タグ:イベント ( 166 ) タグの人気記事

出会うも学ぶも再びの

「もし嫌いなものがあった場合、いくらそれが憎らしくても、それは、『その良さがわからない自分』を知るべきなのである。
自分には、それが良いと感じられない。それは何故か、と考えた方が良い」
   ----- 森博嗣(著) 「『思考』を育てる100の講義」より


に書いた通り、プラハは公共交通網が充実していて、バスにもトラムにも地下鉄(メトロ)にも、大変お世話になりました。
そのメトロの中で、「I. P. Pavlova」という駅があったんですけどね。

ホームで駅名の看板を見ながら、アンナ・パヴロワか、まさかお菓子のパブロワ?と推測していたのですが、
お嬢は、条件反射実験のパブロフ博士じゃないか、と言うんですよ。
え、だって末尾にaがついてるじゃん、と言いましたら、
あれは”~夫人”のように、その苗字が女性が持つ場合につくaみたいな類じゃないかなー、と。

だったら、パブロフ夫人の名前がついたってこと? んなわけねーじゃん、ははーん。
と言いながら、駅の出口に着いたら、こんな絵があったもんで、
ほーら見ろ、とお嬢は高笑い。(くっそおおおぉ)


        IMG_7367

帰ってから検索したら、やはりパブロフ博士の名にちなんだ駅名でした。(舌打ち)
でも、なんでaがついてるの?というギモンの答えは得られないままでございます。
あー、どこかで聞いてみれば良かった、と今頃後悔です。

* * * * *

【イベント】

IMG_8974

リアルタイム日記ーーー!
と叫んでしまうほどの珍事。現在、この日記上のカレンダーは2月です……

今だけ4月に時を進めて(戻して?)、つい昨日の出来事をば。
大好きなハーブの先生、Yさんが、素敵なイベントを企画・開催してくれたのでありますよ。

昨年5月にベイエリアを訪れて、沢山のワークショップを開いてくださった、大人気ベジブロガーの高嶋綾也さん
その時の私的記録は、これこれ
1年経って、再びベイエリアを訪問中でいらっしゃる。
1週間の滞在で、4つのワークショップが企画、すでに2つは終了済。
前回はなかったイーストベイやノースベイでの開催になっていて、また輪が広がるんだなあ、とわくわくだ。

その合間をぬって、Ryoyaさんとお友達のYさんが、サウスベイの皆さんが少しでもRyoyaさんとの時間を持てるように、と、
ワイン&ヴィーガンフードの夕べ、名づけて”Peaceful Gathering”を、急遽企画してくださったので。
Yさんの弟子(?)であるKちゃんと私も、お手伝いを兼ねて参加させていただいたのね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-04-23 10:31 | Trackback | Comments(2)

震災復興支援チャリティーセール、終了報告&御礼

「我々は自分の経験から、なにもしないことの誤りを知っている」
   ----- ミハイル・ゴルバチョフ
       (ロシア人、政治家、1931年3月2日生まれ)

* * * * *

【イベント】

IMG_6168

長くお知らせを続けさせていただいた、震災復興支援チャリティーセール
おかげさまをもちまして、無事に終了致しました。

Bay Area HEART、メンバーとしては4回目、単独開催としては3回目となるチャリティーセール。
つまり、この書き出しも、すでに4回目となるわけです。(どーでもいい)

開催場所も同様で、サンタクララバレー日系教会さんのソーシャルホールをお借りすること、3回目。
お互い、手順その他が慣れてきたというのはあるのですが、教会さん側の変わることのない温かいお気遣いやご協力には、いつも新鮮な感謝を覚えます。
この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-03-02 16:22 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(8)

季節を彩る音色には

「一切の気取りと、背伸びと、山気(やまき)を捨て、自分はこれだけの者、という気持ちでやろう」
   ----- 尾崎一雄
       (日本人、作家、1899年12月25日)


「子供とは何か、という質問に答えたある人の『人を傷つけたことに気付かず、人に許されていることに気付かない段階』という答えほど完璧なものはありませんでした」
                   Twitter / hironobutnk (via igi)


来年こそは大人になりたいです……

* * * * *

【イベント】

IMG_6991

あああ、年内にあと2回の記録が精一杯。
なので、過去日記はちょっと休んで、楽しいホリデーイベント記録を2つほど。

この時期は音楽イベントも楽しみで、今年はSan Francisco Symphonyと4人の歌手のコンサート、「The Color of Christmas」に行ってきました。
出演は、Peabo BrysonRuben StuddardMelissa Manchester、そして CeCe Winans
それぞれ、グラミー賞受賞やホワイトハウスでの演奏会の常連など、華々しい活躍ぶりの4人。
指揮者は、Herman Jackson氏が勤めてくれた、大変楽しいコンサートでございました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-12-25 12:10 | Trackback | Comments(4)

