タグ:アクティビティ ( 209 ) タグの人気記事

自然が許す範疇は (上)

「予知するために予見する。
予見するために観察する」
   ----- オーギュスト・コント
       (フランス人、哲学者、1798年1月19日生まれ)


前に書きましたが、今年は新しいカレンダーを使ってます。
自然派の食事やお手当ての本を多数手がけていらっしゃる、編集者の吉度日央里さんが、
やはりマクロビオティックの著作や指導で名高い岡部賢二氏と、共に製作されたカレンダー。
旧暦の日付と月齢、土用など、月のリズムと季節を意識した生活を送れるよう、
様々なヒントが散りばめられているんですね。

で、新月と満月の日には、塩入り入浴・玄米甘酒プチ断食・小豆入り玄米ご飯・願い事メモのマークが並んでて。
要は、浄化のエネルギーが強い新月の日と、吸収のエネルギーの強い満月の日に、
そのエネルギーを最大限に生かすべく、こういうことをするといいですよ、というアドバイス。

というか、昔からの知恵と言ってもいいのかも。
おついたち(お朔日)には小豆と言って、毎月1日と15日に小豆を食べる習慣がありますが、
腎臓に良いとされる小豆を定期的にいただくことで、身体のむくみを取って労わってあげよう、ということなんですね。


IMG_5725

ストイックとは程遠い生活を送るワタクシは、定期的なプチ断食とか無理むりー、ですが(おい)、
小豆は時々食べてます。小豆入り玄米ご飯とか小豆かぼちゃとか、大好きすぎてどうしよう。

で、最近作ったのが、小豆甘酒です。
炊いた小豆+糀+お水を、愛しのヨーグルティア君にセットして、8時間。
出来上がった甘酒をブレンダーにかけて、滑らかに。
お湯を注いで、ホット甘酒ドリンクとしていただくのですが、この一杯が美味しくてもう。

甘酒はかなり栄養分が豊富な為、1日1杯(200cc)までが適量だそうですが、
私は大匙3杯ぐらいの量を、ぬるめのお湯で溶いて、1日1回飲んでます。
ほっこり、まったりの幸せタイムでございます。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3556

さて、上記のカレンダーを製作された、吉度日央里(よしどひをり)さん
オーガニックライフスタイル・ジャーナリスト、という名称が示す通り、今まで大勢のマクロビオティックの先生方の著書の出版を、編集者として携わられ、
またご自身も、マクロビを20年以上続けられ、3人の息子さんをマクロビで育てられたという、スーパーレディでいらっしゃる。

昨年10月に、またまたpyonさんを始めとするベイエリアのマクロビネットワーク繋がりの方々が、日央里さんをベイエリアに招んでくださって。
様々なテーマで、10回の講座を企画・開催してくださったの。
そなの、ほんとにこのエリアは、すごい方々が揃っているんだよー。だよー。(勝手にぢまん)

で、またその尻馬に乗って(え)、いそいそと2つの講座に参加させていただいたので、
その記録を2回に分けて続けるよ。
まずは1回目の、「身近な食品で症状をラクにする! 自然のお手当て講座」から。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-01-19 14:44 | Trackback | Comments(2)

香りがもたらす効能は

「一日に十里の路を行くよりも、十日に十里行くぞ楽しき」
   ----- 桂太郎
       (日本人、政治家、1848年1月4日生まれ)


     IMG_5722

大変個人的な一大事件。
とうとう、スマホを持つ身になりました……きゃあああ、とわけもわからず走り回りたい気分です。
つか、今まで持ってなかったんかい、というツッコミが多方向から。

ずーーっとずっと、スマホを持つか、今持ってるタブレットで契約するか、悩み続けていたのですよ。
このエリアにいる限り、Free Wifiがあちこちにあるので、強い必要性を感じることがなく。
電話としては、ガラケーの方が使いやすいですし、
お出かけする時は、友人がほぼ全員スマホユーザーなので、それに甘えきっていましたし。(死んでよし)

