タグ:学校 ( 120 ) タグの人気記事

僕の両手に余るもの

Groundhog Day (U.S.A.)
Constitution Day (Mexico)


福岡中1自殺 担任の体罰で悩み? 携帯に友人あてメール

先日起こった悲劇のニュース。お嬢が私宛にURLをメールしてくれて、知りました。
本人は元より、親御さんのお気持ちを思うと、胸がつまって仕方がありませんでした。

ニュースについては勿論ですが、彼女が伝えたかったのは、それについた読者からのコメントについて、でありました。
目を通してみると、
「かわいそう」「体罰なんてひどい」
などの肯定コメントが多くはありましたが、それに紛れての、
「弱者は去れ」「悲劇の主人公ぶってる」
といった、なんとも辛いものもあり。

その中で幾つか見受けられた、
「日本の若者は弱くなった」
という類いのコメントに、お嬢は特に思うところがあったようで、しばし話し合いの時間を持ったのでございます。


娘がティーンになった頃より、周囲のティーン特有の現象が目につくようになりまして。それは精神的な不安定さから、鬱や摂食障害といった病気に至るまで。
日本に行った時に会った友人達も、今現在、その手のことがどれほど多いか、ということを色々と教えてくれました。

私がその年齢だった頃、確かにどうしようもない不安や遣り切れなさ、両親に対する反抗心など、数々抱えてたものですが。
幸い、病気に至るほどのことにはならずに済み。周囲にも、そういった事態はごく稀だったように記憶しております。

それが、どうして今、こんなに頻繁に目にする事態になっているのか。
社会の変化、学校の変化、メディアの責任などなど、何年も前から言われ続けているのにも関わらず、進んで止まる気配のない。


「日本の若者が弱くなった」と言われて、その当事者の一人であるお嬢は(厳密にはアメリカ育ちですが)、怒りが混じった切なさを抱いたそうです。
弱くなったのではなく、周囲からかかるストレスがずっと多くなったのだ、と。
メディアの影響も激しく、その中で飽和状態に達してしまったのだ、と。

彼女の意見で、なるほど、と思ったのが、
「昔より、Multitaskを要求される度合いが大きくなっている
という言葉です。
一教科だけじゃだめ、どの科目でもAを取りなさい、尚且つスポーツにも励み、ボランティアもこなしなさい……
日本とは事情が異なると思いますが、このエリアの高校生に求められる指針は、難しくなる一方の大学入学に備えて、年々厳しさを増しており。


学校→部活→夕食→宿題→就寝。
思春期のあれこれを抱きつつ、打ち込むものが欲しいなどと、無知ゆえの贅沢もこぼしつつ。それでも決まった毎日が、揺らぐ心を、確かな枠で囲ってくれていた日々。
何も条件を加えずに、その時の自分達と比較してしまえば、どうしてそんなに辛いのか、と問いかけてしまうだけですが。
もしかしたら、大人でさえも耐え難いだけの、重いものにがんじがらめになっているのだろうか、と想像すれば、それを弱さとは到底呼ぶことはできなくて。

皆様のご意見をうかがえれば、これ幸いでございます。

* * * * *

【学校】

実は密かにシリーズ化していた、お嬢の学校での授業、Living Skills
詳細については、その1その2をご覧下さい。

去年の最後の方は、ティーンの悩みど真ん中、ストレスや鬱・摂食障害・性衝動、などについての授業が続き、報告してもらうたびに、うわあ、うわあ、と目を瞠っておりました。
記録しておこう、おこうと思いつつ、彼女が忙しくて構ってもらえず(涙)、ここまで延び延びになっていたものです。

今年度の前期のみのクラスだったので、すでにお嬢は修了済み。なので、彼女の記憶があるうちに、と焦って書き始める次第です。
相変わらず、ちょーーー拙いまとめ方なので、あくまで興味のある方だけ、ということでお願い致します。

ちなみに、後期にお嬢がとったのは、Criminal Law(犯罪法)でございます……大変えんじょいしている模様。(くらっ)

Stressとは
[PR]
by senrufan | 2009-02-02 11:30 | Trackback | Comments(16)

