タグ:パン作り ( 66 ) タグの人気記事

使い切っても残るものは

Memorial Day (South Korea)
National Day (Sweden)
Public Day (Ireland)


やたらと”落とした”日でした。

手渡された郵便物。
届いた宅配便の箱。
拾い上げたばかりの新聞。
計量したばかりの粉類が入ったボール。
日本で買ってきたガラスのコップ2個。

とどめは、ハサミが手から滑り落ちるところを受けとめ、左手中指を切りました。


これだけ落ちまくったのに、なぜか体重だけは落ちませんでした。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_14594519.jpg

卵黄を3個そろえて、何を作るの?
それはね、いちご入りのカスタード

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-06-06 14:58 | Trackback | Comments(10)

三歩進んで飛び降りて

今日フリーウェイで見かけた、ブルーのミニクーパーについていたナンバープレート。
「MINI BMW」

* * * * *

【パン作り】
b0059565_140431.jpg

後悔先に立たず。失敗から学ぶ。経験が人を作る。人間とは考える葦。
どれも私が、どれだけ白髪を得てもできないこと。

ええとこんにちは。猿とDMAが99.9%まで一緒です。外見も似てます。
さらさなくて良い恥をなぜかさらしてしまうことを、自虐プレイと呼ぶそうです。(……)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-31 13:58 | Trackback | Comments(10)

無駄なく使用を一義として

Harvest Festival (Malaysia)


滅多に使わない頭を使って、禿げたらどうしよう。
と、昨日の日記でつぶやいたら。

今朝、前頭葉に、以前はなかった白髪を2本発見した


( 声にならない叫び )


* * * * *

【パン作り】
b0059565_13425280.jpg

枝豆大好き。こちらでもローカルな人達の間で年々人気が高まって、スーパーで気軽に買えるようになってるのが嬉しいのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-30 13:52 | Trackback | Comments(12)

先人の苦労の上に立ち

ここのところ、ベーキングモードをトップギアで突っ走ってます。毎日パンかお菓子か、何かしらを焼いてます。夜中であっても焼いちゃいます。
旦那はいないし、お嬢も1日1~2個しか食べないし、当の私はダイエット中。そして溢れる冷凍庫を見ては絶望してます(……)

スーパーなどに行くと食材を見ては、あれを使ったケーキは、これを入れたパンは、などと考えるようになり。
PCの前に座ると、そんなレシピはないかと検索したり、素敵なパンやお菓子のサイトに行きついては、かぶりつき(比喩です)で見たりして。
改めて自分のオリジナルレシピを、本やネットで公表できる方々のすごさを思う日々。

そんな素晴しいレシピの数々を作ってみたくてたまらなくて、今日もキッチンにこもります。
そして材料が足りなくなってスーパーに行って、また別な食材に目をつけて、ネットで検索して………(以下省略)

* * * * *

【パン作り】
b0059565_10571719.jpg

今年はいちごの当たり年であるらしい。どこに行ってもどれを買っても、甘くて柔らかくて美味しいの。どれを買ってもはずれだった去年とは大違いだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-29 10:49 | Trackback | Comments(6)

しぼむ前に詰め込めば

White Sunday (Pentecost) (Christian)


TVで日本のニュースを見ていたら、なんと懐かしの母校が映りました。

10数年ぶりに目にした校門や掲示板は、記憶にある姿と変わってなくて。でも背景の街並は確実に変わっているようで。
今度日本に行く時は、久しぶりに寄ってみようかと思ったのでありました。


ちなみに、「はしかで休校」というニュースで、だったんですけどね。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_11445013.jpg

ポップオーバーPopover)。アメリカに来てから知った、パンの一種。
英国のヨークシャープティングは知ってたけど、どうやらこれがアメリカに渡って、ちょっとだけ変化したものであるらしい。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-26 11:43 | Trackback | Comments(8)

身体を張って作るもの

Africa Day
Anniversary of the May Revolution (Argentina)
Independence Day (Jordan)

* * * * *

【パン作り】
b0059565_10581676.jpg

しつこいのは承知で、まだこだわっていたエスプレッソジャムの失敗作。
いや、ほんとしつこいというか、傷口にぐりぐりと塩を塗りこむようなこの行為、私はSかと思っていたけど実はM体質か(殴)

どうしても食材を捨てられない……っ!!(背景に雷)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-25 10:56 | Trackback | Comments(2)

舌に感じる衝撃は

ヨハンナ・スピリ原作の「ハイジ」
わらのベッドの屋根裏部屋。山羊のチーズとミルク。手作りの家具。ペーターとユキちゃん。
数え上げればきりのない、名場面の数々。(嘆息)

この本を少女時代に読んだ私が、その頃に凝ったのは、かの有名な”白パン”です。
給食が大変貧しかった私の小学校では、主食は決まってコッペパン。在校中は、ご飯はまだ許可されていなかった世代です。食パンすらも稀でした。
このコッペパンの茶色い皮をはがし、中の白い部分だけを取り出しては、
「ハイジの白パン!」「柔らかいね~」「おばあさんも喜ぶね~」
とはしゃぎながら、皆で食べあったものです。

……いじらしい時代でした。(そっと涙をふく)(だめよ俯いちゃ…!)


