そうだ、京都行こう。(その1)

【旅行】
b0059565_10551795.jpg

27~29日の二泊三日で出かけたのは、冬の京都でございます。
私達より1週間前から来て、すでに日本で仕事に励んでいた旦那が、大阪から当日合流し、家族3人で回ってまいりました。

天気予報は、28・29日とあいにくの雨。さすがのお天気女の私も勝てず。
しかし幸い初日は、京都の人も「滅多にないぐらい」と言った良い天候。昼過ぎに旦那とホテルで会ってから、そのまま早速繰り出したのは、京都は右京区の嵐山探索でありました。




京都の周り方は色々あります。電車でもバスでも、それなりの人数ならタクシーを一台借り切って、というのも良い手かと。実際、出会ったタクシーの運転手さん達、皆さんに沢山のことを教わりました。

事情は後で書くとして(こればっか)、本当は私の両親も同行するはずだったこの旅行。
2人そろって京都の大学出身で、学生時代の4年間の下宿生活ですっかり京都通の2人に、おんぶに抱っこのつもりでいたものですから、なーーんの下準備もしておりませんで。それが直前になってキャンセルになり、残念なんてもんじゃない。
とりあえず2人が用意してくれていたガイドブックを持参し、新幹線内で目を通してみたものの、そんな付け焼刃が本番で通用するわけなく。
出たとこ勝負・行き当たりばったりの特攻精神で、まずは初日は嵐山。それだけを決めて出かけたのでありました。


b0059565_11144356.jpg

阪急電車で向かった嵐山は、駅を降りるとまず目に入るのが、桂川渡月橋。名物の人力車のお兄さん達が、盛んに客引きに勤しんでます。
天竜寺に向かうべく、景色を楽しみながら渡ります。春なら桜、秋なら紅葉が見事なのでしょうが、いかんせん今は冬。せめて枯れ枝に情緒を求めてみるテスト。
b0059565_11153346.jpg

しかしこの橋の上で、数えて5組のカップルやグループとすれ違ったのですが、
一組として日本語を話してる組はいらっしゃいませんでした。
改めて思う、国際都市・京都。しかし新宿でもそうだったな。

渡ったところから両側は商店街。お嬢が行きたがっていたお店もあって、後で見ようと楽しみにとっておくところ。
しかも、なぜか左側にどーん!とそびえていたのが、ああ、貴女は美空ひばり様……! なぜか美空ひばり記念館でありました。一体何故嵐山……と考える前に、あら、もう閉館だったのね。


b0059565_11433967.jpg

しばし歩いて辿り着いたのは、天竜寺の北門です。世界遺産です。ちなみに京都だけで世界遺産が17箇所あると、タクシーの運転手さんがおっしゃってました。

b0059565_1121241.jpg
b0059565_11214127.jpg

b0059565_1122295.jpg

ここから天竜寺までの道の左右には、更に幾つかの寺があり、ここでは七福神がそれぞれ祀られているので、七福神巡りをするものもまた一興。
我が家もやってみましたが、その間に交わされた会話が、
「弁財天、ここはお金の神様だ! お嬢、しっかり祈れ!」
「いや違うよ、それは大黒様だろ?」
「え、そっちは食べ物でしょ? あれ、もしかして恵比寿様だった?」
……国宝級の恥さらしですな。つか、親の威厳ぼろぼろだし。


b0059565_1144197.jpg

さて、メインの天竜寺。禅宗は臨済宗、天竜寺派の本山であります。正しくは、霊亀山天竜資聖禅寺。
1339年(歴応2年)、吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔う為に、足利尊氏が夢窓国師を開山として創建した寺だそう。
1356年(延文1年)を始め、8回もの大火に見舞われており、現存するものは、実は多くが明治期の再建です。

b0059565_11252777.jpg

ここは特に曹源池がある庭園が有名で、1994年(平成6年)に世界遺産に指定されており。予想通り、庭園には国籍も様々な人、人、人。
皆、思い思いに景色を楽しみ、ガイドさんの説明に聞き入っていらっしゃいました。
庭の拝観コースをのんびり歩くも良し、大方丈の縁側から静かに眺めるも良し。
木こそ枯れていますが、それもまた季節の顔。寺を訪れると、大抵の人が無口になるようで、静かな佇まいは崩れることなく、観光客に慰めを与えてくれます。

b0059565_1126325.jpg

拝観コースから外に出ると、そこは見事な竹林。ここから「京都一周コース」と名づけられた散歩道が続いています。
恐らく、これを本当に全部辿れば、足で京都一周ができるんだろうなあ。やりたくないけど。
京都のあちこちに、その看板表示がありました。確かに土地は繋がってる。