欲しがる理由を問われれば

「信用は、人前でつくるものじゃない。
人に見えないところで、できるものだ」
   ----- 原田泳幸
       (日本人、経営者、1948年12月3日生まれ)

* * * * *

【イベント】

IMG_6775

「楽しい秋の音楽会」「Chiku Chiku(ちくちく)セール」と、楽しいイベント2つにおじゃましてきたので、その記録。
まずは、音楽会の方からね。

こちらで紹介させていただいた通り、お琴や尺八、ピアノといった、和楽器と洋楽器のコラボによる演奏会。
特にお琴や尺八は、なかなか聴ける機会がないので、楽しくもありがたく。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-12-03 08:02 | Trackback | Comments(4)

震災復興支援チャリティーセール、終了報告&御礼

「ある選択をするということは、その選択によって生まれるはずのマイナスをすべて背負うぞ、ということでやんしょ」
   ----- 井上ひさし
       (日本人、放送作家・劇作家、1934年11月17日生まれ)


* * * * *

【イベント】

IMG_6358

長くお知らせを続けさせていただいた、震災復興支援チャリティー・クラフト&フードセール
おかげさまをもちまして、無事に終了致しました。
前々回前回と全く同じ書き出しにしたのは、故意でございます。(疑)

メンバーとしては3回目、Bay Area HEARTの単独開催としては2回目になる、この規模でのチャリティーセール。
場所は2回目と同じ、サンタクララバレー日系教会さんのソーシャルホールをお借りいたしました。
前回同様、申し込みからセール終了後の後片付けにいたるまで、本当に温かいご支援や励ましをいただきました。
このご縁に心から感謝しつつ、厚く御礼申し上げます。

おかげさまをもちまして、今回の義援金総額は、
$3,863.39

となりました。
ここまでとはスタッフも予想してなかった、というのが正直なところでございましたので、
これもひとえに、皆様の温かいご協力のおかげ以外の何者でもありませぬ。
何度申し上げても足りませんが、本当にありがとうございました!
心から感謝申し上げます。

こちらの義援金は、前回同様、なるべく良い換金率・最小限の手数料の方法で、
NPOカタリバ放課後コラボ・スクールさん毎週末山形さんに、等分に送らせていただきます。
完了後にはまた、HEARTのFacebookページにてご報告させていただきます。

出品してくださった皆様、当日ボランティアを勤めてくださった皆様、
そして、足を運んでお買い物してくださった皆様へ。
心の底から、精一杯のお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!(三つ指つき)


スタッフ側の至らない点も、多々あったことと思います。
こちらの手際の悪さ等で、十分に楽しめなかった方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございませんでした。
現在、参加してくださった皆様を対象に、アンケートを作成中でございます。
その際、どうか率直なご意見をお聞かせくださいませ。

お買い物してくださった皆様には、それぞれに感じたご感想やご不満を、よろしければ当グループのアドレス(bayareaheart@gmail.com)、またはFacebookページのメッセージにて、お寄せいただければ幸いです。
ご批判は勿論ですが、個別商品についてのご感想がおありでしたら、そちらもぜひご連絡くださいませ。出品者の方にお伝え致します。
特に賛辞のお言葉は、感動の涙と共にお伝え致します。
どうぞよろしくお願い致します。

また、今回のセールについて、オンライン・オフラインでの事前宣伝にご協力いただいた皆様に、
改めて御礼申し上げます。
個人ブログに載せてくださった皆様、チラシ掲示を許可してくださったお店の方々、
イベントでのチラシ配布や、クラブメンバーへのオンラインお知らせなど。
そういった多くの方々のご協力があってこそ、無事終了できたと言っても過言ではありません。
スタッフ一同、伏して御礼申し上げる次第です。

 カリフォルニアのばあさんブログ (chiblitsさん):
         今日はパン作り実況放送
         売れ行き


  chiblitsさんには、数週間に渡り、ブログの冒頭で協力を呼びかけていただきました。
  超有名ブロガーさんに助けていただくことが、どれほど励みになったかわかりません。
  本当にありがとうございました!


 モエちゃんはミドルネーム?! (Apricot Bear Cake/こぐま杏さん) :
         焼きあがりました!



