Savor your youth

日記の日、バザー記念日、宮城県民防災の日
清水次郎長没(1893年)
日本初の原子力船「むつ」進水(1969年)


インディゴ チルドレン

ADHDなどの食事療法について調べていたら、こんなところに行き着きました。
他にも、色々とサイトがあるようです。


スピリチュアルな世界に踏み込む気はないのですが、少なくとも私の周りで、子供が何らかの障害を宣告された家庭では、お母さんがすばらしい人ばかりで、尊敬以外の気持ちを持ったことがありません。
そういうお母さんとお子さんを見ている限り、
「そういう子供は、自分を受けとめられるだけの器のあるお母さんを選んで生まれてくるのだ」
という言葉を、信じられるような気がするのです。



だってほら、私のようなお母さんのところには、えっっっらく手のかからない子が生まれてきてるわけですし、ねー。(同意を求めてみるテスト)

* * * * *

【学校】
b0059565_14362518.jpg

お嬢、本日で現地ミドルスクールを卒業。6年生から8年生まで、あっという間の3年間。
期待したほど背は伸びなかったけど、中身はそれなりに成長した、と親は思ってる。というか、思いたい。(願望)



Kindergarten、小学校と、現地校での卒業式はこれで3回目になるのだけど。いまだに日本流をひきずってる私は、どこかしみじみとした気持ちで会場に行っては、そこにみなぎる底抜けの明るさに、改めて目を見張ってしまうんだ。相変わらず学ばないヤツだ。
今日も、一応それなりの服装をしていったのだけど、会場に着いてみたらなんのこたーない、ジーンズ、バミューダパンツ、Tシャツ姿がごろごろと。女性はともかく、男性で背広姿の人は、日本・韓国・中国人だけだった。
だって校長先生からして、「ちょっとオシャレなアロハシャツ」だったもんなー。

しかし、さすがに主役達はすごいよ。
学校によってはガウンと帽子着用だけど、うちの学校は完全私服のみだったので、その華やかさが目にまばゆい。
女子の7割が、肩出しドレスでございましたよ。チューブドレスも多かったよ。
一応ドレスコード(服装規定)もあったんだけど、女子はストラップなしや背中出しは禁止、となっていたのだけど、んなもん、だあれも聞いちゃいない。
3年間の成長っぷりを、惜しみなく見せつけてくれましたがな。


b0059565_14364863.jpg

明るく、にぎやかに始まるよ。総勢348名の旅立ちの儀式だよ。

国歌と「America the Beautiful」の斉唱の後は、生徒達からの「Welcome」の挨拶だ。それもなんと、37ヶ国語でね。
英語から始まって、アラビア語、アルメニア語、ベンガル語……と、ABC順に、それぞれの国を母国とする生徒が一人ずつ立って、

「2008年、○○スクールの卒業式に、ようこそいらっしゃいました!」

と言っては、次にバトンタッチ。ちなみに↑は、当然日本人の生徒の挨拶から。

中には間違えたり、単語を忘れてしまった子もいて、すでに母国語は英語になってるのか、と思われる生徒もいたけれど。少なくとも、その国に関わりがあることは間違いないわけで。
一校の一学年に、これだけバイカルチャーの子供達がいるということ自体、ベイエリアという地域の象徴に他ならず。

b0059565_14380100.jpg

校長の挨拶、記念品の贈呈、来賓紹介などを経て、ハイライトは生徒一人一人への、卒業証書授与のセレモニー。カウンセラーの先生が名前を読み上げ、担任の先生が手渡し役をつとめ、生徒は一人ずつ進み出る。

348名のうち、私が知っているのは一部だけだけど。
知ってる子が前に出るたび、瞬間でその子の3年間の姿が脳裏に浮かぶ。

大きくなったなあ。
言葉にすればその一言であっても、決して身体だけのことじゃなく。


バラを一輪ずつ手に持って、満面の笑顔で会場を、そして中学を去ろうとしている彼ら。
行く手にあるのは、まずは高校、そしてその後も続く道。

彼らの未来に幸多かれと、カウンセラーの先生が贈った言葉。
どうか心から噛みしめて、新たな旅立ちの糧となりますように。


Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did so. So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover.
                                     Mark Twain


