秘めたこだわり

朝、流しの前に立ったら、直径4cmぐらいのクモがいた。
朝グモは殺したくないのにーと嘆きつつ、水で流す。哀れでまだディスポーザーは回せていない。

お嬢は今週、墨絵と木版画をやっているのだが、この墨がくせもの。服についた墨が、シミ抜き剤を使ってもとれない。
まとめて漂白するかと思っていたら、お嬢が先生に聞いたところ、ご飯をシミの上につけて数回練りこむと落ちるそうだ。
ネットで調べたら、ほんとにそういう方法がのってたよ。生活の知恵。

フリッツ・ライバー著の「妻という名の魔女たち」を読む。
大学時代、ある創作サークルの人がこの本をマンガ化したのを読んで惚れ込み、そのままそこの購読会員となって連載を楽しんだという、私にとってはとても思い出深い作品。
その人はトーンを使わず、黒と白だけで繊細な且つ力強い独特の癖のある線で描いていて、魔術を中心とした作品世界に見事にあっていた。
どうしても原作が読んでみたかったのだがすでに絶版で、随分と古本屋巡りをした覚えが。
それがこの度、創元文庫から復刊される知らせを耳にした時は、冗談でなく万歳三唱。
ああ、ようやくようやく出会えたのね……(頬擦り)

あの時は手に入らなかったことが悔しかったが、読んでみて、実は今読んだ方が正解だったかもと思う。
ある大学の教授婦人達が夫を守る為に魔術を駆使して火花を散らすのだが、内容の複雑さに加え、背景が背景だけに、曲がりなりにも結婚生活を営んでいることが助けになった気がしないでもない。
あのマンガを読んだのは随分と昔なのに、本を読みながらいろんなシーンが次々浮かんできて、そこまで自分の中に残っていたのかと、改めて描き手さんの力量に感服。
北海道のサークルで、佐々木倫子・もんでんあきこ・杜真琴も所属していたハイレベルなところだったと記憶している。

毎月「ぱふ」のインフォメを見て、いろんな同人誌を通販していたなあ。
あの頃はヤ○イの世界は遠い彼方で、ボーイズラブなんて聞いたこともなかったなあ。
あの頃から変わらないものは、自分のお金を本につぎこむ悪癖と自制心の無さ。

この本の中では、女性はみな自分だけの魔術を持っていて実行していることになってます。
それは例え母娘でもやり方を口外しない、自分だけのおまじない。
猛毒のテングダケや墓場の土の代わりに、憧れの人の第2ボタンや水色のインクで書いた彼の名前。
# by senrufan | 2004-07-29 14:16 | Trackback | Comments(0)

恐れていたもの

「一人っ子らしくないね」を、褒め言葉として言って下さる方は、自ら一人っ子にステレオタイプ偏見ありと告白されているようなものだと思うのは、いくらなんでもゆがんだ見方だろうか。

朝から友人宅へ。
彼女は、私の数ヶ月後に渡米してきて、それ以来ずっと仲良くしてきたのだけど、とうとう帰国命令が出てしまったのだ。
秒読みではあったから、覚悟はしていたものの、決まるとショックはどうしても大きくて。
おまけに帰る先は静岡なので、日本に行ったところで、そう簡単には会えないし。
寂しいよう、つらいよう。
ぎりぎりまで一緒に遊ぼうね~。

随分久方ぶりに会った知り合い。
前は会った時は、あなたはまだアメリカに来て1年たってなくて、25歳という若さがまぶしかったね。
3年ぶりに会った彼女は、双子の女の子のお母さんになってました。
二卵性でちょーーーかわいいのー!!
生まれた体重も700gも差があったそうで、顔も別なら性格も別で、遊んでてすんごく楽しかったvv
# by senrufan | 2004-07-27 14:15 | Trackback | Comments(0)

タイミングこそ

民主党大会初日の今日、ジョン・ケリーからの手紙が届いた。
なんのこたーない、民主党への寄付金依頼。

今週のお嬢の予定。
9時半~12時はChinese Brush Painting Camp、家に帰って昼食を食べて、1時~3時半がRelief Printmaking。
これに更に、5時~6時半にスイミングが入る。
こんな細切れじゃ、掃除もまとめてできやしないと愚痴ってみる。
どうせしないくせにという心の声にはふたをする。

