旬の空気が育てる味

奇跡の人の日、女性雑誌の日、演説の日
銀閣寺完成(1483年)
ソ連で世界初の工業用原子力発電所が運転開始(1954年)
松本サリン事件発生、死者7人(1994年)


ありがとう。有り難う。
お礼の言葉は惜しまずに。

この「ありがとう」ですが、元々は「有り難し」が原型であり。
それを分解すれば、「有る(存在する)」ことが「難い(難しく稀な)」わけで。

まとめると、「滅多にない」「貴重なこと」、という意味になるわけですね。


そう考えると、お気軽に「ありがと♪」なんて、連発しちゃいけない気にもなりますが。(アマノジャク)

* * * * *

【料理】
b0059565_11561563.jpg

春になると。なんつって、もう夏になるのにナニ言ってんだか。

いつもネットでお世話になっている、カリスマ・レシパーさん達のブログ。
少し前まで、春ならではの新玉ねぎを使ったレシピが沢山アップされて、目にするたびに、うわあ~~……とヨダレをこらえていたもんだった。




こちらでは、新玉ねぎというものこそ見ないものの、やはりsweetと名のつく玉ねぎの旬は、3月から6月ごろにかけて、らしい。
sweetといっても幾つか種類があるんだね。その名もずばり、spring sweetというのを見た覚えもあり。

そして先日ちょうど、オーガニックのsweet onionがセールになっていたので、ほくほくと4個ほど買ったのだ。ダイジョブ、我が家ではすぐに使ってしまうから。
せっかくの甘い玉ねぎならば、甘いレシピでいこうじゃないか。


b0059565_11573790.jpg

まずはお嬢の大好物、にんじんソース。中島デコさんのレシピから。
薄切りにしたにんじんと玉ねぎを、オリーブオイルで良く炒めた後、塩をふって出汁で煮る。十分に柔らかくなったら、フードプロセッサーでピューレ状にして、白味噌と梅酢を混ぜるんだ。

じっくり煮た玉ねぎとにんじんは、こたえられない自然の甘さ。
料理にかけて食べた後の残りは、お嬢がそのまま、ソースだけで一気食いしてしまいそうなほど。なので、この頃は寒天で固めて、おやつとして出している。
そうして別個に分けておかないと、この前みたく、旦那用の黒豆バーグwithにんじんソースの皿から、こっそりソースだけとこそげとってツマミ食い、なんてことをやりかねん(怒)

b0059565_11591767.jpg

甘いといえば、ジャムだろう。(ちょー短絡思考)
ということで、時々作る玉ねぎ味噌をちみっとアレンジして、玉ねぎのコンフィチュールなど。横文字使ったらカッコよく見えるかなー(殴)

弱火でじっくり炒めた玉ねぎを、更に甘く柔らかくなるまで蒸し煮する。いつもの味噌の分量を減らして、代わりに米飴を足す。
フードプロセッサーで滑らかにしようか、とも思ったけど、残った繊維をしゃくしゃくと食べるのも美味しいので。

玉ねぎ味噌をパンにのせるのも良くやるけど、甘いバージョンもまたよろし。
合いそうな具を考えて、サンドイッチにしてみようか。

b0059565_11594286.jpg

スイーツだって作れるよ。みるまゆさんのレシピから、新玉ねぎのふわふわムース
しんなりするまで蒸し煮した玉ねぎに、豆乳を加えて、フードプロセッサーで滑らかに。米飴と米粉を加えて鍋に入れ、もったりするまで弱火で煮る。
粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やして。余ってたブルーベリーをトッピング。

食べてみると、う~ん玉ねぎ!というお味。(アタリマエ) でもこの甘さが好きなんだ。
これもこのまま食べてもいいけど、何かとアレンジできそうだなあ。


炒めて、塩をふって、じっくり蒸す。オイルでも水でも無水でも。
時間はかかっても手間はかからず、それだけで野菜の甘さがはっきりと顔を出す。

今度は何を作ろうか。クッキーやケーキ、パンに入れても良さそうな。
[PR]
by senrufan | 2008-06-27 11:54 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/8913575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-06-29 12:59
私は「ありがとう」を連発しすぎて、時々安易に使いすぎる?と感じることがあります。有難みがないかなぁ、と。でも、ふとしたことで夫や家族に「ありがと」と言われるのって、嬉しくて。だから自分も感謝の気持ちを贈りたい。Miyuki さんのブログには何回言えば足りるかな、いや、足りない。(反語。)

そう。こちらではそもそも新玉ねぎというものを見かけませんが、春先から夏にかけて出てくる sweet onion がそれにあたるんだろうなと、勝手に解釈。もう、焼いて塩かしょう油だけで食べれてしまう玉ねぎたち。オリーブオイルとの相性もバツグン。手抜きと思われようが、一番シンプルに食べたくなる野菜ですね。新じゃがも食べたーい。
Commented by Miyuki at 2008-06-30 10:12 x
*shinaさん
私も人様にかなり連発してしまう方なので、いかんなあ、と反省することも多かったりします。でもなぜか家族には言えない意地っ張りヤロウなので、足して2で割ればちょうどいいかと(殴) でもshinaさんブログへの感謝は惜しみませんぞ!!

