タグ:学校 ( 120 ) タグの人気記事

まずは学校で

我が家の浄水器君、中のフィルターを取り替える為、修理の旅に出ました。期間は約2週間。
うう、君がいないとほんとに不便……早く帰ってきてくれよう。

恒例の、学校でのハロウィンパレード。
お嬢は去年と同じく、ホグワーツの生徒。ほんとは杖か箒を持ちたかったけど、その類のものは持参禁止なので服装だけで。
朝からコスチュームで登校し、校庭に全生徒と先生が集まって輪を作り、クラスごとにその中を練り歩くのだな。
毎年いろんな仮装の子が見れて楽しいよー。
今年の一番の人気者は、2年生のロックシンガー。顔を黒く塗って唇を白くして、おっきな黒いアフロヘアのかつらとエレキギター。
先生方の今年のテーマは、”Collage students”でした。Tシャツとジャージの先生方を見て、なんだ今年は手抜きかと思った私を許して下さい(懺悔)
b0059565_14384196.jpg



2時からクラスパーティで、みんなのデザートが集合。うわー力作ぞろい!
脳みそ型のストロベリーゼリーとか、チョコレートムースの中に骸骨を埋めたのとか、ステアリングぐらいの大きさのクッキーに怖い絵をいっぱい描いたのとか。
お嬢のは「かわいい~!」と好評で、当てが外れたよ。でもあっという間に全部たいらげられたので、喜んでたけど。
ドライアイスを使った飲み物作りの競争もあったが、はっきり言って味がなかった……
[PR]
by senrufan | 2004-10-29 14:13 | Trackback | Comments(0)

本領発揮

早起きの日。異常に朝に弱い私には試練の日。

旦那が日帰り出張の為、5時半に起こす。
私はお嬢の学校で早朝のボランティアがある為、いつもより30分早起き。ここまでですでに苦難。
息が白く見えるほど寒くなった外で、朝来る子供達にシリアルの朝食を配るの。
「なんでもっと種類がないの?」とぶーたれる子は、凍った目の笑顔で黙らせる。<特技

大慌てで後片付けをして、家で大工さんを迎える。
瞬く間に屋根とドアの修理を済ませ、クローゼットの床の応急処置を施してくれた。
残るはゲストルームのヒーター。どうするか、大家からの連絡待ち。

明日のクラスパーティで、デザートコンテストがあるの。おいしくて怖~いデザートを作ってエントリーするんだよ。
その準備の為なら、今日の宿題はやらなくてもいいという先生の太っ腹なご発言も。
ジムナスティックの日だったので、時間がなくて大変だったけど、お嬢は遅くまでがんばったよ。
私が焼いたチョコレートチェリーマフィンの上にアイシングでクモの巣を描き、その上にマジパンで作ったカラフルなクモやゴーストを配置。
小枝チョコやスティッククラッカーも刺して、木に見立てて、そこにゴーストを絡ませたり。

10時近くになって寝る時に、なぜか目覚ましを6時半にセットしている。
なんでまたと思ったら、それでも宿題を少しでも済ませたいから早起きするんだって。まーたそういう、やらなくていい時だけ根性を発揮するのはやめたまへ、と言ったら、

「だって(セットした)時計のムダだから絶対起きる」

と、抜かしやがりました。どーせならその根性、日本語習得に向けてくれ。
[PR]
by senrufan | 2004-10-28 14:17 | Trackback | Comments(0)

肩をすくめて

金曜にお嬢のクラスでハロウィンパーティがあるので、差し入れの準備にあちこち買出し。
出来合いのものを買ってしまう方がはるかに楽なのだけどね、それじゃつまんないし。

お嬢の学校の2年生全体で、いじめが問題化している。
特に女の子がひどく、いじめっ子がクラブを作って「あの子は臭いから入れない」とかやってるらしい。
日本では残念ながら特にめずらしい話でもないし、こっちでも良く聞く話だが、問題がすっかり大きくなっていて、今夜は校長と親のミーティングがあるという。
従来ならば、まずは被害にあった子と親が先生に相談し、そこでも解決できなかったら校長にあげて、というのがルートであると思う。
が、実は2年生の親達もちょっと問題があり、とにかく騒ぎを大きくする人達が中心になって、周囲を巻き込んでいったのが今回のパターン。
またその人達が今年のPTAを牛耳り始めたので、余計に始末におえないというのが、高学年の親達の正直な感想で。

低学年のうちは親が関わるのも大事なことだが、それは本来子供が進むべき方向に導くという意味での関わりであるべきで、親がすべてを根こそぎ独占するのはどーもいただけないな。
ちなみに校長から親への強いリクエストは、「No Gossip!」だそうだよ。
[PR]
by senrufan | 2004-10-27 14:16 | Trackback | Comments(0)

