自己満足の線引きは

救世軍日本伝道記念日、孤児院の日、国際ビーチクリーンアップデー
リンカーン、奴隷解放宣言(1862年)
米政府が「降伏後における米国の初期の対日方針」を発表(1945年)
横綱・千代の富士、本場所通算965勝の最多記録を達成(1989年)


b0059565_13191180.jpg

性格にはマメなところなど欠片もないくせして、相変わらず豆好きな私。
最近、この豆を発芽させて喜ぶ、という愉しみを覚えてしまいました。(ちょっと目を伏せながら)

植木に関しては、どんな苗でも枯らしてみせましょう、と豪語してしまうぐらいに殺し屋体質ですが(自虐ぷれい)、豆はその溢れんばかりの生命力でもって、見事に発芽してくれるのですよ。もー、愛しくて愛しくて、食べちゃいたいぐらいに愛しいから、全部きれいに食べちゃうんですけどなにかご意見でも。(聞くな)

やり方はとても簡単で、一晩水に浸しておいた豆を、ザルにあけてボールで受け、あとは1日1~2回、ざーっ、と水をかけるだけ。ガーゼや瓶で作るのが本式(?)らしいですが、この簡易版でも大丈夫。
早いものは1日で、大抵は2~3日で発芽します。そして後はぐんぐん伸びる~♪
発芽に伴う代謝の中で、種子のときには存在しなかったビタミン、ミネラル、フィトケミカルなどが新しく合成されてくるので、元々パワフルな豆達が、更にレベルアップしてくれるのですよね。

発芽した豆は、スープに入れたり、サラダに入れたりと、調理法は色々。ですが、実は私のつまみ食いが一番多いかも(殴)
生で食べればしゃくしゃくと、歯応えとさっぱり感までご馳走です。

* * * * *

【雑事】

レギュラーなコーヒーこそほとんど飲まなくなったものの、コーヒーファンであることは変わりなし。特にあの香りは、いつ嗅いでも恍惚状態。(またたび)
まことコーヒーなるものは、フランスの政治家、シャルル・タレーランが言った通り、
「悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように清く、恋のように甘く」
世界中の人をとりこにしてしまうもの。

健康の為にカフェインをやめよう、とか、
抗酸化物質が豊富で、脳の老化防止に良い、とか、
色々と賛否両論なれど、それは個人の信奉の下、納得のいく飲み方でどうぞ、もしくは飲まないという選択肢もアリだよね。


で、私的に納得のいく飲み方、というより買い方を探してみれば。
知っている人は知っている通りの、SOBF、というキーワードを教わったんだよ。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

S as Shade Grown
日陰栽培、ということ。

b0059565_1326258.jpg元来コーヒーというものは、熱帯雨林の鬱蒼とした森の中、木蔭で育つ植物である。
コーヒーの実を直射日光から守るだけでなく、湿度の高い土壌の栄養分を吸収し、また自ら葉を落とすことで、根を蓋って守るのだ。

しかし、近代農業のプランテーション化が進むにつれ、より効率の良い収穫を目指して、新しい品種が作られた。
直射日光に強く、木蔭を必要としないその種は、代わりに化学肥料や農薬を必要とするハイブリッド種であり、こちらに切り替えられた畑は、栽培の為に森林伐採が進むことになる。
このハイブリッド種の栽培が始まった1972年以来、6百万エーカーのコーヒー畑のうち、60%の木が取り除かれることになったという。

化学肥料や農薬を必要とするということは、結果として別なコストがかかることになり、更には土壌は汚染され、水が足りなくなるという事態を生み出し、Unsustainableな畑へと変える羽目に陥っている。
皮肉なことに、貧しくてハイブリッド種に替えられず、以前のままの木蔭栽培を細々と営んできた農園のみが、Sustainable(持続可能)な状態を維持できていた、という結果が明らかになりつつあるようだ。

Shade Grown Coffeeとは、複雑で多様な生態系を持つ熱帯雨林を保護し、従来のままの木蔭栽培で育てられたコーヒーを指す。
たとえ商売的に効率は悪くとも、ゆっくりと時間をかけて熟された、コーヒーの実が持つ香りと味は、そのまま自然の持つ豊かさと意味を伝えてくれるものであろう。

※認定マークは、Rainforest Allliance(RA)によるもの


O as Organic
有機栽培、ということ。

説明不要、だよね。


B as Bird Friendly
鳥に優しい、ということ。

b0059565_13265079.jpgShade Grownのコーヒー農園は、同時に鳥の重要な生息地でもある。木々が土壌を豊かにして、生息地を提供し、鳥は餌の虫を漁ることで、昆虫の繁殖をコントロールする。
しかし熱帯雨林の伐採は、この10年で、渡り鳥の数を20%も減少させるという結果を生むに至っている。

1996年、Smithsonian Migratory Bird Center(スミソニアン渡り鳥センター)が、Shade Grown Coffeeの農家の支援に乗り出した。
大勢の環境運動家や農夫、コーヒー会社の人間を集め、shade coffeeの価値と意味を世間に広めるべく、プロモーションを行うことを決定したのである。