ちなみにTVのアニメ版。1974年に放映され、世間の人気を一身に集め、世界名作劇場の原点となったとも言われているらしいです。
高畑勲氏、宮崎駿氏といった、後年アニメ界をリードする人達が手がけていたことでも有名です。

でも本に関しては絶対原作派の私は、このアニメも全く見てないのでありました。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_11141516.jpg

お楽しみコースと称して習っているパンの教室は、現在私を含めて3人のグループ。
しかし大変残念なことに、8月に1人の帰国が決まってしまったので、せめてそれまでと、駆け足で2回クラスを受けることになったんだ。まだ涙は流しちゃいけないんだ。(唇を噛み締めながら)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-22 11:10 | Trackback | Comments(10)

溺れる前に藁でも葦でも

Anniversary 1945 (France)
Liberation Day (Czech Republic, Slovak Republic)


いきなり62~3度の日が3日続いて、私のしもやけがぶり返し。
今度はいきなり80度台が3日続いて、アレルギー発生の人が周囲に数人。

気候に左右されるという意味では、しもやけもアレルギーの仲間だな。(仲間が欲しいらしい)

* * * * *

【パン作り】
b0059565_1119322.jpg

実は日本に行った時、こっそりと買ってきたものがある。
恥ずかしくて誰にも言えなかったんだけど、それは全然恥ずかしいどころじゃない大きさだったので、それを持った私は、成田でもサンフランシスコでもなかなか目立ってた。ああ恥ずかしい。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-08 11:18 | Trackback | Comments(10)

克服できない高みを見上げ

Constitution Memorial Day(憲法記念日) (Japan)
Constitution Day (Poland)


読書ブログ更新 : 「千尋の闇(上・下)」


昨日から、予報によると明日まで、またがくっと寒くなりまして。
そうなると途端に足のしもやけがぶり返し、つらい3日間でございます。

私の足は気温計。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_10341940.jpgb0059565_10343268.jpg

今月のパン教室。前回が間があいた分、今回は2週間をおいてのクラスなので、ある意味嬉しかったり。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-04 10:33 | Trackback | Comments(8)

五感で感じる自然の恵み

Labor Day
May Day Bank Holiday (U.K., Ireland)


日本から送られてきた本の整理が続いてます。これで当分新刊は買わなくても良いかも、というぐらい、あれもこれも読み返したくてほくほくしてます。

そんな中で見つかったのは、かの有名な千趣会で買った料理本のシリーズ。その名も、「お料理1年生おかずぐみ」全20巻
ハンバーグ、鍋物、サラダなどなど、それぞれの種類で1冊ずつあって、中は基本中の基本の作り方から始まり、ごく簡単な応用メニューが幾つかのっているのですね。
各本ごとに、「おとうふ博士」だの「きのこっぴー」だの、可愛らしいキャラクターが主役になってて、そのキャラのちっちゃなグッズ類までついてくるという、料理初心者の乙女心をたまらなくくすぐる一品でした(……)

私は結婚するまでずっと実家に住んでいて(パラサイト)、しかも料理は結婚するまでしたことがなかったという役立たずハコイリ娘。結婚当初は、さぞ恐ろしい品々を作っていたと思われます。不愉快な思い出は抹殺する傾向にあるので、すでに記憶にはありませんが。

少しずつ料理に慣れて、子供が生まれてからは離乳食も懸命に手作りして。ようやくお菓子を作るようになったのが、ほんの2~3年前から。
こんな自分が、まさかパンまで作るようになるとは、あの頃の私は夢にも思わなかったことでした。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_10581992.jpg

日本で買ってきたものは色々あるけれど、事前の買い物リストのトップにあったもの。それはパン用の天然酵母
自分でも作れるものなのだが、いまだ料理もお菓子も得意でない私としては、まずは市販品と市販マニュアルから入るのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-05-01 11:05 | Trackback | Comments(10)