その選択の根拠を問えば

OLの日、ハイビジョンの日、女性に対する暴力廃絶のための国際デー
第一回共同募金開始(1947年)
新宿西口広場完成(1966年)
作家の三島由紀夫、割腹自殺(1970年)


フランス国王・ルイ16世。の役をいいことに、好き放題やってたお嬢。
とうとう革命&処刑の日、が来たのですが。

皆がわくわくしながら歴史のクラスに行ってみれば、先生があっさり、

「あ、時間がないから省略する

ええええええええええええ


クラス内は、さぞブーイングの暴風雨であっただろう、と思ったら。
お嬢によれば、ブーイングをした人は一部で、半分以上の人間は、

思いっきり恨みをこめた視線で、お嬢とマリー・アントワネットの方を睨んだ

らしいです。


いっそ、ばっさりやってくれたら、遺恨を残さずにすんだものを……!(ぶるぶる)



しばらくの間、背後に気をつけなさい、と彼女に言い聞かせる母でありました。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_195350.jpg

地元ダウンタウンのメインストリートに、ヴィーガンカフェがオープンした。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-11-25 01:08 | Trackback | Comments(8)

これも確かに本物の

世界テレビデー、歌舞伎座開業記念日、インターネット記念日
第一回早慶対抗野球試合(1903年)
第一期長島巨人軍監督誕生(1974年)


お嬢はただ今、学校の世界史のクラスで、フランス革命について習っているところでございます。(オスカルー)(アンドレー)

聞くだにユニークな教え方をされる先生、今回はクラスの全員を三つの身分、つまり聖職者・貴族・平民に分けて、シミュレーションをしながら学ぶ、というやり方をとっていて。
その中でお嬢が割り当てられたのは、なんとルイ16世。国王なんでございますよ。

指示によれば、授業中は、その身分にふさわしい行動をとって良い、ということで。
つまり平民は必死こいて勉強し、貴族はいばって命令し。国王とマリー・アントワネットは、それこそやりたい放題・し放題。

で、国王役のお嬢は、何をしていたかというと。
ふんぞりかえって好きな本を読み、外を眺めたり、ニヤニヤしながら教室内を歩き回っては、苦労している皆をマン・ウォッチング。
そして誰かと目が合うと、思いっきりニッコリして、

「ハ~イ♪」

と手を振ったりしたそうな。
当然、相手には殺意が沸き起こったものと思われます。

そんなこんなで、リアルに感情の高まりを経験しながら、当時の事情について学んでいくという体験型学習。


国王の処刑は、来週です。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_0122518.jpg

お嬢も私も、すっかり気に入ってしまったローフード・レストラン、Café Gratitude
実はWorld Veg Festivalの時、ブースで10%割引のクーポンを、2枚もらっていてね。
今まで行ったバークレーの店以外に、サンフランシスコにも2軒あり。お嬢のお休みの多い今月、ちょうどいいから探検を兼ねて、1軒で1枚ずつ使ってこよう、と彼女と相談したんだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-11-21 00:07 | Trackback | Comments(16)

If you want respect, you gotta earn it

パンの日、大陸発見記念日(Columbus Day)
コロンブスが新大陸を発見して、サン・サルバドル島に上陸(1492年)
大政翼賛会、発会式(1940年)
浅沼稲次郎刺殺される(1960年)

* * * * *

【学校】
b0059565_12473595.jpg

お嬢が現在とっているクラス、Living Skills
彼女が時折話してくれる内容全て、日本育ちの私には興味深くてたまらない。
中でも特に面白いと思ったものは、彼女に詳細を聞いている。でも彼女は毎日忙しいので、なかなか構ってもらえないんだ……(俯いて小石を蹴る)

先日聞かせてもらったのは、男女の意識教育についての一端。
これもなかなか面白かったので、聞き取った断片を記録してみようとの試み。そして、見事に挫折したという試み。(虚)
あ、関係ないけど、冒頭の写真は、彼女が自分で作った、ヴィーガン仕様の栗クッキー。中には甘栗が入ってるの。んまかった。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-10-12 12:45 | Trackback | Comments(14)

