寄る年波の表現は

トランスジェンダーの日、ピアノ調律の日、あんぱんの日
徳川家康が大阪再征を命じる、大阪夏の陣(1615年)
琉球藩を廃し沖縄県を置く(1879年)
NATO(北大西洋条約機構)が調印される(1949年)


すんごくすんごく久~~~しぶりに、お嬢の主治医である小児科に行くことになりまして。
携帯に登録しているドクターの番号に、予約の為の電話をかけたのでありますが。

答える声は機械音。
「この番号は、現在使われておりません」

ええええええっっっ!!??
と、勿論最初は慌てましたとも。

こちらの先生、結構なご高齢で、我々が渡米してきた時、すでに「もう引退」「隠居目前」と言われていたドクターなのですな。
でも日本語が通じて、日本の医療も良くご存知のドクターなので、周囲のお母さん方の引きとめる声があまりに強く、何度も引退を思いとどまっていらっしゃる、という方なのです。

しかし、すでに70歳は越えていらっしゃるハズ。とうとう隠居されたかもしれん。
そんな風に思いつつ、一応電話帳で確かめてみたところ、オフィスを引っ越されていたことが判明したのです。


というより、思い出しました、引っ越したことは聞いていたのでした。

確かあれは、2~3年ほど前のことだった、と思います。



丈夫な子供を持ったおかげで、このようなウラシマ効果もある、というお話でございました。

* * * * *

【家庭内事情】
b0059565_10545067.jpg

さて、なぜ久々に医者行きになったかというと。
先週から、お嬢の膝にぶっくりと、おできのようなデキモノができたのだ。
いずれ消えるだろうとほっといたら、日に日に大きくなるわ、見るからに膿いっぱいだわ、の様相を呈してきたので、これはさすがにまずかろう、と予約をとったのだ。



夕方からの予約だったのだけど、ちょうどこの日の体育の時間に、破れて膿が出ちゃったんだって。
うーん、これなら自分で手当てするだけでも良さそうな気もするが、抗生物質が必要だろうし、やっぱりこのまま行ってこよう。


初めて行く新しいオフィスは、以前私がボランティアをしていた病院の、新しいビルディングの一室。
……新しいと言っても、2年はたってるハズだよね。
念のため、受付の時に、うちの最後の診察日を聞いてみた。

「ええと、2年半ぐらい前ですねえ

あ、やっぱし。と、ちょっとくらっとしちゃったな。


名前を呼ばれて診察室に入り、まずは看護婦さんの問診。
患部を見せて、質問に答え、看護婦さんが問診票に書き込んでいかれる。先生はあれを見て、診察されるんだな。
お元気かなあ、先生、手が震えたりされてないかなあ。

しばらくして、診察室に入ってこられた先生。
あ、やっぱり足取りがまたちょっとゆるくなられてる。でもお声などは変わらずで、お懐かしゅうございます。

お嬢の前に座って、なぜか視線は彼女のおでこ。
「うん、これは大きいのができたね~」
「……先生、それはニキビです。できたのは膝なんですが」
「え、あ、そうなの? そうだったっけ?」
ダイジョブですか先生。ダメそうなら、早めに言っていただきたい。
心のうちにわきあがるものは、不安という名の黒い雲。


しかしさすがに患部の位置を確認した後は、プロらしく、テキパキと処置を決められて。あくまで先生比のテキパキだけど。
一旦破れたものの、もう一度ちゃんと切開して、膿を出し切りましょう、ということで。
患部の汚れの消毒→スプレーによる冷却(麻酔)→切開、押し出し→消毒、絆創膏、包帯。こんな手順で、手当ては終わり。

でもその間に1回、看護婦さんを呼ぶ羽目になったんだよね。
「ねえ、○○がないんだけど」
「先生の持ってるカゴに入ってますが」
「え、そう? あ、これだ」
ダイジョウブですかああああ、と、ちょっと涙目で内心叫ぶ私と、段々じと目になってきたお嬢。
無事に手当てが済んだ時は、2人で目を合わせて頷きあってしまったさ。


3日後の再チェックまで、絆創膏も包帯もつけたまま。
スイミングは禁止。お風呂は、患部を濡らさないように気をつけて。抗生物質を1日3回。
そして今日、再び会ってきたのだ、愛しいおじいちゃま先生に。


今回は特に問題もなく、開けてみた傷口も、随分ときれいになっていて。
これからの消毒の手順、必要な薬を教えてもらって、更に塗り薬の処方箋も書いていただいた。帰りにまたドラッグストアによって、この薬を買ってこないとね。

先生もちょうどお暇だったのか、お嬢との化学の雑談を楽しまれていたよ。
化学式の問題をお嬢にテストしたり、知識を披露してくださったり。
ご自分の中学時代は、学校まで6kmの道のりだったので、歩きながら化学式を覚えたんだよ、なんて二宮金次郎のようなことを話してくださって、思わずじ~んときちゃったなあ。

