甘く、優しく、穏やかに (その4)

東京の日、漫画の日
「江戸ヲ称シテ東京(とうけい)トナスノ詔書」が出され、江戸が東京になる(1868年)
ポツダム会談開催(1945年)
経済白書で「もはや戦後ではない」と発表、流行語になる(1956年)


Nomo retires; Japanese star pitched two no-hitters

野茂英雄投手が、引退を発表しました。
覚悟していたこととはいえ、改めて涙が滲みます。


イチローが、松井が、松坂が。
日本人選手が続々と大リーグに乗り込み、華々しく活躍している今の状況が、嬉しくないはずがありません。特に、母国から離れたところで生活している身としては。
自らの姿と重ね合わせて、励みをもらっている人達も、多々いらっしゃることでしょう。

でも実は私の場合、彼らへの声援を耳にする時、決まって心をよぎっていたのは、野茂投手への感謝の念でした。
だからこそ、故障しても、戦力外通告を受けても、いつもどこかで彼の記事を、何らかの形で追わずにはいられなくて。
無口で、語らない彼だからこそ。ただ投げることだけで伝えようとする姿勢が、正に彼の生き方そのもののようで。


trailblazer(開拓者)、と呼ばれるに至った、とてつもない重みと重圧を。その果てのない苦闘と努力に対して。
お疲れ様、などという一言だけでは、到底伝えきれないだけの。

あなたが活躍してくれたこの時代を共に過ごせたことを、心から誇りに思います。

* * * * *

【雑事】

もう終わったか、と思われていた砂糖シリーズ
誰がそう思ってましたか。それは断然、です。

しかし実は予定では、残すところは後2回だったのでした……(地面にめりこみつつ)(予定は未定としてしまえば良いものを)




*-*-*-*-*-*-*-*-*

[一般的糖類(単糖類・二糖類)以外の甘味料の分類]

1. オリゴ糖
 単糖が複数結合した糖類。腸内のビフィズス菌を増殖させ、整腸効果があるとされる。
    フルクトオリゴ糖、マルトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、
    キシロオリゴ糖、乳果オリゴ糖

2. 砂糖誘導体
 虫歯予防の為に開発された甘味料。
    カップリングシュガー、パラチノース

3. 糖アルコール
 糖を水素還元して作られる。体内に吸収されにくい為、低エネルギー。
 多量に摂取すると、下痢を起こすことがある。
    マルチトール、ソルビトール、エリスリトール、キシリトール、ラクチトール、
    パラチニット、マンニトール

4. 合成甘味料
 合成して作られた低エネルギー甘味料。
    サッカリン、アセスルファムK、スクラロース、ズルチン

5. 非糖質天然甘味料
 天然の植物から抽出される低エネルギー甘味料。
    ステビア、グリチルリチン、ソーマチン、モネリン

6. アミノ酸系・ペプチド系甘味料
 アミノ酸を原料とする低エネルギー甘味料。
    アステルパーム、Lフェニルアラニン化合物、アリテーム
*-*-*-*-*-*-*-*-*

[米国で使用されている人工甘味料]

米国のThe Food and Drug Administration (FDA) では、5種類の低カロリー甘味料を認可しています。
以下、各甘味料ごとの、
①1日当りの最高許容摂取量
②商品で見た場合の相当量(150puond・約68kgの体重の人の場合)
③料理に使用できるか否か
の基本情報です。

(1) Saccharin
① 5 mg per kg
② 9 to 12 packets of sweetener
③ Yes

(2) Aspartame
① 50 milligrams (mg) per kilogram (kg)
② 18 to 19 cans of diet cola
③ No

(3) Acesulfame K
① 15 mg per kg
② 30 to 32 cans of diet lemon-lime soda(この手の商品には通常、複数の甘味料を使用)
③ Yes

(4) Sucralose
① 5 mg per kg
② 6 cans of diet cola(この手の商品には通常、複数の甘味料を使用)
③ Yes

(5) Neotame
① 18 mg a day
② No consumer products available yet in the U.S.(商品使用については未認可)
③ Yes

*-*-*-*-*-*-*-*-*

[上記5種類の人工甘味料について]

(1) サッカリン(Saccharin)

b0059565_10433852.jpg代表商品 : Sweet'nLow

砂糖の300~500倍の甘さ。
発癌性(特に膀胱癌)があると言われており、使用が禁止されている国もある(カナダなど)。以前はサッカリン使用の製品は、外装にその危険性を明記しなければならなかったが、最近の研究で発癌性はないとされた為、警告ははずされた。