動機とその価値

ノーベル賞、続々発表。賛否両論あろうとも、どこかで誰かが信念を持って行動している。

旦那が日本に向かって旅立った。
今回は非常に大事なプレゼンがあるのだが、その日より2日前に着く予定で日程を組んでいる。
それは、服 を 買 う 為 。

渡米以来、背広なるものを一度も着ることなく過ごしているうちに、車だけの生活を営んでいるうちに、気がつけば体重はうなぎ上りの樽体型。
当然、日本から持ってきた過去の背広など着れるわけもなく。結果、こういう大事な時に大慌てするはめになるのであり。
それでも尚且つ、「日本に帰れば皆痩せるから大丈夫」と、根拠もなく楽観的なあの性格を誰か何とかして下さい。

補修校の古本市のボランティアに行く。
本がないと生きていけない私には、年に1回の貴重なチャンス。
なのだが、どうも人が集まるセールとなると、たちまち引いてしまうところが奥ゆかしさの証明か(殴)
毎年やってるボランティアだけど、今年は破格に待遇が良かったよ。
ボランティアの人だけの優先販売の時間があったり、1人3冊までタダでくれたり、コーヒー無料だったり。
保護者会の人が違うと、こうも違ってくるものか。モチベーションを高めてくれる見事な手腕に思わず拍手。

米国民が選んだ政治映画の人気NO.1は、ジェームズ・スチュワートの「スミス都に行く」。
これも信念という槍を持ち続けた人の話だったな。(ワンピ風)
[PR]
by senrufan | 2004-10-09 14:06 | Trackback | Comments(0)

年中行事

夕方からお嬢の現地校にて、Back to School Nightなるものが開催。
これは、今年一年こんな風にやっていきますという、学校側からのアピールの機会。
校長やPTAからのプレゼンテーションの後、各クラスにて担任からの説明と質疑応答。
このテのものは何回も参加したけど、いつもながらポジティブなことばかり言ってくれるよなあ。
思わず、お嬢の未来が明るく見えてしまうじゃないか。

茂木大輔著の「オーケストラは素敵だ」を読む。
N響の主席オーボエ奏者の方が書かれたエッセイ。楽器紹介もあり、オケを知らない人にも楽しめる。
父がブッ○オフで105円で見つけて、遺産代わりにとくれたのだが、ずっと持ってれば価値が出るということかもしれない。
[PR]
by senrufan | 2004-09-14 12:08 | Trackback | Comments(0)

オーバーワーク

ううう頭痛~い、お腹痛~い。3ヶ月に1度になったとはいえ、つら~い。(察して下さい)

学年が上がるにつれ、出される課題も宿題の量もぐんぐんと増えるので、5年生はさらにつらいぞーと思っていたら、ほんとにそうだった。
それに補修校の宿題も加わるので、週末でもお嬢の休みはない。

今抱えてる宿題。
 ・米のうち一州について詳しく調べ、プレゼンテーションシートを作成
 ・全米50州の名前と首都を覚える→テスト
 ・photo&artプロジェクト:インスタントカメラで自分・家族・コミュニティの写真をとり、文と詩を加えたアルバムを作る

デイリーワークとして、
 ・20分の読書→記録
 ・20分の楽器練習
 ・算数ワークシート
 ・スペルノート(毎週スペルテスト)

補修校はワークブックだのプリントだの作文だの。
そして週3回の習い事。
これに日本にいずれ帰国する子は、その為に公文や塾に通ってたりするので、もうもうすごいもんだ。睡眠時間どのくらいですか。
それとも、日本では4年生ぐらいになるとそんなもんなんかなー。

お嬢から、何かを作ることと本を読むことを取り上げたら、多分少しずつ枯れていくと思う。
早く、もっと要領よくできるようになってくれればいいのだけれど。
[PR]
by senrufan | 2004-09-13 12:07 | Trackback | Comments(0)

も一つ重い

お嬢は今日から日本語補修校開始。そして私は週6日お弁当の日々に突入……

久々に日本語のレッスン。
向こうもこっちも夏休みで色々と予定があわず、長らくお休みになっていたのだ。
お互いの旅行話を交換して、あっという間に時間が過ぎる。お土産もありがとう!