そして作られたのが、Bird Friendly Label
オーガニックでshade grownであるコーヒーを、スミソニアンが独自基準で査定し、認定された商品にはこのマークがつけられる。
このマークのコーヒーを売る会社は、コーヒー1パウンド(454g)につき、25セントを環境保護と研究の為に寄付する、という決まりになっている。

現在アメリカでは、全コーヒー豆の売上のうちの1%(約3千万ドル)が、Organic Shade Grown Coffeeであるそうだ。


F as Fair Trade
公正な取引、ということ。

b0059565_13282521.jpgb0059565_1342971.jpg砂糖、コーヒーなどの食品、コットンなどの衣料品。どれもアフリカや中南米などの発展途上国において、農家が毎日働いて作られているものであるにも関わらず、不当に安い価格で買い叩かれる為、彼らの手元にはわずかな賃金しか入らない。
手で摘み取ったコーヒーの収入は、1パウンド(454g)につき、わずか4~5セント。
カカオ豆の収穫の為に働かされている子供達の収入は、1日に1ドルにも満たず、彼らのほとんどがチョコレートを食べたことがない。

このような立場の弱い労働者に、まずは公平な賃金を保証し、労働環境を向上させ、彼らの権利を守ること。
更には国際貿易における、発展途上国と先進国間の公平を図ること。
不当な児童労働や、乱開発による環境破壊を防ぐこと。
そして、直接貿易・Sustainableな農業が実現できるように貢献すること。
以上を目的とした運動が、Fair Tradeである。

現在では様々な企業や国が参加し、その規模は日々拡大しつつある。
国際、もしくは各国独自のフェアトレード認証ラベルを作り、その認定を受けてラベルを明記した商品が、市場に並ぶようになっている。

※認定マークの左側は、Fairtrade Labelling Organizations International
 (FLO)(国際フェアトレード)の認証ラベル
 右側は、Trans Fair USAのもので、FLOによって認定された米国製品につけられるもの
*-*-*-*-*-*-*-*-*

ずっと前の日記で、フェアトレードについては一言だけ書いたことがあったなあ。
フェアトレード、シェードグロウンぐらいは知っていたけど、バードフレンドリーはつい最近知ったこと。相変わらず無知蒙昧な我が身なり。(お決まりのセリフ)

レギュラーコーヒーを飲まなくなったということは、家でも買わなくなったということで。冷凍庫に眠ってるコーヒー豆、あれはいつ買ったものだっけ。(遠い目)


でも、再び買う時があるならば。絶対SOBFな商品で。
それは、コーヒーに限ったものではないことは、勿論言うまでもなく。

それで世界が変わるとか、そんな大層なことを考えてるわけではなくて。
ただ、私でもできるほどの小さなことがあるのに、それから目をそむける理由を、自分の中には全く見出すことができないので。
そして、そんな些細なことであっても、やった時とやらなかった時の、気持ちの差の大きさを知っているので。
寄付やこの手の運動に対しての、微かな不安は常に抱えつつ、それでも信じたいという気持ちが勝るから。
そんな理由だけでも、私自身には十分なのだ、と思うんだよ。


将来、コーヒーを飲みに行くカフェにも、こんな認定制度ができるかもしれないね。
[PR]
by senrufan | 2008-09-22 13:17 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/9559830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2008-09-24 15:51
私も自他共に認める”茶色い指を持つ”人(造語です)。花や緑にあふれるベランダにあこがれつつも、現在何一つ置いていないのは、数々の木々、草花を冥土に送った所以です。(涙)
「これなら、できるかしら?」とまた悪魔のささやきが耳元であったものの、うちにはボウルを置いておくスペースがございません・・・。
これで、またひとつの命が救われるのでした・・・。(と、1人よがりな芝居はさておき)
コーヒーは飲まないのですが、あの香りは大好きです。「朝、目覚めると、部屋中にコーヒーの香り・・・」あこがれます。でもって、「日陰栽培」、まーったく知りませんでした。砂漠化が進む地球ですから、これは本当に画期的!コーヒー好きの妹に教えます。
あ、もちろん(と自信を持って言うことではありませんが)Bird Friendlyも知りませんでした。
フェアトレードを思う時に、自国の農産物も安く叩かれている現状も考えさせられます。安い物を求めざるを得ない経済状況なのかもしれませんが、回りまわって自分たちの生活にも影響しているのに。安さだけの追求は、そろそろ止めなくては・・・と思えてなりません。


Commented by すれっぢ at 2008-09-25 03:39 x
豆類ならなんでも発芽しますか~?発芽大豆、発芽黒豆、発芽そら豆、
発芽枝豆、発芽うぐいす豆・・・・さて仲間同士は誰とだれでしょうか?(笑)

妻が玄米炊く時に発芽にした方がいいとかいって、一晩水に漬けて
オーブン(30度くらいの設定で)に入れてますが、あんな方法でいいの
でしょうか~??目が出てるのかでてないのかわかんないのですが。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-09-25 07:30
まさにコーヒーの香りはまたたびですね。。飲むより香りにやられるとは、グーグーガンモ並みの単純さ。

