<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

所変われど味わいは

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて使い切るまで膨張する」
   ----- シリル・パーキンソン
       (イギリス人、経済学者、1909年7月30生まれ)


IMG_0006

友人に教わって、すんごく気に入ったインド料理のスナック(だよなあ)、Poori
連れて行ってもらったお店のメニューにはPooriと書いてあったのですが、
検索するとPuriと出てくるので、両方覚えとこっと。

Puriとは、小麦で作って伸ばした薄い生地を油で揚げて、ぷーっ、と膨れてパフ状になったパンだそうで。
これをぱりっ、と割って、中に色々詰めて食べたり、上からソースをかけて食べたりするんですって。

一緒に行ったお店で、Puriメニューだけで5~6種類あった中で、彼女のお薦めはDah Bateta Poori
……というのを検索してみると、今度はDahi Batata Puriに変換されるので、英語圏ではこちらの方が正解なのかなギワク。

割ったPuriに豆類とSev(揚げた細麺)、ヨーグルト、タマリンドソース、ミントソースをたっぷりと。
ぱりぱり・しんなりの2種類の食感が楽しめるプーリと、甘酸っぱいソース、豆のもったり食べ応えと揃って、すごく気に入った一品です。
以来、ポトラックや友人宅にご飯におじゃまする時など、TO GOして持って行っては、地道にファンを増やしております。
誰もごほうびはくれないけどな。

日本語Wikiではプーリーではなくパーニープーリーとなっているんですが、お店のメニューにPani Pooriというのがあり、
それは詰めるものがまた違うので、果たしてどれが一番メジャーな言い方なのかなあ。


やはりインド料理好きな友人に話したところ、私がお気に入りのはここよ、と連れて行かれたのが、とあるインディアンレストランの日曜日のランチビュッフェ。
スナックコーナーにプーリーやソースなどが並んでて、自分でプーリーをお皿に盛って、上から好きなだけソースなどをかけていただきましたです。
そして隣にいたお姉さんが、3回も山盛りでお代わりしていたのを、我々は目撃したのでございました。

* * * * *

【レストラン】

IMG_0028

Sunnyvaleのダウンタウンに、私が大好きなトルコ・地中海料理のお店があるんだが。
友人とランチしよ、ってなって、どこか新しいとこはないかなーと探していた時に見つかったお店の名前が、そのお気に入りの店名の間にNを入れたものだったので、なんだこらパクリか、と脊髄反射でむっとしたんだけど、調べたら同系列のお店だったので、猛省した夏の一日だった。終わり。じゃねーよ。

Sunnyvaleのお店はレストランで、新しい方はそれのカジュアル版。
セルフレジで、メニューも定食系というかね。
あのお店系列なら、きっと美味しいに違いない。
ぜひぜひ行ってみようではないか。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-07-30 10:50 | Trackback | Comments(0)

貴方にそっと渡す風

「我々が自分の持つ恐れから自らを解放する時、
我々の存在は、同時に他の人々をも解放することができるのである」
   ----- ネルソン・マンデラ
       (南アフリカ人、政治家、1918年7月18生まれ)



Barack Obama delivers the annual Nelson Mandela lecture in Johannesburg




マンデラ氏が亡くなられたのが、つい最近のように思っておりましたが、すでに5年近くが経っていたのですね。
人種差別と戦った人達、と言われると、真っ先に浮かぶ方々の一人です。
生誕100年を祝う式典に、アメリカからオバマ前大統領が出席し、久しぶりにあの素晴らしいスピーチを聴かせてくれました。
いやほんとに、スピーチの神様がついているような方でございますな。(しみじみ)


さて先日お嬢が、今いるイギリスで、ちょっと不愉快な目に遭いました。
どうしても行きたいコンサートがあり、一人で結構な田舎まで出かけていったのですけど、
駅周辺は大丈夫だったものの、会場は携帯も圏外になってしまうほどの場所で、見渡す限り、観客は白人のお年寄りがほとんど。
前座の素晴らしい少年バンドをけなし、肝心のステージにも大して拍手せず、という人達に囲まれて、
終電の時間を気にして、早めに抜け出そうとした彼女に向って、ちゃんと謝って前を通ろうとしたにも関わらず、「何を考えてるんだ、このIdiot」呼ばわり。