今から20年後に君は、やったことよりも、やらなかったことに失望するだろう。
だから今は、綱を解け。安全な港から出航せよ。
貿易風を帆に受けながら、探検し、夢を見て、そして発見していくがいい。          
                                     マーク・トウェイン」

*-*-*-*-*-*-*-*-*

お嬢については、ちと思うところがあるので(そりゃあるだろう)、また後日。気が向いたら。
ちなみにEnglishで、Honor Student Awardをもらいましたですよ。

総体的に見て、日本人の生徒には、「英語は現地の子より劣るけど、数学は優れている」という傾向があるのですが。
英語がこんな感じで、一番の足ひっぱりが数学の彼女、やっぱり純粋日本人じゃないんじゃないか。

ということを口にすると、ムキになって否定して、しまいにはケンカになるので、まあ今日のところは勘弁してやろうと思っておるです。
んなこと思ったところで、あの体型を見れば、どっからどう見ても日本人以外のナニモノでもないんですけどね。(更に怒りを誘う発言)
[PR]
by senrufan | 2008-06-12 14:33 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/8790867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Chico at 2008-06-14 15:04 x
お嬢さんの卒業式だったんですね。おめでとうございます♪
昔、ハイスクールの前のレストランに勤務(もう何処だかご存知ですよね?)していたのですが、ま~、みなさん、凄い格好でございましたよ。
特に女の子の露出度の高いこと、男の子のパンツ見え見えのズボン姿といったら、、、あの子達の親じゃなくてよかったと思ってしまうくらい。
さてお嬢さんですが、Honor Student Awardをもらったとのこと。素晴らしいですね。やはり小さな頃から英語に慣れ親しんでいるからなのかしら?羨ましいことです。私は英語も数学もダメだもん。(笑)
Commented by ゆみたち at 2008-06-14 15:19 x
さらっと書いてますが、Honor Student Awardって、をををををい!
私からお嬢にってことで、ハグと惜しみない賞賛の嵐を。


Commented by mikamika at 2008-06-14 15:56 x
ご卒業おめでとうございます!
Honor Student Awardなんて、滅多なことでもらえるものではありませんよぉ。お嬢、すごいわぁ。
Commented by すれっぢ at 2008-06-14 22:37 x
ご卒業おめでとうございます。いいな~、屋外の卒業式・・・・
日本のみたいに格式ばってなくて。カリフォルニアの青空の下で
なんて、格好いいです~。

インディゴチルドレン・・・う~ん、素直な感想。何でも言ったもん勝ち
・・・です。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-06-15 00:51
お嬢様、ご卒業おめでとうございます。
あわせて、ミドル卒業までこんなに立派な日本人!としてお嬢様を育てられてきたMiyukiさんにも大きなお疲れ様を。

37ヶ国での挨拶、母国語は既に英語?の現象、まさにベイエリアならではの、この地だからこそ体験できる貴重な経験。青空の下、広々とした芝生の上での卒業式もアメリカらしくてすがすがしい気持ちになります。

中学校卒業式の服装規定が年々厳しくなってきているという記事を読みました。オシャレをしたいティーンの気持ちも分かるし、難しいところですね。お嬢様はどんな格好で参加されたんでしょうか?わくわく。
Commented by Miyuki at 2008-06-15 10:06 x
*Chicoさん
ありがとうございます!
そうそう、ほんとに昨今の若者達って、すんごいカッコしてますよね~。あまりに発育良すぎて、年齢不詳だし。はっきり言って、間近で見られなければ、私の方がよっぽど年下に見える自信が。
なにをおっしゃいますか、Chicoさんの英語はすごいと思いますぞ! うちの娘は3歳ちょうどから現地のプリスクールに入ったのと、ほとんど日本人のいない環境で育ってきたのとで、やはり英語は身につきやすかったと思うです。でも数学は3歳からでもどうしようも(あああああ)
Commented by Miyuki at 2008-06-15 10:08 x
*ゆみたちさん
いやいや、うちのガッコはそれなりの人数がもらえるのよ~。
ありがとねえ、賞賛は彼女に伝えて、ハグは100%、母親の中間搾取、ということで!(アヤツにはもったいねーです)
Commented by Miyuki at 2008-06-15 10:09 x
*みかしゃん
ありがとねえvv
なにをおっしゃる、ユウ君だってMathのHonorもらってたじゃないの~。ほんと、今度ぜひ爪の垢を! つか、家庭教師をお願いした方が良いのだろうか……(しくしく)
Commented by Miyuki at 2008-06-15 10:12 x
*すれっぢさん
ありがとうございます~。そう、屋外の式も良いものです♪ 但し気温次第。この日は暑くて、水ボトル必須でございました……雨傘を日傘にしている人も、たあくさんいたですよ。

