留まる時間は一瞬で

速記記念日、パンダ初来日の日、日本のABCの日
大内義弘挙兵、応永の乱(1399年)
上野不忍池で初の競馬(1884年)
濃尾大地震、死者約7千人(1891年)

* * * * *

【イベント】
b0059565_8511548.jpg

改めて、今年のPacific International Quilt Festival XVII
もう、本当に、何というか。ヘタな美術館に行くより、ずっと沢山の芸術に触れられたよ。

選り抜かれた作品の中、更に幾つかの部門に分かれて、それぞれ賞を得た作品があるのだけど。
絵画や彫刻と同様に、芸術はあくまで、その人個人の好みによるものなので。
大勢の人に紛れての鑑賞タイムは、いろんな感想が聞こえてきて面白い。
「すごいわ!」「これこそ賞をもらうべきなのに!」「絶品、としか言いようがないわ」……
聞こえる言葉は、全て賞賛の、華やかな。



ところで今年の展示作品は、去年より日本人の方の作品が多かったような気がするのだけど。もしくは、和テイストを取り入れた、欧米の方の作品であったり。
一見して、あ、もしかして、と思って説明を確かめると、やっぱり日本人の手によるものだった、という出会いが幾つも。
もしくは、見るからに和を取り入れているけど、これは、と思ったら、欧米の方のものだったり。
私のようなド素人でも、不思議とわかる雰囲気があったりするんだね。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

どの作品も捨てがたく、でも容量には限りがあり。苦し紛れに選んだのは、こんなところでございます。
みかさんのブログでも、美しい作品が数点紹介されていますので、そちらとあわせてご覧いただければ幸いです。重なるものは、2点だけにとどめましたので。


1. Streak of Lightning
b0059565_853213.jpg

2. Awesome Blossoms
b0059565_853247.jpg

3. Moon Garden
b0059565_8534678.jpg

4. Happy Little Bluebirds Fly
b0059565_854343.jpg

5. Happy Moments
b0059565_854562.jpg

6. The Gold Lady
b0059565_8592867.jpg

7. Nikki's Closet
b0059565_925910.jpg

*-*-*-*-*-*-*-*-*

続いて、日本人の方の作品から。


1. Friendship between Japan and America
b0059565_8554937.jpg

2. Musubi (ties)
b0059565_856953.jpg

3. 集 -- ATSUMU
b0059565_8563499.jpg

4. 艶 -- ADEYAKA : 11人の日本人による競作
b0059565_8565247.jpg

5. Metro - Where Do You Go From Now On?
b0059565_857987.jpg


6. My Flower

そして最後に、みかさんのキルトと並んで、個人的に最も忘れられない、と思った作品を。
添えられていた紹介文を、そのまま転用させていただきます。
「私は日本の北に位置する、北海道に住んでいます。夏は農場で働き、地面が雪で覆われる冬は、キルトをして過ごします。
これは私の20番目の作品に当ります。六角形のピースから成るキルトは、私のお気に入りで、過去に幾つも作品を作ってきました。
72歳という年になり、視力も段々と衰えてきたこの頃、182,172ピースを使ったこの作品を仕上げるのに、二冬を費やしました---ここまで極小のピースを使っての作品は、これが最後となることでしょう」

なんと、一辺が5mmの六角形。しかも、ミシンではなくハンドキルトというすごさ。
圧巻、というほかありませんでした。
2部門にまたがっての優秀賞も受けられていて、とにかく大勢の人が、言葉を失いながら見入ってばかり。この作品の前から、人の波が絶えることはほとんどなく。
写真を撮るために、人が誰もいない瞬間を、何分も待った次第です。

b0059565_9205154.jpg

[PR]
by senrufan | 2008-10-28 08:50 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/9781215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Chico at 2008-10-30 13:24 x
それぞれ個性が出ていて素敵ですね。
そして最後の72歳の北海道のおばあさまの作品の素晴らしいこと。
5mmの布を縫い合わせるなんて、考えたこともありません。
ため息がでるくらいの大作ですねぇ。ほんと凄いわ。
私もこれからチクチクしてみようと思っています。(洗練されやすい人。笑)
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-10-30 15:31
そう!周りの人たちから聞こえてくる声が感嘆と賞賛にあふれている会場は、こちらまで嬉しくなってしまいました。ところが、この Miyuki さんのブログを見て、なんと半分くらいしかちゃんと見て回れていなかったことに気づき。。(夫が一緒だったので、どうしても気を遣っちゃって。広かったですものね、会場。)mika さんのブログでも紹介されていた最後の作品も探し当てられなかったんです。来年こそはじっくり堪能したいです。今年の様子は Miyuki さんのブログで楽しませていただけてよかったです!手先が器用なお嬢様、キルトにご興味はないのでしょうか?
Commented by すれっぢ at 2008-10-30 22:34 x
キルトのことは全然門外漢なんですが、作品の素晴らしさと
手間の掛かり具合がハンパ無いことであることだけは、写真からも
分かりました。いったい一作品作るのにどれくらい時間が掛かるのか。
考えただけで気が遠くなりそうです~。
Commented by mikamika at 2008-10-30 23:59 x
あー、うれしい。"Friendship between Japan and America"を見逃していたので、見たかったのです。
なんだか会場に行くと興奮状態(笑)になるのか、どうもきちんと全部見てこれないのですが、Miyukiさんはタイトルまできちんと覚えてきていて、さすがです。
Commented by nikkeilife at 2008-10-31 06:52
素晴らしいですね~(Musubiと読んでおにぎりを想像してしまったアホですけど)日本からの方も出品するんですか!知らなかった。同僚がこの間休みを取ってこういうショーに行っていたんですけど、私も行ってみたいな。北海道の方のキルト凄いですね。生で見たい!

