タグ:ガーデニング ( 32 ) タグの人気記事

The Private Gardens

1.TRADITIONAL GARDEN WITH MEMORIES OF THE PAST
敷地全体の広さとしては、もしかしてここが一番だったかも。裏庭にはプールがあり、サイドにはゲストをもてなす為のキッチンと部屋が。日本のキッチンと同じぐらいの広さだな、庭用なのにな、と少々ひがんでみたり。薪小屋があるのを見て、私はあそこでいいのに、と指を加えてみたり。
b0059565_11385382.jpgb0059565_11375981.jpg


b0059565_11404255.jpgb0059565_11405285.jpg


2.SOUTHWESTERN LIVING
こちらは逆に一番狭い家でしたが、その限られたスペースの中にふんだんに飾られたアクセサリーと花々が、何とも賑やかでした。
b0059565_11445110.jpgb0059565_11475993.jpg


b0059565_11451912.jpgb0059565_1148162.jpg


3.MODERN MEDITERRANEAN
家の横手から一歩入ると、白樺の小道。抜けると一面のプールと、石を基礎にした庭園。どの部屋からも庭が見られるように、との配慮によるデザインだそうです。
b0059565_11512650.jpgb0059565_11514155.jpg


b0059565_11522391.jpgb0059565_11523811.jpg


4.TROPICAL PARADISE
門の横にはラベンダーとローズマリーの大群、中はコーナー毎にテーマを変えた庭。アジア風のコーナーには黒竹(Golden bamboo?)が。子供用の遊具が色々と置かれていても家の雰囲気を壊さず、むしろ温かみを加えています。
b0059565_12111987.jpg



b0059565_12114991.jpgb0059565_1212048.jpg


5.ENGLISH GARDEN
外観は歴史ある英国チューダー風の建物、でも実は2001年に建てられたもの。
b0059565_12122792.jpgb0059565_12123855.jpg



戯言
[PR]
by senrufan | 2005-04-29 11:32 | Trackback | Comments(0)

人それぞれの美

お隣から伸びてきている花がある。両方ともジャスミンの一種だと思うのだが、とても甘い香りで、外に通じるドアを開けるたびにふわっと香って、なかなか嬉しい気分にさせてくれる。「じゃまだったらどんどん切っていいよ」と言ってもらったのだけど、まだ今のところはほとんど実行していない。

が、欠点もやはりあるんである。私が好きなようにもこの花がお好みらしく、毎日何匹も訪れている。私はこの花の前に洗濯物を干すので、毎回蜂と睨み合い、威嚇し合い(シャーッ)。しかも枯れた花が落ちて洗濯物につくことも多く、いつもよりちょっと一手間かかったり。やはり美しいものには棘があるのだな(大違)
b0059565_4523877.jpgb0059565_452499.jpg


裏庭の愛しの新人・青紫蘇を見に行ったお嬢が、興奮して私を呼びに来た。「お日さまみたいな花が咲いたよ!」との言葉に、うちにはそんな花はないはずといぶかりながら外に出てみれば。
b0059565_4533940.jpg
なにこれ。

ちょうかわいくない。

ジャングルでいきなりラフレシアに出会った人って、きっとこんな気持ち。

やっぱりお隣さんからのもので、これはお言葉に甘えてぜひ切らせていただきたいが、触るのも怖いような気がする。

b0059565_4542991.jpgとにかく目をそむけたくて上を見れば、これまたかわいくないものが。
我が家の松の木の花(?)。なんか毛虫が集まってるみたいだよ……

お嬢は両方とも可愛いと喜んでいる。親子といえども、その美意識には深くて越え難い溝がある。

この怖い花、Passifloraというそうです。日本名はトケイソウ(時計草)。時計の文字盤に似てるからということで。英名はpassion flowerで、これは情熱のパッションではなく、雄しべの形状を十字架に見立てて、キリストの受難を表しているそうです。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-04-24 06:52 | Trackback | Comments(3)