うん、私も信じるか信じないかは特にコメントしませんが。>インディゴ
でも、育てる側の気持ちを考えると、こおゆう見方があるのもわかるなあ、というかね。
Commented by Miyuki at 2008-06-15 10:18 x
*shinaさん
ありがとうございますー! わあん、相変わらず優しいわあ、shinaさんvv でも勝手に育ったんですけどねー(おい)

ほんと、この挨拶はビデオに撮っておけばよかった!と思いましたよ~。彼らの言葉、本当に正しくしゃべっているのか、全くわからないところがミソ(笑)

服装規定、子供達が年々エスカレートするから、厳しくしていかざるをえない、というとこかもしれませんね。娘のカッコは、えーとえーとえーと……いろんな子から、「Japanese schoolgirlのコスプレ!」と大変ウケたことだけお伝えしておきます……(号泣)(だからヤメロと言ったのに)
Commented by ayumin_moo at 2008-06-15 15:59
お嬢様、ご卒業おめでとうございます!!!
(すっかり出遅れてしまいました~。。。)
そして、お嬢様を支え続けたMiyukiさんにも、祝福の拍手~!

中学って、身体も脳も精神も成長が大きいですよね。感動もひとしおだったことと思います。Honor Student Awardなんて、さすがです~!

マーク・トウェインの言葉、深くうなずくばかりです。私も、将来「後悔」したくないという思いで「航海」を続けています。(掛け言葉。ダジャレともいう。)大海原だと思ったら水たまりだったことは秘密です。
Commented by frogfreak at 2008-06-16 04:39
ご卒業おめでとうございます。
そしてHonor Sutdent Awardの受賞(?)おめでとうございます。
やっぱり、お嬢様、優秀ですねっ。
日本語も英語もしっかりおできになって、チョー文系なんですね。
やっぱり母上の表現力あふれる文章からして、その影響は大きいんでしょうね。両方の言葉を駆使できるお嬢様って素晴らしい!
大きく育ったお嬢様のこれからの人生がより素晴らしいものとなりますように!
Commented by Miyuki at 2008-06-16 10:03 x
*ayuminさん
ありがとうございます! そして私にまでお気遣いいただいて嬉しい~。でも娘に言ったら、きっと「支えてなんかもらってない!」と激怒されそうですが、とほほ。

いえいえ、もっとすごい賞があるんですよ~。例えばCitizenshipとか、ボランティア活動などに着目したものとか。単に成績がよければもらえる、というものではないところがいいなあ、と思うです。

おおっ、それは至言だわ!>航海 ayuminさんレベルから見たら水たまりでも、私から見たら大荒れの海かもしれない。これからもayuminさんの航海の無事を祈っております! 私はすでに20年後は考えられない身になってまいりましたので……(老い先短い予定)
Commented by Miyuki at 2008-06-16 10:08 x
*frogfreakさん
ありがとうございます~!
優秀なんてとんでもない、おっしゃる通り、ちょーー文系人間で、私に似て物理と数学が天敵という、かわいそうなヤツなんでございます~(しくしく)
でも、彼女が日本語を、低空飛行ながらも維持できているのは、間違いなく私のおかげですよ、えっへん。だって私が英語ができないから! 私には日本語使うしかないから!(爆)
Frogfreakさんとベビちゃんの未来は、もっともっと明るく輝いたものでありますようにvv
Commented by peartree22 at 2008-06-16 13:10
遅ればせながら、お嬢様、ご卒業おめでとうございます。
37ヶ国語の挨拶もすごいですね。そうしたいろんなお国柄を背景に持つ友達に囲まれて、異国の地で、日本人としてのアイデンティティをしっかり持ち、さらに芸術的センスを磨き上げているお嬢さん。
それゆえのHonor Student Awardではないでしょうか?
Miyukiさんが選ばれたマーク・トゥエインの言葉もぐぐっときますね。
彼の言葉のように卒業からもう20年以上たっている私なので、このところ怠けてばかりですが、もうちーっとまだ夢を持ち続けていたいものです。
Commented by さまんた at 2008-06-16 23:19 x
おじゃまします。マミィのところから来ました。