お嬢は今日から新しい先生なのだ。
先学期の最終日に、先生が急にやめられることを告げられて、今日の新学期開始日まで、新しい先生が誰かを知らなかったの。1年生の時も同じパターンで先生が交代して、こういう時、つくづくここは補修校なのだなあと思わされる。
どんなに校長やPTAが力説したところで、学校に充実した教育を期待してはいけないというのが、悲しいながら現実。
あくまで日本語に触れる機会を得る為。日本の学校の雰囲気を少しでも味わう為。
むしろ、そんな中でできるだけの努力をして下さってる先生方に、素直に感謝している。

学校からそのままお友達の家に遊びに行って、迎えに行っても帰りゃしねえ。
ま、私もお母さんとしゃべりまくってたから、お互い様だ。

お嬢がスラムダンクを読み始めたのを見て、一瞬むちゃくちゃ焦る。
……なぜ焦らなきゃならんのだ。<日頃の行いが
[PR]
by senrufan | 2004-09-04 12:02 | Trackback | Comments(0)

選択

離れることができない。魂全てがそこに惹きつけられたまま、別世界に浮かびながら、誘惑という流れに身をゆだねる。
これを表す言葉は一つしか知らない。
 至 福 。 >血眼で本を次々と手にとりつつ 

5年生になり、音楽の時間は、各自が選んだ弦・管楽器を1年習うこととなった。
地元のプロ演奏家の人たちが、各学校を周って指導してくれるの。
私は自分が中学でトランペット、高校・大学とオーボエをやった経験から、お嬢にはなんとなく木管楽器をやってほしかったのだね。
音は勿論、練習のし易さ・持ち運びの便利さ・続けられる年数の長さあたりから。

各楽器のオリエンテーションが終わった後で、お嬢の候補は2つ。トランペットとクラリネット。

楽器は、楽器屋さんでレンタルなり購入なり、自分で調達しなくてはならない。
ということで、今日は楽器屋行き。
トランペットをまず試させてもらって、一発で音が出たところで、お嬢の心はトランペットに決まる。早えよオイ!
母の恨みがましい視線を無視して、デタラメながらも吹き鳴らし、上機嫌この上ない。
いそいそとケースを抱えて目をきらきらさせている様子に思わずニガワライ。
家で練習できるよう、ミュートを買ってこなきゃいかんな。
[PR]
by senrufan | 2004-08-27 15:06 | Trackback | Comments(0)

変わらぬ本質

お嬢がいない間に、秋冬衣類のチェックをば。
相変わらずチビではあるものの、彼女なりには伸びているようで、また服が足りないはずなんだよな。
買い足した方がいいものをリストアップ。脳内で。(だから3分で忘れる)

夏の間、日本に行ってた友人に会う。
「大変よ、しっかり日本の勉強させとかなきゃだめよ! 日本はすごいよ!」と、必死な形相でまくしたてられる。
彼女の実家は都内なので、誰も彼もが塾通い、学校の先生まで塾を基準に授業を進めてる模様を目の当たりにしてきたらしい。
彼女のとこはアメリカ永住となるが、うちはいずれ帰るので、お嬢のことを案じてくれたのだ。

つか、あまりに教育不熱心な私を憂えてかも。

だってねえ、できる子はどこ行ったってできるし、自分からやらない子はそれまでということだし。
やればできるという言葉は信じてないの。できる子はやるし、努力も1つの才能だと思ってるの。
さて、そういう状況に追い込まれた時、お嬢はどうでるかな。

・13 S on the A F.
・18 H on a G C.
・32 D F at which W F.

お嬢の今日の宿題の一部。イニシャルのところに正しい言葉をあてはめると意味の通った文になります。
この手の問題がAからZまで26問。楽しかった!
[PR]
by senrufan | 2004-08-25 15:05 | Trackback | Comments(0)

始まった

友人が、ピアスの穴がケロイド状になって手術を受けたそう。
放射線治療と切るのとあるらしいが、彼女の場合は切る方で。
1週間経ったのに、まだ血が一箇所とまらなくて痛いんだって。かわいそうに~、聞いてる方が痛いよう。

お嬢、現地校5年生の初日。
今度は初めての男の先生だ。優しく楽しいが、大事な時にはとても厳しいとの噂。
先生、ぜひびしっとやって下さい、びしっと。

お嬢のバックパックが、5年生のバインダーその他には小さくて、ふたが閉まらないことが発覚。
しょーがない、新しいのを買わざるをえまい。
2人で通販のカタログを色々と見ては、あーでもないこーでもない。
とにかくお嬢の趣味は保守的っつーか、やけになったように女の子っぽいものを排除するっつーか、はっきり言えばかわいくないんだよ君。
かと言って、黙って買ったら文句をつける年頃でもあるし、なかなか難しい。

ウエストナイル感染の鳥が少しずつ確認されて、とうとう6羽。
……蚊取線香を買うべきだろうか。
[PR]
by senrufan | 2004-08-24 15:04 | Trackback | Comments(0)