしていた。弱虫の絵だった。

翌日こそは、と思っていたのだが、日中予想以上に時間をくってしまう。
ガイドブックによると7時閉館だし、6時までに着けば大丈夫!と勇んで行ったのだが。
6時3分前にぜーはーと着いた私たちに、受付のお姉さんは「残念ね、6時閉館なのよ」とおっしゃった。
庭はまたもや自由だったので、やけくそとばかりにトラムに乗ってみたり。最終便だったので、乗ってるだけだったり。

残るチャンスは、ロンドンから戻った最終日の午後のみ。
空港からホテルに行って荷物を預け、私とお嬢だけで向かう。旦那はずっと前に観光で行ったし、この際別なところに行くというので。ちなみに目的地はカタコンベでミイラだが。
メトロと電車でちんたらと向かい、3時に宮殿の観光客用入り口の列に並ぶ。
旦那との待ち合わせは6時にホテルなので、4時半には出なければ。
お嬢は本で”鏡の間”の写真を目にして以来、その部屋が見たいと言っていたので、じゃあ間はとばして鏡の間をじっくり鑑賞して帰ろうね、などと話していたのだが。

宮殿に入れたのは4時だった。

30分しかない! のに、ツアー客のすさまじい混雑で、狭い通路はぎゅうぎゅう詰め、にっちもさっちも進まない!
小さいお嬢は大人ばかりに囲まれて、目にできるのは床と天井だけ。
ようやく鏡の間に辿り着いた時はすでに4時20分。あー、写真も撮れねえよ!

ぐったりと帰り道、せめてもの慰めにアイスクリームを食べつつ、痛む足をさすりさすり、電車で大きなため息を。

しかし、嫌われたもんだなあ。何が悪かったかなあ。
実は最初に宮殿を目にした時、
 「こーんなとこに住んでちゃ、そりゃあ殺されるよね~」
なんて言って笑ってしまったのだが、もしかして聞いていらっしゃったんですか。
[PR]
by senrufan | 2004-08-04 14:53 | Trackback | Comments(0)

旅の本

毎日かなり遅くまで出歩いていたので、本が読めたのは飛行機の中での2冊のみ。

ポール・ギャリコの「トマシーナ」
ギャリコは、子供の頃に読んだハリスおばさんシリーズが大好きなわりに、他の本は1冊しか読んだことがなかった。
でもこの前TVで「3回生まれ変わったトマシーナ」という古い映画がやっていて、それを見る前に原作を読みたくて入手したもの。
大人の為の、とても良質な童話であり小説。父の葛藤と子供の主張と猫のプライドが、ラストに一気に一点に向かって進んでいく力がすごかった。

ジョン・ファーマンの「とびきり愉快なイギリス史」
うーん、失敗したかも。歴史は大好きで、こぼれ話となるともっと好きなので、ロンドンに行く前にちょっとと思ってよく確かめもせずに買ってしまったのだけど、なー。
ユーモラスに語るのはいいんだが、芯はしっかり語ってくれないと。

蛇足で、「ワンピース」の34巻。ロンドン日系書店で8/7に見つけたもの。
えー、日本発売8/4のものがもう並んでる! カリフォルニアだと8月末なのに!
うわどうしよーむちゃくちゃ欲しい、でも輸送費の分かな、すんげー高いじゃんこれ、これじゃ円に直すと3倍近くないか?(汗)
などという葛藤を3分ほど繰り広げ。
……買ってしまいました。いい年して…!(唇を噛み締め俯きつつ)
[PR]
by senrufan | 2004-08-03 14:52 | Trackback | Comments(0)

雑感走り書き

・パリでもロンドンでも、ほとんど巨大な人を見かけなかった。運動量の違いか。私たちもカリフォルニアでの3ヶ月分は歩いた気がする。

・信号がこちらと違い感応式ではないので、車が来なくても待たなくてはならない。のだが、誰も信号なんか見ちゃいない。だから改良もされない。

・私達も着いた初日から信号は見なくなった。上昇は難しいが堕落は早い。

・その代わり(?)、ホテルの電気が感応式だったり、店のトイレが個室ごとに電気を自分でつけるようになっていたり。節約。

・うちの裏庭に生えているのと同じ木が、パリでもロンドンでも沢山生えていた。そう思って見ると、どこかヨーロピアンな香りがしないでもない。

・ホテルのビュッフェがとても気に入っていたお嬢。アメリカのホテルよりメニューが充実してるんだね。や、いつも私達が使っているホテルのレベルのせいか。そしてドーナツがないところがなぜか新鮮だった。

・クロワッサンとコーヒーがとてもおいしかった。今でも恋しい。

・モン・サン・ミッシェル寺院内の沿道にあったパン屋。ショーケースの中の品物に、仏語と英語で名前を表記していた。クロックムッシュの英語名はハンバーガーとなっていた。
[PR]
by senrufan | 2004-08-02 14:52 | Trackback | Comments(0)

旅の言葉

・「カリフォルニアに帰りたい」
 パリの暑さとタバコを吸う人の多さににめげたお嬢が、1日何度もつぶやいた言葉。

・「猫に小判、豚に真珠」
 ルーブルやオルセイ美術館を周っている時の、お嬢と私の合言葉。

・「She/He deserved it!」
 マリー・アントワネットが処刑されたことと、ヴェルサイユ正面のルイ14世の像が緑青だらけだったことに対する、お嬢の感想。

・「たかいでーす」
 持ってきたDVのテープがおかしかったので、ロンドンの売店で購入した時、キャッシャーのインド人が私たちに同情して述べた日本語。カリフォルニアで5本$19.99のものが、そこでは1本£8($15)だった。

・「あ、甘栗色だ」
 栗毛の馬を見たお嬢のセリフ。chesnaut colorの日本語訳を知らなかった。

・「お味噌汁が飲みたい」
 旅行後半にお嬢がため息と共につぶやいた。そばに大きくうなずく旦那がいた。
[PR]
by senrufan | 2004-08-01 14:51 | Trackback | Comments(0)