タグ:レストラン ( 469 ) タグの人気記事

共に味わう佇まい

「無益なことも無意味なことも存在しません。
結果が出るのを待てば、その意味は自然にわかります」
   ----- キャサリン・アン・ポーター
       (アメリカ人、ジャーナリスト・作家、1890年5月15生まれ)


大好きなSarahさんご夫妻が、先日拙宅に来てくださいました。
お二人とも激多忙なところ、本当にありがとうございました。(感謝の礼)

ビール好きなお二人が、お薦めの地ビールを持ってきてくださったのですけど、
その時にお持ちになったのが、こちらのボトルです。


     IMG_9973

ステンレス製で保冷効果が高く、ガス&チューブで、自宅でも生ビールが楽しめるという優れモノ。
アレですよ、バーテンダーさんがカウンターにあるハンドルで、ぶしゅーっ、とビールを注ぐヤツ、
の、家で楽しめる版。

わざわざお店まで行って、ボトルに詰めてもらってきてくださったビール、そのまま我が家のグラスにしゅわしゅわと。
柑橘系の香りがふわっ、と漂う、まっことフレッシュで美味しいビールでございましたぞ。

ボトルの中身がなくなったら、冷やしておいた瓶ビールを詰めて、またチューブから注いでも、十分うまし。
他にもいろんな商品があるみたいなので、これからのBBQシーズンには良さそうだなあ。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9966

前回に引き続き、コーヒーショップ、もう一軒。
名前を聞いた時、え、あのお店がこっちにもできるの、やったー!と喜んだものの、Webで見る限り、別のお店だったみたい。ありゃ。
どっちにしても、行きたい、行かねばならぬ。(誰にも頼まれてない)

愛しのerinちゃんと行ったのが初めてで、それから2回目、3回目。
同じ店ではなくとも、コンセプトは流行りのあちら系で、同じお店と言われても違和感がないのよね。
あ、これ、褒めても貶してもいませんよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-05-15 12:24 | Trackback | Comments(0)

ただ一杯の珈琲で

「前進するためには、行動するだけでは十分ではない。
まず、どの方向に行動すべきかを、理解している必要がある」
   ----- ギュスターヴ・ル・ボン
       (フランス人、社会学者、1841年5月7生まれ)


IMG_9948


ビーズ作りの会の時、じゃあ何かTO GOランチでもする?ってことになりまして。
Sちゃんが提案してくれたのが、Mimaさんのデリバリーのお弁当でございました。

このエリアの日本人の方は良くご存じだと思いますが、無知な私は全く知らず。
初めていただいたお弁当、満足・満腹でございましたよ。


IMG_9950

色とりどり、バラエティ豊かなおかずが並んだお弁当が、$13。
加えて、お弁当をオーダーした人は、サイドとして、カレー、ハヤシライス、カツ丼、親子丼、三色鶏そぼろ、焼きそば、ナポリタンを、なんと$3で追加注文することが可能。

サイドメニューは、これで$3ですと!? とびっくりするほど、普通のボリュームがあって、しかも美味。
中にはいっぺんに10個ぐらいオーダーして、冷凍される方もいらっしゃると聞いて、なんてナイスなアイディア。
結局この日は、ランチの時は三色そぼろをいただき、夜に旦那とお弁当をシェアしたのですけど、旦那もとっても喜んでおりましたですよ。


IMG_9951 IMG_9952

物価の上昇がめざましいベイエリア、和食レストランで丼モノを頼むと、ヘタすればチップを入れて$20払ったりも。(くらっ)
でもMimaさん製お弁当なら、美味しくお安く、皆でゆっくり食べて、のんびりおしゃべりも可能です。
またの機会を淡々とうかがっている現在です。


連絡先 : msuwa@comcast.net


* * * * *

【レストラン】

IMG_9901

いつも新しいお店を開拓してくれるお友達(愛)が、気になってたコーヒー屋さんが新しくお店を出したので、と教えてくれて、2人でGO。
行ってみたら、あれ、ここ、ベジタリアンカフェがあった場所だよね。
しかも、隣のお気に入りだったアサイーボウルも閉店だと……(愕然)