棚から小判

晴天にふさわしく、友人2人から、それぞれとても嬉しい物をもらった日。

b0059565_6281152.jpg

なんとも懐かしい栄太郎飴。ザラメと水飴で作ってある、江戸時代から続く味。ああ砂糖って、お菓子って、原点はこういう甘さなのだよなあと思ってしまう。
昔は当たり前のように食べていたので疑問に思わなかったのだが、今頃梅ぼし飴という名前が目に付いた。調べてみたら、あの紅い色と三角の形が梅干を連想させるから、ということらしい。
帰ってきたお嬢@酸っぱいもの命が缶にある名前を見て、大層期待して口に放り込んだ。一瞬後にがっくりとした顔になったのは言うまでもない。

b0059565_6314142.jpgb0059565_6355667.jpg


お嬢を迎えに行く為に家を出る時、玄関にさらに嬉しい物を発見。なんと自家製の青紫蘇の鉢。昨日、友人が庭で育てていると聞いて、思わずねだってしまったのを、昨日の今日でもう持ってきてくれたもの。感動のあまり、しばし玄関にたたずむ私を、ただリスだけが見ていた。

うちは一家そろって紫蘇好きなので、ほとんどスペースのない庭で何かを育てるとしたら、のリストのトップにあがっていたのだけど、残念ながらナーサリーで種や苗を発見できないままで。
降って沸いた幸運の印、さてどうやって育てるか。ネットで調べ、別な友人に電話してアドバイスをもらい、どきどきしながら庭に植え替える。なぜか手がける植物は長生きできないという恐ろしい特技を持つ自分、実は触るのも怖かったりして。植えた後、しばらく苗の前で両手を合わせてしまったり。
どうかどうか、天ぷらにできるぐらい大きな葉がなってくれますように。(念)

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-04-19 06:27 | Trackback | Comments(4)

現状にも穴があけば

ピンポンという音にドアを開けたら、お向かいのおばあちゃま。お嬢にイースターのプレゼントを持ってきて下さった。お嬢もいそいそと用意しておいたブラウニーとカードを。
クリスマスやバレンタインの時に、必ずお嬢への贈り物を持ってきてくれる優しいおばあちゃま。去年90歳になられて、まだ病院のボランティアを現役でやってらっしゃるという素敵な方です。

旦那がやはり昨日の疲れで風邪気味になり、日中寝込んでいたので、私が芝生の穴あけを初めてやってみる。来週末は旅行でいないし、もういい加減やっておかないと。

前の家に住んでいた時、お隣の旦那様が大層庭仕事にまめな方で、雨季の終わり頃になると、うちに声をかけてくれては一緒に芝生の穴あけ→肥料蒔きをやっていたものだった。「雨が多い時の方が地面が柔らかくて開けやすいし、肥料は蒔いた後にたっぷり水をやらなきゃいけないので、雨だとちょうどいいんだよ」と言いながら、スプレッダーでもって肥料をバラバラと。そのおかげか、あの家の芝生は年々丈夫になり、最後の方は雑草もほとんど生える余地もないぐらい密だった。
この家に移ってガーデナー付ということに甘えてたら、前庭はどんどん雑草に侵食されてしまい、それも手で抜くのは到底無理な種類のもので。大家が芝生をはりかえると言っていたので待っていたら、早1年以上が過ぎていた。もうあまりいることもないかもしれないけど、やはり気分のいい眺めではないので、少しばかりの努力はしよう。

穴をあけた後、除草剤が混ざった肥料をまく。まき終わって家に入った途端、雨が降り始めたので、おおグッドタイミングと胸をなでおろす。ガレージにしまう前に肥料の袋を改めて読んでみたら、思わず目を見開くディレクションが。

 「24時間以内に雨が降りそうな時はまかないように」

……見なかったということで。

全くの自由な一日を満喫したお嬢。先日図書館から借りてきた大量の本を片っ端から読みふけり、その合間にろう粘土の作品を2つ仕上げる。
1つ目はSolar System。太陽系の惑星+ロケット。4×6cmの箱の中に。
b0059565_3232441.jpg

2つ目はサーカス。高さ10cm。下の部分にのっている人形はそれぞれ1~2cmの大きさ。
b0059565_7171685.jpgb0059565_7173285.jpg



戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-27 03:16 | Trackback | Comments(0)

詰めの甘さは変わりなく

晴れた。晴れた。いよいよ春か。

友人とランチ。体操クラスの後、ソッコーで用意したので、多分汗臭かった。すまん。

ダウンタウンにあるレストラン、Tamarine。行くのはこれが3度目だけど、過去2回とも写真を失敗していたので、今後こそとの野望に燃えて。結果は、写真は何とかなったものの、メニューの見方が足りませんでした。くそう、またもや。

b0059565_3591435.jpgb0059565_3543748.jpg

b0059565_3551057.jpgb0059565_3554878.jpg


b0059565_3563861.jpgb0059565_3565412.jpg









注文したもの一覧。
Tea : ジャスミンやウーロン、ジンジャーなどのお茶を注文すると、ポットと湯呑みでサーブされる。お代わり可。
Banh Mi Roti : インドのパン。油を塗って焼いてあり、外側パリパリ中はしっとり。グリーンペーストとカレーソース2種類につけて食べる。
Banana Blossom Salad : メニューを良く見てなかったので、中身がわからない(悔)グレープフルーツ、セロリ、バナナリーフ、砕いたナッツとか。甘酸っぱくフルーティな味。
Tri-Squash Scallop Curry & Coconut Rice : 3種類のスクォッシュ(ズッキーニ、カボチャ、クルジェット?)とホタテのカレー。甘くて辛い。ここはライスが6種類あって選べるので、ウェイターさんのお薦めに従ってココナッツライスにしてみた。
Lemon-grass & Passion fruit sorbet : タピオカにカラメルソースがかけてある中に、2個のシャーベットが浮いている。友人の感想は「カエルの卵」
Chocolate Lava Cake : カリッとしたブラウニーのようなケーキを切ると、中から濃厚な温かいチョコレートソースが。甘さ控えめ、ほろ苦い。

お腹がはちきれんばかりに食べました。えーと誰かダイエット始めたとか言ってましたが、空耳らしいです。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-07 03:52 | Trackback | Comments(2)

穏やかな月末

やはり2月は過ぎるのが早い。

b0059565_2341596.jpg
先日種を植えたおじぎ草、無事に芽が幾つか出てきたよ。
まめに霧吹きで水をやっているお嬢の手柄かな。
そのおかげで、レンティルの鉢にはキノコが生えたしな。
あまり強くないから気をつけて、と友人に言われている。


b0059565_2345156.jpg余っていた餃子の皮。
インスタントのマッシュポテト、チーズ、青ジソを混ぜて、包んで揚げてみる。
イモが大好きなお嬢に大ウケ。
マッシュポテトは意外と揚げてもいいよね。
ポテトサラダが余った時、小さめの春巻の皮に包んだり。
表面がきつね色になるまでさっと揚げればいいだけなので、時間もかからない。
[PR]
by senrufan | 2005-02-28 02:33 | Trackback | Comments(2)

背後にあるものを見抜けるか

b0059565_257585.jpg先日、お嬢がお皿から植木鉢に植え替えたレンティルの苗。そのままだめになるかと思いきや、意外と元気に伸び続ける。
茎はひょろっと弱いので、友人のアドバイスを受け、支えになるものをナーサリーに探しに行く。
目当ては、トマトを育てる時に使った、ワイヤーでできた輪っか状の支えの小さい版。だったのだが。2軒周ったけど見つからず。
店員に聞いたら、「ああ、Tomato Cageね。あれはトマトが入ってこないと入荷しないから、まだ無いのよ」と言われた。Tomato Cageとは、なんとぴったりな。
代替品で薦めてくれた竹製のTrellisを買い、のこぎりで切って長さを調節し、お嬢得意のワイヤーで周りを巻く。小さい方の鉢は、その切った残りをさしてみる。頼りないけど何とか出来上がり。
弱いから外では育てられないとの主張を受け、家のテーブルに置いてあるのだが、こんな支えを入れてしまった今、大層邪魔。
どこか日当たりが良く、邪魔にならない場所を物色中。

b0059565_2572132.jpg
夕食に、友人に教わったにんじんスープ、そして久々にポップオーバーを作ってみる。スープはご飯でとろみをつけるんだよ。
スープフリークのお嬢、「タピオカが入ってるみたい」と喜んだ。

