進む速度が心地良く

正倉院宝物はじまりの日、冷蔵庫の日、スナックの日
日本がユネスコ、ILO(国際労働機関)に加盟(1951年)


世界各国人の持つ性格をネタにしたジョークは、数限りなくありますが。
今日読んだ本の中に、そのシリアスバージョン+パンドラの箱の悲劇版、のようなエピソードがのっていたので、覚え書として。


「神が人間を作られた時、はるか遠くの島の洞窟の奥深くに、悪という悪、悲しみ、苦悩、はては死まで閉じ込め、ダイヤモンドの扉に鉄の錠前を下ろされた。……女は生来の軽はずみな好奇心を抑えきれず、男をたぶらかして鍵を盗んでしまう。それからあと先も考えず---女はまず実行し後から考えるもので---扉を開けてしまった。……真っ先に飛び出した悪の親玉、傲慢はスペインに行きつき、自分の性に合っているとばかりそこに永住する。この傲慢は自らの同類項である。うぬぼれ、他者へのあなどり、命令屋で、誰の下にもなりたくない連中らと共にスペインに君臨する。ちなみにフランスには強欲、イタリアには欺瞞、アフリカの方には怒りが回り、アラビア人や猛獣の中にはびこる。大食はドイツへ。無節操は英国、単純はポーランド、不忠実はギリシャ、野蛮はトルコ、抜けめなさはモスコビア(ロシア)、残虐はスウェーデンへ。快楽はペルシャ、臆病は中国へ。日本には向こう見ず。怠惰は遅れをとり、どこも満員であったのでアメリカに渡り、インディオの中に住みついた。名だたる淫乱。これは一地方におさまるにはあまりにも大きすぎ世界の隅から隅まで行き渡った」
そして、この話の終わりには。
「ありとあらゆる悪はまず女に襲いかかり餌食にしたわけで、したがって女は、頭のてっぺんから足の先まですっかり染まってしまった」

読んでいた本は、スペインを舞台にしたもので、スペイン人の性格や生活ぶりが、作者の視点から詳しく描かれており、スペイン未訪問の私にはなかなか面白く。特に女性観。
ちなみにこの文は、17世紀スペインの代表的作家・思想家、バルタサール・グラシアンの「妄評家(El Criticón)」という小説の中から、だそうですよ。



スペインに興味のある方は、ただ今shinaさんの素敵ブログで、スペイン旅行記が絶賛連載中なので、ぜひご訪問をば。写真が絶品・描写も的確な、すんばらしい記録でございますよ~。(shinaさん勝手にごめんね)(ぢまんしたいファン心)

* * * * *

【パン作り】

数回の失敗の後で、ようやく成功して生き延びてくれたもの。
それは自家製酵母エキスから作る、自家製酵母種、であるのだよ。

以前にも、レーズン酵母の元種をなんとかかんとか使ったけれど。あの後種継ぎをしてみても、やはり成長することはなく、結局あきらめる羽目になったのだ。
酵母作りは、素材と水を瓶に入れて、ただひたすら祈って待つだけなので、子育て以上に手を出しようがなく。ダメな場合は、これはもう神の采配としか(オオゲサ)(つか、そう思わないとやってられん)

どうすべー、と思っていた時に、佐原文枝さんの新しい本を手に入れたので、そちらで紹介されていたクイックヨーグルト酵母というものを、試してみることにしたのだよ。



と言いつつ、これも根本はレーズン酵母。幸いうまく泡立ってくれたので、そのまま元種を起こそうかと迷ったけれど、まずは初志貫徹。
レーズン酵母液、プレーンヨーグルト、水などを瓶に入れ、また液がしゅわしゅわとなるのを待ったのだ。

そしたらできたよ、ヨーグルト酵母。
粉を足してみたら、初めてうまく膨らんで、そのまま継いでもOKだったんだ。
今度こそ!と唱えつつ、パンに使ってみたのだった。


b0059565_10102616.jpg

本にのっていたずんぐりパン。ピーカンナッツ入り。
強力粉に全粒粉、ライ麦粉も入ってる。水と元種、塩、ナッツ。そして甜菜糖を少しだけ。
夜にこねて一晩置いたら、翌朝にはそれなりに膨らんでくれていて、ほっと胸をなでおろす。

成型・焼成と進んで、焼きあがったパンは、ぱんぱんに膨らんでいてびっくりだ。
この後作ったパンもそうだけど、発酵は期待したほどは膨らまないのに、窯延びがすごいんだよね。ホシノ天然酵母だと、なぜかこれが逆になる。これも我が家だけの現象か?