とりあえず、涙をふいて、私達は前に進むのだ。(つまり店に入った)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-05-07 10:51 | Trackback | Comments(0)

春の陽射しの誘いで

「学とは”ならう”ということで、すぐれた人物の立派な行いを習い、
みずからもそれを実行していくことである」
   ----- 橋本左内
       (日本人、幕末志士、1834年4月19生まれ)


     IMG_1245

日本にいる間、友人に荷物の運搬を頼まれまして。
ブツはなんだ…(ひそひそ)、と聞いたところ、彼女の愛犬の柴犬ちゃん用のクッキーだと言うんですよ。

Instagramで人気に火がついて、今ではクッキーやグッズのみならず、なんとわんこ用の焼売まで販売されていらっしゃるという黒兵衛さん。
こちらに戻ってきて、彼女に渡したところ、その場で開けて、クッキーを味見させてくれたのですけど、これが旨い!

さつまいも、小麦粉、全粒粉、オリーブオイルと、材料は4つだけ。
甘味料は入ってないのですが、噛み締めて美味しい粉系スナックに大変弱い私には、どんぴしゃの美味しさでありました。

お嬢がいなくなって(生きてますが)、とんとお菓子も作らなくなってしまったワタシ。
たまには自分で作らにゃいかんよなあ。テメエのもんはテメエでな。(あ、犬には言ってないですよ)



* * * * *

【レストラン】

IMG_9929

ひっさびさに、大人の遠足に行ったんだー。
むらさきちゃんがバークレーに用事があるということで、みんなに声をかけてくれたんだ。(愛)

んじゃ、ほかにどこに行こっか?
あ、私、あのベーカリーに行きたい。
おお、いいね。なら、その近くでランチできるお店を探そうか。

なんて流れで、当日まず向ったのは、あのベーカリー。
駐車スペースがなかなか見つからなかったけど、ダメモトで行ってみたところが、一台だけ空いててラッキー。
駐車運の神様・Sちゃんがついている我々に死角はなかったぜ。

当のベーカリー、前は午後遅めに行ったこともあって、あまり商品がなかったのだけど、今回は早めに行ったおかげで、充実の品揃え。
何人も列を作ってて、人気の程を改めて実感だ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-04-19 12:22 | Trackback | Comments(0)

招きはあくまでさりげなく

「不平家とは、自分自身と決して折合わぬ人種を言うのである。
不平家は、折合わぬのは、いつも他人であり環境であると信じ込んでいるが」
   ----- 小林秀雄
       (日本人、文芸評論家、1902年4月11生まれ)


IMG_9889

前回日記のレストランですが、つい先日、友人とランチタイムに訪れてみましたよ。
ソフトオープン中だった前回と違って、お客さんもお店の方々も、ぐんと増えていたですよ。


IMG_9890

ランチメニューから3品頼んたのですが、バッファローのBurrataとトマトジャムを合わせた前菜、美味しゅうございましたです。
が、フレンチオニオンスープがかなりしょっぱくて。
バッファローのボロネーゼは、味は濃かったものの、ビーフより好きかも、という感想。

入口付近のコーナーで、バッファローミルクやモッツァレラなどの販売も始まっていて、パティスリーコーナーも充実。
今度来る機会があれば、バッファローハンバーガーを頼んでみたいかな。
お客さんのほとんどが頼んでいたんじゃ、というぐらいだったので。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9854

あの場所にコーヒーショップがオープンしてたよ、と友達から聞いたのは、結構前。
カフェと聞けば、行きたい虫がうずうずするので、誰か一緒に行ってくれないかなー、と思ってた。(一人で行けよ)

ようやく、教えてくれた友人と一緒に行くことができました。(感謝!)
ずっと前から知ってた小さなモール内なんだけど、お嬢と何回か来たことのあるJamba Juiceがなくなって、その後に建ったカフェなのね。
ここも、いろんなお店の栄枯盛衰(え)が見られたよなあ、なんてしみじみと。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-04-11 09:21 | Trackback | Comments(0)

私もお役に立つ所存

「家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、
愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない」
   ----- ハンス・クリスチャン・アンデルセン
       (デンマーク人、作家、1805年4月2生まれ)


