身体と心で味わう行為 (前編)

沖縄本土復帰記念日、国際家族デー、ヨーグルトの日、ストッキングの日
犬養首相射殺。五・一五事件(1932年)
クリスマス島でイギリスの第1回水爆実験(1957年)


好奇心に満ちた、拙い個人的アンケートにご協力くださった皆様、改めまして本当にありがとうございました!!(平伏)
知性も情報も面白味もない場所ですが、愛と感謝だけは溢れんばかりの日記です。今日も皆様のおかげで生きてます。


さて、教養豊かな皆様のおかげで、様々な切り口が多数発見でき、これはとても一言でまとめられるものではないなあ、と実感できました。
当たり前ですが、味覚や好みというものには、その人個人の育ってきた背景が大きく物を言い。となれば、これまた百人いれば百通りの味覚の変化があるのでございますね。

大事な大事な皆様のお言葉をもって、私的に以下に整理して並べてみたいと思います。

* * * * *

【料理】

その前に、ちょっとだけ。

クレープ屋の帰り、お嬢と話していて。
食事クレープはチーズやクリームがあまり食べられないし、かといってデザートクレープも、クリームか砂糖たっぷりのアップルだったので。
結局私達は外食しても、いつも「おうちごはん」に戻るよね、と何度も話したことをまた繰り返す。



じゃあ、おうちクレープやってみるか。
といっても、あんな薄いクレープは到底母ちゃんには作れない(ぢまん)なので、この際トルティーヤで代用だ。

b0059565_1322547.jpg

そして翌日のお昼ごはんに、「冷蔵庫にあるものでできる」範囲で作ってみた。どうせお嬢と私だけなので、量も種類もいらないし。
オーガニックのSprouted Wheatのトルティーヤで、甘いの1つと、甘くないの1つ。たったそれだけの粗食です。

トマト、English cucumber、雑穀入り玄米ご飯、冷凍してあった茹でた黒豆。
これを塩・胡椒とレモン汁で和えたもの。ちょっとだけドライハーブを散らして、オイルは不要。

もう一つは、木綿豆腐とレモン汁、メープルシロップなどで作った豆腐クリーム。
少量の塩だけでじっくり煮た、りんごの塩煮。

それぞれをたっぷりのせて、くるくるとトルティーヤを巻いて、クレープなんだかブリトーなんだか、よくわからないけど「おうちクレープ」。(気分)

b0059565_13222490.jpg

こんな素朴以外のナニモノでもない、とても人様には出せない代物が、一番沢山食べられて、私達には一番ほっとする。
この中で使われた調味料なんて、一体何種類? 他の人から見たら、お世辞にも料理とは呼べないレベルかも。
もっと前は、こういうメニューと材料を聞いても、到底おいしそうなんて思わなかったのに。


おそとごはんではいろんな味と、いろんな調味料が味わえて、心も嬉しいハレのごはん。
おうちごはんはできるだけ素材の味で、身体も安心するケのごはん。

両方とも楽しめるようになるのは、やはり成長、という過程を経た後の段階で。
味覚が甘さから苦さまでわかるところまで至って、更に知識と経験で、その味を補強するようになってから。

味覚、という五感の一つを通して見たら、その先に広がるものは、生まれてきた瞬間からの、時と経験の積み重ねというなだらかな山と、成長という名の上昇線。

* * * * *

この後、アンケートのまとめを続けようと思っていたのですが、相も変わらず短い記事が書けない私、これ以上長くなるのは、ウザイ以外のナニモノでもありません。
なので、この後の記事に続けます。

あ、記事の日付は一応変えておきます。
こうやって、少しでも日記としての体裁を整えようとする試みの一環(死んでこい)
[PR]
by senrufan | 2008-05-15 13:19 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/8614961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-05-18 15:11
読んでいて、Miyuki さんらしいとってもほっこりするブログでした。

とても人様には出せない代物が、自分たちには一番ほっとする。
これ、おうちご飯の真髄ですよね。うちもそうです(笑)
※Miyuki さんごはんが「とても人様には出せない代物」とは、
誰も賛同しないでしょうけれどっ!ね、みなさん。

