終わりのようでも終わりでなく

啓蟄、スチュワーデスの日、ミスコンの日
室町幕府が相国寺を京都五山の第一と定める(1401年)
日本初のスチュワーデスが誕生(1931年)


今日見かけた、車のナンバプレート。
「NMBUS 2K」
すぐ意味がわかって喜んでしまうところが、私も筋金入りのハリポタファンでございますな。(にやにや)

ちなみに車種は、BMWの3ナンバーだったのですが。
これで5ナンバーに買いなおしたとすると、「FIREBOLT」に変えられるのでしょうかね。

* * * * *

【パン作り】

今月のパン教室。これが最後のパン教室。

全6回の基礎コースから始まって、ここまであっという間だった気がするね。
ラストに習ったのは、3月ならではのおひなさまパンと、私のリクエストでナン2種類。




最初におひなさまパンと聞いた時、全然イメージがわかなくて。
「本当はデニッシュ生地で、着物部分に厚みを出して……」と先生が説明して下さっても、???なヤツがここにいて。
成型を終えて、初めて全体像がわかったという、ハラハラドキドキのパンだった。と、オオゲサに言ってみた。

元々は、生徒さんの一人がネットで見つけたレシピということで。それを先生が更にアレンジ。
デニッシュ生地だと時間がかかるので、ブリオッシュ生地に変更し、成型方法も、実はまだ試行錯誤の途中だったりするんだな。

長方形に伸ばした生地を、幾つかの菱形に切り分ける。こおゆうところで、幾何もダメダメな自分が暴露されたりする(……)
なので、製図が得意なもう一人の彼女にまかせて、私はフィリングのアーモンドクリーム作りだよ。泡立て器をガシャガシャ回して、バター、砂糖、卵と加えて混ぜ合わせる。

成型のやり方は。
菱形を縦に置き、下を一部切り取って、半分に折り畳む。
顔に当る部分にアプリコット、中にはアーモンドクリーム、女雛の扇としてパイナップルとチェリー、男雛の笏にはドライフィグ。
しっかり生地をくっつけて、中のクリームが出ないように。出ないように……

なのに、発酵したらしっかり出ちゃうんだね、アナタったら。(涙目)

でも焼きあがった後に食べたクリームは、出た部分がカリカリで、これはこれで美味しいの。
ブリオッシュのふんわり柔らか生地で、ほんわかなおひなさまの出来上がり。

b0059565_6183722.jpg


さて、ナンの方はというと。
プレーンカレーの2つの味で、プレーンはオーブンで、カレー味はフライパンで焼く、という違いがある。

プレーンにはクミンパウダーとキャラウェイシードを混ぜて、ヨーグルトとハチミツも入ってる。発酵を終えた生地から、ほんのり良い香りがたちのぼる。

これを分割した後、麺棒でざっと伸ばしてから、両手にオイルをつけて、パン!パン!と、……
えーと、アレですアレ、インドの屋台の前でやってる、ナンの生地を手に叩きつけながら伸ばすアレ。って、95%の人にはわからん説明を(殴)

見てた時は、いとも簡単そうにやってて、それをタンドーリに入れて焼いてたけど、自分でやってみるとナンジャコラ。やればやるほど、真ん中だけが薄くなる。(ああああ)
そんな不恰好さも、ナンらしくて良い、という意見もあるが、いやはや、やっぱり難しいもんだ。ピザの生地回しほどじゃないけどね。

b0059565_6192737.jpg


カレー風味のナンの方は、また別なものが入ってるよ。
カレー味はカレー粉だけど、これにマンゴーチャツネを入れるんだって。そして焼く前には、上からレーズンを押し込んで。
こちらはレーズンをつけたおかげ(?)で、麺棒で伸ばすだけですみました。

b0059565_620838.jpg

オーブンで焼かれた白いナンと、フライパンで両面こんがりのカレー風味の黄色いナン。
プレーンな方がこんがり感があって、カレー味の方はもっちり感いっぱい。これもまたお好み次第、ということだね。
プレーンはちょっとポケットパンっぽく、中が開いているのもあったので、ここに具を詰め込んでもよろしいかと。
そしてこの薄さがあるからからこそ、これからは家でも作れるよ、ナンのラップサンド。(歓喜) うむ、どんな野菜を合わせようかね。