18951298_1983518451910447_8070202159261958444_n


大谷翔平選手、米国メジャーリーグ、投手としての初登板戦。
オークランド・アスレチックスとの対戦試合を観に行って参りました。
眠いー、TVで見ている方がいいー、という心の中の声を3割ほど出しながら。

旦那と私は2階席だったんですけど、前後左右、ばっちり日本人の方々ばかり。
あちこちに大谷選手応援のボードが見られて、皆さんのわくわく感がとても良かったです。(眠い目をこすりつつ)
試合も無事エンゼルスの勝利に終わり、めでたしめでたし。


29663122_1983618848567074_27160482286324880_o

29791481_1983620811900211_7529221370458277232_n

旦那が2階席から、三脚ナシの望遠レンズで撮ったわりに、綺麗に撮れてて立派・立派。
アップの顔は、ホームランを打たれた直後の写真だそうです。なんでコレ撮った。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9842

わくわくさんが見つけてくれて、2月半ばにご一緒させてもらったお店。
あの時はソフトオープンだったのだけど、今ではだいぶこなれてきたんじゃないかな。

なんと、Water buffaloの乳製品を使ったお店なんだって。
大々的にバッファローミルクをメインとする、としたお店は、全米でも初めてとか。
最初は2人して、バッファローとバイソンって、同じじゃないの? イエローストーンでむっちゃ見られた、あの茶色い巨体のミルク? なんて言ってたけど、席に着いてから検索したら、別物でありました。
入店する前に調べとけ。(ウォーターの文字に気づいてなかったんだ……)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-04-02 10:12 | Trackback | Comments(0)

重ねて加えて、時が満ち

「平和は眠りを許さない。地球のすべての男女の運命がそれにかかわっている。
最もまめな骨おしみをしない人類的事業の一つである」
   ----- 宮本百合子
       (日本人、作家、1899年2月13生まれ)


Legends Summarized: King Arthur



オリンピックでもバレンタインでもない話題ですみません。
お嬢から面白い動画を教わったので、ここにめもめも。

アーサー王伝説は大変有名ですが、はるか昔に本で読んだぐらいで、当然細部は全く覚えておりません。ぢまんすんな。
あとはアニメとか、子供向け番組でちらっと、ぐらいですが、
そんな私でも、王妃グィネヴィアとか騎士ランスロット、マーリンあたりの名前は知ってるぐらい、有名な伝説ですよね。

で、良くご存じの方には嘲笑モノなんですが、実はアーサー王伝説というのは、
ほとんど当時の同人誌によって、現在の形になっていった
というのをお嬢の解説でようやく知って、驚愕&コーフンした無知モンがワタシです。


元々アーサー王とは、存在したかもどうかもわからない微妙な方でして、
アナールカンブリエという古文書に、アーサーっぽい記載があったぐらい。
しかもこのアナールカンブリエ、歴史的に不正確な記述も多く、ツッコミどころ満載の書物なんだそうですよ。

しかし、そんな伝説に萌える魂があるのは、時代も国も超えて共通。
トロップスというフランス人が書いた同人で、ランスロットと聖杯が登場。
その後の別の同人でパーシヴァルが、更に別の同人でガラハットが、という感じで、
続々と創作キャラが登場し、伝説が膨らんでいったそうでございます。


あと、お嬢の解説で面白かった別ポイントは、途中の同人で、イスラムの影響を受けた恋愛模様が出てくる、という点。
それってどんなもの?と聞いたところ、愛の為に愛する、女性を崇め奉る、愛は人をより良いものにする、などの恋愛観だと言われて、
へ? それって元はイスラムなの?