b0059565_10111270.jpg

その後、1週間ごとに焼いては種を継いで、一番最近作ったのは、シンプルなパン・ド・ミ。全粒強力粉と無漂白強力粉を半々使いで。
ここまで全粒粉の割合を増やしたことがなかったので、やや実験的だったけど。問題なく焼けてくれたし、味ももっちり、いい感じ。

b0059565_10124927.jpg

少し時間の余裕のある朝だったので、合わせるものを考えて。
milletと豆腐のスクランブルと、ズッキーニと茄子のオイル醤油蒸し

炊いたmilletと豆腐、白味噌、レモン汁などを、フードプロセッサーでクリーム状にして。鍋でゆっくり温めながら、余ってたsoyソーセージを加えて、もったりとスクランブルエッグ風。
輪切りにしたズッキーニとItalian eggplantを、少量のオリーブオイルと醤油などを加えて混ぜた後、とろりとなるまで蒸し煮。

あとはいつもの自家製ベリージャム、自家製ハマスなどを並べた後に、パンをスライスして、更に4等分にカットして。
ちっちゃく切れば、それだけ手軽に多くの種類が試せて楽しい。カナッペ風、といえば聞こえはいいけど、なんのこたーない、庶民のビンボー根性ダネ!(爽やかに)

b0059565_10138100.jpg

自家製酵母は液にしろ種にしろ、勿論お菓子にも使えるよ。
幾つか作ってみたけど、その中から、天然酵母フルーツケーキ

粉は全粒粉のみで、元種、パンプキンシード、レーズンにプルーン、ドライチェリー、だったかな。
グレープシードオイルと、甘味はりんごジュースを使って。レシピはメープルシロップだったのだけど、最近メープルの甘さがキツく感じられるようになってきたので。
市販のお菓子の甘さには耐えられても、なぜか自家製お菓子では、どんどん甘味が減る傾向。全くないのも味気ないし、それだけ幸せ感(!)が減るから、ゼロにする気はないんだけどね。

これも材料を混ぜたら、やっぱり一晩、もしくは数時間放置式。更にお菓子なのに、二次発酵までやっちゃうの。
焼きあがって冷めた後に食べてみたら、パンと同じようにもっちりとした歯応えで、小腹がすく3時のおやつにちょうどいいかなあ、というものだったよ。


天然酵母のパンやお菓子は、トータルでは結構な時間がかかるけど、どれも基本的にはほっておけばいいわけで、むしろ楽なぐらい。
やはり自家製酵母で作ってらっしゃるChicoさんayuminさんがおっしゃる通り、たとえ2~3時間でも、自分の時間をその為にあけておかなくてはならないイーストパンなどよりも、かえって自分のペースが作れるのが、自家製酵母のありがたいところだね。
生地の発酵のピークが長いので、「次、次!」と焦らなくてもいいし、私のような小心者には、肩の力が抜けて良い。


しかし、いくらおうちパンだからって、もっと成型時には緊張した方がいいと思う。いくらなんでも、最近手を抜きすぎだよ自分……
ということで、天然酵母師匠方のパンを始め、いろんな方の美しいパンの写真をネットで拝見しては、眼福の一時を過ごすのです。
[PR]
by senrufan | 2008-06-21 10:03 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/8863648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-06-23 13:46
家庭的な Miyuki さんの影響で、Chico さんやあゆみんが自家製酵母にはまり、焼いたパンの試食係をさせていただけて大感動している今日この頃です。それもこれも Miyuki 師匠のおかげ?!天然酵母の味なのか全粒粉の味なのか私には区別できないのですが、あの素朴さ、大ファンです。それに Miyuki さん特製ベリージャムや自家製ハマスがついてくるなんて、想像しただけで・・・!(くらくら~。。)

世界各国の人種をネタにしたジョークは面白いですよね。知らない特性にへぇと感心。日本の向こう見ずはダークですが。つたないブログをご紹介いただいて恐縮です。。Miyuki さん効果で一気にアクセス数が増えたらどうしようっ。(嬉しい心配。)
Commented by マミィ at 2008-06-23 14:52 x
スペインの作家・思想家のジョーク、興味深いですねぇ。最後まで読んで思ったのが、彼が人生で女性に相当ひどい目に合ったのだろうなということ。そちらの方ももっと面白そうだと思うのは私だけでしょうか(笑)

Shinaさんのブログ、お邪魔しました。自分も一緒に旅行しているような気分になりますね~。ご主人の写真も素晴らしい!またゆっくりと読ませていただきたいと思います!

そして、いやはや、いつもながら素晴らしく美味しそうなパンを・・・うううっ。今朝はズッキーニの匂いがして来ましたぞな。
Commented by ayumin_moo at 2008-06-23 15:53
すみません、Miyukiさんのお宅に朝食探検に行ってもよろしいでしょうか?
心配とは裏腹に、なんと美味しそうなパンたちでしょう!パンがにこにこ笑っているように見えます。私と同じ本を元に作ったとは思えない。。。(比べる方が間違い)
そして、トッピングが素敵すぎ!まるで地中海料理屋さんのようです~。