おそとごはんとおうちごはんのいいところ。
それぞれを知れたのはおっしゃるとおりいろいろな経験を経たからこそ。
味覚に関して自分はどちら派などとえらそーなことを書いてしまって恐縮でしたが、みなさんの十人十色のご意見、そして Miyuki さんの次にまとめられるブログがとても楽しみです。とっても身になる役に立つブログ。いつもありがとうございます。
Commented by peartree22 at 2008-05-18 17:07
週末実家から戻ってPC開けぬ間に、わー、アンケートに乗り遅れましたぁ。で、いろんな方のご意見などをまたまたいい所取りのように読んで、ふむふむ・・・・。
わが娘に限って言えば、辛い物は苦手ではありますが、ある程度なんでもOKの繊細とはいえないベロでして(涙)。どうして3歳児でこんなに食欲旺盛なのか、どこでどう誤ったのか(涙と笑)。
そうそう、先日茂木さん(脳の専門家)がおっしゃってましたが、脳は経験すれば経験するほど成長すると。そう考えるとベロの味らいの機能は衰えるかもしれませんが、鍛え方次第では脳への伝達や味の感覚は維持することができるような(楽観的考え方)。
現に夫の知る杜氏さんは利き酒能力が70歳を超えても衰えない方、たくさんいらっしゃいますから(まぁ、これはある特定の味覚能力かもしれませんが)。
それにしてもお母様であるMiyukiさんの愛情にじーん。
豆腐クリーム食べてみたい!トルティーヤにも飢えてます(号泣)。
そう、うちごはんはやはりほっとしなくちゃ。ほっとする食卓。家族が美味しいと思えばそれはどのレストランよりも勝るもので、心に一番栄養を与えてくれると私は思います。


Commented by Miyuki at 2008-05-19 09:50 x
*shinaさん
ほっこりしていただけましたか? えへへ(照)
そう、ほっとする・一番気安い、が、おうちごはんならではのありがたい点ですよね。人様の前ではとてもできない、猫まんまとか味噌汁ぶっかけとかカレーにソースとか(違ーう!)

shinaさんのコメントは、他の皆さん同様、私にとってはとても 大事なものなのです! 今回も明確に意見を言っていただいて、どれほどありがたかったことか。(握り拳) なので、せめていい形でまとめさせていただきたいと……たいと……(逃亡準備中)
Commented by Miyuki at 2008-05-19 10:01 x
*ちゃんさま
なんのなんの、ちゃんさまのコメントとなれば、年中無休で感謝と共に受付中!
お嬢様の味覚ですが、これから変わる可能性も沢山ありますよ~。うちの娘を始め、みんな結構変わっていくんですよ。それも味蕾細胞の成せるワザかもしれませんし、面白いな~と思います。
お、噂の茂木さんがそういうことを! これまた貴重な情報ありがとうございます~vv 実はまとめの中で脳のことも書いたのですが、どうやらはずしてなかったみたい? 70歳を越えても、というのは、すばらしすぎますな。それもこれも、20代ぐらいからの切れ目ない鍛錬のおかげ、と思うと、今までの人生を振り返って、つい遠い目になる私です……(涙)
愛情。はっはっは、日記ではこんなこと書いてますが、一皮むけばケンカ三昧の母子です。すぐヘソ曲げるティーンエイジャーvs導火線が線香花火並の母の間では、そういう美しい瞬間は到底訪れてくれないのです…! やっぱり今日も粗食で、お互い機嫌を直さなくては(ため息)
Commented by ayumin_moo at 2008-05-19 11:41
トルティーヤのクレープ、ナイスアイデアですね!どちらも素材一つ一つの味を楽しめるやさしい味がしそうです♪私、クレープやトルティーヤなど、「薄い生地で巻くモノ」が大好きなんです。我が家もぜひ真似してみたいです。
トルティーヤ生地も美味しそうですしお手軽ですが、Miyukiさんほどの料理の腕前の方なら、クレープ生地は簡単に作れますよ~。といっても、私は卵と牛乳を使ったクレープしか作ったことはありませんが。。。そば粉のクレープに挑戦してみたいのですが、そば粉を売っているお店を知りません。(涙)

私も、おそとごはんもいいですが、やっぱりおうちごはんの方が体が喜ぶなぁと感じています。渡米して最初に1ヶ月ホテル暮らしだったころは外食のみだったので、味覚障害になるかと本気で焦りました。ご飯とみそ汁だけでも喜ぶ私の体は単純なのもです。(笑)
Commented by senrufan at 2008-05-19 13:29
*ayuminさん
わあい、ほめられたっ♪ 巻物は私も大好きで、生春巻とかしょっちゅうです。一回で色々食べられるのが嬉しいですよね~。
いえ、私ゴトキにクレープは到底……パンケーキですら、なぜか私にかかると、すっごくブッサイクなものしかできないのです(涙)
あ、そば粉、他の店は知らないですが、Whole Foodsにはありますよ! Buckwheat flourの名で、袋でもバルク売りでも。もしくは、Buckwheat Pancake Mixなども売ってますので、ぜひチェックしてみて下さいまし。私もそば粉は良く使ってます。パンや、ブッサイクなパンケーキに……

外食続きは辛いですよね~(泣) あれはやっぱりハレの日用で、毎日の基本はご飯と味噌汁、日本人ならこれでしょう! うちの旦那も1ヵ月半の出張で外食続きだった時、「身体が腐っていく気がする」とぐったりしてました。


<< 身体と心で味わう行為 (後編) 今のこの身に合うものを >>