今後もHEARTの活動につきましては、Facebookページでお知らせしてまいります。
どうか、これからもよろしくお願い致します。

Bay Area HEART


IMG_6194


※ピアスの落し物がありました。
  お心当たりの方は、ご連絡をお願いいたします。

        IMG_6391






さて、以下に戯言が続きますが、個人的な思いの吐き出しでありますので、基本、進まれないことを強くお勧めいたします。
それでも進まれる場合、これはあくまで私個人のくだらないグダグダであって、HEARTの公式見解でも何でもないことは、どうかご承知おきくだされば幸いです。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-11-17 15:21 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(14)

言葉を、祈りを、託す先

「日本人は均一性を欲する。
大多数がやっていることが神聖であり、同時に脅迫である」
   ----- 司馬遼太郎
       (日本人、作家、1923年8月7日生まれ)


'Project 10:' Japan's rising son Nishikori feels weight of expectation

プロテニスプレーヤーの錦織圭君、アメリカのCNNでのインタビュー&動画です。

友達から教わったのですが、後で検索してみましたら、CNN Japanでの記事もありました。
ありがたや、ありがたや。

トッププレーヤー錦織圭、重圧への対処とテニスへの愛を語る

リラックスタイムには、TVで日本のお笑い番組を見る、という錦織君。
オバチャンは、力いっぱい応援するですよー。

* * * * *

【イベント】

     IMG_5021

溜まっている日記を押しのけて、リアルタイム記録を一つ、挟みます。
先日バークレーにて、Sarahさん&旦那様と、朝から晩まで遊んでいただいたのですが、
ちょうどその日の夜、とあるイベントがバークレーで行われていたので、足を運んでみたのでございます。

情報元は、悦ちゃんから。(ウルトラ感謝です!)
行われたのは、Peace Lantern Ceremony
日本流にいえば、灯篭流し、でございますね。

2002年から始まったというこちら、広島と長崎に原爆が落とされた日の近くに、
平和を祈るイベントとして、毎年開催されているそうです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-08-07 11:44 | Trackback | Comments(12)

その行動は誰の為

「あらゆる誘惑のなかでいちばん強い誘惑は、要するに本来の自分とはまるで異なったものでありたいと望み、かつ自分の到達できない、また到達してはならないような規範や理想を追うことです」
   ----- ヘルマン・ヘッセ
       (ドイツ人、作家、1877年7月2日生まれ)


震災復興支援チャリティーイベントのお知らせです。
日本からいらしてくださる、インド舞踊のグループ「むゆうじゅ」の皆様に、ベイエリアのアーティストが加わって、2箇所でコンサートを開いてくださいます。


mayumi-fukushima-and-hitomi-kiriyama-of-muyuju

・The Heart Sutra 般若心経 (Web
   7月13日(土) 午後2時~、San Mateo Buddhist Temple (FB
   7月14日(日) 午後2時~、Berkeley Piano Club (FB

  
  ・チケット:一般 $20/5~18歳 $10
  ・収益金は、宮城県南三陸町の曹洞宗津龍院に送られます
  ・お問い合わせは、friendsofasako@gmail.com まで

私も13日のイベントの方で、少しだけお手伝いさせていただきます。
近くなりましたら、もう一回こちらでお知らせ予定。
どうぞよろしくお願い致します。(ぺこり)

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【イベント】

IMG_4261

チャリティーイベント繋がりで、先日友人達&旦那が参加した、チャリティーマラソンイベントの記録をば。
インドとアメリカに拠点を置く非営利団体・Vibraが主催するこちらは、白血病や悪性リンパ腫などの病気治療の為、資金を集めるイベントでございます。

旦那は若かりし頃から、時折ジョギングしていたのですが、ここ1~2年、それが加速して、
今では平日も週末も、時間を見て、ジョギングを楽しむ生活です。
高まっていく彼のジョギング熱と、生野菜&果物好きのカーブが正比例していることに、勝手にほくそ笑む妻です。
でも、絶対一緒には走らない、長距離走が死ぬほど嫌いな妻です。つか、走ったら死ぬから。

我々のお友達のDr. Hoshiは、フルマラソンの経験者。
奥様もDr.に励まされて、昨年ハーフマラソンを見事完走されたのですよ。
そんなご夫妻と、もう一人のお友達のMさんが、今年もどこかで走ろう、となった時、うちの旦那を引っ張り出してくださったのでございます。

それは大変光栄なのですが、皆様と旦那の間には、20歳という年齢の差が。
大丈夫かああぁぁ、と青くなる私を尻目に、盛り上がった彼らが申し込んだのが、こちらのイベントでございました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2013-07-02 13:04 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)

震災復興支援チャリティーセール、終了報告&御礼

「偉そうなことばっかり言ってるおやじより、
目の前のことをしっかりやっている女のこのほうが、何十倍もいい」
   ----- 糸井重里
       (日本人、コピーライター、1948年11月10日生まれ)

「希望とは、物事がそうであるから持つものではなく、
物事がそうであるにもかかわらず、持つ精神なのです」
   ----- ミヒャエル・エンデ
       (ドイツ人、作家、1929年11月12日生まれ)