その土台を固める為に

国民栄誉賞の日、石炭の日
国鉄・金田正一投手が3,514個の三振奪取世界新記録(1962年)
読売巨人軍の王貞治選手、国民栄誉賞第一号を受賞(1977年)
初の南北朝鮮首相会談(1990年)


精神年齢チェック(心理テスト)

ドラエモンの誕生日の2日後は、お嬢の14歳の誕生日でございました。

14歳とは個人的に、何かこう、一つの区切りのような年、という印象があります。
理由は2つあって、1つには、欧米の小説を読んでいると、「14歳になれば一人前」という言葉をたまに見かけること。

もう1つには、以前興味を持っていたシュタイナー教育で、人間の成長を7年おきにとらえ、
第1七年期(0歳~7歳)が意志の成長、
第2七年期(7歳~14歳)が感情の成長、
第3七年期(14歳~21歳)が思考の成長、
と分けていることを学んだので、14歳と言われると、ああ、次の段階に移ったのだな、と思うのです。


自分が14歳、つまり中2の頃、どんな風に過ごしていたか、何を考えていたか。
思い出せば転げ回りたくなるような、こっ恥ずかしいあれやこれやばかりが浮かぶのですが、確かにあの頃、まだまだ未熟な自分の感情に振り回されつつ、それでも少しずつ周囲と自分がクリアになっていった始めのような、そんな時期だったような気がします。
思うがままに振舞っていればよかった、そんな時期にはもう戻れない。言葉にはできなくても、どこかでそれを感じとっていたような。いまだ自分を世界の中心に据えてしか考えられなかった子供の、微かな”気づき”の時であった、のかもしれません。


少なくとも、今うちにいる14歳のように、揺れ動く感情を持て余すティーン真っ只中にありながら、やたらとさめてて理屈っぽく、↑の精神年齢テストで、
あなたの精神年齢は899歳で、ヨーダレベルです。

なんて言われるような、ちょーーー可愛くねっっ!!子供じゃなかったことは、全くもって確かなのであります。



ちなみに、朝起こす時、「おめでとう!」と言う私に向かって言った第一声が、

「ああ、また一つ老けてしまった……」

だったので、今は900歳になった計算です。

* * * * *

【学校】
b0059565_1053463.jpg

さて、現地校で高校1年となったお嬢。いまだに見かけは小学生。
こちらでは高1・高2とは呼ばずに、Freshman・Sophomore・Junior・Seniorと呼ぶことに、まず慣れようとする親である。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-09-05 10:15 | Trackback | Comments(10)

抜けるべきトンネルは幾つある

人権宣言記念日、シルマン・デー(ユースホステルの日)、レインボーブリッジの日
米国リンドバーグ夫妻、北大西洋横断、根室経由で霞ヶ浦に飛来(1931年)
百円紙幣廃止、すべて硬貨に(1966年)
テレビで初の24時間チャリティー番組放送(1978年)

* * * * *

【学校】

長い長い夏休みを終えて、とうとう新学年開始。お嬢のハイスクールライフの始まりだ。
といっても、日本の学年ではまだ中2の中坊なんだがね。

小学校からミドルスクールに上がる時も、こんなに違うんだ、と驚いたものだったけど。
ハイスクールはそれに輪をかけて、スケールが大きくなってるよ。ほんとにこれ全部、1人でやっていけるのかー。
と、びびってしまうのは、私自身がアメリカの高校を経験してなくて、全く知識がないことも大きいんだろう。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-08-26 11:48 | Trackback | Comments(10)

Turning Point

七夕(七夕の節句)、ギフトの日、川の日
アーサー・コナン・ドイル没(1930年)
日中戦争の発端となる廬溝橋事件(1937年)

* * * * *

【家庭内事情】
b0059565_9325943.jpg

また今年も、七夕の日が来たね。
七夕というと、前にお嬢が書いた短冊から、いつもあなたを思い出すよ。といっても、勿論1年に1回なんてどころか、少なくとも2日に1回以上だけどね(笑)

ずっとお嬢を見守ってくれている貴女へ、長い長い手紙です
[PR]
by senrufan | 2008-07-07 08:27 | Trackback | Comments(12)

Savor your youth

日記の日、バザー記念日、宮城県民防災の日
清水次郎長没(1893年)
日本初の原子力船「むつ」進水(1969年)