(2) アステルパーム(Aspartame)

b0059565_10253698.jpg代表商品 : Equal、Nutrasweet、Diet Coke

砂糖の200倍の甘さ。
炭酸飲料のダイエット版を始めとして、飲料各種・ガム・シリアル・クッキーなど、6,000以上ものダイエット版商品に使用されている。
しかし現在、多くの医療関係者や研究者により、危険性が訴えられている。懸念される人体への影響として、失明・癲癇・脳腫瘍・脳障害・頭痛・気分の著しい変化・ポリープ・不眠・鬱・短期記憶への影響と、広範囲に渡る。
これらの警告にも関わらず認可された理由については、以下の情報を参考にされたい。

アスパルテームの副作用に関するFoxのTVニュース


(3) アセスルファムK(Acesulfame K)

砂糖の180~200倍の甘さ。
独得の苦味があり、他の甘味料と併用して使用されることが多い。ソフトドリンク、クッキー、ヨーグルト、ガム、アイスクリームなどに使われる。
こちらも研究者により発癌性・中毒性が指摘されており、更なる研究・検証が申請されている。


(4) スクラロース(Sucralose)

b0059565_1044654.jpg代表商品 : Splenda

砂糖の600倍の甘さ。
現在、4,500以上の商品に使用されており、砂糖の代替品としてはEaualの売上を上回る。
塩素を含み、高温で加熱すると塩素系ガスを出すという報告があったり、様々な副作用の可能性も指摘されている。

Splenda Sickness (Splendaの副作用を集めたホームページ)


(5) ネオテーム(Neotame)

砂糖の8,000倍の甘さ。
2002年に認可されたばかりの、比較的新しい人工甘味料。香りを強調する働きもある。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

[注目の新甘味料 : ステビア(Stevia)]

b0059565_10543664.jpgFDAで認可されていない為、米国内で食品に使用することはできないが、サプリメント・砂糖の代替品としては認められている。
上記5種類の甘味料と異なり、化学合成されたものではなく、南米パラグアイ原産のステビアという天然植物から抽出された甘味料。砂糖の200~300倍の甘さを持つ。
カロリーゼロ、天然ベース、虫歯抑制・血糖値降下の効果もうたわれていることから、人工甘味料より安全な商品として注目されている。

元々は日本で発見されて、守田化学工業により商品化されたもの。
米国では2007年に、Coca ColaとCargill社が、甘味料としての販売を行うことを決定したが、名称はRebianaとつけられている。

Rebiana Today (Cargill社による経過報告)
*-*-*-*-*-*-*-*-*

[低カロリー甘味料への警鐘]

どんなに低カロリーであろうと、量を過ぎれば同じこと。
更にそれが何らかの健康上への影響がある可能性を秘めている上、栄養上のメリットもない、となれば、果たしてどういう選択になるのでしょうか。

以下、内容的に共通しますが、記事の紹介です。

人工甘味料はダイエットに逆効果

Study: Artificial sweetener may disrupt body's ability to count calories

人工甘味料、砂糖より減量に向かない可能性 米研究

末尾ながら、
アメリカでの人工甘味料の消費量の増加と、肥満人口の増加が、ほぼ一致している、
との報告もありました。
[PR]
by senrufan | 2008-07-17 10:12 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/9093562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2008-07-19 12:21
野茂投手の引退、私も感慨深く新聞記事を読みました。(これからTVなどでも何か特集番組してくれたらなぁと期待しています)
それにしても、人口甘味料についてさらに考えさせられました。
市販のお菓子(子供向け)も目を光らさなければいけませんね。
(最近、買い物に行くと真っ先にお菓子売り場に行き、特に色鮮やかで激甘なお菓子を手に取るうちの娘・・・涙。もちろんあの手この手でなんとか防いでいますが)
私自身も妊娠してからは甘い物が好きになり、今も時に欲しくなります。
Miyukiさんのように砂糖に頼りすぎず、自然な甘さを生かたお菓子作りを今こそ娘のためにも作らなくてはいけないなぁと思うのですけれど・・・(汗)


Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-07-19 15:17
私、渡米直後に同じような比較ブログを書いたことがありまして。。青いパッケージの Equal と黄色いパッケージの Splenda、そしてピンクのパッケージの Sweet'nLow。いえ、まったく足元にも及ばない情けない情報量ですが。結果も「ま、いっか。」で終わらせてるし。結局今は青いパッケージの Equal を使っています。

