ヴェルサイユの呪い

色々と名所の多いパリだが、やはりここははずせない。だって私は「ベルサイユのバラ」世代。

到着2日目、夕方時間があったので、道を確かめる意味で一度行ってしまおうということになる。
郊外まで電車を乗り継いで辿り着いたら、まあ石畳の道の歩きにくいこと。この上を馬車で通ってたんだから、さぞかし舌を噛んだことだろう。
そんなこんなで入り口に着いたら、休館でした。月曜日でした。……またかい。

庭は出入り自由だったので、広々とした庭園をのんびりと歩き、ポセイドンの噴水を眺めつつ休憩していたら、お嬢は土の上いっぱいに落書きをしていた。弱虫の絵だった。

翌日こそは、と思っていたのだが、日中予想以上に時間をくってしまう。
ガイドブックによると7時閉館だし、6時までに着けば大丈夫!と勇んで行ったのだが。
6時3分前にぜーはーと着いた私たちに、受付のお姉さんは「残念ね、6時閉館なのよ」とおっしゃった。
庭はまたもや自由だったので、やけくそとばかりにトラムに乗ってみたり。最終便だったので、乗ってるだけだったり。

残るチャンスは、ロンドンから戻った最終日の午後のみ。
空港からホテルに行って荷物を預け、私とお嬢だけで向かう。旦那はずっと前に観光で行ったし、この際別なところに行くというので。ちなみに目的地はカタコンベでミイラだが。
メトロと電車でちんたらと向かい、3時に宮殿の観光客用入り口の列に並ぶ。
旦那との待ち合わせは6時にホテルなので、4時半には出なければ。
お嬢は本で”鏡の間”の写真を目にして以来、その部屋が見たいと言っていたので、じゃあ間はとばして鏡の間をじっくり鑑賞して帰ろうね、などと話していたのだが。

宮殿に入れたのは4時だった。

30分しかない! のに、ツアー客のすさまじい混雑で、狭い通路はぎゅうぎゅう詰め、にっちもさっちも進まない!
小さいお嬢は大人ばかりに囲まれて、目にできるのは床と天井だけ。
ようやく鏡の間に辿り着いた時はすでに4時20分。あー、写真も撮れねえよ!

ぐったりと帰り道、せめてもの慰めにアイスクリームを食べつつ、痛む足をさすりさすり、電車で大きなため息を。

しかし、嫌われたもんだなあ。何が悪かったかなあ。
実は最初に宮殿を目にした時、
 「こーんなとこに住んでちゃ、そりゃあ殺されるよね~」
なんて言って笑ってしまったのだが、もしかして聞いていらっしゃったんですか。
[PR]
by senrufan | 2004-08-04 14:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/923143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< なつかしき我が家 旅の本 >>