インディゴ チルドレン

ADHDなどの食事療法について調べていたら、こんなところに行き着きました。
他にも、色々とサイトがあるようです。


スピリチュアルな世界に踏み込む気はないのですが、少なくとも私の周りで、子供が何らかの障害を宣告された家庭では、お母さんがすばらしい人ばかりで、尊敬以外の気持ちを持ったことがありません。
そういうお母さんとお子さんを見ている限り、
「そういう子供は、自分を受けとめられるだけの器のあるお母さんを選んで生まれてくるのだ」
という言葉を、信じられるような気がするのです。



だってほら、私のようなお母さんのところには、えっっっらく手のかからない子が生まれてきてるわけですし、ねー。(同意を求めてみるテスト)

* * * * *

【学校】
b0059565_14362518.jpg

お嬢、本日で現地ミドルスクールを卒業。6年生から8年生まで、あっという間の3年間。
期待したほど背は伸びなかったけど、中身はそれなりに成長した、と親は思ってる。というか、思いたい。(願望)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-06-12 14:33 | Trackback | Comments(22)

壁の向こうにあるものは

測量の日、雲仙普賢岳祈りの日、ムーミンの日
オランダが西インド会社を設立(1621年)
ペリーが黒船4隻を率いて浦賀に来航(1853年)


こちらでの年度末が近づいて、お嬢達8年生は卒業が近づいて、毎日予定が目白押しです。

今日は8年生の、Exit Interviewがありました。面接による卒業試験、というヤツですね。
会議室に5つのテーブルが置かれて、それぞれに3名の面接官が座っていて。一人一人、指定されたテーブルに行って、面接を受ける、という手順だったそうです。
面接官は様々ですが、これから行く高校の校長先生もいたりして、子供達は内心で叫び声を上げたり、ほっとしたり、と色々と葛藤したようですな。


生徒達は面接官に向かって、
自分が6年生から8年生までの3年間、何を成し遂げたか、
どのように成長したか、
を、各学年のポートフォリオを使って、滔々と述べなくてはなりません。

生まれこそ日本ですが、育ちはほとんどアメリカのお嬢。
のわりには、筋金入りの日本人旧人類のところがあって、こおゆう時に自分を褒め上げる、ということがどうしてもできないタチ。むしろ、なんでそこまで、と呆れるほど、自分を卑下する傾向が。
見かけもかなり先祖帰りの体型ですが、中身も江戸時代のサムライか。


彼女のこの傾向は、担任の先生方もよーーーくご存知のようで、そんな先生方が彼女に与えた、面接に当ってのアドバイスとは、

「三千年のアジアの歴史は、この際きっぱり忘れて、ひたすらいばりなさい!!

だったそうでございます。

その言葉が効いたのか、面接はどうやら大成功だった模様。(彼女比)
まあ、元からやたらと大人受けの良い子なので、少なくとも礼儀やその他では心配はなかろう、とは思います。




で、そういう子って、レンアイにはあまり縁がない、という傾向もあるのでございましたな。

* * * * *

【学校】
b0059565_1492792.jpg

お嬢が3年間在籍した特別クラス。プロジェクトに次ぐプロジェクトの連続で、中でも大きなプロジェクトに関しては、生徒&親向けの発表会で締めくくられる仕組みになっている。
そして最終学年の今年、様々なプログラムと平行して、ほぼ1年をかけて取り組んできたプロジェクトの発表会が、二晩にわたって実施されたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-06-03 14:07 | Trackback | Comments(22)

放蕩娘の帰宅

国連記念日、市町村制公布記念日、ギロチンの日
モンゴルフィエ兄弟が熱気球の実験に成功(1783年)
サンフランシスコ会議開催(1945年)

* * * * *

【学校】

お嬢、本日の夜10時半に、無事ワシントンからサンフランシスコ空港に帰り着く。
ゲートからぞろぞろと子供達が出てきた時、待っていた親達から、歓迎の拍手が沸き起こり。でも子供達に、というより、引率してくれた先生と、付き添いの親御さん数人への、労わりと感謝の拍手の意味も大きかったよなあ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-04-25 07:41 | Trackback | Comments(14)