友人からもらった2枚目のゴスペルCD。Hezekiah Walkerの「Family Affair 2」。
今回のはNYのRadio City Hallで行われ、9/11の犠牲者に捧げる鎮魂歌にあたる歌も含むと友人から聞いていた。
ライブ盤だけあって、その分拍手や歓声もうかがえて臨場感があり、録音とは思えない迫力もあり。実際の映像を見ているわけではないけれど、指先から、爪先から、全てのパワーが喉に集まっているんじゃないかと思うほどの熱唱が続く。
CDを聴いているだけでこれほどのダイナミックさに圧倒されるのだから、ステージだったらいかほどのものだろうかとわくわくする。
どういう音楽であればゴスペルと呼ばれるのか、そのルールもわからないけれど。ひたすら神を讃え崇める歌というのは、ある意味、究極のラブソングであるかもしれない。

お嬢の学校で、子供の一人が学校にpellet gunを持ってきたことで問題になり、4・5年生全員が集められ、校長から説明を受けたそうだ。そして更に、バックパックの抜き打ち検査も。
学校への火器・ナイフ・爆発物の類の持ち込みは当然違法であり、警察に連絡がいき、親は呼び出され、生徒は2日間の自宅謹慎処分となる。
スーパーで銃が買え、学校等への持込は法で禁じ、でも自分の身を守る為に武器が必要な学校もあり。銃擁護派と銃反対派の議論がずっと平行線で続いている国の、小さな、しかし周囲の者にとっては大事なエピソード。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-02-18 03:06 | Trackback | Comments(10)

中身ある時間を

1時間の雑草抜きの間に出会ったもの。

 ・ミミズ7匹
 ・ナメクジ12匹
 ・通りすがりの人8名ほど

その収穫。

 ・バケツ2杯分の雑草
 ・足首の痛みとふくらはぎの痛みと股関節の痛み
 ・「お父さんは手伝ってくれないの?」という同情の言葉

b0059565_142825.jpg明日はクラスでのValentine's Party。子供達はクラス全員分のカードを用意し、当日に交換する。
お嬢の今年のアイディアは、折り紙で作ったハート型の封筒に、カードとチョコを入れるというもの。
チョコは、日本からイチゴ味のメリーチョコレートを。去年たまたまもらったのを配ったら、えらく好評だったので、冬の里帰り時に購入しておいた。

カードを切ってスタンプを押す彼女のそばで、22人分の封筒を懸命に折る。私が。
このお返しは、明日集まるお菓子と引き換えということを良く覚えておくように、と脅しをかけたら、「パーティのお菓子もママの為にもらってくるから!」と勢い込んで言われた。
いや、そこまでしなくても。というかそれ、かなり恥ずかしいから。
[PR]
by senrufan | 2005-02-13 01:44 | Trackback | Comments(2)

今しばらくの辛抱を

b0059565_216578.jpgCalifornia Poppyがあちこちに。カリフォルニアの州花。
鮮やかなオレンジ色で、海だろうが山だろうが道路沿いだろうが、自生で見事に育ってしまうほど強い。
この花が開いているのを見ると、雨季の終わりだなあと思う。曇りや雨の日は、花が閉じているからね。
花言葉は、”願いをかなえて”、”和解”。

お嬢、鼻水とまらず。や、とまってるか、鼻の中で。<鼻づまりと言え
珍しく、スイミングに行く車の中で眠ってしまう。父に似たのか、睡眠時間が少なくても大丈夫なタフな子なのに、これは結構調子が悪いかも。
なんて思いながらカープール路線を走っていたら、私が過ぎた後から、パトカーがひょいと隣の車線から移動してついて来る。なんだなんだとバックミラーを見たら、あ。
お嬢、寝転がっちゃってるよ。窓から姿が見えないから、1人乗りだと思われてるんだよ。
そしてミラーに映ったパトカー上の横並びのサイレン、端のライトがつき始めたのを見て、思わず絶叫。