体内でカロリーコントロールが不能なる症状は体感的に分かる気がします。低カロリー砂糖を食べても、体がまだ糖分を欲しているという飢餓感。そこで、自分なら頭で考えて我慢して食べ過ぎない節制が出来るけれど、それが出来ない大人や子供は接種するべきではないんでしょうね。

副作用。これは真剣に受け取るべきと思いました。特に私の場合「頭痛・気分の著しい変化・鬱・短期記憶への影響」。(おいおい、もっと重要な副作用がたくさんあるんじゃ、、、)

いつもこうやって、食の見直しのきっかけを下さって本当に感謝ですー。
Commented by frogfreak at 2008-07-19 16:00
野茂投手の無口だけど行動で示していく、不器用だけど誠実な生き方って良くも悪くも日本人的で、大好きでした。
日本人が大リーグで通用するわけが無いといわれたあの頃、彼は体ひとつで渡米。そしてトップへ。トップ選手になったことへよりも、既成概念を打ち砕いたそのガッツに尊敬を覚えました。彼こそがヒーローですっ(熱)
それにしても人口甘味料。恐ろしいですね。
基本的に砂糖としては手を出さないで過ごしていても、外で手にする飲み物やお菓子に含まれてしまっていたら元も子もないわけですね。
うーん、怖すぎる。
Commented by Chico at 2008-07-19 16:22 x
野茂投手、引退されちゃったんですね。ほんと日本人野球選手の大リーグ進出の火付け役でしたものねぇ。frogfreakさんも言っていますが、ヒーローと言う言葉がぴったりです。
甘味料、うちでは普通のグラニュー糖、ブラウンシュガーが中心ですが、蜂蜜もよく使っています。
・・・が、うちにもステビアがあるんですよ~。実は、健康にとっても気を使っている親友からもらったのですが、、、、。
粉状のもの水で薄めて使っているのですが、それでもかなり甘いです。お菓子にも、昔使ったことがあるのですが(粉のまま)、いい感じの味になりました。ただし、パウンドケーキとかバターと砂糖を一緒に混ぜるようなものには向かないかも。
Commented by マミィ at 2008-07-19 17:48 x
野茂投手、懐かしいなぁ。あの口をきりりと一文字に結んで、身体を大きく後ろに海老反って投げるの様子がとても印象的でありました。

佐藤さん、お帰りなさい。お久しぶりでした(笑)
「人工甘味料の消費量の増加と、肥満人口の増加が、ほぼ一致している」って・・・こわい。
Commented by すれっぢ at 2008-07-19 22:05 x
だいたい甘さが強くて、カロリー低いなんて、どっかごまかして
ませんか~?(笑)必ず何かオマケつきってことで。

カナダでサッカリンが禁止されてるとは知りませんでした~。
子供の頃、安物のジュース(合成着色料バリバリなのね)とか
買うと、サッカリンが入ってるから止めなさい!!って言われた
記憶が。
Commented by Miyuki at 2008-07-20 10:27 x
*ちゃんさま
特集番組、ありそうですね! そうなったら実家に録画を頼まねば。
そう、怖いのが市販のジュースやお菓子類ですよね。うちは娘が必ず成分表示に目を通すので(笑)助かってますが、お子さんが小さいうちは、お母さんのケアがいりますね~。3歳でしたら、ましてやその手の華やかなものに目がいくのは自然でしょうし、それを全部排除するのは、幼稚園やお友達とのお付き合いもあって難しく。本当にちゃんさまはがんばってらっしゃることとお察しします!
お菓子を欲しくなるというのは、食欲だけが理由じゃないんだ、ということが最近ますますわかってきました。身体と心、それぞれが求めている栄養、があるんですね。我が家も、娘と私の2人がかりで、長~い目で見た格闘をしておるです。ちゃんさま、どうか同士としてご参加下さいまし。
Commented by Miyuki at 2008-07-20 10:40 x
*shinaさん
shinaさんは人工甘味料オッケーなんですよね、強い! 私はもー、あの味自体が全くダメなのと、身体に入った時の生理的嫌悪感がひどくて(涙) しかし糖尿病の治療などには、役立つ一面もあるのでしょうね。