お嬢さんご卒業おめでとうございます!その上賞まで受賞しちゃってすばらしい!!
しかしインタナショナルで陽気な卒業式なんですねー。校長までアロハ!ですか。
ちなみにコチラは卒業式とういもの自体が存在しません・・・70年代闘争以来そういう『形骸的』なものはすべてなくなったんだそうです。Miyukiさんと同じく、卒業式とかに特別な思い入れのある日本人の私としてはつまらんことこの上ないです。

またお邪魔しに来ます!
Commented by Miyuki at 2008-06-17 12:26 x
*ちゃんさま
ありがとうございます~!
いえいえいえいえ、それは褒めすぎ、というより、それはすでに別人でございますよ、ちゃんさま!(大汗)
マーク・トウェインの言葉、良いですよね~vv 私も全然知らなかったのですが、どうやらかなり有名らしく。校長先生の挨拶には、これという言葉がなかったので(おい)、カウンセラーの先生の言葉を拝借しましたです。
そうでした、私も今年が卒業20年目なのでした。もう夢も若さも枯れ果てましたが、その分、若い子に託していきたいと!(すでに老後の心境)
Commented by Miyuki at 2008-06-17 12:30 x
*さまんたさん
うーーわーーーー、大感激でございますーー!! こんな僻地まで来ていただいて、本当にありがとうございます!

そう、あっかる~くパワフルな卒業式がこちらの特色なんですが。が。
ええええ、フランスにはないですか!? そりゃあ驚きモモノキです! しかも、その理由が渋いったら。イベント大好きなアメリカが、フランスに嫌われるわけですなあ、うんうん。
でもそうなると、ご家庭ではどうされるのでしょ? やっぱりおうちではお祝いされるのでしょうか? でないとなんというか、人生の節目が、と思ってしまう日本人のワタクシでございます。

私もさまんたさんのところにおじゃまさせていただきます~~vv
Commented by さまんた at 2008-06-17 18:21 x
驚きモモノキの国のお話のつづきです。
まずですね、『卒業』にぴったり相当するフランス語というものが存在しないんですよ・・・これには私もビックリしました。
でも一応中学・高校の修了年には国家試験があってですね(大学なども然りですが)、それに合格するとそれなりに家族でお祝いしますが、学校で授与式とかのセレモニーをするという観念がない。つまらんですよね~学友やお世話になった先生方と祝い合うのもまた、感動の度合いが違うと思うのですが。

僻地はウチのほうです・・・ココはほんとに田舎なんすよ。来ていただいて感激です!
Commented by Miyuki at 2008-06-18 12:37 x
*さまんたさん
なるほどぉぉ、聞けば聞くほどおもしろいですっ! 卒業という言葉がないなんて、じゃあユーミンの歌に感動できませんね! ダスティン・ホフマンの映画はどうなるんだ!(錯乱)
あ、でもその国家試験(バカロレア、でしたっけ?)は大変難しいのですよね。セレモニーがないというところからも、フランスの個人主義はやっぱり違うはずだよなあ、と納得してしまいます。どうしても身に付く「お国柄」というものには、家庭だけじゃなく、学校などの環境も大きく物を言うという、いい例かもしれませんね。うーん、面白い! もっとさまんたさんのお話を聞きたいです!(うずうず)

ということで、もっともっとおじゃまさせて下さいませvv
Commented by kiyo at 2008-06-19 02:34 x
遅くなりましたが、お嬢様、ご卒業おめでとうございます。明るい太陽の下での卒業式もまた日本と違った意味で、ずっと記憶に残るものになりますよね。明るい未来が待っているーって感じ。
Honor Student Awardを頂いちゃうなんて、すごいですー。
これからも頑張ってくださいね。
Commented by Miyuki at 2008-06-19 12:07 x
*kiyoちゃん
小学校の卒業式では、親族代表をつとめていただいてありがとうございました!(笑) あれから3年たって、あの頃の可愛らしさ(当社比)は、影も形もございません……せめて舞台設定だけでも、明るい日でよかったです(涙)
そちらのお嬢様の成長ぶりも楽しみよ~♪ 夏休み、時間があったらぜひ会いたいなー。


<< 希望だけでは済まされず 引き寄せの法則 >>