とうとう見かねたのか、お友達がiPhone5から6+に移行するにあたり、使わなくなった5を譲ってくれたのでございます。
そうでもなければ、まだぐずぐず考えて、ヘタしたら来年まで持ってなかったに一万点。
手にした時は、うわあぁ、と動揺して、お手玉しそうになりました。ありがたや、と感動の号泣です。

まだまだまーだおっかなびっくりですが、とりあえずLINEは入れました。
実はスマホを持ちたい理由の一つが、LINEでございまして。
なんというか、お嬢の生存確認が一番しやすいのが、これかなー、と。
メールは読んだかどうかわからないし、SKYPEやGoogleトークも、なかなかリアルタイムとはいかないし。
学校やバイト関連のメールにはさっさと返事するくせして、親への返信は72時間以後で良し、という勝手なマイルールで動いているヤツですからして。(額に青筋)

危ない国に10日ほど滞在していた彼女ですが、なんとか帰りの飛行機に乗った模様。
帰ってきたら、LINEであれこれお説教してやるから、首を洗って待っておれ。(びしっ!)



でも、IDを教えてくれなかったら、どうしよう。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_2577

さてさて、溜まりすぎてる昨年の日記、一体どこから始めればいいのやら。
うむ、まずは大好きなHerbal Medicineのワークショップの記録だな。

第一回目のクラスがとても楽しくて、また興味のあるテーマのクラスがあればぜひ、と思っていたところ。
タイムリーに、一番教わりたかったハーブティーのブレンドがトピックの一つになっているクラスのお知らせがあったので、ソッコーで申し込みましたとも。
行ってみたら、直前の告知であったにも関わらず、総勢10名と多くて、皆さんの関心の高さがうかがえる。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2015-01-04 14:20 | Trackback | Comments(0)

光は周りに、その先に

「与えることと受けることは結局同じことで、
その人が開かれた生き方をしているか閉じた生き方をしているかによる」
   ----- ヘンリー・ミラー
       (アメリカ人、作家、1891年12月26日生まれ)


     IMG_4863

クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私はというと、嬉しいことに友人が招待してくれたので、いそいそとおじゃましてきましたです。
センス抜群&お料理上手な彼女のおもてなしは、最初から最後まで、驚嘆と眼福と口福に満ちたものでありました。あああ、幸せ……(思い出しうっとり)

しかし実は、うちの家族はばらばらというか。
日本出張だった旦那は、予定が延びて、帰宅はクリスマス当日でしたし、
お嬢はええと、ええと、ちょっと過去を振り返る旅に……大丈夫かなあ……(涙目)

人の温かさが、殊に身に染み渡る季節。
何かをむぎゅーっ、としたくなるのですが、お嬢もいないし、ペットもいないので、
とりあえず枕とかクッションとかを手に取って、
……やだ、冷えてる。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_4727

2014年最後の日記は、お友達との楽しいクリスマス会の記録だよ。
Sちゃんが場所を提供してくれて、蕎麦花さん・むらさきちゃん・サンドラさんと、
5人で集まった、れでぃーす忘年会。

これまたセンス抜群で有名なSちゃんの手によるセッティングは、
どこの雑誌の写真?と真顔で聞かれてしまうような。
持ち寄ったお料理も絶品揃いで、今回は最初から最後まで、友人自慢一筋の記録となるですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-12-26 14:23 | Trackback | Comments(4)

季節の備えは身体から

「ヒーローと呼ばれる人たちは、その過程で必ず抱えてきた多くの問題を克服している。
子どもたちにとっては、人生の最高の教科書だ」
   ----- セルゲイ・ブブカ
       (ウクライナ人、棒高跳び選手、1963年12月4日生まれ)


     IMG_4038

先日、我が家で行われた宴会。
とあるイベントメンバーの打ち上げだったので、お祝いということで、
蕎麦花さんの手打ち蕎麦を、どーん!と10人前注文させていただいたです。
打ったばかりのお蕎麦を、わざわざ届けてくださったところで、すでに感涙モノ。

蕎麦せいろが足りないこともあって、まとめてザルで出したのですけど、
全員椅子から立ち上がって、我先に箸をのばしては掬い取り、
響き渡るのは、「うまーーっっ!!」「むちゃくちゃうまーーっっ!!」の雄叫び。
いやいやいやいや、相変わらず、本当に美味しいお蕎麦でございました。(しみじみ)
10人前じゃ足りなかったね、15人前お願いしとけば良かったなあ、
って言い合った私達@全部で6人です。