うんうん、もーーただ焼くだけでも、蒸すだけでも、ほんとーに美味しいですよね~! じゃがいもはすっかり口にしなくなってしまったのですが、この季節限定と言われると、ついつい手を出したくなってしまいます。
Commented by miki at 2008-06-30 12:46 x
こんにちは
久しぶりにお邪魔します。
ありがとうは、沢山言ったほうが良いみたいですよ
ありがとうと云うにふさわしいシチュエーション
つまり自分にとって良いことが自然と発生してくるんですって
何もなくてもひとりごとでも
ありがとうと言っていることはいいことだそうです。
なんかの本に書いてました。
Commented by ayumin_moo at 2008-06-30 14:58
うちはオットが本当に有難いときでないと「ありがとう」と言わない人なので、時々寂しく思うときがあります。言葉の成り立ちから考えると正しいのかもしれないけど、やっぱり「ありがとう」は沢山言った方が、周りの人は気持ちがいいと思います!(さりげなくグチ)

日本にいたときは毎年新玉ねぎの季節を楽しみにして大量に食べていたのですが、こちらにきてからは諦めて探そうともしていませんでした。(恥)spring sweetという玉ねぎ、ぜひとも試してみます!旬が6月までということは、もうすぐ終わってしまいますね。急がなくては。
玉ねぎでスイーツもできてしまうなんて驚きです。コンフィチュール、パンに合いそうですね~♪
Commented by Chico at 2008-07-01 03:11 x
玉ねぎ料理が続々で、楽しいですね♪
それもとっても美味しそう。
私はWara waraオニオンを買いますが、こちらもなかなかいい感じです。
主人の実家ジョージアでは、Vidaliaオニオンなる玉ねぎが有名で美味しいのですが、CAでは手に入らないですよねぇ。
Sweet Onionでコンフィチュール、なかなか素敵です♪これでフレンチオニオンスープもいい感じですね♪

うちではThank youは常識化しています。お気軽に使ってますよ~~~。(笑)
Commented by Miyuki at 2008-07-01 12:09 x
*mikiさん
うわあ、お久しぶりです~!! 再会できて、すごくすごく嬉しいです!
ああ、それは確かにありますね~。温かいものは、温かいものを招いてくれる。感謝は感謝を呼ぶ。それは時々感じます。
どれだけ心をこめるかはその時々としても、まずは言葉は惜しんではいけないのですねえ。
Commented by Miyuki at 2008-07-01 12:13 x
*ayuminさん
なるほど、旦那様は慎重派でいらっしゃいますな。奥様とは、心と心で通じ合っているから、という信頼感によるものではないかと思いますが! でも実は結婚10数年の我が家、たとえ家族といえども、言葉は惜しんじゃいけないということを、年々強く思うようになりました。旦那様、ぜひひとつ、今から心がけていただきたいっ。(リクエスト)

日本だと逆に「初物」として大々的に売るから、目についていた、というのもありますよね。こちらだと、明らかに新玉ねぎだと思うのに、無言でいつもの玉ねぎの棚にあるだけだったりして、商売っ気がないったら(笑) コンフィ、美味しかったです~。もー、パンの上に山盛りで食べてます。ああ、これがayuminさん製のパンだったら……(願望)
Commented by Miyuki at 2008-07-01 12:19 x
*Chicoさん
私もワラワラ大好きです~! 初めて食べた時はカンドーしました。
Vidaliaですか、ううう、食べてみたい! 調べてみたら、幾つかの州の名物sweet onionがあるのですね。こうなったら、春先玉ねぎ探索旅行を企画するしか(殴)
オニオンスープ、食べたいです~。どこかでぐっと寒くなってくれないですかねえ(笑)

ありがとうをさらに惜しまないようにしようと思ったのは、アメリカに来てから、だったりします。特に家族には、言わなくてもわかるだろう、みたいなところがあって。でも、「ありがとう」「おめでとう」「すごい」等々、その手の言葉を照れずに言えるようになったのは、アメリカの人のおかげ。言葉を惜しまないご主人様とChicoさん、素敵なカップルだ~vv
Commented by peartree22 at 2008-07-01 17:01
昔、OL時代に先輩にフォローしてもらったりしたときに、「すみません」を連発していたら(できない新人だったのです)、「すみません」より「ありがとう」の方がうれしいわ。とさらりと言ってくださった方がいて、それ以来、「ありがとう(ございます)」の方を使うようになりました。
でも確かに「ありがとう」の連発も時によっては、失礼になることもあるかも。やはり何事も”ほどよさ”が難しいですね。

新玉ねぎレシピ、またまた目うろこばかり。にんじん好きの娘のために、人参ソース、さっそく作ったら、やつは何もかけずに、そのままぺろり。
2個と3本で作ったんですけれど・・・。

ふわふわムース、私は甘さを加えずにおかずの一品として作ってみようかと。葛を入れてテリーヌっぽくならないかなぁ?と。今が旬のアスパラとかきゅうりやコーンをムースの間に散らしてみたらどうかな?なんて、まだ頭の中ですが。今週のベジ日にやってみたいと思います。
Commented by Miyuki at 2008-07-02 12:21 x
*ちゃんさま
なんとすばらしい先輩でしょうか~! そおゆうことを、さらりと言える先輩になりたかったです、ワタシも……(遠い目) そう、程好さの見極め、これがなかなか難しく。もっと落ち着いて話せればいいのですけどねえ。

にんじんソース、作ってくださって嬉しいです~! これはほんとにあちこちで好評なんですよ。何も甘味料を入れなくとも、やっぱり子供はわかってくれるんだなあ、と思いますね。

うん、おかずムース、それアリです! ぜひぜひやってみてほしい~~。ちゃんさまの広がるアイディアを聞いているだけで、すでに口の中にヨダレがあああ


<< 昇るその背に声援を その生息地の拡充を >>