SOBF、興味深く読ませていただきました。(もちろんひとつも知りませんでしたが・・・無知大王。)発音的には「ソブフ」とか読んだりするんでしょうか。

Shade Grown で造られたコーヒーは、より薫り高く美味しい味わいなんでしょうかね。たとえばワインでも、造り手のこだわりで完全オーガニックのワインってあるのですが、必ずしもオーガニックワイン = 美味しいわけではなく。生産性を重視するゆえではなく、ある程度効率的に虫を駆除したり、人工的に手を加えたほうが、結果的にいいブドウ、美味しいワインができたりするのに当てはめて、興味深いお話でした。環境破壊を防ごうという方針には大きく賛同ですが。

いずれにしても、私も家でコーヒーをまったく飲まなくなってしまった身ではありますが、こういった考え方に賛同する消費者でありたいと思います。このマークたち、コーヒーのパッケージにすべてついてるものなんでしょうか。今度気をつけて見てみたいと思います。
Commented by Miyuki at 2008-09-25 13:12 x
*ちゃんさま
いえいえ、茶色の指なら、私より上でいらっしゃいます。私の指は真っ黒です。(真顔)
ボウルといっても、これは百均で買ったミニボールにミニザルなので、スペースはあまりとらないですよ~。もしくは小瓶に入れて、湿らせたガーゼを当てて、という方法もあるので、もし良かったらお試しを! なんせ私でも発芽させられたんですから大したもんです、うん。
朝起きるとコーヒーの……そしてそのままベッドに運ばれた、ボードに乗せた一杯のコーヒーと、小さな花瓶にさしたバラ一輪。なんて白昼夢。
自分もほんとに反省しきりなのですが、安さは勿論、好物や興味の追求も、以前にちゃんさまがおっしゃったあの大事な言葉、「身の丈」をはずしてないか?と振り返ることが必要だなあ、としみじみ思いますね~。
Commented by Miyuki at 2008-09-25 13:14 x
*すれっぢさん
仲間同士は誰と誰~? Miyuki、わっかんなあい♪(きゃっvv)(死んでこーい!)
今のところ、レンズ豆、大豆、黒大豆、小豆、ひよこ豆では発芽に成功しておりまする。

おお、さすがまきりんさん、ずばり正解ですよ~!(拍手) 温度によって浸し時間を加減したり、途中で水替えしたりする必要があるのですが、基本的にやり方はばっちりだあvv これも玄米だからこそ、なんですよねえ。胚がない白米にはできないワザですわ。
Commented by Miyuki at 2008-09-25 13:22 x
*shinaさん
私も単純仲間に入れて下さい! しかしあれほど至福の香りなのに、香水にして身につけたいとは思わないのはなぜ。(悩むな)

うーん、読んだところでは、SOBFという文字が言葉になって、LOHASのようにひとり立ちしているわけではないような気も。大事なキーワードの頭文字を繋げたもの、である感じですね。

なるほど、なるほど、ワインに関しては更に門外漢なので、いつもshinaさんのワイン談は勉強になりますvv
「美味」は人間の大事な文化であるので、研究を重ねていかれることは素晴しいと歓迎しますが、これからはその中に、「環境との共存」という視点を加えなくてはいけないのではないか、と思っておるですよ。それを無視してまで追求しなければならない美味というものが、もしあるとすれば、それは人にとって本当に必要なものだろうか、と首をひねってしまうんですよね。ヒトが自然の一部である限り、自然が歓迎するものが、ヒトにとって悪いはずがないだろう、と単純な私は考えるので、その範疇の中で研究を重ねて創り出された美味であれば、じっくりと味わうのはその味だけじゃなく、その為に生産者が払った努力でもあるのではないでしょうか。
Commented by マミィ at 2008-09-25 14:28 x
悪魔のように黒く、地獄のように苦い、そんなエスプレッソを何も考えずに飲み続けている快楽主義のコアラ、今朝もいろいろなことを学びました。(ぺこり)

我が家ではどんな植物もぐんぐん育ち(怪獣たち同様に、私たちを追い越そうとしている模様)、蘭は5ヶ月も花を咲かせ続け(枯れた時、なぜかほっとした)ちょっと異常な程で怖いものが。豆を育てたら、ジャックの豆のように天までぐんぐん伸びるかも!そうしたらのぼってのぼって灰色の雨雲たちをかきあつめてイギリス方面へ吹き飛ばしてやろう。
Commented by Miyuki at 2008-09-26 07:38 x
*マミィさん
たはは、こんなテイストの日記が増えてて、ほんとにすみません~。どうか気にしないで流してやって下さいまし。ご存知の通り、普段は何も考えずに生きてるんですが、文にするとなぜかこんな風に……文才がない我が身が恨めしい……

そうそう、姉さまも緑の指の方なんでした! あのランの写真に、どれほど目が釘付けになったことか。ぜひぜひ豆を育てていただきたい。そしてどこまで伸びるかちょっと賭けませんか。(真顔)


<< その差は埋めるべきものなのか たとえ選択肢は多くとも >>