そうだ、京都行こう。(その2)

【旅行】
翌日は覚悟していた通り、かなりの雨。気温もぐっと下がって、外歩きは結構な寒さが老体にこたえます。せっかくだけど、今日はあまり周れないねえ……と、さすがの体育会系お嬢もしょんぼり。

でもまあ、今回の旅行のポリシィ(ええっ)は「出たとこ勝負」。さっさと出かけて、天気次第で考えよう、とばかりに、朝食をすませた後、9時前にはホテルを出発したのであります。




b0059565_13313673.jpg

まずは左京区にある南禅寺。湯豆腐で有名な南禅寺。
雨の中、駅から傘をさして静かに歩いて行けば、いつの間にやら目の前にそびえ立つ門がありました。臨済宗南禅寺派の大本山、太平興国南禅禅寺です。

b0059565_1405092.jpg

木造の門をくぐると、目の前からずっと続く石畳。その先に更に大きく無言で立つのは、歌舞伎「楼門五三桐」で有名な三門です。
ここで歌舞伎では大盗賊・石川五右衛門が、「絶景かな、絶景かな」と叫ぶわけで。思わず、ああ、ここに歌舞伎博士のusayamamaさんがいてくださったら……と願わずにはいられない場所でありました。(いきなり愛)
実際は、五右衛門の死後30年以上たってから建てられた門であるという、全くの創作なのですが。さもあろう、と思わせるだけの雄大さと迫力は、京都三大門の一つに数えられるだけのことはあり。
門の前後、その真下と、じっと立っては、しばしの時間を無言で過ごしました。

b0059565_1335914.jpg
b0059565_13352615.jpg

国宝指定の方丈、その庭園「虎の子渡しの庭」と過ぎて、行き着いたのは天授庵。南禅寺の開山塔であります。
普段であれば、ここの本堂と庭園が公開されているのですが、残念ながら本堂は今日の28日からお休み。庭園のみを拝観してまいりました。

b0059565_1336372.jpg

庭園は、枯山水形式の本堂前庭(東庭)と、池を中心とした書院南庭の、大きく2つに分かれていて。
入口から入って本堂の横から進むと、まず目に入るのが石畳から白沙と石。ぽつん、ぽつんと配置された小木と苔の島。
ここでの景色を楽しんだ後は、そのまま池に続く拝観道。中には大きな錦鯉が何匹もいて、底に沈んだ紅葉の葉の山と、雨の中でも美しいコントラストを描いています。

b0059565_13363262.jpg

b0059565_13372619.jpg

無知識なのでわかりませんが、決して他より広いとは思えない面積の内、確実に押さえなければならないポイントがある。日本庭園に対してそんな印象を持っている私にとってこの庭は、縦・横・斜めという基本線がまずしっかりと描かれている枠内で、狭いながらも自由に育つものも息づいている、そんな大らかさも感じられ。
昨日見たばかりの天竜寺の庭と比して、更に身近で、更に実感を持って内に入れる、そんな印象を持ちました。

b0059565_13374326.jpg

庭園を出て、左手に水路閣を眺めながら、傘をさしてゆったりと歩く。我々以外には、ヨーロッパからかと思われる家族連れが一組いるだけの、雨の音のみの境内。

例えば砂漠ならば、味わうべきものはその「無音」。ならば寺院では、その「静寂」
負け惜しみではなく(いやほんとに)、年末の、もう閉めてしまった場所もある、しかも雨という悪天候の中だからこそ味わえたのかもしれない、ひたすらの。

永い永い、人の一生より遥かに。その身を置いて、ただ黙って。
委ねることで、身の内に静かに降り積もり、いつしか同じリズムになる。

宗教が故に生まれたものではあるけれど。問いかける形が無言であれば、あとは受け手の心次第。
思い思いの感想と、抱く気持ちがあっていい。そんなことを改めて思った、南禅寺観光でありました。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

この後、お嬢が楽しみにしていた楽焼の美術館へ向かったのですが、辿り着いてみれば、「展示入れ替えの為、閉館中」との貼り紙で。
がっくりと肩を落とす彼女と、さすがに寒さに震える旦那と私、タクシーを拾って、出来たばかりという新しいショッピングセンターに行って、お嬢の好きなお香の専門店で気分を直し、私的メイン(裏)だったマクロビカフェで元気を補給。

さて、これからどうしよう。雨は全く止む気配がなく、このまま外を歩くのも辛そうだなあ、と話していたら。
旦那が突然言い出しました。
「そうだ、大阪行こう。」
「「はああぁぁ!?」」

元々この京都旅行の帰りに、お嬢に大阪を見せたいと言っていた彼ですが、お嬢があっさり、
「見るのが大阪城とたこ焼きだけなら行かない」
と却下してしまったという経緯があり。どうやらそれを根に持っていたらしいですよこの人。(告げ口)