ここからゆっくり、あの寺、このお店と、あちこち探索しながら戻っていったのでありました。

* * * * *

【買い物】
b0059565_11274544.jpg

お嬢が嵐山で行きたい店がある、とネットで見つけたのが、ちりめん細工のお店。
あっさりと見つかって入ってみれば、「女の子の世界!」と全身で主張しているような、可愛らしい商品がずらりと並んでおりました。
女の子商品には普段見向きもしない彼女ですが、こういう小物類は大好きなんですな。

b0059565_112882.jpg

いま流行りの風呂敷やバッグは勿論、ミニミニサイズのお弁当や雛人形、アクセサリー、おままごと用かと思われる野菜や果物、動物、置物の数々。全く見てて飽きません。

ここで、学校の友達や先生へのお土産をせっせと選んだお嬢。
しかし肝心の自分へは何も買わず。「写真があればいいから」って、せっかくなんだから一つぐらい、なあ。
相変わらず、物欲のないこと甚だしく。加えて、相変わらず地味好みで、選ぶ品々のぢみさに眩暈を覚え、
「アンタは良くても、相手はこれじゃつまんないってば!」
「それって、アメリカ人が趣味が悪いってバカにしてるの!?」
と、店の中で何回もやり合った母子でありました。ああああ京都に来てまでみっともない……っ!


嵐山ちりめん細工館 嵐山本店
京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19-2

*-*-*-*-*-*-*-*-*

b0059565_11372434.jpg

京都で女性向けといえば、よーじやははずせません。
懐かしいなあ、ここのあぶらとり紙。OLの頃は、皆がもらったら喜ぶお土産の一つでありました。今では拭き取るあぶらも出ないこの肌。(遠い目)

はっきり言ってこのお店、京都中に何軒あるの、って呆れるぐらいにあちこちあります。
カフェを併設しているところもあり、むしろそっちに惹かれるぞ。

しかしまたまたこおゆうバスグッズ製品が大好きなお嬢は、嬉々として商品の間を回り、全ての石鹸類の香りを嗅いで、2つほど買いました。
「顔洗う専用にする」んだそうですよ。にきびも少ししか出ない、つるつる肌のくせに。(実は羨ましい)


よーじや 嵯峨野嵐山店
京都市右京区嵯峨天龍寺立石町2-13



食べ物編は、後日まとめて記録予定。
[PR]
by senrufan | 2007-12-27 10:52 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7910102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2008-01-07 13:24 x
冬の京都は底冷えという思い込みがあって行ったことはなかった私です。
お天気の日もあって良かったですね。
徒歩で回るのに雨だと辛いものね。

見どころの多さからいったら京都は日本一の観光都市ではないかしら?
ちりめんの小物、私も好きかも。
あっ、色は赤とか派手目好きですが。(笑)
Commented by すれっぢ at 2008-01-07 13:30 x
あ~れ~!!昨日旅のタイトル付けたのに、京都行っちゃってるよ。
「07~08 年越しマクロビと京都の旅」に変更!!(笑)気付いたらどっかのバスツアーみたいにやたら長い題名の付いてるんですよ~。

嵐山・・・懐かしいですね~。最後に行ったのがもう17年も前か・・・・
梅宮辰っちゃんの漬物屋があったな~(笑)変なこと覚えてます。
と思ったら、まだあるみたいですね。

Miyukiさん、12月のそんな暮れに旅行してるの、外国人か、外国から
来た日本人しかいませんぜ!(笑)渡月橋ね。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-01-07 15:12
ご両親そろって京都の大学出身とは!さぞや素敵な場所の津々浦々をご存知のことでしょう。羨ましいぃぃ。次の機会には是非ご一緒できるといいですね。私も日本帰国時に両親と京都に参じる予定です(明るく元気なポンジュースの国からは比較的近いのです)。京都好きの両親に任せっぱなしにするつもりですが、、もし彼らがドタキャンになったら Miyuki さんブログをバイブルに(笑)

お嬢様の「自分には何も買わず、お土産選びには真剣になる」行動パターン、物欲なし、地味好み。親近感ですっ♪それって控えめな Miyuki さんそのものの血ではないのですか?
Commented by usayamama at 2008-01-07 20:58
きゃ〜京都ではないですか!悶絶してます。
私も今年は京都行くぞ〜。
ちりめん細工館、楽しいですよね。どうして女子は小物が好きなのかしら?人体の不思議ですな。
Commented by マミィ at 2008-01-07 20:58 x
わぁ、充実した里帰りだったんですねぇ。しかも家族3人水入らず(タクシーの運転手さんは除く)での旅だったとは、良かったじゃないですか~。京都通のご両親同行なら、そりゃにぎやか&充実の京都だったでしょうけれど、夫+自分の両親って気を使わない?夫+夫の両親は言語道断・・・(笑)

写真を見てすっかり自分も行った気分で幸せ。大好きでよく行っていたんだす、京都。実はどちらかというと奈良びいきなんですが。その2では美味しいものが見られるかな~と今から楽しみ!

