タグ:学校 ( 120 ) タグの人気記事

国の威信か 個人の意志か

大仏の日、反核燃の日、美術展の日
南軍司令官リー将軍が降伏、南北戦争終結(1865年)
国民年金法が成立(1959年)


お嬢のクラスで、数ヶ月に渡って続けられた、チベットに学校を建てる為の資金集め活動。
皆で色々と頑張った結果、目標額を大幅に上回り、窓口であるThe Bridge Fundの青年に手渡すことができ。これで学校を建てられると、彼は涙ぐみながら感謝の言葉を何度も述べていた、と聞きました。


それから更に数ヶ月、今はどうなっているだろうかと、先生が連絡をとったところによると。
中国政府からの命令で、村ごと移住しなければならないらしい、との話を聞いたのです。

チベットの学校であるので、当然授業はチベット語でやりたいところ、中国からの圧力により、中国語の教育になるだろうということは耳にしておりました。
彼らとしては、それを納得して受け入れるはずであったところ、今回米国の学校からの資金ということで、中国側が警戒したのでは……というのが、青年の推測です。

しかし詳しいところを確認しようにも、村に連絡がつけられない。
今連絡をとろうとすると、中国に何をされるかわからないそうで。
家族は、友人達は、と案じ続ける彼の焦燥感は、いかばかりのものでしょう。

お嬢を始め、クラスの子供達は、
「私達が余計なことをしてしまったから……」
と後悔したり、申し訳ない気持ちを抱いているそうですが。
学校で何回も呼びかけた募金活動。各クラスを周って、募金箱を置かせてもらい、アクティビティを企画して。
ダウンタウンの広場で、協力をお願いして。ベークセールで資金を集めて。
そんな彼らの努力を見てきた私は、どうかそんな気持ちを持たないでほしいと、悲しみと共に願います。

折しもサンフランシスコで行われた、北京五輪の聖火リレー
市民ではなくとも、憧れを持って見つめていたサンフランシスコという市は、このようなところだったのだろうか、とぼんやりTV画面を眺めるばかりでした。


プライド、自尊心、面子。個人として、団体として、国として、失ってはならない価値観。譲れず守るべき確固たる一線。
それがあるからこそ、輝くものは輝いて。
それがあるからこそ、必要のない争いを招くことになる。

チベットで起こった大きなうねりは、確実に周辺に広がりつつあるようです。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_12295152.jpg

あつゆきちゃんとみかさんという、お初の組み合わせトリオでランチ。はい、はっきりと私のハーレムです。(歓喜)
皆で行ったのは、私にとっては久しぶりの中華だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-04-09 12:26 | Trackback | Comments(17)

味をとるか、はたまた理性か

Death of Simon Bolivar (Venezuela)


お嬢の学校で、本日授業中に火災報知器が鳴った為、一旦避難させられて。
その後で間違いだったとわかり、また授業に戻ったそうで。
まあ良くあることなんですが、今日はたまたま体育の授業中で、半袖・短パン姿のままだったので、みんな身体が冷えて辛かったとぶーぶー言っておりました。


しかし聞いたところによると、昨年のこの学校での火災報知器の作動原因。その大半は、

先生方のラウンジや教室での、電子レンジで作るポップコーンだったそうですよ。


かかってるバターがちょこっと焦げただけで、反応してしまうんだそうですが、

だったらそんなもん食うんじゃねえ、とか、
先生だったら、せめてもっと健康に良いものを食え、とか、
でも私も勤務時間中ボリボリおやつ食ってましたすいません、とか、

一体どこからツッコめば良いのやら。

* * * * *

【レストラン】
今週が、冬休み前の最後の一週間。お嬢の学校も金曜までで、日曜には日本に発つ予定の我々。
この時期になると、いつも気持ちが焦るんだ。
「早く忘年会しなきゃ!」って。(な ぜ に)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-12-17 14:45 | Trackback | Comments(14)

探し物は手の範囲

【学校】
b0059565_11302330.jpg

お嬢の所属する、ミドルスクール8年生のジャズバンド。
選択授業で音楽を選んだ子は、それぞれ弦楽器、コーラス、吹奏楽に分かれて、更に希望すればオーディションを受けてジャズバンドやHonorバンドなど、結構多岐に渡った活動の道が。

学区内の他のミドルスクールにも、当然こういうバンドはありまして。今日の夜は、市内ダウンタウンの別々な広場で、学校ごとのミニコンサートが開かれました。ま、クリスマスということで。

