海を越えた名と存在

日本標準時制定記念日、人間ドックの日、ローリング・ストーンズ記念日
源頼朝、征夷大将軍になる(1192年)
北海道南西沖地震発生、奥尻島青苗地区が壊滅的な被害(1993年)


前回にご紹介したプロレス本にのっているトリビアです。3つ。
1. 第16代大統領エイブラハム・リンカーンは、プロレスラーだった(賞金試合に出てました)

2. 不世出のチャンピオン、ルー・テーズの最後の試合相手は、日本人レスラーだった(蝶野正洋という人だそうです)

3. 世界初のチャンピオンベルトは、1870年に作られた(第一号はダイヤモンド付のベルト)

* * * * *

【買い物】

甘酒。マクロビオティックを知る前は、「ひな祭りに飲むもの」と思ってた。ちなみにそれは、白酒だ。

飲む点滴、と言われるほど栄養価が高い甘酒。
お酒というと、冬に身体を温めるもの、という印象があるけれど、甘酒は俳句では夏の季語。冷やして飲んで暑気払い、という飲み方だったらしい。
勿論、冬に熱いのを飲むのも良し。



なんでマクロビから知ったかというと、甘味料として使われることが多いから。
砂糖は身体にキツいので、可能ならば摂らない方が良いとして、逆にお薦めが甘酒。身体に一番穏やかに作用する甘味料として、なんだね。

大抵のものは手に入るこのエリアなれど、さすがに甘酒は見当たらず。現地スーパーのマクロビコーナーでも見たことない。
1~2回、とある日系ストアのオリジナル甘酒が出たことがあったけど、すぐに姿を消してしまったしなあ。

しかし、あるマクロビイントラクターの方の話によれば、アメリカのスーパーに、様々なフレーバーの甘酒が売っているはず、というではないか。
ダメモトで「AMAZAKE」で検索してみたら、あっさりと見つかりました。しかも売っていたのは、行きつけのグローサリーストア。灯台もと暗しとはこのことだ。(もしくはアキメクラ)

b0059565_10281957.jpg

以前にMochiを買ったことがあったけど。そこのブランドが出してたよ、AMAZAKEを。
冷蔵コーナーに並んでいた中には、残念ながらオリジナルフレーバーはなかったが、3種類ほど買ってみた。

帰ってから飲んでみたら、うん、かなり甘い。ということで、我が家では薄めて飲む。
それでも本来はこのまま飲むものなので、日本の濃縮版よりはかなり薄め。凝固剤が入っているのがちと気になるけれど、基本はオーガニックの米であるので、その点がカバーしてくれるかな。

せっかくフレーバー付なので、合いそうなスイーツを選んで作ってみよう。

b0059565_102942100.jpg

まずは、甘酒と小豆のブラマンジェ。あいやこさんのレシピから。
買ってきた中から、Almond ShakeのAMAZAKEを使用。

豆乳、甘酒、寒天、葛粉、水。鍋で良く煮溶かしてから、茹でた小豆と混ぜて冷やす。
レシピでは小豆餡になっていたけど、AMAZAKEの甘味がどのくらいかを知りたかったので、あえてただ茹でただけの小豆にする。

食べてみたら、ほとんど甘さを感じない。そうだよな、日本の濃縮タイプでの分量だから、薄めてあるAMAZAKEでは足りないのだ。
でも、アーモンドフレーバーは微かにあって、そういう意味ではブラマンジェに良いかも。

b0059565_10301767.jpg

お次は、抹茶&小豆の豆腐チーズケーキ。山本路子さんのレシピより。
タルト台には、小豆餡と葛粉。フィリングに、豆腐、抹茶、アーモンドプードルなどを使うのだけど、レシピでメープルシロップとなっているところを、Gimme GreenというフレーバーのAMAZAKEで。
今度は水分量を調節して、AMAZAKEの割合を増やしてみた。

うん、前よりフレーバーが強めに出たのと、甘味もほんのり感じるように。でもこれ、マクロビやってる人以外には、「全然甘くない!」と言われること間違いなし。

b0059565_10311566.jpg

お次は、kochiさんのレシピで、しっとりチョコケーキ。自家製酵母種で膨らませるよ。
キャロブパウダーと全粒粉、豆腐。これにはChocolate Almondで。
材料を良く混ぜて、膨らむまで数時間。あとはオーブンで焼いてみる。

うん、これも私達には良いが、他の人にはあげられない甘さの程度。甘酒を入れることで、水分量が増えてしまうので、その辺の調整を考えないと、ただの置き換えでは難しい。
メープルシロップと同量の置き換えでは、完全に「おうちスイーツ」で。ま、うち用に作ってるんだからいいけどね。