Commented by あつゆき at 2008-01-08 00:53 x
良いなあ、京都。
懐かしいなあ、嵐山。
じつは私たち新婚旅行は京都でした。
Commented by Miyuki at 2008-01-08 06:26 x
*まきりんさん
ダイジョブですよ、サーモンアームに比べたら、ずっと暖かい!(笑) この日は特に暖かく、途中でコートを脱いで歩いてました。

ほんとに京都は見たいところだらけで、できたら1ヶ月ぐらい滞在して、ゆっくり一つずつ見て回れたらなあ、と思ってしまいますね~。ちりめん小物、赤が一番多い色でしたよ♪
Commented by Miyuki at 2008-01-08 06:29 x
*すれっぢさん
うひゃひゃ、再度のタイトル付け、ありがとうございます~! しっかり京都でもマクロビの店に行ったので、そのタイトルが一番かも♪

17年前なら、私より新しいかも。私はもしかしたら高校の修学旅行以来?ですから。えーと20年前かな(殴)

そうか、年末だからなんだ! そうですよねえ、実はこの後、「年末年始で休みます」というところが沢山出てきてですね……(号泣)
Commented by Miyuki at 2008-01-08 06:34 x
*shinaさん
そうなんですよー、両親も沢山案内したい場所があったようで、ずっと悔やんでました。ほんと、これはリベンジせねば!という握り拳。おお、shinaさんも行かれるですか! や、私の日記はそんな感じで「出たとこ勝負」なんで、むしろ絶対参考にしてはいけません、いけません(汗)

控え目……そんな言葉を言っていただける日が来るなんて……(しばし感動にひたる) ああ、その優しい誤解のまま、私はshinaさんの場所から永久に立ち去った方がいいのかもしれません。確かにお嬢は私似のようで、我は強いわ、意地っ張りだわ、気は強いわでもーもーもーーーー(怒怒怒)
Commented by Miyuki at 2008-01-08 06:36 x
*usayamamaさん
うふふ、そなのです、京都です~♪ でもってこの後、ちらっとうささんのことを思い出すシーンもありまして、えへへ。うささんなら知識が豊富だから、きっと充実した京都旅行でしょうなあvv
その通り、人体の不思議! 男のプリン好きと同じで!(笑)
Commented by Miyuki at 2008-01-08 06:39 x
*マミィさん
うんうん、確かに旦那側の親とは論外です!(思いっきり) や、でもねえ、マミィさんには愚痴っちゃいますが、お嬢がもう父親との旅行が難しい年頃になってしまったので、これまたなかなか、なんですわぁ。(ため息)

お、姉さまも京都詳しいと見たぞ! あーん、事前にお薦めをお聞きしておけばよかったです~! もうほんと、アタシったら全然調べてないわ、知識もないわでダメダメでした。食べ物編はその4ぐらいかなあ。がんばりますっ。
Commented by Miyuki at 2008-01-08 06:40 x
*あつゆきちゃん
京都だったのかー、それは情緒溢れる新婚さんだったのね、うふふvv
Commented by ayumin_moo at 2008-01-08 08:45
いいですね~、京都。大好きです。
私も昨年、一昨年とちょこちょこ京都に行きました。何度行っても新しい発見というか、古い発見というか、何か心に響くものがありますよね。

出たとこ勝負の旅、私はけっこう好きです。
細かく調べていくのももちろん良いけれど、イメージが先行して(期待しすぎ)心の目で見ることができない時がある気がします。「ここで感動する予定」と思って訪問するより、何も知らずに行った方が感動も大きかったりして。
かと言って、誰かにガイドしてもらうより、自分で発見したほうが感動も大きく。。。
そうやって、私はいつも見所を見ずに帰ってしまい、後で泣いてばかり。(ダメじゃん!)

でも、さすがMiyukiさん、しっかり見所を押さえていて素晴らしい!まだ嵐山へ行ったことがないので、ぜひ行ってみたくなりました。
「寺を訪れると、大抵の人が無口になる」、これが京都観光の良いところですよね~。(うっとり)
Commented by Miyuki at 2008-01-08 13:22 x
*ayuminさん
おお、ayuminさんも京都ファンでいらっしゃる! そうかあ、色々と皆さんに教われたのですねえ、しまったなあ。その通り、心に響く街ですねvv

ほら、ayuminさんと私は、「最後は運で!」のタイプですから(笑) 確かに自分で見つけたことは、ずっと忘れない思い出になりますよね~♪ で、その後悔の仕方も、まるで我が事のようで……(くらっ)

いやいや、もうほとんど旦那任せで、私はあるマクロビカフェでランチ、というのだけしか主張しなかったのですよ、てへ。でも嵐山、良かったです~! あの狭いエリアだけで、あれだけ楽しめる。静も動も。ほんと、京都はよかとこですなあ。


<< そうだ、京都行こう。(その2) 基本の「き」の字は何になる >>