タグ:ベーカリー ( 76 ) タグの人気記事

僕の、私の、遊ぶ場所

「確かなことは何もない。というか、例外がひとつだけある。この世でひとつだけ確かなことは、確かなことが何もないということだ」
   ----- ジョン・F・ケネディ
       (アメリカ人、第35代米国大統領、1917年5月29日生まれ)


* * * * *

【ベーカリー】

     DSCF1262

大盛況だったChiku Chiku セールが終わった翌週、光栄にも、メンバーの方3人とお出かけしたんだよ。
あつゆきちゃんにHit Meさん、そして、お蕎麦の花さんことYumiさんと連れ立って。
目指すは、あつゆきちゃんがすでに行きつけという、サンフランシスコのベーカリー。

サンフランシスコで人気のベトナムレストラン、The Slanted Door。こちらでペストリーシェフを勤められていた日本人の方が、独立して作られたベーカリー。
メニューを見れば、クリームパンやカレーパン、メロンパンなど、日本ではおなじみのパンばかり。
言い換えれば、海外在住の日本人が大喜びのパンばかり。
ありがたいことに私の住むエリアでは、日系も中国系も、韓国系のベーカリーまでそろっているので、決して買えないというわけではないのだけど。
より選択肢が増えるなら、より自分の好みに合ったものがあるなら、歓迎以外のナニモノでもない。

おまけに、すでに行かれたゆみたちさんみかさんが、お店のコーヒーも絶賛されていて。
パンばかりでない期待にわくわくしながら、あつゆきちゃんの快適運転で、楽しく遠足に繰り出した。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-05-29 15:22 | Trackback | Comments(6)

その距離と時間と釣合えば

「不可能な要素を全て取り除いたら、残ったものが真実に違いない。たとえ残ったものがどんなに本当らしくなくても」
   ----- アーサー・コナン・ドイル卿
       (イギリス人、作家、1859年5月22日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

DSCF1146

食べ歩き日記、たまってます。ためてます。
お財布は軽くなる一方なのに、記録はたまるとは、これいかに。

ただ問題は、記録はたまっても、記憶は右から左に流れていくばかりでたまらない、ということで。(オマエだけだ)
今回みたく、1ヶ月以上前の記録の為に、カラカラノーミソを叩きながら、何とか記憶を搾り出そうという試みなど。もう涙も出ませんよ。


さて、愛しのshinaさんブログにて拝見した、全米一と謳われたベーカリーは、ワインの名産地・Sonomaにあるという。
ワインとは無縁の庶民生活を送る我が家は、ナパやソノマともご縁がなく、ワイン買いのついでに寄るということもできず。
なのでこの際、このベーカリーのためだけに来訪だ。たまには家族遠出もしたいしな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-05-22 10:49 | Trackback(1) | Comments(4)

何処かで誰かがうたう歌

「積極的に間違いを犯しなさい。できる限りの間違いを。なぜなら成功は失敗の向こう側にあるからだ」
   ----- トーマス・J・ワトソン
       (アメリカ人、IBM元会長、1874年2月17日生まれ)


Palo Alto Hit By Power Outage; Related To Plane Crash

うちの市に、小さな飛行場があるのですが。
そこから飛び立った小型飛行機が墜落する、という事故が起こりました。
朝方の霧で視界が悪い中での離陸だったので、翼が送電線の鉄塔に接触した為に墜落。この時に送電線が切られ、市内全域で停電が発生しました。

墜落した飛行機の翼が、デイケアセンターを運営する民家に落下。
機体部は別の民家と道路に落下し、民家2軒を含む火事が発生しましたが、これは間もなく消火。
残念ながら、パイロットと同乗していた2人は死亡しましたが、地上の人で巻き込まれた人がいなかったのが、まだ幸いでありました。
乗っていた3人は、電気自動車のベンチャー企業の社員であったそうで、日本でも、こんな形での報道があった模様。