そのまま引き摺られるようにして大阪に行き着いてみれば、幸いなことに雨は降ってなくて、ほっと一息。早速向かったのは大阪城です。

b0059565_13391456.jpg

着いてみて、そのさすがの雄大さにお嬢も歓声。お堀の広さ、石の大きさ、どれをとっても、さすがに日本が世界に誇る宝であります。
なんて言いながら歩いていたら、ここでも周囲から聞こえるのは、日本語以外の言語ばかり。
特に目立ったのが、韓国からの団体さん。そうだ、大阪はあちらから近いんだったな。うーん、言葉が通じたら感想を聞いてみたいのに。

予想通り、こちらも今日から天守閣拝観はお休み。(しくしく)
でも外側から眺めただけでも、お嬢はかなり満足した様子。「鳴かぬなら、鳴かせてみしょうホトトギス」の句を何回も繰り返しておりましたぞ。一体、他の豊臣の知識はあるのか。


さくさく行きましょう、次は私も初めて、通天閣でございますよ。

b0059565_13394093.jpg

エレベーターでまずは2階に上がり、そこで買わされますよチケットを。
さらに上へ昇るエレベーターの天井には、星座をかたどったビリケンさんの絵。(……)

のぼりきったところが展望台。ぐるりと360度の展望が楽しめますが、あいにくの曇り空で、まあそこそこの眺めであります。
こちらが大阪城、あちらがUSJに六甲山。うむうむ、見事に霧の中。

b0059565_1339599.jpg

そして名物ビリケンさん
実は名前は知っていたものの、一体ナニモノかは無知でございましたが。何でも彼の足を触ると願いが叶うという触れ込みで、足裏がぼっこりと削れてしまっているという、大層名誉あるお姿の銅像でいらっしゃる。
思わずヴァチカンのサン・ピエトロ寺院にあった、足先がすっかりすり減ってしまわれたペテロ像を連想いたしました。(フトドキな)

そんな生温い目で彼を眺める私の周囲では、
「きゃー、かわいいっ!」
「ちょっとちょっと、早く写真とって~!」
「やだ、なにお願いしよっかな~♪」
などと、大ハシャギされているお嬢様方がひきもきらず。彼女達と私の間に横たわる、深~く暗~いお堀の名は、「ジェネレーション・ギャップ」でございますな。


新世界を通って、大阪名物くいだおれ。グリコは一粒300メートル。たこ焼きはレギュラーと明石焼き。串焼きはお嬢が大反対。
道頓堀の人波に紛れて、ネオンが灯り始めた大阪を後にしたのでありました。
b0059565_13403824.jpg

[PR]
by senrufan | 2007-12-28 13:28 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7914605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2008-01-08 14:32 x
再度変更「Miyuki 07~08年越しマクロビ+京都・大阪・神戸 三都
物語り」 (勝手に神戸に行って頂きました(笑)

大阪も懐かしいですね~。1年だけ住んだことがあります。北米より
大阪の方がカルチャーショックがでかかった・・・特に通天閣の辺りが
すげ~でした。今は綺麗になってるのかな。

あのグリコ看板のある俗名「ひっかけ橋」こと「戒橋」も架け替えられた
そうで。
Commented by peartree22 at 2008-01-08 19:54
うふふ、楽しみにしておりましたの。Miyukiさんによる京都紀行文。
Miyukiさんのように知識がいろいろあって訪ねると、何倍も楽しめるのですね・・・。あー、私ってとんだ無駄な京都めぐりを繰り返していたものです。
その1では、妙に川べりの柳の木が懐かしかったり(同じ木ではないかもしれませんが、なんとなく見覚えあり。笑)、今回は南禅寺!!!
私が京都で好きな場所3に入ります。ええ、ええ。紅葉の時は人がとにかく多いので、Miyukiさん、この時期は負け惜しみでもなんでもなく、ベストチョイス!です。そぼ降る雨がまたよろしいではありませんか(でも、本当に寒かったことでしょう・・・)。
だんな様の突然の大阪チョイス。けっこうおちゃめなのですねぇ。ファンになってしまいました(笑)。大阪はべたな世界なれど、なかなかディープで面白い街です。大阪城は会社からも近かったので、よく行った場所。お嬢様が感動されたとのこと、ほっといたしました。
通天閣のネオンもグリコのネオンも懐かしいです。なにせ若かったので、ネオンばかりを見ていた頃でしたー(笑)。
Commented by あつゆき at 2008-01-09 01:06 x
大阪って言うのは名案でしたね。
お父さん、偉い。
Commented by やまばと at 2008-01-09 03:57 x
大阪の実家から京都の学校へ4年間通学したという、ガイド役にうってつけの人物が
わが家にもいるのですが……。
よく考えたら私は大阪の「観光」をさせてもらったことがない事実に思い当たり、
これまで費やした交通費(国内)がもったいない気までしてきました。
次回は、一人でも(意地になったり、、、)大阪城だけは訪ねてみようと決定。
Commented by ayumin_moo at 2008-01-09 09:43
おぉ、かの有名な南禅寺!私は小学校のときに行った気がするけど、湯豆腐を食べたのと、岩の陰にトカゲがいたことしか覚えていません。。。