蕎麦花さんは今年も近々、年末の年越し蕎麦のご注文を受け付けられることと。
うちは今年の年末は、予定があってオーダーできないので、せめて今月いただくことができて、ほんとーーーに良かったです。うん、泣いてない。

年越し蕎麦のオーダーは、公平を期する為、事前予約は基本ナシ。
12月のどこかで、蕎麦花さんからお客様に、予約についての一斉メールが送られるので、即座にメールでオーダーするという仕組み。
毎年、数時間も経たないうちに完売になってしまうという人気ぶりでございます。

蕎麦花さんの年越し蕎麦注文メールを初めて希望される方は、事前にメーリングリストに登録をお願いされることを、強くお勧めいたします。
ご連絡は以下のメルアドへ、どぞ!

soba.hana@gmail.com

今までの蕎麦花さんの記録 : 1 2 3

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3478

やっばあああい、もう12月ですってよ、奥様!
8月の旅行記録をまだ終えてないって。終えてないって。(エコー)

と言いながら今回は(あっさり)、「マクロベースの会~風邪のワークショップ」に参加した記録をば。
以前、マクロビのFumi先生と鍼灸のMiki先生がコラボされた「更年期ワークショップ」に参加させていただいて、この時のお話が大変有意義だったのね。
風邪の自然派お手当てについては、以前にマクロビクラブのワークショップできっちり教わって、
その時の資料とメモが、そのまま自分的バイブルとなっているのだが。
今回は、東洋医学的視点から見た時の予防や対処法を、両先生から教われたら嬉しいなあ、と思っての参加だったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-12-04 12:25 | Trackback | Comments(2)

与え合うのは温もりと

「苦しむ時に苦しむがよい。
悩む時には徹底して悩むがよい。
迷う時にはとことんまで迷うがよい。
だが、どんなに苦しみ迷うても、自殺だけはせぬがよい。
若い諸君は、その尊い未来と生命だけは大切にして、生きて生きて生き抜かねばならない。」
   ----- 末川博
       (日本人、法学者、1892年11月20日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

IMG_3908

さて、久しぶりにリアルタイム日記なり。

日本には、動物カフェというのがあるよね。
鳥カフェとか、猫カフェとか、鳥カフェとか、鳥カフェとか(願望)
食事をする場所に動物がいる、というのは、保健所的な事柄が色々大変なのでは、と思うけど、
動物スキーな方々には、癒しと憩いの場所であるのだな。

アメリカでは、その辺のルールがどう厳しいかということについて、とんと無知であるのだが、
ベイエリアにも猫カフェができるらしい、というのは、前々から聞いていて。
計画中のサンフランシスコとオークランドの2軒、早く開店してほしいな、と思っていたら、
オークランドのお店が、めでたく先月下旬にオープン。全米初の猫カフェだ。(拍手)

ただ、日本の猫カフェとはちょっと違うというか。
猫カフェ&Adoption Centerであって、基本、ペットとして猫が欲しい人に、
こちらで欲しい猫を選んでもらって、新しい家族として引き取ってもらう、というのが、
一番の目的の場所であるのだな。

カフェの目指すところに感心し、猫と触れ合えるのも楽しみで。
猫スキーなむらさきちゃん、蕎麦花さんと、楽しい猫カフェ&オークランドツアーとしゃれこんできたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-11-20 12:59 | Trackback | Comments(4)

その華やかさは日常の

「子どもはね、お母さんが大好き。どんなことがあっても、親の悪口は言わないものなのよ」
   ----- 中川李枝子
       (日本人、児童文学作家、1935年9月29日生まれ)


スマホは持ってないのですが、タブレットは持ってます。日米のKindleを一台ずつ。
でもって最近、毎日チェックさせていただいているのが、こちらのサイトです。

きんどるどうでしょう

日本のAmazonの電子書籍のセール情報や無料本のお知らせを、毎日アップしてくださるので、
おかげさまで大変楽しい電子書籍ライフです、なんつって。
今日も今日とて、このセール!