この事故により、朝7時半過ぎから、うちの市全域が完全停電。
料理どころか、掃除も洗濯もできません(喜)。ガスヒーターも、着火が電気なのでできません(悲)。
たまたま敬愛するれでぃとの約束があったので、どうせ外出するからいっかー、と考えたんですが。
そこで、信号も停電だ、ということに思い至らないところが、相変わらず考えの足りないヤツ。
信号のたびに4 WAY STOP方式で通過しなければならないので、道路は大渋滞。おかげで、待ち合わせに遅刻したオロカモノでございます……(すみませんすみません)

結局、復旧したのは、夕方6時15分ごろ。
お嬢の宿題その他の為、2人でラップトップを抱えてFree Wifiの店で、夕食がてらネットに繋いでいた時に、市のWebをチェックしたら、速報が。
どきどきしながら家に戻ってみれば、玄関に明々とした電灯の灯り。文明開化の瞬間に立ち会ったようでございましたです。


今回えらいなあ、と思ったのは、
まずは、定期的に電話を通じたオートメッセージで、進捗状況を知らせてきた市の対応です。
現在の状況、水道局がどうなるか目処がつかないうちは水を節約すること、道路が渋滞してるから注意すること、などなど。
こちらからかけるのではない、向こうから自発的に送られてくるこうした連絡は、嬉しく心強いものでございます。

たとえ、私が帰宅してから受け取ったメッセージが、
「復旧は1時間から5時間後の見込みです」
なんて大雑把なんだ。

「市のWebサイトでリアルタイムにレポートされるので、そちらをチェックしてください」
それができるなら苦労はない。

と、色々ツッコミどころは満載であっても、です。(……)


あともう一つ。電話で連絡、といっても、電源に繋いでいる電話も使えないわけで。
なのに、なぜうちで受け取れたかというと、旦那がうちの電話数台のうち、停電になっても使えるから、と、1台だけ旧式の電話を据え付けていたから、なんですね。
おかげで、たまたま日本の母からかかってきた電話も受けられて、楽しいおしゃべりで時間つぶしもできました。でかした、旦那。

天災は空から降ってくる。なんて、冗談でも口にしにくい状況でありましたが。
3人の方の冥福を祈りつつ、奮闘してくれた関係者全員にお礼を言いたい気分です。

* * * * *

【ベーカリー】

DSCF2165

アメリカに来て、すっかりアルチザン風のハードブレッドにはまって、ファンになってしまったけれど。
旦那や他の日本人の方々で、やっぱり日本のパンの方が好き、ふわふわなパンが懐かしい、とおっしゃる方はとても多いのだ。
確かに日本のパン屋さんは、本当にレベルが高いよなあ、とは、里帰りするたびにしみじみと感じること。

このエリアには、嬉しいことに日系のパン屋さんもあって、当然人気なのだけど。
他にといえば、中国系のパン屋さんも、日本の人の好みに合う。日本のパンとはちょっと違うけど、かなり似通っている上、大きくて安いのがありがたい。
その延長として、韓国系のパン屋さんで、あのお店などにも訪れて。特に通い詰めたいと思うほどではなくとも、これだけのパンがあるだけ十分だよね、と思っていたんだな。

そんな中、日本の人の間で、このパン屋さんは美味しいと評判になったところが、韓国系のお店であったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-02-17 02:35 | Trackback | Comments(12)

当たらぬ場合は望外の

Peace Day (Ivory Coast)
Proclamation of the Republic (Brazil)
Germany Community Holiday (Belgium)


DSCF1653

今年も作りました、栗の渋皮煮
例年通り、月森紀子さんのマクロビレシピです。

今回で4年目となる渋皮煮ですが、今までで一番上手くいったと思います。
いや、味ではなくて、栗の剥き方なんですけどね。(……)

別に何を変えたわけでもなく、今まで通りに一晩水に漬けておいて、皮剥き道具と手を使っての剥き剥き作業だったんですが。
ぶきっちょこの上ない私は、必ず数個は渋皮を剥いてしまって、使えない栗を作ってしまう、とか。
なんとかならないかと祈りつつ、それらも入れて煮てみたら、あーらやっぱり崩れてぼろぼろ、とか。
飽きもせず、そんなことを繰り返していたんですね。(ばーかばーか)

