その緑色が春を呼び

明治村開村記念日、精霊の日
ベルリンで暴動、3月革命(1848年)
パリ市民が蜂起。パリ・コミューンの発端(1871年)
ソ連がヴォスホート2号で人類初の宇宙遊泳(1965年)


文豪ゲーテが、晩年にこのようなことを言っていたそうです。
「年をとればとるほど、人の失敗を非難したり、笑うことができなくなる。
なぜなら、どんな他人の失敗も、自分もしたことがある失敗か、しそうになったことがある失敗ばかりだ」

こういう風な年のとり方ができる人というのは、ある意味賢い人だなあ、と思うです。
中には年をとればとるほど、頑固に自分のやり方にしがみついて、周りに攻撃的になる人も確かにいるわけなのですから。

数多の失敗から学び、より客観的な視点を広げていけるなら。
そしてその分、人の気持ちを思いやることができるようになるのなら。
年をとることはむしろ、私にとって喜ばしいことなのです。



そうでないから、年々落ち込むのでございます……(泣き崩れる)

* * * * *

【料理】

春。 春。
喜びの歌が聞こえる。 旅立ちの歌が聞こえる。



とは、私の小学校の卒業式で、皆で一言ずつ繋げて暗唱した詩の、頭出しの部分だった。
ほんとーーーに、こおゆう、どうでもいいことばかりを覚えているのはナゼなんだ。ちなみに、ベートーベンの交響曲6番「田園」にのせての暗唱だった、ってもうヤメナサイ。

何はともあれ、そんな感じで(どんな感じだ)、今月作った春のお寿司など。




日本だと、菜の花真っ盛りの時期だよね。私の大好きな辛し和え、もう何年も口にしてないよ……(思いっきり遠い目)
と言いつつ、あのほろ苦い味が好きになったのも、随分と大人になってからだったなあ。

こちらでは菜の花は、ごくごくたま~~に日系ストアにあったりするのだけど、タイミングを逃すと出会えないまま。
でも嬉しいことに、他の花付き野菜が、ファーマーズマーケットなどで売っているのだよ。
例えばこれは先日買った、Broccoli rabe。ブロッコリーのお花です。別名はbroccoli raab、rapiniなど。
他には蕪や青梗菜も、花部分を売ってたりするんだよ。

b0059565_12424396.jpg

根っこまで一体で売ってくれているので、なんとか全体を食べたくて、去年も今年も努力したのだけど。茎の下部分から根っこにかけて、とにかく固くて、蒸しても茹でても、まだまだ固くて、いつしかその辺りは諦めるようになってしまったよ……くそう、オノレが不甲斐ない。

そのガンコな下部分を切り落としたら、後は比較的扱いやすく。
ささっと茹でて、お浸しにしても良し。味噌汁やスープに入れても良し。刻んでソースに混ぜても色々良し。
ファーマーズマーケットの人によれば、ガーリックとオリーブオイルで炒めるのが、一番のお気に入りとか。「mustard greenを思わせるような味なのよ」とのコメント付き。


さて、そのブロッコリーの花で今回作ってみたのは、巻き寿司。
前から試してみたかった、米国発の寿司メニュー。なんと、ピーナッツバター使用なの。
初めてレシピを見た時、おおっ!と思ったんだけど、それからしばらくしてから、とあるマクロビ本や、ネットのマクロビレシピで、やはり目にする機会があって。これは一度作ってみたいと思っていたのだった。

玄米を酢飯にして、海苔の上に広げる。その上に茹でたブロッコリー花、細切りにして蒸した人参、それからピーナッツバター、はお嬢が嫌いなので、我が家は無糖アーモンドバター、とのせていくんだな。
これを基本に、1本は海苔+基本の具+これまた驚き、ピクルス入り。

スー・グラフトンが生んだ女探偵、キンジー・ミルホーン。彼女の大好物は、ピーナッツバターとピクルスのサンドイッチ。
キンジー好きなしーらさんが作ってみたら、とても美味しかったとおっしゃってたなあ。と、作りながら思い出したこと。(余談)