アナールカンブリエが出たのが4世紀後半だそうですから、とっくにキリスト教は出現しているわけで。
その恋愛観や愛の概念に、イスラムが影響を与えて、今の形へと変貌を遂げていく。
対して、今現在のイスラムの恋愛観は如何なるものなのか。
現代のこの対立は、一体何なのか。
もう、無限に疑問と好奇心、そして希望が沸いてくるのです。


なんつって、そういう壮大なものは、専門家の方々におまかせするとして。
腐ったワタシが真っ先に思ったのは、同人誌やオタク界がますますアツい今、
もしかして100年後ぐらいには、誰かの二次創作設定が公式の一部になってたりして!
みたいなことでした。
うん、死んでいいですね。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9796

久しぶりにPalo Altoのダウンタウンに行った時、あら、新しいお店が。
ベーカリーカフェ? それは興味あるナリよ。

尊敬するNさんと、貸し借りした本の受け渡しをしようという話になった時。(歓喜)
んじゃ、こちらはいかがでしょう?となったのは良いんだが。
Webサイトを見てみるに、あらまあ、なんという強気なお値段よ……

一瞬後悔しかけたものの、MさんやCさんともご一緒できることになったので、気を取り直す。
おしゃべりがご馳走、おしゃべりが何よりの(言い聞かせ中)


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-02-13 14:37 | Trackback | Comments(0)

育った場所からお手元に

「未練が老醜のはじまりでないだろうか」
   ----- 中野重治
       (日本人、作家、1902年1月25生まれ)


IMG_9787

Palo Alto ダウンタウンにある、人気の老舗店、Coupa Café
なんと2号店ができていたことを、先日お友達に教わって知りました。
しかも、同じダウンタウンですよ。


IMG_9786

1号店はいつも満席状態なので、これは嬉しいのれん分け。
行ってみたら、随分とこじんまりしていましたが、明るい店内が心地良い場所でした。

ランチの後のお茶、どこのカフェもそれなりに混んでいるので、
こちらが増えて嬉しゅうございますな。


IMG_9785


111 Lytton Avenue
Palo Alto, CA 94301

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9782

同じくPalo Altoのダウンタウンで、前から気になっていたお店。
わくわくさんとのデートの場所に選んだよ。

店名通り、ローカルなベンダーと取引して、ローカルな食材を使用したメニューを提供しますよ、というレストラン。
ベンダーリストを見ると、知ってる知ってる、という名前がずらりとな。
そういう”安心感”もあって、行ってみたいと思ってたんだよね。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-01-25 12:47 | Trackback | Comments(0)

貴方の得意分野から

「自分の力を発揮できるところに、運命は開ける」
   ----- 福澤諭吉
       (日本人、啓蒙思想家、1835年1月10生まれ)


2018年になって、すでに10日も過ぎていたらしいです。
今年は喪中ゆえ、新年の挨拶も割愛だし、と油断してたら、やられました。(何に)

年末に日記を書いた時、具合悪いな、旅疲れだよな、と思って、ちょっとベッドに行ったら、そっからしばらく起きれなくなりまして。
熱出てる、こら出てるわ、と寝込み、そのまま年越しですよ。(ふっ…)
翌元旦には熱は下がっていた(体感)のですけど、しんどくてそのまま。
2日には起きなきゃ、と思いつつ、最低限の用事だけで、やっぱりそのまま。

なんてことをやって3日になってから、もしかしてインフルエンザだったのではないかと思い当たりました。
関節痛があったな、そういえば、って遅すぎだよ……
そっから念には念を入れて、6日の土曜までは一切外に出ず、7日の日曜に初外出となりました。
だって、人にうつしたらマズいですからね。

旅行中から、免疫力落ちてるサインがあったのですけど、それで飛行機やら長距離列車やら、でしたからねー。
あまりひどくなかったのと、とりあえず人様には迷惑をかけずにすんだっぽいことが救いです。


という感じで、ワタシの2018年1月は、8日から始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9010

さて、2018年の始めは、2017年に書き残した日記がなかったかどうかから。(すでにダメ)
気になっていたカフェのメニューを試しに、わくわくさんにご一緒していただいたので、それは書いておこう。

前に行った時、フードメニューを見て、一度食べてみたいな、と思っていた中近東系のカフェ。
アメリカンなドリンクやペストリー類より、そっちの方に興味が引かれたのでな。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-01-10 08:58 | Trackback | Comments(0)

だって高望みではないからね

「経験の与えた一つの棘は警告の最も厳しいものの全部にも値する」
   ----- アルフレッド・ド・ミュッセ
       (フランス人、作家、1810年12月11生まれ)


