<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

時の流れはゆるやかに

「どんな時も、人生には意味がある。
どんな人のどんな人生であれ、意味がなくなることは決してない。
だから私たちは、人生の闘いだけは決して放棄してはいけない」
   ----- ヴィクトール・フランクル
       (オーストリア人、医師(精神科医)、1905年3月26生まれ)


日本から帰って参りました。
で、その帰ってきた翌日から、立てなくなりました。

何をしたわけではないのに、朝起きたらひどい痛みで、立つどころか、寝ながら足を少し動かすにも激痛。
実は持病的なもので、良く腰痛と間違われるのですけど、腰ではなくて仙骨周辺、骨盤系。
出産後、数年経ってから経験したので、出産で骨盤が少し歪むとか、その辺りの神経を傷めてしまったのかなあ、
なんて勝手に思ってたのですよ。

特に検査もせず、こんなノンキなことを思っていたのは、今まで3回しか起こったことがなく、1~2日で治っていたのと、
ここ10数年全く出ていなかったことで、すっかり忘れていたのいうのが本音です。てへぺろ(死語)

それが、まさか朝起きたら、自分が虫になっていようとは、じゃない、激痛に襲われていようとは。
しかも今回は、歩行困難状態が3日以上続こうとは。
旦那に、なんで1日で治んないの、これもトシなの、と愚痴ったら、真顔で肯定されました。


さっくりと心を裂いてくれた旦那ですが、今回むっちゃくちゃお世話してくれたです。
私が日本滞在中、2週間ほどの独身生活で、簡単メニューですが、ほぼ毎日自炊して、お弁当まで作っていた彼。
私がベッドでクダを巻いてる間も、そのまま継続して自炊し、お弁当を詰め、
朝のうちに、私の為にサンドイッチやサラダを用意し、お湯の入ったポットやマグなどと一緒にベッドに運んでくれてから、出かけていったです。

私は日常の家事について、彼に、手伝って!とか言うことは、ほとんどありません。
その分、IT系や大工系は頼りっきりにさせてもらってるのと、
共働きならともかくゴクツブシの私、お返しに彼の仕事を手伝えるわけではないですしね。
そして私のちょー低レベルな家事にも、大らかに耐えてくれているので、特に気にすることがないのですよ。

なので、いつの間にか料理までするようになってきた、というのは、本当に彼自身が起こした変化。
素直に、すごいなあ、と感心しますし、今回、どれほどありがたく思ったか、言い表せないぐらいです。
人間、還暦近くなっても、まだまだ変われるもんだなあ、としみじみです。


1週間経って、さすがに良くなってきたので、むしろ動ける範囲で動かないと、
今度は別のところがイカれてしまいそうなので、頑張ろうと思います。
一番マズいのは、帰宅早々に寝たきりになった為、いまだに時差ボケがとりきれてないことだったり。
あ、でもまだ痛いな……やっぱりベッドにいなきゃだな(殴)(そろそろ腐敗臭)

* * * * *

【読書】

IMG_9883

動けない、つーても、何かやってないと時間がもたない。
ので、久しぶりに読み返したのが、大好きなマンガ、「パーム」シリーズです。
著者は伸たまきさんの名前で始まり、途中で獣木野生さんと改名されて、先月40巻が発売されたところ。

BIGCAT STUDIO (オフィシャルサイト)

1983年から連載されているこちら、掲載誌が隔月な為、コミックスの発刊も年一回。
なので、年月のわりには巻数が少ないのですね。
が、このクロニクル形式の長期作品も、現在連載中のシリーズがとうとう最終だそう。
実際、最終話が掲載されるまでには、あと2~3年かかるかもしれませんが、もうほんとに、ますます目が離せない。
好きなマンガは?と聞かれた時、間違いなく私的TOP5に入れる作品なのでございます。

と、ここまでアツく語っておりますが(そうでもない)、人に薦めたことはほとんどありません。
サイトにも書かれてますが、漫画研究家をもってして、「日本の漫画系統図のどこにも属さない」と言われるだけあって、
絵柄からストーリーから、そのユーモアに至るまで、かなりクセの強い作品なのでございますゆえ。
薦めても、大抵の人はダメだろうなー、と思うと、やっぱりねえ。
ちなみに、パームを「外国映画風」と表現する向きもあるそうで、そう言われると、海外ミステリーが大好物の私には、なるほど、と思い当たるアレコレも。

どの話も大好きなのですが、今回読み返した中で、環境問題を扱ったシリーズ・「愛でなく」(全12巻)が、改めて心に響いたので、ちょっとだけメモ的に。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-03-27 13:04 | Trackback | Comments(0)

数多の歩みの、その上に (2)

「三宝とは何やるやというに、第一に健康、第二に知識、第三に富の三つのものなり」
   ----- 西周
       (日本人、哲学者、1829年3月7生まれ)


ひーーー 前回の日付を見たくないーーーー
日記に書きたいこと、ほんとは結構あるんですけども。
なんというか、あまりにBBAオブBBAゆえ、一日の「PCに接することができる時間」容量が決まっているようで、
その限られた時間が、お仕事+あれこれ追っ掛け、だけで埋まってしまう日々。

とゆう、恒例の言い訳はどっかに置いといて。
更にトートツですが、今は日本に来ております。
父の一周忌の為でございます。
あの日から、すでに1年以上も経ったんだなあ、と。
そして、彼女の訃報からも。


IMG_9868

IMG_9867

おかげさまで、母もだいぶ元気になりました。
私がいる間に、と誘われて、国立新美術館の印象派展に一緒に行ってきたですよ。
ルノワールの「少女イレーヌ」など、貴重な絵を沢山見られて大喜びでした。

母は父がいなくなってから、私はお嬢がいなくなってから、展覧会やコンサートなどに出かけることがぐんと減りまして。
やっぱり、楽しい!と言い合える相手と一緒に行きたい、と思うと、ねー。

いきなり真冬並みの寒さになるなど、ほんとにこの時期の来日はリスキーでございます。
でも、これからも3月に来ることが多くなるんだろうなあ。



* * * * *

【旅行】

IMG_9282

そんな感じなんで、旅行記も段々諦めの境地に入ってきましたな……
いつか、思い出は心のアルバムに、とか言い出したら、笑ってやってください。寒っ。

でも一つ、助かったー、というのがありまして。
ロンドンに行った時、British Libraryで開催中だったハリポタ展を観に行ったんですよ。
イギリス滞在中のお嬢が行って、すごく良かったよ!とのことだったので。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2018-03-07 15:19 | Trackback | Comments(0)