岩波少年文庫の「北欧神話」を読む。お嬢にではなく、あくまで私が読みたくて購入したもの。
オーディンとかアースガルドとか神々の黄昏とか、言葉だけは昔から聞いていたものの、実は中身を知らないままきてしまったので、いつか読んでみたいと思っていたのだ。
以前に子供の本専門店に問い合わせた時は、そういう本は出ていないと言われたのだが、2001年になって新版として復刊されたらしい。
感想は、つくづく幼い頃に読むべきだったということ。
子供の頃、神話・民話は大好きで、今でも覚えているものは多々あるのに、今回読んだら全然頭に入っていかないの。
上すべりして逃げていくのを、はっと気を取り直してつかまえていくことの繰り返し。
神話や民話は、その世界の一部である年頃の子供にとって何よりのものとは思っていたけれど。

れんこんの天ぷらに、塩とカレー粉をふってみる。うまうま。
# by senrufan | 2004-07-26 14:15 | Trackback | Comments(0)

避けがたいもの

やたらと日差しが強く暑い。
日本の友達から電話が来たので、「暑い」と言ったら、「なめたことぬかすな」と叱られた。
ごめん、私が悪かったよ……

旅行前の最後の週末。いつの間にこんなに迫ってしまったんだ。
ここまで気乗りのしない旅行は初めてかもしれない。
あーあー、しかし準備はしなくては。>老体に鞭打って

欧州はコンセントの形が違うので、アダプタが必要だ。
へー、フランスとイギリスでもちょっと違うんだね。

あとはトランク。
うちにあるのは酷使され過ぎて、あれは穴が開きかけてるし、あれは車の部分が壊れてるし、あれは鍵がいかれてるし。
色々とカバン屋を見てまわったけど、今はソフトで軽いのがほとんどで、ハードタイプがなかなかない。
ソフトタイプだと鍵が小さい南京錠だけど、あれはひきちぎっちゃえば終わりだから、できたらちゃんとロックできるハードタイプが望ましいのだ。
何軒もまわって、やっと1つ許容範囲のを見つける。希望よりデカいけど、大は小を兼ねるさ。

……来月末、日本出張の予定だよね。
このトランクに入る分ぐらいの本を頼んでいいってこと(強制終了)
# by senrufan | 2004-07-25 14:14 | Trackback | Comments(0)

期待しないで期待以上

右膝裏に大きな虫さされが。
おのれ、何奴。正々堂々と戦わんかい!(ラベンダーオイルを塗りながら)

午前中は日本語のレッスンだ。いや、私が習うわけじゃなく、ヘルプするほうで。土曜日に時々やってるのだ。
日本に興味があって言葉まで習いたいと思ってくれる人がいるのは、なんとも嬉しいね。
夏の間はカレッジの授業をとってないので、私自身が教え方を忘れないようにする為にもありがたい。

午後はお嬢の初めての水泳競技会。
彼女は地元YMCAのスイミングチームに属しているのだけど、このエリアのいろんなYMCAが集合して、チーム対抗戦をするのだね。
控え室でチームユニフォームのTシャツを渡されたら、それがアダルトのSサイズで、おチビのお嬢にはまるでドレスだよー(笑)
お嬢は今回、9・10歳の50Mクロール、50M背泳ぎ、50M平泳ぎに出場。
同じ年頃なのに、やっぱり一際ちっちゃいねー。顔の大きさは負けてないんだが。

まずはクロール。3人中3番で、まあしゃあないね。
ところが背泳ぎでがんばったよ。堂々6人中トップをとる。
平泳ぎもぎりぎりだったけど、やっぱり6人中1番だ!
よーし、よくがんばった! 足の短さというハンデを乗り越えて、よくがんばった! 感動した!(小泉調)

お嬢の希望で、帰りに韓国料理でカンパイだ。初陣おめでとー。
来月もう1回あるけど、そっちはチャンピオンシップだからどうなるかな。出られるかなー。

大好きなサイト「母さん」が、いつの間にか本になっていた……!
つか、気づくの遅すぎ。
# by senrufan | 2004-07-24 14:12 | Trackback | Comments(0)