お嬢の学校はピザ屋の前の広場で。良く政治集会とかやってるとこ。
前半はコーラス部が、後半はジャズバンドが、数曲ずつ演奏して、最後はクリスマスの曲で締めくくり。
親や身内や友達がそれなりに集まって、演奏の前後にピザ屋で夕食、という光景が盛んに展開されてました。おかげで今日は、なかなか儲かった日でありましょう。>ピザ屋


夜間に屋外という、迷惑この上ない1時間。(殴)
ダウンジャケットと雪山用ズボンで武装して出かけ、半袖を着ている親御さんの横で、しかめっ面で鑑賞した一時でありました。(……)

* * * * *

【パン作り】
b0059565_1133277.jpg

今月のパン教室。今日からは生徒2人で、しかも恐らくあと3回で終わり。
そう思うと、今のうちにもっと習っておかなきゃ!という焦りも出てくるなあ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-12-13 11:29 | Trackback | Comments(14)

三年までにはあと一年

HM King Hussen's Birthday (Jordan)


お嬢の所属する特別クラスで、こんなアクティビティをやったそうです。

まず各自8枚の紙を持ち、1枚ずつ、自分についての以下のことを書き込みます。
1. 氏名
2. 性別
3. 人種
4. 宗教
5. 文化
6. 能力
7. 一番嬉しかった思い出
8. 一番大切なもの

それから4~5人のグループに分かれ、次のような設定に基づいてディスカッション。
「あなたは今、舟に乗っていますが、荷物が重すぎて沈みそうです。
なので、手に持ったもののうち、いらないものから順に捨てて行って下さい

お嬢が真っ先に捨てたのは「性別」で、次が「人種」だったとか。
グループ全員が最後までこだわったのは、「名前」が多かったとか。
色々聞けて面白かったです。

ちなみに先生によれば、「性別」を真っ先に捨てるのは、女性が多いという話。
そうだろうね、女性の方が、より「性別」を意識させられる経験が多いから、なんて話にもなりました。


これを捨てたら、自分が自分でなくなってしまう。そう思えるものは一体なんだろう。
それ以前に、自分というものがある、という定義そのものがどうなのか。

些細なアクティビティのようで、実は底なしの哲学論の入口なのだなあ、と思った次第です。

* * * * *

【お菓子】
続いて、栗を使って作ったお菓子など。

最初に作ったのは、栗のシロップ煮
これはマクロビレシピじゃなく。だってグランマニエを加えたから。
何かお菓子に使おうと、瓶詰めにして保存中。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-11-14 13:29 | Trackback | Comments(20)

頼るべきは己のみ

身長を決める主要遺伝子、初発見


旦那の家系、父方も母方も、揃いも揃って低め安定型の体型でございまして。
ぶっちゃけ旦那本人も、私より1cmですが身長が低いのであります。

そんな私達の間に生まれたお嬢はといえば、爪の形まで旦那に瓜二つ。
私似のところはわずか2箇所、それも一番似てほしくなかった豚鼻と血液型という皮肉。(こらえきれない涙)
日本人としても小さく、身長のことでは幼い頃から散々からかわれてきたわけであります。

それでも今の子は皆大きくなるし、親が小さくても子供は大きいという家庭は多いから、と祖父母から慰められていたのですが、この記事の「9割は両親からの遺伝」という箇所を読んで、お嬢はがっくりと肩を落とし。
その後で、父親への恨み節を絶叫したのでありました。


そんなお嬢、今日で13歳になり、とうとうティーンエイジャーの仲間入り。
問題の身長は、去年から5.4cm伸びました。

* * * * *

【学校】
b0059565_10564030.jpg

毎年恒例のBack to School Night
去年同様、今年も10分刻みで、子供の選択している7つのクラスの説明を聞きに周る夜。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-05 10:55 | Trackback | Comments(12)

生物育成講座(子供編)

モンスターペアレント

こんな言葉ができていることをようやく最近知ったのですが、すでにWikipediaに登録されてて2度びっくり。
遅すぎですか。時差のせいと思って下さい。(殴)

つらつらと説明を読んでみたところ、年代的には私と同世代の親御さん達だと思うんですが。
それは私の希望的観測であって、彼らからは私及び私の価値観は、すでに化石扱いなんでしょうか。

子供に注力し、やたらと学校側に文句や注文をつけるというのは、こちらでは良くあること。
でもそれは教育問題に限ったことではないので、そういうものだととりあえず理解もできようというもので。加えてその分、学校側の対応も、かなりシビアなものがありますし。

とにもかくにも、そういう親御さんの元で育てられる子供達、将来どういう人材に育つことやら、楽しみというか不安というか。
まあ私はその頃生きてないでしょうから(ええっ!?)、同世代のお嬢の奮闘を祈るのみです。(放任主義)

* * * * *

【パン作り】
夏休み中に撮った写真の整理をつらつらと。
一応、料理やパンの写真は適当に撮っておいたのだけど、使わないままディスク容量ばかりくっているので、この際捨てられるものは捨てていかないと。
ちなみに最近、ますます写真が下手になって、ピンボケ確率が右上がりの急カーブ。これ以上ヘタになってどうするんだ……

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-08-28 11:23 | Trackback | Comments(14)

奥深くまで香るもの

Flag Day (U.S.A.)