ということで、飲んでも良し、使っても良し。これでオリジナルが見つかれば言うことなし。
でも見つかりそうもないので、やっぱり自分で作るしかないかなあ、玄米甘酒。麹と玄米、そして炊飯器があれば出来る話なんだけど。もしくは雑穀でもいいんだけど。
ぶっちゃけ我が家の炊飯器、3年以上使ってないので、果たして無事に作動してくれるかどうかに自信がないのであった。
……とりあえず、今度見かけたら麹を買ってみよう。


b0059565_1036926.jpg

おまけで、甘酒アイス。なんのことはない、AMAZAKEをアイスキューブ型で凍らせる。だけ。
ちょっとコクを足す為に、白練り胡麻を混ぜたけど、なくても大丈夫そうだな。

お皿に出して、少し柔らかくなったところで、好みのトッピングを。きな粉、餡、ナッツ、フルーツ。AMAZAKEフレーバー次第で選ぶのも、また楽し。
[PR]
by senrufan | 2008-07-12 10:25 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/9049238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikamika at 2008-07-14 11:03 x
研究心旺盛のMiyukiさんにはほんと頭が下がります。
麹の甘酒、2月に私は挑戦し、あえなく撃沈しました。。。カビゴン発生。たしかお鍋で作りました。
オーガニックの麹って手にはいるの?お味噌をオーガニックの大豆で作りながら、麹がオーガニックじゃないってのもあれかなと思ったのだけど、この辺で見かけたこと無いの。
Commented by peartree22 at 2008-07-14 14:07
本当に、どこからその探究心は湧き出てくるのでしょうか?
甘酒、今こちらでもいろんな種類が手に入ります。玄米とか黒米なども。実は飲む甘酒がこれまた苦手で、お菓子に使うのも躊躇しているのですが、Miyukiさんが作ったお菓子を見るとうずうずしますね。
あぁ、どこでもドアがあったら私が材料を調達し、Miyukiさんに数々の物を作っていただくのになぁ・・(他力本願あくまでも。殴)
Commented by マミィ at 2008-07-14 16:10 x
いやはや、こんなにいろいろな種類の甘酒をグローサリーストアーで売っているとは、アメリカとはやはり面白い国だなぁ。それに表示を読まなければ、シャンプーか、はたまた床磨きのワックスにしか見えないんだけど・・・。

甘酒がMiyukiさんの手にかかると、すばらしく美味しそうなお菓子に大変身。あぁ、マイ・エンジェルMiyukiさん、貴女はなんて素敵なんだ!

そんな貴女と同じ桔梗のガラス器を持っていることを発見して、幸せ感じている朝←見習って何か作って使いなさいよって。
Commented by すれっぢ at 2008-07-14 22:41 x
マミィさんと同じく!同じ北米でありながら、やっぱり商品のラインアップ
がそちらは違いますね~。甘酒を甘味料として使うとは、その発想にも
驚きです。

リンカーン・開放チョーップとかしてたのかな・・・(笑)
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-07-14 23:47
Miyuki さんのブログを見ていると、デザートって必ずしも甘くなくてもいいんじゃないかな?と思うようになってきます。甘さ控えめとか、ほとんど甘くなくても、目にも楽しく身体も十分に満足できそうな和スイーツたち。甘酒、探してみまーす。私は調味料で使うなんて、到底できそうにありませんが、、、
Commented by Chico at 2008-07-15 04:35 x
アメリカでも甘酒が手に入るんですね。
知りませんでした~。
甘党の私は、Miyukiさんの繊細なデザートに砂糖を足してしまいそうですが、、、。(笑)
美味しく食べられればそれでいいのではないですか~?
Commented by Miyuki at 2008-07-15 12:00 x
*みかさん
暇人が食欲を持つとロクなことをしない、という見本の自信あり(いばる)
そだ、確か作ったって日記に書いてたよね。そうか、またもやカビゴンの奴だったかー、うぬー。
オーガニックの麹、もしかしたらこの前行った、サンフランシスコのSuper Miraにあるかも。麦麹があったのは見たんだけど、冷蔵コーナーでは確かめなかったんだよね。今度行く機会があったら見てみよう。
Commented by Miyuki at 2008-07-15 12:03 x
*ちゃんさま
どこから。それはすべて胃袋からでございます。(真顔)
うわ、さすが日本、いろんな甘酒があるのですね~! 私は飲むのも気に入ってるので、ぜひ欲しいですが。お菓子に入れる分には、全然クセはありませんよ。むしろメープルシロップの方がずっと主張します。
どこでもドアがあったら大変です! きっと私は毎晩ちゃんさま宅の食卓に飛び込みますから!
Commented by Miyuki at 2008-07-15 12:07 x
*マミィさん
わははーーっ、確かに外見は誰が甘酒と思うか、ってなもんですな! でもパリ辺りで探せば、何かあると思うんですよ。マクロビ人口多いそうなので。いつかパリのマクロビレストランツアーに行って、そのままマイ・女神のマミィ姉さまのところに行けたらいいのになあ~~。