ところが今年は、ちょっと傷をつけたものはあっても、大多数が無事。
しかもその傷アリのものも、最終工程までいっても無事なまま。
大粒でしっかりした良い栗に出会えたようで、本当にラッキーな回になりましたです。
半分はゆっくり食べて、残りは冷凍して、お正月に備えようと思います。


但し、右親指の爪を剥がしたのは、例年通りでございました……

* * * * *

【ベーカリー】

カフェを出て、ayuminさんと向かった3軒目のターゲット。
それは、アイルランドのベーカリー

ナンチャッテ英国好きな私、スコーンはやっぱりイギリス流がお気に入り。
国同士のあれこれはあっても、そのお隣りのアイルランドの焼き菓子も、きっと好みに違いない。ソーダブレッドも大好きで、時々家で焼いていた分、その本場というのも気になるし。
そんな思いから、ずっとこの店に来てみたいと思ってた。

そしたら、先に行ってくれたじゃないか、憧れのみかしゃんが。(感謝!)
彼女の保証付なら尚のこと。思いっきり期待して行ったんだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-11-15 10:25 | Trackback | Comments(14)

一段上への努力とは

Anniversary of the 1848 Revolution (Hungary)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_14161363.jpg

近所に2軒のレストランがオープンした、ということはすでに書いたけど。
1軒目はこんな感じで、さて、2軒目はどうだろう。友人2人と偵察だ。
待たされること必至だったので、開店と同時に入ったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-03-15 14:13 | Trackback | Comments(12)

その柔らかさは朝のうち

ベーカリー目当てで降りた駅。お嬢と一緒に歩いていた途中で、お、なんかオサレな感じ、というお店を見かけたので、帰りに寄ってみたですよ。

b0059565_1249561.jpg

シックでシンプルな店内に、ずらりと並んだジャムの瓶を見て、ようやく店名と中身が結びつきました。
ジャムで人気の、いがらしろみさんのお店だったのですね。って、ジャムじゃなく、コンフィチュールと言わなければいけないのでしょうかね。

50種類はあろうかというジャムやシロップに加えて、クッキーやケーキといった焼き菓子も豊富。
お嬢と2人で悩む、悩む。なんて恐ろしい場所に入ってしまったんだ……!(はあはあ)


柚子と林檎のはちみつジャムと、マットなシルバーのジャムスプーン。
予定外の、嬉しいお土産となりました。

* * * * *

【ベーカリー】
b0059565_12501740.jpg

本にのっていた、とある商品の写真にお嬢が一目ぼれして、そのパンを買いに出かけた店である。
写真で見る限り、大きさも結構なもののようである。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-01-23 12:48 | Trackback | Comments(12)

学んだ知識を根付かせて

Our Lady of Altagracia (Dominican Republic)


日本に滞在中、私は外に出まくりで、お嬢は実家でじじばばと。
というのが、例年のパターンだったのですが。(無責任ママ)

今回は、予定の半分以上は、母子連れ立ってのお出かけでした。
彼女が大人の話にも一緒に加われるようになってきたのもあり、共に色々ベジレストランに行きたかったのもあり。
そして、彼女自身が希望していたベーカリー巡りの為、もあったのです。

b0059565_11234571.jpg前回の日本行きで買ってきた、パン屋さん紹介の本
東京内の人気ベーカリーが、地区別に紹介されているのですが、お嬢がこの本をいたく気に入りまして。

日本でどこか行きたいとこはある?と聞いた時、この本を出して、訪れたいベーカリーを、4軒指定してきたのですよ。
その中の1軒は、私も絶対行こうと思っていたところだったので、意見の一致が嬉しゅうございましたです。ええ、たとえ普段はケンカ三昧でも(殴)


ちなみに↓は、とあるところの、昨年のベーカリーの人気ランキング。

[All About/パン] ベストパン★2008結果発表!