「妄評家」という言葉を初めて聞きました。国の特性、おもしろいですね!
「抜けめなさはモスコビア」にうけました。
私の向こう見ずな性格は、鍵を盗んだ女性のせいだったのですね。(納得)
Commented by peartree22 at 2008-06-23 16:30
あーーーん。師匠~!!!!!(今まで禁じ言葉にしてましたが、やっぱり呼ばせてもらいます!師匠~~!!!)。
今日こそは、今日こそは二人の間を隔てる太平洋がこんなににくかったことはございません。ずんぐりパンのもっちりした膨らみ具合といい、香ばしそうな焼き具合といい、もう、もう、もうっ(かなりの興奮お許しを)。
パン・ド・ミもこんなにできたら、毎日でも鼻歌交じりに焼くだろうなぁ(涙)。
しかも、なんでしょうか!この美味しそうなパンの友たちは。
お嬢さん、外食できなくなるはずですよ。本当に。

冒頭の話も面白かったです。スペインは行きたくて行きたくてたまらない国のひとつです。shinaさんのブログ、実は隠れファンなので、さっそくお邪魔しちゃおうと思います(あ、言っちゃうと隠れにならないですね・・)。
ご紹介ありがとうございます。
Commented by Miyuki at 2008-06-24 10:24 x
*shinaさん
長年生きてきましたが、”家庭的”と言われたのは、マジで生まれて初めてでございます……!(ぶるぶる) うちの中の惨状をご存じないshinaさんの優しい誤解を、できたらこのままにしておきたい。そんな白昼夢。
えええ、あのお二人のパンを試食!? な、なんとうらやましーー! 美味しいのは粉や自家製酵母は勿論ですが、お二人の腕がすばらしいのが一番の理由でございますよ~vv

あまりに素敵な旅行記なので、いいものは皆でシェア!のぽりすぃの元、勝手に紹介させていただきました。許してくださってありがとう~。あ、でも思いっきし僻地なこの場所、ごめんなさい、アクセスアップに貢献できなくて(涙) その代わり、来てくださってる人の質は最高ですから!
Commented by Miyuki at 2008-06-24 10:29 x
*マミィさん
あのね、この人、スペイン文学史の中でも、”女嫌い”文学の中に位置するんですって! もーー爆笑!! でも読んだ本によると、スペイン人は女性を褒め称えてくれるけれども、根っこでは女性は家にいるべき・男性に従うべき、みたいな価値観があるとか。現在はどんなもんでしょうね~。
スペインは行かれたことがありますか? ヨーロッパは陸続きですから、比較的行きやすいのでは、と思うですが。

姉さまのうどオンパレードにヨダレした私は、せめて手近にある野菜を味わおうと……ううっ(涙) なんつって、野菜が豊富なこと、ほんとにありがたく思ってます。おかげで不出来なパンの味をカバーできるし(おい)
Commented by Miyuki at 2008-06-24 10:33 x
*ayuminさん
ええ、どうぞどうぞ、ayuminさん宅の夕食探検3回分のチケットと引き換えなら!(真剣)
私こそ、同じことを思いましたぞ~。なんで同じ本で、こんなに美味しそうに作れるの!?って。次は何を作られるのか、今から楽しみにしてるんですが!

そう、日本の「向こう見ず」はダークですよね~。カミカゼとかあの辺りから来てるのかなあ、なんて思ったりしちゃいましたよ。この分析でいけば、私は「アメリカに長く住んでいる英国系中国人」のハズですな。いやあ、鍵を盗んだれでぃには困ったもんです。
Commented by Miyuki at 2008-06-24 10:37 x
*ちゃんさま
あーーー、それは禁言葉! 少なくとも私には言ってはいけません! ちゃんさまともあろう方が~~。どうしても師匠と呼ぶなら、ほら、私達には共通のあの方がいらっしゃるではないですか。料理もキルトもプロ級の、美しいあの方が!
や、この食パン、実に不恰好ですよ~(涙) パン教室でもっときっちりした成型を教わったのに、おうちパンだからいいやと、ほんとに手抜き続き……ますます人様にはあげられない代物になってきております、とほほ。

ふっふっふ、ちゃんさまもやはりファンでいらっしゃいましたね♪ 情報満載・ベイエリアに新しく来られた方は特に必見の人気ブログさんですよー。
Commented by Chico at 2008-06-24 11:58 x
私もパン・ド・ミを焼きましたよ~♪
私も全粒粉と強力粉を半分ずつ配合しています。
まだまだ修行中の身で、人様に上げるなんてとんでもないのですが、shinaさんたちにあげちゃいました。(笑)
うん、発行の次点では今ひとつ膨らみが足りないけど、オーブンに入れるといい感じに膨らみますね。
それも天然酵母の楽しみかな♪
私もリンク貼らせてもらいますね。
Commented by Miyuki at 2008-06-25 08:30 x
*Chicoさん
はいっ、ブログで拝見しました! パン・ド・ミも勿論、ピザがすんごく美味しそうで~~vv 今度私もピザ生地にチャレンジしてみますね!
あ、Chicoさんのところの生地もそうですか、ちょっとほっとしました。や、何をやっても、「私が悪いのか……」と思い込む自意識過剰なヤツがここに(笑)
リンク、光栄至極でございますよ~♪


<< 意志の介在する成り行きは 引き出されるのは本来の >>