お嬢の学校、本日が学年最終日でした。最終日の恒例で、お昼までで帰宅。
しかしお嬢は夕方、8年生の卒業式でバンド演奏する為に出かけていきました。

終わった頃に迎えに行けば、バンドメンバー揃って、ぐったり疲労のちょーー不満顔。
おめでたい席でなんぞや、と問えば、一斉に返ってきたブーイング。

「暑い中、すんごく練習させられた」
「暑いのに、こんな暑い服装で(ワイシャツ・黒ズボンが基本)」
「ずーーーっと吹き続けなきゃならなくて」
「テープを使えばいいのに、なんで生演奏じゃなきゃいけないんだ」

「「「「しかも、だーーーれも俺達に拍手してくれなかったんだよ!!!」」」」


笑いをこらえるのに必死の私でありました。
君たちが来年卒業する時だって、絶対拍手忘れるに違いないよ、と内心思っておりました。

* * * * *

【料理】
b0059565_1302990.jpg

友人から、庭生りの梅をもらったよ。彼女が知り合いのおじいちゃんから大量にいただいたんだって。
分けてあげるよ~との嬉しい言葉に、いそいそと行ってもらってきたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-06-14 12:59 | Trackback | Comments(10)

得られた知識が呼ぶ感情

以下の内容は、下のどの人名の説明に当たるでしょうか。番号同士を結びなさい。
① 私の家族は、あなたの家族よりお金持ちです
② 詩人であり劇作家であり、おせっかいで迷惑で、そしてスパイ?
③ 全英国の白鳥は私のものです
④ うちの看板娘は、貝の上にいます
⑤ おむつを替えすぎて、ハープシコードまで臭い始めました
⑥ 季節にこだわる人間です
⑦ 初級のラテン語の読み書きもできませんが、私は誰よりも先を行きました
⑧ 海賊と出会った時、私の中に決意が生まれました
⑨ 読み書きもできない羊飼いの少年だった頃、英雄コロンブスが目の前を通りました
⑩ 私は自分の息子を殺しました
⑪ 私は、私が完成できなかったことで有名です

1. サンドロ・ボッティチェリ
2. イワン三世&四世
3. フェルジナンド・マゼラン
4. レオナルド・ダ・ヴィンチ
5. エリザベス一世
6. カタリーナ・デ・メヂィチ
7. クリストファー・マーロウ
8. フランシスコ・ピサロ
9. ヨハン・セヴァスチャン・バッハ
10. アントニオ・ヴィヴァルディ
11. クリストファー・コロンブス

* * * * *

【学校】
b0059565_11434641.jpg

お嬢がミドルスクールで所属する体験学習型クラス、最後の大型プロジェクト。今夜はその発表会。
その名も華やかなりし、「The Renaissance Night(ルネッサンス・ナイト)」。中世の香り満載の宴だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-06-07 15:42 | Trackback | Comments(2)

使い切っても残るものは

Memorial Day (South Korea)
National Day (Sweden)
Public Day (Ireland)


やたらと”落とした”日でした。

手渡された郵便物。
届いた宅配便の箱。
拾い上げたばかりの新聞。
計量したばかりの粉類が入ったボール。
日本で買ってきたガラスのコップ2個。

とどめは、ハサミが手から滑り落ちるところを受けとめ、左手中指を切りました。


これだけ落ちまくったのに、なぜか体重だけは落ちませんでした。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_14594519.jpg

卵黄を3個そろえて、何を作るの?
それはね、いちご入りのカスタード

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-06-06 14:58 | Trackback | Comments(10)

それでも熱は冷めやらず

Anniversary of Juan Santamaria (Costa Rica)


2日続きで手の指にケガ。

昨日は室内物干しにはさんで血豆。
今日はお嬢の開かなくなったペンケースと格闘して、爪をはがす。

ただの粗忽者ですかこれって。

* * * * *

【学校】
b0059565_1152625.jpgb0059565_1153863.jpg

お嬢が今期のHonor Studentに選ばれた、という通知を受け取ったのは1~2週間前。
なんだそれは、というのが直後の感想。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-04-11 11:03 | Trackback | Comments(8)