【速報】角川・ドワンゴ統合記念!Kindle『カドカワ祭』がスタートしました。
20,000冊以上のコミック・小説・ラノベ・実用書が50%以上OFF or 還元セール


文庫になるまで数年待とうと覚悟していた上橋さんの新刊が!
もちろん、ソッコーでクリックいたしましたとも。
ほかにも、あれとかこれとかそれとか。ううう、嬉しすぎてどうしよう。
本当に管理者の方には、感謝・感謝でございます。

Kindleをお持ちでない方でも、iPadやAndroid用のKindleアプリをダウンロードすればOK、だったかな?
電子書籍については色々と意見が分かれていますが、こうやって海外在住の身で、家にいながらにして、すぐ日本の本が買えて、すぐ読める。
これは日本語(ここ重要)活字がないと生きていけないワタシのような人間には、ほんとにありがたい進歩なのでございますよ。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_3474

珍しく、リアルタイム日記なり。
麗しのKaoruさんが開催された、Jewelry Partyの記録です。

Kaoruさんがお友達から紹介されて以来、すっかりファンになられたというジュエリーショップは、
NYにデザインチームを置く、Chloe+Isabelというところ。
いつもセンス抜群のKaoruさんのお勧めなら、ぜひ手に取って見てみたい。
普段は、アクセサリーのアの字もないくせして、ついいそいそと行ってみた年寄りです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-09-29 09:30 | Trackback | Comments(4)

時の流れを受け入れて

「人間が幸福の夢を追うときに犯す大きな過失は、
人間の生来から備わっている あの『死』という弱点を忘れてしまうことだ」
   ----- フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン
       (フランス人、政治家、1768年9月4日生まれ)


     IMG_1479

庭にある、スペアミントの鉢植え。
育て始めて3年になりますが、初めて花をつけました。
今まで花なしで、元気に繁殖してたので、花が咲かないと思っていた、
どころか、花が咲くものだという考えさえも浮かびませんでした……

だから私には、ガーデニングは無理なのですな。(しくしくううぅ)

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_0518

マクロビのFumi先生と、鍼灸のMiki先生。
尊敬するお二人の夢のコラボが、「更年期ワークショップ」という形で実現したんだよ。(拍手)
Fumi先生からうかがった時、ソッコーで申し込んだことは言うまでもない。

実際、更年期”障害”というほどのものはないにしても、それでも確実に、更年期に入ってから出てきたこと、というものはあって。
お医者さんに行くまでもないし、薬をもらう必要も全くないから、東洋医学&マクロビの視点から、日常生活で何かできることがあれば、学びたい。
そんな気持ちで参加させていただいたんだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-09-04 11:52 | Trackback | Comments(4)

料理という名の科学とは (後)

「対人関係のなかで傷つかないなど、基本的にありえません。
対人関係に踏み出せば大なり小なり傷つくものだし、
あなたも他の誰かを傷つけている」
   ----- 岸見一郎 「嫌われる勇気」より


愛しい水色インコが虹の橋を渡った日から、一年が経ちました。

しばらく泣き暮らした後、彼は私の中にずっといるんだな、
たとえ他の鳥が来たところで、それは変わることはないんだな、と実感した瞬間がありまして。
以来、日々が過ぎて、彼のことを笑って話せるようにはなってきたのですが。

たとえばソファに座っている時、ふと横を見ると、彼の姿が見えたり、
写真を整理していたら、急に彼の写真が出てきたり。
そんな不意打ちの瞬間には、まだまだ弱い涙腺です。


IMG_1519 IMG_1505

ですが、一周忌を前に、嬉しいことがあったのですよ。
命日の2日前に、お嬢が帰省したのと、友人からインコを3羽預かることになりまして。
お嬢と一緒に、水色のお墓(墓石なし)にお参りできましたし、
オカメインコと2羽のセキセイインコのおかげで、1年ぶりに鳥の声に満たされている我が家です。