カレーナンは厚みがあるので、残念ながらラップには向かないが、それだけで食べて美味しいのは、断然こちら。当たり前か。
フライパンで焼くのも手軽だし、もちもちパンが好きなお嬢は、こちらに軍配を上げていた。
チャツネの種類を変えたら、また別な味が楽しめるし、カレー粉の配合を変えてもいいし、応用範囲はこちらの方が広そうだ。


帰宅した後で、今までたまったレシピファイルをめくりながら、しみじみと今までを振り返る。

楽しかった。うん、楽しかったなあ。
会った人達、皆いい人ばかりで、美味しいものに沢山会って。

本当はお楽しみコースの途中で、何回もやめようと思ったの。
だって、レシピばかりがたまっていって、でも結局家で作らないなら、技術が上達するわけじゃない。いたずらにお金と時間をかけることと、せっかくの先生の労力に応えられてないという申し訳なさで、やめ時をいつも探してた。

でも、クラスに行って、一緒に作って。試食タイムのたびに味わう、パンだけでない沢山の。
あの時間から離れるのが寂しくて、結局ずるずると続けてしまったなあ。
自分が作りたい・食べたいパンの方向が、クラスで習うパンとは違ってきていると気づいた後でさえ、離れがたくて続けてた。


これからは、いよいよ自分が作りたいパンに集中していくんだな。というか、一応、多分、その予定。(急に弱気)
既成の天然酵母からゆっくり始めて、少ないイースト量のパンも作って、そしていずれは自家製天然酵母。上手くこの道を辿っていければいいけれど。
自家製酵母に辿り着いたら、料理やお菓子も、それを使って作ってみたいんだ。

ちなみに現在のおうちぱん生活。白神こだま酵母パンを、少しずつ作り始めてる。
そして以前に作った時の自分の感想と、今では大きく違っていることに驚いている。


この週末には、初めてホシノ天然酵母に挨拶するつもりなんである。
[PR]
by senrufan | 2008-03-05 06:16 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/8140132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2008-03-09 11:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Chico at 2008-03-09 12:48 x
ブリオッシュ生地のお雛様ですか~。うん、見えます!
そしてナンのラップサンドに反応しちゃいました。
自分の作ったナンで作るラップサンド、美味しいでしょうねぇ。
私も今年は天然酵母(レーズン)を始めようと思っています。
お互い上手く出来るといいですね~♪
Commented by まきりん♪ at 2008-03-09 14:09 x
印象的な最後のパン教室になったのですね。
画像からも奮闘振りが伝わってくるようでした。いい出会いがあったことが一番の喜びだったことでしょうね。しかもパンを一緒に作って食べるという楽しみもあったのですから。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-03-09 16:44
かっわいぃぃぃ~☆
これは可愛いお雛様パンですね。顔がアプリコット、扇がパイナップルとチェリー、しゃく(笏という字を知らなかった、、)にはドライフィグですか。あっぱれ。パンを焼いてもフルーツは焦げないんですね。あ、無知・・・?

私も、家で作らない料理教室に通うのには抵抗があったんですけど、おっしゃるように(というか先日お聞きしたように)、一緒に参加している方々との時間を楽しみにいくという目的もあるんだと再実感しました。素朴な味がする自家製天然酵母パン。うまくいくよう祈っています。(そしてお相伴・・・?あ、つい本音が、、、)
Commented by マミィ at 2008-03-09 22:49 x
マンゴーチャツネとレーズン入りのナン、初めて見たぁぁぁ。すごく美味しそうだね、じゅるじゅる。もしかして先生のオリジナルでしょうか?