携帯が圏外だった為、Uberが呼べず、2時間近く会場外でタクシーを待った末、結局スタッフの一人が、車で駅まで送ってくれることになったのですが。
同乗した老夫婦から、
「あなた、わかってる? これはお金を払わなくていいということではないのよ、払わないなんて許されないわよ、わかってる?」
と、散々責められたということでした。
あ、もちろん、それぞれに言い返したそうですので、そこはご心配なく。

彼らは日頃からそういう人達だったのかもしれませんし、その時イライラしている人達だったのかもしれません。
差別だったとしたら、人種差別だったのか、若者差別だったのか、よそ者差別だったのかも、わかりません。
ただ私の友人で、学生の頃、イギリスの田舎にホームステイして、何度も嫌な目に遭ったと言っていた友人の体験談を思い出したことでした。

日本で生まれて、ベイエリアで育ち、日本で学生生活を送った後、今はイギリスに滞在中のお嬢。
そんな彼女が以前、移民であることに少し疲れた、と言ったことがございます。
私は日本からこちらに来て、マイノリティとして生きることへのとまどいはあったものの、別の面では肩の力を抜いていいんだ、という解放感を、嬉しく味わうようになったのですが。
お嬢にとっては、こちらから日本に行って、マジョリティとして生きる楽さと安定感を味わったということなんだなあ、と気づかされた次第です。


しかし、彼女がタクシーを待っていた2時間の間、一緒になったおばさまとおばあちゃまと、大いに話が盛り上がり。
しかもお嬢がスタッフの人の車から降りて、駅で電車を待っていた時、
後の車で追いついてきた彼女達は、わざわざ自分達の電車が終電になるまで、ずっと付き合っていてくださったそうです。

お嬢に優しくしてくださって、本当に、本当に、ありがとうございました。
おかげさまで彼女は、一日の最後を、温かさに接して終えることができました。
残念ながら直接お返しはできませんので、私がどこかでお嬢のような人を見たら、貴女方と同じことをしたい、と何百回目かに強く思っているところです。

* * * * *

【読書】

IMG_0038

別のことを書こうと思っていたのですが、ちょうど読み終わった本に絡めて、またぐだぐだと。
なので、いつもの通り、「これ以上は進まれないことをお勧めいたします」


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-07-18 11:23 | Trackback | Comments(0)

笑顔を交わすは泡越しに

「全ての権利は責任を、全ての機会は拘束を、全ての所有は義務を暗示する」
   ----- ジョン・ロックフェラー
       (アメリカ人、実業家、1839年7月8生まれ)


IMG_9751

お友達のMoving Saleで、たこ焼き機を買いました。

実家ではたまーに登場して、たこだけでなく、ウィンナーやチーズ、シーフード類など、
いろんな具を入れては楽しんだものでございます。
友達とたこ焼きパーティをする時は、どれかにわさっと七味を入れて、闇たこ焼きするとかね。うん、微笑ましい思い出ね。

ずっと持ってなかったのですけど、大きさも手ごろで使いやすそうだったので、迷わず、買う!と挙手。
ひっくり返す為のピック(千枚通し?)もつけてくれたので、早速使ってみたのです。


久しぶりのたこ焼き機、楽しく美味しくできましたですよ。
飛竜頭(がんもどき)が。
とうもろこしのフリッターもやってみましたが、さっくり軽くて、なかなかだわ。


だって、そおゆうものの為に買ったんだもーん、だもーん、だもーん……

* * * * *

【レストラン】

IMG_0027

旅行記まだ?と友人に言われて、昨年12月のことをまだ書いてないことに気がついたんだが、ええと、そこはつまりアレだ、私は死んだと思ってくれ。(現実逃避)
ついつい楽なので、レストラン記録ばかりに逃げて、誠に不甲斐なし……

でも暑い週末、Sarahさんご夫妻に案内してもらった、バークレーのブリューワリーが、とても良かったのでございますの。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-07-08 13:51 | Trackback | Comments(0)