日数があいてしまったので、せめて名言を2つ並べてみました。
いやもうほんとに、どーでもいい。

* * * * *

【イベント】

IMG_1532

長くお知らせを続けさせていただいた、震災復興支援チャリティー・クラフト&フードセール
おかげさまをもちまして、無事に終了致しました。
あ、前回と全く同じ書き出しですね。ほんとに芸がないですね。(客観的視点)

前回、悪天候に泣いた経験から、今度は絶対屋内で開催したい、ということで、
お借りしたのが、サンタクララバレー日系教会さんのソーシャルホール。
スタッフの方々の、大変に温かいご協力のおかげで、天候を気にすることなく開催できましたこと、まずは嬉しく、心から御礼申し上げます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-11-13 10:09 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(16)

囀りに呼ばれて来てみれば

「人の生き方を一番よく表すのは、言葉ではない。その人の選択である。
我々の選択とは、つまるところ、我々の責任なのだ」
   ----- エレノア・ルーズベルト
       (アメリカ人、ファーストレディー・国連代表、1884年10月11日生まれ)


IMG_0986

キルトの先生であられるmikamikaさんが、またまたPacific International Quilt Festivalで入選されましたー!(満場の拍手)
今まで3回応募されて、3回とも入選って、快挙という言葉では足りません。

今回は着物生地を使っての、和の情緒に溢れた作品。
ご親戚やご家族からの貴重な着物を使われた絵は、華やかなキルトがいっぱいの会場で、一味違う愛らしさと華やかさを表現していましたよ。

 mikamikaさんの記事 : Pacific International Quilt Festival 2012


お時間がおありでしたら、ぜひ会場まで足をお運びくださいませ。
14日(日)までの開催です。
手芸用品の出店も、沢山です。

Pacific International Quilt Festival XXI 
Santa Clara Convention Center
5001 Great America Parkway
Santa Clara (Bay Area), CA 95054


     IMG_0988

前二回のmikamikaさんの作品や、この展示会についての過去日記は、以下の通り。
 
 2007年 
 2008年 1  2 


* * * * *

【レストラン】

     IMG_0102

Valencia Street探索、もう一押し。
やまばとさんと行った、素敵なイタリアン&バーのお店だよ。

元々は別なお店のディナーを予約していたのだけど、ぶらぶら歩いているうちに、こちらのお店を見つけてね。
私がグルメ師匠と仰ぐやまばとさんが、前から行ってみたかったお店、とおっしゃったので。
ここで見つけたのも運命、と納得し、予約を取り消して、こちらのお店に移ったのだ。運命とは、都合の良い時に巡るのだ。

5時半開店の、ほんの数分前に見つけたのも、吉兆。
だって、その時にはすでに、3組ほどのお客さんが待ってたもん。
人気なんだなー、どんなお料理かなー、とわくわくしながら待っていた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-10-11 04:54 | Trackback | Comments(2)

視覚で加える香辛料

「今は『ないもの』について考えるときではない。
『今あるもの』で、何ができるかを考えるときである」
   ----- アーネスト・ヘミングウェイ
       (アメリカ人、作家、1899年7月21日生まれ)


IMG_9565

オン・オフ共にヒキコモリな為、あまり人様のブログも存じ上げない世間知らずですが、
それでも、こちらの写真が大好き、といつも思うのは、samantha-caさんのブログです。

柔らかくて、優しくて、穏やかな色彩で。
ふんわり感漂う色合いも素敵なのですけど、対象の配置や、構図の切り取り方。
上手く言葉が見つからなくて情けないですが、とにかく「好き~♪」なのでございます。

そのsamanthaさんの写真が展示されている、とブログで教わったので、
やはり彼女の写真のファンの友人と、展示先のレストランにおじゃまして参りました。
ブログ上の画像と、プリントの形にした時と、見え方が違ってくるわけですが。
samanthaさんの作品は、手に取れる形になって、また魅力が増している、と思うんですよね。

「Summer Harvest」と名づけられたこちらのシリーズ、旬の野菜を眺めつつ、
これまた夏にふさわしいカレーをいただいた、贅沢な時間でございましたよ。


samantha-caさん : 写真展示@Muracci's in Los Altos

* * * * *

【レストラン】

IMG_9562

ついで、というわけでは決してなく、samanthaさんの写真のおかげで、行きたいと思っていたお店に行けたので。
このまま、リアルタイムで記録だよ。時差2ヶ月の私が、記録だよ。(ぢまんらしい)

近年、ラーメンと共に、このエリアで人気が高まったのは、日本スタイルのカレー。
サンフランシスコのお店が好評で、南の方に開いてくださった2号店。
HPのメニューを拝見したら、ベジタリアン向けのカレーがあるではないですか。(歓喜)
こおゆう気配りは、さすがこのエリアで開店されるだけあるよなあ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-21 06:40 | Trackback | Comments(12)