キルティング、学校終えてからやりたいと思っていた事のひとつです。他に、編み物、料理教室に行くこと、日本へ旅行、たまりにたまった本を読むこと、家の大掃除等。やりたい事、やらなきゃいけない事が多すぎて固まっている小心者ですけど。(笑)
Commented by Miyuki at 2008-10-31 09:57 x
*Chicoさん
私も、実物を間近で見て、頭がくらくらしました……かなうなら、作業されているところを実際に拝見したいものですよねえ。どうしてらっしゃるんでしょう、拡大鏡とかかなあ。
おっ、Chicoさんの手芸タレントに火がつきましたか? 完成の暁には、ぜひブログで紹介してくださ~いvv
Commented by Miyuki at 2008-10-31 10:05 x
*shinaさん
そなの、あの会場はむちゃくちゃ広くて、私も初めての時は、「えーっ、まだあるのー!?」って叫びまくってました(笑) 旦那様のことを考えてあげるところ、相変わらずshinaさんは良い奥様ですなあ~(じ~ん) うちだったら、最初っからバラバラでくるか、後でどこかで待ち合わせ、です……冷め切ってる。娘は、そういえば昔、すんごく大胆なパッチワークのクッションを作ったことがありましたなあ。
Commented by Miyuki at 2008-10-31 10:07 x
*すれっぢさん
いやいや、すれっぢさんのヘルメット作りも、根本は一緒だと思いますよ~。アイディアと思い入れ、それにどれだけ時間を割くか。私はとにかく創造性がないので、こうやって何かを”創る”作業をされる方は、無条件に尊敬です。
Commented by Miyuki at 2008-10-31 10:09 x
*みかしゃん
え、そうだったの? 良かったあ、写真を撮ってきて♪
コーフン状態は私こそ! ロクな知識がないもんだから、余計に舞い上がっちゃうんだよねえ。来年は一度ご一緒させてください、みか先生。そして色々教えてほしいです~。
Commented by Miyuki at 2008-10-31 10:13 x
*アヤコさん
その後、体調はいかがですか? ね、素晴しいの一言ですよね! Musubi=おにぎり想像仲間として嬉しいです(マジ) 来年はお時間があったらぜひ。生はやっぱり迫力が違うし、日本から送られての展示には、妙に愛国心が沸いたり(笑)

実は私、アメリカに来て初めて専業主婦になったので、まずはやりたかったキルト教室に通ったのでございますよ。そしてセンスの無さに打ちのめされて、以来諦めました、とほほ……ということで、やりたいことは、じっくりゆっくり・あとの楽しみでとっておく、というのもいいと思いますvv
Commented by relax124 at 2008-10-31 18:29
わぁ、素晴らしい作品群ですね!どれも素敵~。
個人的にMoon Gardenが一番好きですが、やっぱり最後のMy
Flowerに感動しました。あー、実物が見てみたかったです。
実はキルト、全く興味が無かったのですが、素晴らしいレポートの
お陰で、次に開催される時は、絶対に見に行こうと思いました。
地道な作業による芸術作品は、人の心をじんわりと打ちますね。
なんだか心が温かくなりました。
Commented by Miyuki at 2008-11-01 08:31 x
*relax124さん
素晴しいでしょ! 実物はこの何倍も素敵ですよ~♪
Moon Garden、私も一目ぼれでした。色鮮やかな作品が多いので、かえってああいうシンプルな色のものが目立ったりするんですね。白一色のキルトなんて、花嫁衣裳みたいで神々しいのですvv
来年はぜひ本場で! 4日間ありますからね。クラフトショップもすごい出店数なので、お買い物だけでも1日じゃ足りないぐらいかも。財布は軽くなりますが(笑)、おっしゃる通り、心はすんごく満腹になる、すてきなイベントです♪
Commented by ayumin_moo at 2008-11-02 15:35
プレッシャーをかけたくせに、コメントが遅くなってすみません。。。
本当に、うっとりするような作品ばかりですね〜。「Metro」のこの風景をキルトにするというアイディアにびっくり。
72歳の女性の作品、こんな大きな作品、しかも5mmのヘキサゴンなんて考えられません。感動です。「My Flower」という名前もいいですね。
最近、新しいキルトに手を出しました。完成はいつになるかわかりませんが、出来上がったら報告しますね。
Commented by Miyuki at 2008-11-03 11:12 x
*ayuminさん
どう思われるかとヒヤヒヤでした、なんつって(笑)
「Metro」には私もびっくりでした。キルトってこんな絵も描けるんだ!みたいな。「My Flower」は、今思ってもめまいがするほどの大作でしたよ~。
おお、新しいキルト! 手芸はその過程が一番楽しい(?)ところだと思うので、どうぞ時間をかけて、いい作品を作ってくださいね♪


<< 素材と過程は同じでも そこもまた過ぎ行く一点の >>