え、同じお皿ですか、嬉しいっ♪ これは引き出物でもらって以来、お気に入りの夏用皿なんですよ。
Commented by Miyuki at 2008-07-15 12:09 x
*すれっぢさん
そう、点滴をデザートに使う! 身体にいいこと間違いなし!(笑) しかしカナダには、メープルシュガーという強敵がいますからねえ。

> リンカーン・開放チョーップ

(ウケすぎて言葉にならない)
Commented by Miyuki at 2008-07-15 12:11 x
*shinaさん
野菜や豆、穀物って、そのものが自然に持つ甘味がありますよね。それをできるだけ引き出して味わう、というのが、本来のやり方だったと思うのです。砂糖は昔は薬だったんですよねー。ちょー高価な。
甘いものが欲しくなった時、少量の甘酒をゆっくり飲むと、血糖値が落ち着いて食欲が抑えられる、という効果もあるですよ♪
Commented by Miyuki at 2008-07-15 12:13 x
*Chicoさん
ね、こおゆうのがあるとは、って感じですね。マクロビは日本発祥ですが、アメリカから火がついたので、海を渡るとこうなるのかあ、という面白さ。
Chicoさんの魔法の手には、砂糖は欠かせませんからね、うん。
Commented by シーラ at 2008-07-17 10:28 x
なんか気まぐれ行動目立つミク生活の私でごめんね~
甘酒のボトルなんて日本でも観てないからビックリだわ!
甘酒アイスは見た目にもお上品で、夏のおもてなしにいい感じだ~~
パクラせてね(笑)
この前、味噌と味醂を手作りしようと思って、麹を買いに甲府にある「おかめ麹」という昔ながらの専門店に行った際、「甘酒の素」なるものを買ったのよ~日本酒で割ったら濁り酒になるし、お湯で割ったら甘酒!
豆乳で割ってアイスにしてみようかしら?アドバイスよろしくね(チュツ^^)
Commented by Miyuki at 2008-07-17 12:38 x
*シーラさん
いいえ、こうやってたまにでもお声を聞かせてもらえることが、どれだけ嬉しいかvv
そう、日本には逆にこおゆう甘酒はないですよね! ぜひぜひパクって広めてください、日本の誇る食文化♪
甘酒の素!? そんなのがあるんだー、くーっ、いいなあ日本。買出しに行きたあああい! 豆乳で割るのは良いアイディアですな。それに抹茶を足して抹茶ミルク味とか、小豆餡を混ぜて金時っぽくとか、ココアを混ぜるとか、つぶした苺とか! ああああ、私が食べたいです~~~
Commented by ヒカル at 2009-07-31 15:06 x
甘酒が売っているなんて驚愕です。アメリカであってアメリカじゃないみたいな町にお住まいなんですねーほんとにびっくりです。

私も甲田療法を始めてから酒かすで作る甘酒ではない、麹で作る甘酒の存在を知り、はまりました。白砂糖を断つ生活には玄米甘酒は貴重で貴重で。2合分と同量の麹で作りますとかなーーり甘いので、やっぱり薄めて飲んでます。いつもそれを使って何か作ろうかしら?と思うのですが、結局そのまま飲んでおしまいに、、、。食い意地が張ってるせいです、きっと。

あ、それとリンクに加えて下さり感激です☆☆ありがとうございます。なんだかリンクして頂くようなブログじゃないんですけど、せっかくリンクして頂いたので更新まめにしたいですーー
Commented by Miyuki at 2009-08-01 08:32 x
*ヒカルさん
アメリカの中でも、NY・LA・サンフランシスコは特別なんですよ。その近郊に住んでいること、本当に幸せに思ってます。マクロビはアメリカで火がつきましたし、ローフードはNY発祥ですからね!

おお、ヒカルさんは手作りされてますか、さすが! 私もようやくオーガニックの麹は見つけたのですが、まだ試してません。この冬はぜひ挑戦してみたいので、その時は色々教えてください!

リンク、こちらこそ光栄でございます。甲田先生のことも学べそうで嬉しいですvv 私も2冊ばかり読みましたが、まだまだっ、と思っているのですよ~。


<< とある果実の内側は 補給するなら早いうち >>