なつかしき我が家

ようやく帰り着いた……!(11:30PM)

アメリカに帰ってきたなーと実感した瞬間。
 JFK空港(NY)で縦や横に巨大な人たちを沢山目にした時。
 スペイン語がいっぱい聞こえてきた時。
 カフェでコーヒー$1.35の値段を目にした時。

乗り継ぎでスイス航空に初めて乗ったのだが、快適。
食事はおいしいし、サービスいいし、スナックくれるし、エコノミー座席でもアメリカン航空のビジネス並の仕様だし。
そんな満足にひたっている頃、アテンダントのおじさんが私のテーブルに紅茶をのせる時に倒してしまい、腹部全面に浴びてしまってさあ大変。
涙目で氷で冷やしている最中にお偉いさんらしきおじさんが来て、具合をうかがう。わかってます、訴訟その他が心配なんですね。
誰にでもありうる事故として責める気のない私に、お詫びということでシャンペンを1本くれました。
旦那は不満そうだったが、すまん、私はそういう交渉は苦手なのだ。ちょろい奴と思われてもしかたがない。
ていうか、最中に寝てたのか何なのか気づかなかった君に言う権利はないと思うが。
腹部5cmの水ぶくれと沢山の赤い跡と引き換えに得たシャンペンは、ネットで$45でした。

事故の前に、機内食の時のカテトラリーが気に入って3人分こっそりカバンにがめていたことの罪悪感は、このことできれいに去った。
[PR]
by senrufan | 2004-08-09 14:54 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/923151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 雑用所用 ヴェルサイユの呪い >>