お嬢が選んだところは、このランキングにこそ入っていませんが、どの店も美味しくて大満足。
改めて、日本のベーカリーの水準の高さを知った次第です。

* * * * *

【ベーカリー】
b0059565_1124273.jpg

1軒目は、お嬢と私が一番行きたかった店。表参道にある、マクロビ系のパン屋さん。
この日は、私一人で外出だったので、友達に付き合ってもらったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-01-21 11:20 | Trackback | Comments(13)

境を越える価値の味

Martin Luther King Jr. Day (U.S.A.)


日本で見た英語について、もういっちょ。

b0059565_13541123.jpg

浅草は浅草寺の境内で見かけた、水道というか、地下水くみ上げポンプというか、なんですが。
こちらにぶら下がっていた札によれば、
日本語:「のめません」
英語 :「Impossible to drink」

意味は通じるけれど、こうは言わない。
そんな一例、でございました~。

* * * * *

【ベーカリー】
b0059565_13555438.jpg

仲良しRogiさん母子と一緒に訪れたのは、博物館だけではないのだよ。
人形町に連れて行ってもらったのは、ほかの目的地があったから。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-01-19 13:52 | Trackback | Comments(12)

探し求めた三日月は

お見合い記念日、アパート記念日
国鉄北陸トンネル内で列車火災、死者31人、重軽傷者37人(1972年)
節電のため、大都市のネオンサインを消す(1973年)


サマータイムから冬時間に変わって、ぐっと暗くなるのが早くなった午後。
お嬢のスイミングも、往き道から車のライトを点灯して出発するようになりました。
帰りには煌々と輝く月を眺めながら、の帰宅。新月から始まって、今では立派な三日月から、半月になろうとしています。

その三日月を見ながら、

……クロワッサン……

と連想してしまうのは、昨年後半から引き摺っているクロワッサン記事を、1年たってもまだ書いてない、という罪悪感のなせるワザであります。(白状)


そんな時に、mame-honeyさんのところで、とあるお店のクロワッサン記事を拝見したり。
さらにはChicoさんのところで、そのお店の名前を垣間見たり。

そのたびに心臓がばくばく鳴ってしまうのは、そのお店こそ、お目当てクロワッサンの場所だったから、に他ならず。


他の日記もかなり溜めているのですが、これはきっといい加減にしやがれテメエ、という神様のお怒りの印とと思って、がんばって記事をあげてみるテスト。
ロクな写真もない上に、記憶もかなりあやふやになっているのですが(……)、一人遊びの一人上手、と生温かい目でスルーしていただければ幸いです。

* * * * *

【ベーカリー】

初めてパリに行ったのは、2004年の夏のこと。
あちらこちらと夢中になって観光したので、食事は大した店には行けなかったのだけど。
それでも朝食を食べに行った店。日中、疲れた足を休める為に、ふらっと入った数軒のカフェ。
どの店でもはずれがなくて、どの店でも感動するほど美味しかったのが、プレーンなクロワッサン、だったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-11-06 12:53 | Trackback | Comments(12)

待って得るか、偶然得るか

二十日正月、玉の輿の日
日本で学校給食がはじまる(1947年)
ケネディが第35代合衆国大統領に就任(1961年)

* * * * *

【ベーカリー】

さあて、今日から普通食(?)。そしてお嬢が待ちに待った、パンが食べられる日が来たよ。

朝食で、久しぶりに噛みしめた小麦胚芽食パンの美味しかったことったら。
食べちゃうのが勿体無くて、ちょっとずつちぎっては、いろんなものをのせたり塗ったり。
スープと蒸し野菜もつけて、ああ、ヨーグルトもご無沙汰してたね。グラノラとHempと、ちょっと煮たドライアプリコットをぱらぱら入れて、これもゆっくり味わった。

そして時間まで待ってから、お嬢と一緒に、ファーマーズマーケットの場所に向かって出かけたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-01-20 09:27 | Trackback | Comments(12)