私も小さめの日本庭園に惹かれるのですが、自分でも漠然としていたその理由を見事に言葉に表して下さいました!ありがとうございます!1年前に高大寺(ねねの寺)へ行ったとき、小さいながらに息吹を感じるその庭園をいつまでも眺めていた私です。(ぼーっ)

そういえば、私も大阪ってほとんど観光したことありません。お好み焼きを食べた記憶だけ。(食べ物ばっか)年末の大阪なんて、想像しただけでも活気を感じます。お嬢様も楽しめたようで、ご主人もご満悦だったことでしょう。(笑)
Commented by Miyuki at 2008-01-09 13:18 x
*すれっぢさん
行ってない行ってない、神戸には行ってない!!(でもウケまくり)

北米より衝撃的でしたか~、さすが大阪! 通天閣の辺り、まだまだ場末っぽい雰囲気でしたが、夜にはどんな感じかなあ。
私も7年間神戸に住みましたが、いかんせん小学~中学だったので、全然知らないで終わってしまったというか(涙) 大人になってから住んでみたかったなあ、関西。
Commented by Miyuki at 2008-01-09 13:22 x
*ちゃんさま
いえいえとんでもない、私は京都には無知もいいとこで~(泣) ほんと、もっと勉強していけば、2日程度でも充実した旅になったでしょうなあ。でも付け焼刃じゃ…っ!
わあ、ちゃんさまも南禅寺ファンですか!? それは嬉しい~vv ベストチョイスと言っていただいて、自信がつきました(笑) 寒かったですが、基本的に日本は屋内がやたら暑いのと、風がなければそれほど寒くなかったので助かりました。
ネオンを見ずして大阪を語っちゃいけません、ってやつですな♪ 私も娘がいなければ、旦那と共に繰り出したかった、あの場所その店って感じですう(悔)
Commented by Miyuki at 2008-01-09 13:23 x
*あつゆきちゃん
お、ここにも擁護してくれる人が(笑) 伝えとくよ、ありがとう。
Commented by Miyuki at 2008-01-09 13:25 x
*やまばとさん
なんと、じゃあご実家が大阪でいらっしゃるのですか? なのに観光してないなんて勿体無さ過ぎますー!(じたばたっ) ぜひぜひ周って、また私に美味しいもの情報流して下さい!(そっちか)(って、いつ行けるんだオマエ)
やまばとさんに教わったパン屋さん、とうとう行けずに終わってしまって、いまだに悔やんでおりまする……(よよよ)
Commented by Miyuki at 2008-01-09 13:32 x
*ayuminさん
そのトカゲというところが、愛らしい幼年時代を想像させてしまうじゃないですか♪ 小学校時代ならそうですよねえ。

たはは、お恥ずかしい~。>駄文 でもほんとにあの手の庭園って、ずっと眺めてても飽きませんよねえ。なんでしょう、あの魅力。西洋庭園も大好きですが、眺め続けられる時間は日本式の方が長い私です。

あ、お好み焼きは食べてなかったわ、しまったああぁ。でもたこ焼きんまかったですー♪ って、私こそ食べ物ばっか(笑)
Commented by やまばと at 2008-01-10 02:56 x
言葉足らずですみません(汗)、
「実家」というのは in-laws のほうで、外出となれば↓のコメント欄でちょこっと話題になって
いたような状況が(泣)。たまにしか会えないので、おとなしいヨメでいようと(とっくに正体
ばれているはずですが)、自分の希望は後回しだった結果です。。。
Commented by Miyuki at 2008-01-10 04:19 x
*やまばとさん
ああっ、私こそ言葉足らずですみませんっ! ダイジョブ、わかってます、私が「(旦那様の)ご実家」という言葉を抜かしていたせいでございます! ごめんなさいごめんなさい。
私は旦那の実家(福島)に行った時、しっかり旦那一人に案内させたというちゃっかり者(笑) やまばとさんも、そういうチャンスがあればいいですね~、と祈っておきます、南無南無。
Commented by まきりん♪ at 2008-01-10 14:54 x
神社仏閣の素晴らしさも去ることながら、未だ昇ったことのない通天閣や道頓堀の方に興味を示してしまいました。大阪らしい感じですね。一日でこれだけの名所を回れるのは狭い日本のいい面でもありますね。
Commented by Miyuki at 2008-01-11 10:04 x
*まきりんさん
それは確かに!>狭い日本
まきさんなら、大阪気に入ると思いますよ~。あの色彩や服装のセンスが!(笑)
Commented by usayamama at 2008-01-15 20:46
きゃ〜愛だわ♥
石川五右衛門は昨年(だったかな?)観ましたよ〜。
あいにくのお天気だったようですが、雨の日のお寺はしっとり感が増しますね。でも寒そうだ・・・。
Commented by Miyuki at 2008-01-16 13:41 x
*usayamamaさん
受けとって下さい、私の愛!(迷惑な) おお、五右衛門、やっぱりご覧になってましたか~。私も一度観たいものでございます。
情緒溢れていたのは良いですが、やはし雨は寒いものでございますな…(涙)


<< そうだ、京都行こう。(その3) そうだ、京都行こう。(その1) >>