ずっとずっと、変わることなく、水色と黄色が大好きで。
子供の頃に買っていたインコも、忘れることなく愛しくて。
ペットを飼うというのは、そういう存在が心の中に増えていくこと、でもあるのでしょう。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9950

Ryoyaさんの連続セミナー、カレーに続いて参加したのは、大豆のワークショップだよ。
自家製豆乳、納豆、豆腐、豆乳ヨーグルトの作り方を教わるの。

実は上記4品、全て作ったことがあるといえばあるワタシ。
なのだけど、もっと良いコツや美味しくなるポイントがあれば教わりたい、と願っての参加ナリ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-15 08:17 | Trackback | Comments(2)

料理という名の科学とは (前)

「どんなに粗末でも、立派な客間よりも、自分の居間のほうがよい」
   ----- カミッロ・カヴール
       (イタリア人、政治家、1810年8月10日生まれ)


Robin Williams, an Improvisational Genius, Forever Present in the Moment

President Obama and more release statements on Robin Williams' death

ロビン・ウィリアムズの訃報に涙しております。

ちょうど数日前に、彼の出演した映画のベスト10は何か?という記事を読んで、今はどんな仕事をしているのかな、と思っていたところでした。
彼の映画やトークを見るたび、頭の良すぎる人だなあ、と心のどこかが切なくなったものでした。

以下のTweetが世界中をめぐった日でありました。
(ディズニー映画「アラジン」の中の魔人ジーニー。ロビン・ウィリアムズが声優を務めました)

Genie, you're free.

     BuzKgOoIcAAHYNa

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9881

さて、5月。
5月には、前々から予告されていたビッグイベントがあったのだ。

それはね、pyonさんを始めとするベイエリアのマクロビリーダーさん達が、
ベジ王子と言われる料理研究家、高嶋綾也さんをこちらに呼んでくださって、
1週間に渡って、10ものワークショップを行ってくださることになったのだよ。(大感謝!)

ブログやお料理教室を通じて、菜食の輪を広める活動を行っていらっしゃるRyoyaさん。
私も、ずっと前からブログを拝見しているファンの一人なの。
ブログで惜しみなく公開してくださるレシピは、気に入ってリピートしているものも多数。
まさか、生のご本人に会える日が来るとはなあ。長生きして良かったなあ。(うるうる)

予定されたWS、残念ながら全出席することはできないので、色々悩んで、2つに絞って申し込み。
まずはそのうちの一つ、「ベジカレーWS」の記録から。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-08-10 14:57 | Trackback | Comments(0)

呪文のいらない魔法から

「動物は与えられた命をそのままに生きていますが、人間はそれだけでは納得できない。
自分はなぜ生まれたのか、人間とは何か、生きるとはどういうことなのか。
さまざまな疑問を心に抱えて生きている。
そういう衝動を抱えているからこそ、人は物語を生みだすのだ」
   ----- 上橋菜穂子
       (日本人、文化人類学者・作家、1962年7月15日生まれ)


     IMG_0786

先日、ファーマーズマーケットで見かけたカレンデュラ(Calendula・キンセンカ)の花。
ソッコーで買って、数日外干しいたしました。

お花屋さんじゃなくて、八百屋さんで売っていたのは、なるほど、と思うこと。
つまり、観賞用としても素敵な花ですけど、ハーブの一種としての用途もメジャーなんだね、ということなんですね。

そういうことを教わった先日のワークショップ、本当に楽しゅうございました。
体験談を、続きにて。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9522

いつも素敵なワークショップを企画してくださるpyonさんから、またまた素敵なお知らせが。
それは、ハーブの使い方ワークショップ、ハーバルメディスンのクラスだよ。

以前、Fさん宅で開催されたクラスなのだけど、その時は都合が合わなくて参加ならず。(悲)
ただ、その時は、第二回目のクラス、つまり第一回目を受けた方向け、となっていたのだな。

それが今回は、第一回と銘を打って、改めて開催してくださるというではないですか。
毎日、各種のハーブティーを愛飲しているワタクシ、そういうのを自家製でできたらいいなあ、と思ってて。
これは神の思し召し、と心得て(何度目だよ)、うきうき参加となったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2014-07-15 09:29 | Trackback | Comments(4)