誉れとも

雨季のわりに天気が続く。こういう時はやはり洗濯物は外に干したい。

なーんの予定もなく、ただダラダラと。車の距離計が、見事にお嬢の学校の往復分しか進まない。
そんな母を尻目に、お嬢は今日は宿題の鬼。
いつもの宿題に加え、校内コンクール提出の為に、作文と感想文の清書のし直しというエクストラもあったので、今週は結構大変だったのだ。
「手が痛いよー」と嘆きつつ、ちょっと書いては私のチェックを求めに来る。一箇所間違えたら終わりだもんね。
b0059565_15183080.jpg


お嬢のリクエストにより、本に載っていた”長芋のだんご汁”なるものにトライしてみる。
長芋をすりおろしたものに片栗粉・塩を混ぜて、熱したすまし汁の中にスプーンですくって落とすと、ほ~らかわいいお団子が!

の、はずなんだけど。

なにこれ。あえて言うなら、和 風 タ ピ オ カ 汁 。
しょっつるですら、ない。
[PR]
by senrufan | 2004-11-05 15:18 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/863600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 進歩はあるのか 未練と未練 >>