「お嬢っ、起きてーーっっ!!」

「はいいっっ!?」と、がばっと起き上がった彼女の姿を目にしたのか、サイレンの音がしないうちに光は消え、パトカーは隣車線にまた戻っていった。
うわああ、危機一髪……!(心臓ばくばく)

ここのカウンティ(郡)で発見された新型インフルエンザ、「カリフォルニア型インフルエンザ」と名づけられる。今年のインフルエンザの20%はこの型らしく、まだまだ勢い衰えず。
インフルエンザ、ワクチン摂取を毎年迷う。その年に流行るものに効くかどうかわからないし、今まで受けるとかえって具合が悪くなったので。
それでも受けておいた方が、かかっても軽くてすむらしいから、意味はあるとわかっているんだが。

英国のチャールズ皇太子、長年の愛人であったカミラ・パーカー・ボウルズさんとの婚約を発表。4月8日に挙式予定。
えーと。とりあえず、庶民で良かったと思います。
[PR]
by senrufan | 2005-02-10 02:05 | Trackback | Comments(2)

儚い間であっても

ガーデニングの日、と決めていた。

今の家に引っ越してきたものの、花壇にできるような土壌やスペースがほとんどない上に、とにかく土が粘土質で水はけも悪く。コンテナで育ててみるのがせいぜいで、ガーデニングは諦めていた。や、どーせ私が植えるもの皆枯れるしな。(黒の指)
でも、なんかしたくなったの。もういつまでいられるかわからないのに、やっぱり何か欲しくなったの。
ガーデニングが得意な友人に相談して、思い切り掘って土を変えてトライするのはどうかということに。この際、夕食1回分と引き換えであなたを雇いたい!と拝んでみて、今日のこの日に決まったの。安すぎる代償ですいません。

b0059565_8382838.jpg一緒にナーサリーに行って、ローズマリーとアジサイの苗、大量の土を買う。本当はトマトやミントも欲しかったのだけど、まだ早かったのか売ってなかった。
家に着いて、早速彼女と旦那が、裏庭の芝生の両側にある土を、ざっくざっくと掘り返す。途中、大きな根っこをノコギリで切ったり、石をどけたり。
私は手伝おうという気満々でそばに立っていたのだが、掘る時のあまりの腰つきの悪さに、全くの役立たずと判明。だってお箸より重いものって持ったことが(殴)

b0059565_8384630.jpgまずは日当たりの悪い方にアジサイを。日が当たらないからって何もないのも寂しいので。
日当たりのいい方にはローズマリーと、プランターに植えていたミニバラ。
ローズマリーは大好き。前の家でも植えていて、料理に使ったり、煮出してリンスに使ったり。手のかからなさも優秀で。
残りのスペースに、いずれトマトかハーブを植えたいなあ。

そんな私たちのそばで、お嬢はレンティルを植木鉢に植える。クラスで配られて、お皿で育てていたのが随分伸びてきたので、やってみることに。
土に植えかえて失敗したという話も聞いているので、ちょっと不安はあるのだが。

b0059565_839672.jpg終わった後、ようやくくつろぎタイム。おしゃべりしながら夕食の支度。
昨夜から煮込んでおいたビーフシチュー、水菜のサラダ、そして友人から教わったヨークシャープティングを作ってみる。
オーブンから出した直後はすごく膨らんでいてびっくりしたけど、そのまま見る見るうちにしぼんでいく。うわあ、確かにプティングだよ! やばい、この軽さと味なら何個でもいけてしまうっ…!

b0059565_8392246.jpgデザートに、グレープフルーツのクランブルを食べながら、子育てから映画のことまで話しているうちに、夜は更けてゆく。
帰ってほしくないけど帰っちゃうのね。本当に今日はありがとう!! 何回お礼を言っても足りないです。
これに懲りずに、どうかまた来て下さい。今度はトマトがあなたを待ってます(おい)

そんなこんなで、スーパーボールはポール・マッカートニーしか見なかった。試合は見てもルールわかんないんだよなあ。
[PR]
by senrufan | 2005-02-06 08:33 | Trackback | Comments(4)