これからのMiyuki嬢のパン生活、ノルマンディの牛ごとく、よだれをたらしながらまた楽しみに読ませていただきま~す。
Commented by Miyuki at 2008-03-10 02:52 x
*鍵コメさま
なるほど、うんうん、わかります~!
ということで、詳細はメールにて。
Commented by Miyuki at 2008-03-10 02:55 x
*Chicoさん
見えますか? 良かったあ~。それは先生が喜びます(笑)
自家製ナンはタンドーリじゃない分、どうしても香ばしさには欠けるでしょうけど、安全な材料と出来たて、というところがポイントですよね♪
おお、Chicoさんもチャレンジなさる予定ですか! うわー、これはまた心強いお仲間がもう一人~!(歓喜) がんばって育てたいですね、酵母ちゃんvv
Commented by Miyuki at 2008-03-10 02:57 x
*まきりんさん
お教室関係は、人によっては面倒なことも体験されるようですが、私はほんとに恵まれて、今までいい思いしか味わってこなかったんですね。だから余計に離れがたかったです。惜しむらくは、自分がそれを仲間に与えられたかどうかは、全く自信がないところですが……(涙)
Commented by Miyuki at 2008-03-10 02:59 x
*shinaさん
うまくできてるでしょ? 元レシピのアイディアは勿論ですが、先生が色々と工夫してくださったんですよ~♪ 焦げなかったし(笑)

うん、shinaさんも何か興味のある教室があったら、一度お試しされても良いと思うですよ。いいご縁があるかもしれない。や、別にお見合いじゃないんですが(爆) パン、また良ければ味見してやって下さいまし~。(ぺこり)
Commented by Miyuki at 2008-03-10 03:00 x
*マミィさん
美味しそうでしょー、んでね、美味しかったんですよー、ふっふっふ。
これはアメリカのレシピを元に、先生がアレンジを加えたもの、とのことでした。

私は姉さまのアート生活、カリフォルニアから目を血走らせて拝見しておりますぞ!(うわあ、やなコメント……)
Commented by ayumin_moo at 2008-03-10 04:09
最後のパン教室、お疲れ様でした!でも、これで終わりではなく、これからがMiyukiさん独自のパン作りの始まりでもあるのかなぁ、なんて、ワクワクしちゃいました。

おひなさまパン、かわいいですね~♪どこから食べようか迷っちゃう。(私が迷わなくても。。。)扇がパイナップルというのがナイスアイディア!
ナンもおいしそう!!!私も家でナンを焼いてみたいんですが、まだ実行に至っていません。こういうシンプルなパンが大好きで、カレーやおかずがなくても永遠と食べ続けてしまいます。カレー味のナンなんて私には危険です~。(でも食べたい!)
Commented by mikamika at 2008-03-10 06:14 x
わずか数度の成功と、数々の失敗から偉そうに考えると、今が酵母をおこすのに最適な時期だと思います。寒すぎず、暑すぎず、室温を活用できるので、楽ですし。
久しぶりの成功で、レーズン酵母と酒粕酵母が存在するうちのキッチンは、さながら実験室のよう(つまり、ただ単に雑然としてるってこと。。。)です。
Commented by Miyuki at 2008-03-10 10:09 x
*ayuminさん
ありがとうございます~vv 独自なんてトンデモなく、ただただ人様のすばらしいレシピにしがみつくだけですが、私もやっぱりワクワクしてます、えへへ。

ね、こおゆうデザイン考えつく人ってすごいなあ、と思うです~。ちなみに私は頭からガブリでございました、ふっふっふ。
ナンはayuminさんなら楽勝! 保証します! これは2次発酵もいらないし、成型も楽なんですよ~。本場ものにはかなわないとしても、家用ならバッチリ♪ ぜひチャレンジしてみて下さいっ。
Commented by Miyuki at 2008-03-10 10:11 x
*みかしゃん
ええええ、今なの~~!? どどど、どうしよう、まだ先だと思ってたから、心の準備というものがあああ(あたふた)(わたわた)
でも今日、ホシノが上手くいっていい気分なので、じゃああの簡単レーズン酵母からやってみるかなあ。教えてくれてありがとね! 先輩の言葉が何よりのアドバイス。カビが生えないように祈ってて下さいまし~。


<< 声になって届く思い 選択権は我にあり >>