しばらく病気になる予定がないので(…)、またまたご無沙汰してしまいますが、どうか御元気でお過ごし下さい。
後継者も見つかられたご様子(多分)、今度こそ本当に引退かな。
やはりお嬢の主治医だった歯医者さんも、ご高齢で数ヶ月前にリタイアされて、今は次の歯医者さんを考え中。一般医の方も考えなきゃなあ、とはずっと思っているのだけど。


今日はお風呂だ! 長風呂だ! とはしゃぐお嬢と一緒に、帰りに寄ったドラッグストア。
まずは処方箋を渡して、薬の準備ができるまで、あそこのスーパーに寄ろうかねえ、なんて話しながら、窓口に行ったんだ。

名前と誕生日を確認されて、○○です△△です、と答えたら。
なぜか薬剤師さんの眉間に縦ジワが。

「今までにここに来たことがある、って言ったわよね?」
「はい、3日前に来たばかりですけど」
「記録がないのよ、おかしいわね~」

しばしカシャカシャとPCを叩いた後、もう一度処方箋をチェックする薬剤師さん。
そして目を見開いて、
「ねえ、この処方箋に書かれている名前、全然違う名前になってるじゃない!
しょうがないわ、ちょっとドクターに電話して確認しないといけないから、しばらく時間がかかるわね」


最後の最後で、またもやかましてくれた、おじいちゃま先生であったのでした。
[PR]
by senrufan | 2008-04-04 10:52 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/8329709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2008-04-08 10:46 x
あれま~、お大事に。しかしMiyukiさんが書くと、お医者さんの話も
なんだかほのぼのしちゃいますね~。うちの家庭医、処方箋の文字が
読めないって・・・何回電話で問い合わせ受けたことか。処方箋って
たいがい手書きで、あれじゃあ確かに読めないですね。名前まで他人のをもらったことはないですが。(笑)
Commented by Miyuki at 2008-04-08 12:17 x
*すれっぢさん
ほのぼの、なはは、それはですね、自分のことじゃないから、ヘーキで笑い飛ばせるんですな(爆)
そうそう、処方箋の字、私もほとんど読めた試しがありません! 薬剤師さんって、実は古代文字判読などの教育も受けてるのかも(笑) おかげで違う名前をもらってしまいましたよ……なんか中国系っぽい名前でした。
Commented by kiyo at 2008-04-08 12:57 x
あはは、悪いなーと思いつつ、笑いながら読んでしまいました。特に、患部を間違えたところが、、、、
うーん、今度処方箋を頂くときは気をつけよっと。
Commented by Miyuki at 2008-04-09 12:31 x
*kiyoちゃん
いいのよ~、私こそ、こうやってネタにしてるし(爆)
滅多に行かないけど、行くたびに「もう変えたい」と思うんだが、代わりの医者がいないのよね~。kiyoちゃんとこはどですか。
Commented by peartree22 at 2008-04-09 14:58
いやあ、なんともほのぼのとしてしまいました。(お嬢様にとっては
笑っていられないシーンもあったことでしょうけれど)
主治医ってアメリカでは大切な家庭医ですから、決めるのも変えるのも大変ですよね。私なんて、子どもがいないからと結局主治医を紹介していただいたものの、決めないで約3年過ぎてしまいましたから。
お嬢様、その後いかがでしょうか?傷もきれいになってくれたらいいですね。
話は変わりますが、↓の石井桃子さん。ひと目お会いしたかった方なので、とても残念です。でも、また再び本を読むことでいつでもお会いできるのですものね。実家母も先日「プーさん」や「ノンちゃん」をいつも手に取れる1Fの本棚に移してました。大人になってからも読みたい絵本ですね。
Commented by マミィ at 2008-04-09 20:07 x
子供の頃6kmの道のりを歩いていたというおじいちゃま先生、すごいなぁ~。まずはそこにすごく感激してしまった私であります。

異国にあっても、良い主治医に恵まれて幸せですねん。そしてまた、そこへしょっちゅう通わずに済む健康なお嬢さまに恵まれたことはさらに幸せだ!その後の傷の具合は如何ですか?

Commented by Miyuki at 2008-04-10 10:46 x
*ちゃんさま
いえいえ、どうぞほのぼのしてやって下さいまし、おじいちゃん先生の為に(笑) 傷はおかげさまできれいになっていたので、先生は「日本だったらこれは外科で、耳だったら耳鼻科でしょ、でも僕は違うから」とおっしゃって、得意がってたのですよ。そしたら名前違い。主治医ってナンだろう……
私も久々に、「ノンちゃん」を読み返しましたです。その時その時でまた感じ方が違う、いつまでも読み飽きない本ですね~。
Commented by Miyuki at 2008-04-10 10:48 x
*マミィさん
感動するところはそこでしたか!(笑) だったらうちの父は、毎日四里歩いていたそうですよ、って張り合ってどうするー!

や、良い主治医かどうかは、大変にアレでアレなんで、ほんとに娘が健康でよかったな~と(爆) おかげさまで、もうほとんど消えてきました。いやあ、若いっていいですねえ~~。


<< 甘く、優しく、穏やかに (その4) 当たり前のようでいて >>