もう1本は、ネットで教わったレシピで、開いて醤油をつけてさっと焼いた油揚げ+基本の具。
但しナッツバターに一工夫。醤油と水を混ぜてます。

これが果たして、旦那とお嬢に受け入れられるだろうか。
という不安がぬぐえなかった小心者の私は、さらにもう1本、ブロッコリー花とにんじん+納豆という、絶対大丈夫バージョン海苔巻きも用意してしまったさ……

b0059565_12483161.jpg

食べてみた結果は、というと。2人とも、特に大きな感動も不満もなく、うん、大丈夫、美味しいよ、といったところ。
組み合わせを聞いた時より、ずっとクセがなくて、そのままパクパクいけちゃうね。
でもこれは、無糖のナッツバター使用というところがそうしているのかも。米国の人だったら、きっと甘いピーナッツバターだろうから。
それは十分予想できる味。きっとあんな感じだなー。(想像中)

*-*-*-*-*-*-*-*-*
もう一つ、寿司繋がりで。しばらく前、おひなさまの時に作ったお寿司など。
御園あきさんのレシピで、その名も春色重ね寿司

玄米に梅酢、りんごジュース、白胡麻、酢で茹でた蓮根を刻んだものを混ぜて、酢飯を作る。
ケーキ型に酢飯を敷いて、その上に塩蒸ししたにんじん、酢飯、すりおろして塩・醤油で煮て、ターメリックで色づけした高野豆腐と重ねていく。
一番上には、酢味の蓮根と青菜を飾って、型から抜いて出来上がり。

b0059565_12484879.jpg

考えてみたら3年連続、おひなさまにはケーキ型の寿司を作ってる。
でもマクロビ仕様は、今年が初めて。


来年はどんなお祝いをしようかな。
というより、おひなさまのお祝いって、一体娘が何歳になるまで続けるべきものなんでしょうか。(素朴なギモン)
[PR]
by senrufan | 2008-03-18 12:40 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/8208593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2008-03-21 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆみたち at 2008-03-21 14:00 x
また意味もなく、非公開にしてしまった、、使い方よくわかってないわたし、、。
Commented by うーら at 2008-03-21 14:11 x
重ね寿司美味しそう!!キレイ♪
Miyukiさんアメリカにいながらちゃんとした食生活すごいなぁ。
わたしだったら誘惑に負けて肥えて肥えて肥えまくりそう(笑)
ピーナッツバターを入れる、そうかぁー!それ覚えておこう!!
感動も不満もなくっていうのにクスって笑ってしまいました(笑
おひな様。そういえばいくつ迄やってもらってただろう?
小学校低学年で終了したような。。。だから嫁にいけないんだわ。
Commented by まきりん♪ at 2008-03-21 14:32 x
Broccoli rabeはこちらではまだ見たことないなあ。
今度中国系のスーパーで見てみよう。

春色重ね寿司の色彩の美しいこと!食べるのがもったいない感じですね。
Commented by マミィ at 2008-03-21 16:15 x
年をとればとるほど、人の失敗を非難はしないけれど大笑いする自分がいる・・・。なぜなら、自分がかつてした失敗を思い出すから。昔は重大に思えた失敗も、今では全てが笑い話になっており、いかに自分が今、怖いものなしの開き直り人生を送っているかを知る・・・愕然。

いやはや、珍しいお寿司を見せて頂きました。どんな味がするんだろう・・・とうっとりと想像してみる。キンジーと一緒にMiyukiさんのキッチンに居て。「ほら、キンジー、座って食べて。立ち食いはいけませんよ。」「おら、キンジー、玄米をぼろぼろこぼさない!」・・・あ、英語じゃ言えないや。
Commented by peartree22 at 2008-03-21 16:34
巻き寿司にピーナツバター!?ちょっとびっくりですが、無糖ならピーナツの香ばしさとねっとり感がいいアクセントになるかもしれませんね。

寿司ケーキでひな祭りのお祝い!そうでした。去年こちらで拝見して
私も来年は・・・と思っていたのに、忘れていつものチラシ寿司にして
しまってました(笑)来年は忘れないようにメモしておきましょう。