副作用は怖いですよね~(ぶるぶる) それに、例え今は大丈夫と言われている薬でも、20年後には何が見つかるかわからないので、やっぱり基本はシンプル・自然だよなあ、と。おかげで、次々と明らかになる食品偽装や薬害についても、距離を置いていられるオキラクさ。だって肉食べないしー、冷凍食品買わないしー、いやあ、ビンボーの味覚音痴でよかったなあ(笑)
Commented by Miyuki at 2008-07-20 10:50 x
*frogfreakさん
そですそです、それなのです!! 彼はそういうつもりはなかったのでしょうが、あくまで日本人らしさを貫きながら、米国という全く毛色の違うところでトップに立った、それに何より感動したのです。明治時代に外国に渡った日本人達が、英語はできないのに、欧米人に大変な感銘を与えたという「武士」の姿勢。文化の差とわかっていても、こちらのやり方に葛藤を覚える時、野茂の姿に勇気をもらいました。名前の通り、彼は本当にヒーローです。
甘味料を始めとして、市販のものを買う時・外食する時、自分なりに覚悟と注意が必要ですよね。でもそういうものも必要なので、あとは自分なりの付き合い方と割り切り方次第。お互い、子供の身体を作る責任の元、がんばっていきましょーね♪
Commented by Miyuki at 2008-07-20 10:54 x
*Chicoさん
ほんと、どうか皆、彼のことを導き役として忘れないでほしいですよね~。
お、ステビアをお持ちとは! 健康に関心が高い方はちゃんとご存知なんですね。そしてそれをお菓子に使われるところが、さすがChicoさん。でも私個人としては、たとえステビアだったら大丈夫と言われても、それを使ったケーキ丸ごとより、普通の砂糖を使ったお菓子を、少量でもちゃんと味わって食べたいです、えへへ。
Commented by Miyuki at 2008-07-20 10:57 x
*マミィさん
うんうん、彼のトルネード投法は、いつまでも彼オリジナルでしょうね~。あの一文字口からは愛想の一つも出てきませんが、伝わるものがありました。

そです、お久しぶりの佐藤でございます……このまま隠れていたかった佐藤です。でもあと一回で終わりますので、どうか我慢してお付き合い下さいませませ。
Commented by Miyuki at 2008-07-20 10:59 x
*すれっぢさん
そう、うまい話には裏がある!(笑) 美味しくてお腹がいっぱいになってカロリーゼロ、なんて食べ物を作れたら、ノーベル賞もんだと思いますが、きっとそおゆうものはロクなことにならんのでしょうなあ。

あはは、すれっぢさん宅はサッカリンでしたか! うちはチクロでしたよ、確か。
Commented by ayumin_moo at 2008-07-20 13:25
野球オンチの私ですが、高校のとき、野茂投手の優しいまつ毛が好きでした。
どんな分野でも、開拓者となる方って本当にすごいと思います。
その分野が得意というだけでなく、確固とした精神が備わっているから素晴らしい!

人工甘味料、こんなに種類が多いとは知りませんでした。
砂糖の8000倍の甘さっていったい。。。
私は人工甘味料を口に入れると舌の表面の感覚がおかしくなります。
なので、味覚を守るためにも避けているのです。(オットも巻き添え)
まあ、自然が一番ということで。

ちなみに、我が家のシュガーケースには「佐藤」と書かれています。
Commented by Miyuki at 2008-07-21 08:03 x
*ayuminさん
彼のまつ毛に注目するところ、タダ者ではありませんな(きらーん☆)
開拓者の苦労は、ほんとに想像を超えたものがありますよね。何事もお手本がないと踏み出せない私には、その点だけでも彼を尊敬してやみません。ひたすらに野球が好きなんだ、というあの姿勢にも。

ayuminさんを、アンチ人工甘味料仲間として、勝手に認識して励みにさせていただいております(笑) 大体シャンプーや洗剤でさえ、合成っぽいのは避けたいのに、ましてや体内に直接入るのは……そう、お互い家族も堂々と巻き込んでいきましょう!

えーと、その佐藤さんのお隣には、潮さんとか子証さんとかが並んでいらっしゃるのでしょうか?(興味津々)
Commented by usayamama at 2008-07-21 10:14
み〜ゆ〜き〜さん、こんにちは。
私も野茂選手の引退にじ〜んときた一人です。
野茂選手がメジャーに行った時の頃の事もよく覚えています。
現在は多くの日本人選手が活躍していますが、それも野茂選手の勇気と努力の賜物なのではないかと、改めて感じました。ああ、寂しいな。
Commented by senrufan at 2008-07-21 11:39
*usayamamaさん
きゃーーー、うーさーさーーーーんんん!! 嬉しすぎるーーー
ねえ、寂しいですよねえ……日本のニュースを漁りまくって、写真1枚1枚に一々涙ぐんでしまいました。決して忘れてはいけない選手の一人、と思います~。(うるうる)


<< 抜けていくのは希望じゃなく とある果実の内側は >>