心身共に染み渡り

「老化は若さを失うことではなく、新たな機会と強さのステージなのである」
   ----- ベティ・フリーダン
       (アメリカ人、女性解放運動家、1920年2月4生まれ)


IMG_9687

寒いですね~。
と言いたいところですが、なぜか急に気温上昇のベイエリア。
しかし、やはり冬には鍋だろう。

ここ最近、2回の鍋パーティに参加させてもらいまして。共に女子会で。
1回目はCさん宅で、タイ鍋パーティ。
Cさん製の豚骨ブロスに、Naokoさんの自家製タイ風タレ。
もーー、激ウマ、激ウマ。


IMG_9810

続けて、Sちゃん宅にて、むらさきちゃん製の手羽ブロスをベースにした鍋。
王道の具が揃って、皆ではふはふといただきましたです。うまうまーっ。
詳しくは、サンドラさんのブログをご覧くださいませ。(他力本願)
サンドラさんのあんみつが最高の締めとなったパーティでございました。


ここ最近、ボーンブロスが気になっているワタシにとっても、良い機会となったです。
家の食事はヴィーガンに近いんですが、別に動物性のものを摂らないということではなく。
昔は、この足りない頭で考えた諸々もあったんですけど、今になっては、
肉・魚を料理して後片付けするのがメンドクサイ、という理由も加わってしまいました。(死んでこい)
野菜だけだと楽なんですよ……料理も後片付けも。ほんとなんだってば。

そんな私が、なぜかボーンブロスは、なんか良さそう、みたいに思ってまして。
ちょうど、こんな美味しいものを2回もいただいてしまったら、尚更に。
それこそ、調理も後片付けもむっちゃ大変そうですが、一度トライしてみるべーか、みたいに考えてるところです。
バカの考え、休むに似たり。
あとは、どこで良い骨を買ったらいいのかな、ってことですね。


ちなみにNaokoさんは、豚骨をまとめ買いしては、ボーンブロスを頻繁に作っておられるそうですよ。
お忙しい中、それはすごい!と感心したら、なんと愛犬の為でありました。
犬のご飯まで、全て手作りですとーーーー!?
ちゃんと骨で出汁までとってーーーー!?

ワタシはNaokoさん宅の2匹目の犬になりたい……

* * * * *

【映画】

     Beauty and the Beast

旅行記録の前に、乗った飛行機で観た映画の記録をば。
なんでやねん、と思われたらすみません。
実は単に「Beauty and the Beast」への愛を書いておきたかっただけにすぎません。(先に告白)


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-02-05 11:27 | Trackback | Comments(0)

育った場所からお手元に

「未練が老醜のはじまりでないだろうか」
   ----- 中野重治
       (日本人、作家、1902年1月25生まれ)


IMG_9787

Palo Alto ダウンタウンにある、人気の老舗店、Coupa Café
なんと2号店ができていたことを、先日お友達に教わって知りました。
しかも、同じダウンタウンですよ。


IMG_9786

1号店はいつも満席状態なので、これは嬉しいのれん分け。
行ってみたら、随分とこじんまりしていましたが、明るい店内が心地良い場所でした。

ランチの後のお茶、どこのカフェもそれなりに混んでいるので、
こちらが増えて嬉しゅうございますな。


IMG_9785


111 Lytton Avenue
Palo Alto, CA 94301

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9782

同じくPalo Altoのダウンタウンで、前から気になっていたお店。
わくわくさんとのデートの場所に選んだよ。

店名通り、ローカルなベンダーと取引して、ローカルな食材を使用したメニューを提供しますよ、というレストラン。
ベンダーリストを見ると、知ってる知ってる、という名前がずらりとな。
そういう”安心感”もあって、行ってみたいと思ってたんだよね。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-01-25 12:47 | Trackback | Comments(0)

数多の歩みの、その上に (1)

「愚か者の第一段階は、自分をよりよく見せようとする事である。
第二段階は、それを他人にしゃべることである。
最終段階は、他人の考えを馬鹿にすることである」
   ----- ベンジャミン・フランクリン
       (アメリカ人、政治家・物理学者、1706年1月17生まれ)



旅行に行く時、えっちらおっちらと、重い一眼レフを持っていくワタシです。
本体+標準レンズに加えて、広角だったり望遠だったり、替えのレンズも必要で。
なので、上下二段に分かれて、下がカメラ入れ、上が物入れになっているバックパックを、長年愛用しているんですね。

しかし今回の旅行で、イタリアに行くことになった時、
何人かから、バッグをひったくられたとか、バッグを切られて物を取られた等の被害経験談を聞きまして。
実際私も、新婚旅行でローマに行った際、変な詐欺ヤロウに絡まれたりしたので、事前警戒度MAX。

で、いつものバックパックは、生地が軽くて切られやすい、チャックも開けやすい、ということから、
カメラ用ではなかったのですが、もっと丈夫でオーガナイズしやすい形のバックパックを購入して、
旅先で頑張ってもらったのでございます。


20171224_manfrotto_top-w960

そして帰宅してから、こんなカメラ用バックパックの記事を拝見。
おー、私の持ってるバッグを、更に使いやすくした感じ。
お高いけど、なかなか良さそうだ。

こういうバッグを手に入れるか、と思った後で、いや、それより、
もっとカメラの性能の良いスマホに替える方が先なんじゃ、と思ってしまったりするんですけどね。

* * * * *

【旅行】

IMG_9301

今回の旅行は、12月半ばにベイエリアを発って、ロンドンにちょこっと寄って、それからイタリアを4箇所、駆け足で回る、という旅でした。
日程的に無理もあり、クリスマスを挟むことで足留めもあり、となりつつも、楽しいことがいっぱいの。