菜の花、実は本日実家から大量にもらってきまして。
我が家では毎年春のこの時期は菜の花ばかり食べてます(笑)。
それもワンパターンの菜の花丼。菜の花を水につけてしゃきっとさせ、オリーブオイルで炒めて生醤油をちょこっと。それでおしまい。
これをご飯に乗っけて食べると、ご飯2杯はかるーくいけます(笑)。
辰巳芳子さんのレシピなのですが、これを知ってからは、菜の花の取り合いなんです。
Commented by Miyuki at 2008-03-22 11:06 x
*ゆみたちさん
あはは、非公開にどきっとしちゃったよ~! でも内容を読んで、うるうるしちゃったです……愛されてるねえ、ゆみさあ~んvv
実家は行事に大変淡白で、私はおひなさまなしで育ったです。なぜか結婚してから、母がちっちゃなおひなさまを買ってくれました。……なんでだろう。とりあえず宝物。
Commented by Miyuki at 2008-03-22 11:10 x
*うーらさん
いやいや、ほんとにアメリカは肥えます! 食べ物もだけど、日本に比べてすごい運動不足なんですよ~。車ばっかりだから。
ピーナッツバターで、また何か作ってくださいまし~。うーらさん製なら、「すんごく美味しい!」と今から言っておこう。まだ存在すらないのに!(笑) あーあ、うーらさんみたいなお嫁さんが欲しいなあ! ほんとに私が独身だったらな~。(だったらどうだと言うんだ)
Commented by Miyuki at 2008-03-22 11:13 x
*マミィさん
どわはははーーっ、そのバージョンの方を買いますーー!! 笑い話にできるなんて、姉さまの精神がいかに健全でしなやかか、という証明でありますな。えへへ、なんか誇らしくなっちゃったです♪

そういえばキンジーは、私より年下なんでした。でもあの人、怖くて、そんなこと言えないです……黙って銃口を向けられそうな気がするの。ぶるぶる。
Commented by Miyuki at 2008-03-22 11:18 x
*ちゃんさま
ね、私も最初はびっくりしたのですけど、考えてみればタイとかベトナムの、ピーナッツソースの米粉ヌードルなどを思い浮かべると、それほど違和感はないのか、と。

毎年ケーキ型なので、逆に私はそろそろやめろよ、って感じですよね(笑)

わー、その菜の花がうらやましい! すぐにでもいただきたい! ブロッコリーの花も美味しいのですが、菜の花の独得のクセのある味、あれが恋しいのですよ~。
食べられる時期が短い分、ご家族でもりもり召し上がって下さいね~♪
Commented by Miyuki at 2008-03-22 11:19 x
*まきりんさん
ああああごめんなさい、スキップしてしまいましたーーー(殴る蹴る)

中国系スーパーならありそうですよね~。ファーマーズマーケットでも、中国系によく並んでました。
Commented by Chico at 2008-03-22 15:47 x
お寿司三昧、いいですねぇ♪
Broccoli rabe、私も好きですよ~。
私もガーリックで炒めるのが好きかも。(かなりアメリカン???)
そしてキンジー・ミルホーンの好物のピーナッツバターとピクルスの組み合わせ、う~~ん、私は難しいかも。
甘くないピーナッツバターだったら大丈夫かもしれないけどね。
Commented by usayamama at 2008-03-23 09:44
こんにちは。春ですね〜。
ブロッコリーの花初めてみました。食べられる事にさらに驚き!
最近硬いものが大好きなんだけど、やっぱり無理かしら?
蒸しても硬いなんて、相当ですね(笑)

お雛様のお祝いっていつまでなんでしょうね。嫁に行くまで???
だったら私は祝い足りないんだわ!
Commented by Miyuki at 2008-03-23 12:24 x
*Chicoさん
お寿司は私にとってハレの日のごはんなので、めったには食べないのですが、たまに食べるとやっぱりいいですね~♪
ガーリックで炒めるのもやってみましたが、確かに美味しかったです! 油と相性が良いのですね、あれの手の野菜って。
ピーナッツ&ピクルス、サンドイッチで試さないとわからない、やってみたい、でも勇気が……と、堂々巡り中のワタシです(笑)
Commented by Miyuki at 2008-03-23 12:28 x
*usayamamaさん
わあい、うささんだー!(ひしっ) すみません、いつも暑苦しいヤツで(笑)
私も、マーケットに行ってみて、実はこんなに花菜があるのだということを知りました。日本ではどうしてるんでしょうね。売ってくれればいいのにねえ。この時期だけの栄養たっぷりですよ~。
ううう、さすがのうささんでも、アレはどんなもんでしょう(汗) や、もっと時間をかけて調理すればなんとか……なんとか……

あはは、新説が出ましたな! そうか、気の済むまで祝い尽くせば、お嫁にいってもよくなるんだー!(オオウケ)


<< それでも押さえておきたい箇所は 甘く、優しく、穏やかに (その3) >>