26345207349_4f553357f8_o

先日、Nちゃんに連れられて、すんごく素敵なれでぃ、お二人にお会いしたのですが。
美味しい中華ランチをご一緒して、その後に連れて行ってくださったのが、
ずっと名前だけは知っていたものの、行ったことがなかった老舗の日系スーパーだったのですよ。

この日は水曜で、ハワイのPokeでお馴染みの海藻、オゴが入荷する曜日なのだそうで。
マジっすか!と大喜びでお供しましたとも、しましたとも。

お店の方に、一掴みほどください、と英語でお願いしたところ、
「大きい手? 小さい手?」
と、そこだけ日本語で聞いてくださったのに大笑い。
大きい手で!と全員でお願いしたですよ。

初めて訪問したスーパーでしたが、ハワイ系のデリメニューやスイーツがあって、
色々楽しく拝見させていただきました。
オゴも、海藻サラダとお味噌汁で、あっという間に使い切り。
ポキ作る暇なかったわ。

欲しくなったら、また水曜に行かねば、です。


221 S Claremont Street
San Mateo, CA 94401

* * * * *

【レストラン】

IMG_9175

その素敵なれでぃ達に連れて行っていただいたのが、小籠包が美味しいという中華レストラン。
前に書いた通り、好みの小籠包はどこにあるんかえー(なまはげ風)、な私なので、喜んで飛びついたことは言うまでもない。

全然オシャレじゃない、普通のお店なんだけど、オジサンが面白いのよね。
そんなお言葉もうかがって、わくわくとお供させていただいたのですよ。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-12-11 11:35 | Trackback | Comments(0)

まずは助走が必要な

「人間は犬に似ている。遠くで他の犬が吠えるのを聞いて、自分も吠える」
   ----- ヴォルテール
       (フランス人、啓蒙思想家、1694年11月21生まれ)


IMG_9161

少し前のことになりますが、マンガ「ONE PIECE」と京都市のコラボイベント、というものが開催されたんですよ。
開催期間は10月7日~22日で、私が日本に行っていた間と重なっておりまして。
京都にいるお友達に会いたいし、ちょっと行ってみようかな……と思ったのは思ったのですが、
人混み・行列・並ぶ・長時間、という言葉が、私という老婆の頭の中を駆け巡り、
あっさり断念して、ネットにアップされるいろんな体験談を読んで楽しむに留めたのでございます。

そしたら、先日こちらに来てくれた当のお友達@京都在住が、なんとこのイベントに出かけてくれて、
私の為に、イベント参加者だけがもらえる「手配書」と「MAP&スタンプラリー台紙」を持ってきてくれたのでございますよ。

特にスタンプラリーは、京都内の8箇所の施設を周らなければコンプリートできず、
しかも1箇所あたり、数十分待ちはザラだったという……
もうもう、なんてお礼を言ったらいいのかわからず、感動し過ぎで、受け取った時にしばらく硬直していたワタクシです。情けない。


小説でもマンガでも、基本原作派なので、アニメや映画、グッズにはあまり興味がないのですが、
この手配書やスタンプは、原作絵というのが非常にポイントが高いのです。大変個人の感想です。

改めて、この場でもお礼を。って、完全私信ですが、
本当にありがとうございました!!!(ジャンピング土下座)
次回の日本行きの際には、マジで京都に行かせていただきますので、よろしくお願いいたします。

* * * * *

【レストラン】

IMG_8900

美味しいハマスやファラフェルをいただいた後、そのまま隣にあるカフェへ。
オーナーさんは、やっぱり同じみたい。
実は本来の目的は、こちらのカフェだったりするんだな。

この時、一緒に行ってくれたお友達の一人が、こちらのカフェのソフトオープンの日に行ってみて。
まだ練習中だから、とラテを$1(だったっけ)で買わせてくれたそうなんだけど、それが、うん、確かに練習中だね、という感じだったとのことで。
でもお店は綺麗だし、もう少ししたら皆で行ってみっかー、ってなったのが、この日の来訪の理由だったのよね。

あ、先に言っておきますが、今回はほとんどドリンクのみの記録なので、いつもより更に大したことないです、すみません。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2017-11-21 13:33 | Trackback | Comments(0)