最後の3日ほどが雨に降られるという、天気運が良い私にしてはレアなこともありましたが(どういう自信だ)、無事に終われば全て良し。
人が多い夏ではなく、冬だったせいか、スリにも泥棒にも会わなかったのが、何より僥倖です。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-01-17 13:01 | Trackback | Comments(0)

貴方の得意分野から

「自分の力を発揮できるところに、運命は開ける」
   ----- 福澤諭吉
       (日本人、啓蒙思想家、1835年1月10生まれ)


2018年になって、すでに10日も過ぎていたらしいです。
今年は喪中ゆえ、新年の挨拶も割愛だし、と油断してたら、やられました。(何に)

年末に日記を書いた時、具合悪いな、旅疲れだよな、と思って、ちょっとベッドに行ったら、そっからしばらく起きれなくなりまして。
熱出てる、こら出てるわ、と寝込み、そのまま年越しですよ。(ふっ…)
翌元旦には熱は下がっていた(体感)のですけど、しんどくてそのまま。
2日には起きなきゃ、と思いつつ、最低限の用事だけで、やっぱりそのまま。

なんてことをやって3日になってから、もしかしてインフルエンザだったのではないかと思い当たりました。
関節痛があったな、そういえば、って遅すぎだよ……
そっから念には念を入れて、6日の土曜までは一切外に出ず、7日の日曜に初外出となりました。
だって、人にうつしたらマズいですからね。

旅行中から、免疫力落ちてるサインがあったのですけど、それで飛行機やら長距離列車やら、でしたからねー。
あまりひどくなかったのと、とりあえず人様には迷惑をかけずにすんだっぽいことが救いです。


という感じで、ワタシの2018年1月は、8日から始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9010

さて、2018年の始めは、2017年に書き残した日記がなかったかどうかから。(すでにダメ)
気になっていたカフェのメニューを試しに、わくわくさんにご一緒していただいたので、それは書いておこう。

前に行った時、フードメニューを見て、一度食べてみたいな、と思っていた中近東系のカフェ。
アメリカンなドリンクやペストリー類より、そっちの方に興味が引かれたのでな。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2018-01-10 08:58 | Trackback | Comments(0)

等身大の視点から

「何かを始めることは優しいが、それを継続することは難しい。
成功させることはなお難しい」
   ----- 津田梅子
       (日本人、教育者、1864年12月31生まれ)


IMG_9354

おかげさまで、無事に旅行から帰ってまいりました。
アメリカ時間で18日に出発して、30日に帰宅。
しみじみ思いましたが、おうち大好き老婆が10日以上の旅行というのは、
さすがにもう無理っぽいでございます……

や、一箇所にじっくり留まって、という旅行なら別ですが、
目まぐるしくあちこち行きまくる旅だったのと、
最後の3日間が雨で、更にその中で1時間の行列待ちとかしたもんで。
それでも、帰宅までは全然元気だったのに、大晦日の今日、結構キております。
ギブミーハーブ、ヤク用ハーブ……(誤解を招く表現)

旅行中、一度ぐらいは日記を書きたかったのですけど、全然時間がなかったのと、
ホテルによっては、えっらいネットが遅いところもあり。
おけげで、写真をWebアルバムにアップロードすることもできなかったので、
今日はそれも、ぜーはー言いながらこなしたり。
まあ、お節を作らないで良いので、それは嬉しゅうございます。


さてさて、本年も各方面に、大変お世話になりました。(三つ指つき)
父の逝去という、自分史的に今までで最も悲しい出来事があった為、
一年の前半は、どこか感情が朧になっていて。
お嬢の滞在や母の見舞い的意味合いでの日本行きなど、
自分と家族の傷の癒しの為、開き直って完全内向きに過ごしておりました。

それなのに、どうしてもシャットアウトできない、米国WH事情を始めとする世相諸々。
毎日がオワタ感、とは良く言ったものでございますな。

そんな中で、日々嬉しさを与えてくれるのは、やっぱり身近な人達の温かさ。
感謝してもしきれない、言葉にしきれない、積もるばかりの思いです。
こんな一言に凝縮できるものではございませんが、それでもやはり、
「心からありがとうございました」。

来年がどうなるやら、全く見当もつきませんが、
まずは自分も含めて、家族が心身共に健やかに過ごすこと。
その為には、自分自身のバランス感覚が、より一層重要になってくる、
と改めて言い聞かせる次第です。


旅行中、またお嬢と色々話すことができたので、いずれまとめられたら、とはずっと思っているのですが、ねー。
とりあえず彼女に送りたい、「娘に伝えたい10か条」。

キャプチャ


環境のみならず、年齢とか性別とか人種とか。
自分で選択できないものについて悲しい思いをする人が、どうか一人でも少なくなりますよう。
辛い思いを抱えている人には、その倍以上の良いことが起こりますよう。
幸せを噛み締めている人には、その喜びがずっと続きますよう。
どうか笑顔が溢れる一年になるよう、心から祈る大晦日でございます。

良いお年をお迎えくださいませ。

[PR]
# by senrufan | 2017-12-31 10:36 | Trackback | Comments(0)