美と味の導きに (その3)

Armistice Day, 1918 (Belgium, France)
Remembrance Day (Canada)
St. Martine (Netherlands)
Independence Day (Poland)
Veterans' Day (U.S.A.)
Remembrance Sunday (U.K.)
Cartagena's Independence (Colombia)

* * * * *

【ベーカリー】
b0059565_14292629.jpg

ベーカリーの3軒目。ベーカリーというか、ピザ屋というかね。
隣り合った2軒のお店、向かって左側がピザ、右側がチーズとパンを売るお店、となってるの。



b0059565_14294159.jpg
実はこのお店、先日行ったベーカリーの姉妹店。だからパンコーナーで、売り物として並んでた商品は、先日見かけたものがほとんど。
なので、先日は買わなかったイングリッシュ・マフィン(直径15cm以上はあったぞ、薄いけど)を買うだけで我慢できた。えらいぞアタシ(違)

b0059565_14295670.jpg

でも、ピザの方はそうはいかない。
あのベーカリーはサワードゥ生地で有名なんだが、その生地を使ったピザだというじゃないか。
しかも、普通のピザみたいにトマトソースなどは一切使わず、あくまでチーズ主体で、しかも日替わりの1種類のピザのみ、という特別感。

お嬢がピザ嫌いなので、ちみっとだけ迷ったが、いいんだ、私が食べたいから。ということで、お客さんの列に並んだよ。
店の内外にあまりテーブルはないけれど、店内ではちょうどジャズ演奏の時間だったので、快く待ち時間を過ごしたよ。


さて、今日のピザはどういうものか。
Roasted Cauliflower、Caramelized onion、Mozzerella cheese、Mentalban cheese、Pistachio、Garlic olive oil, Parsley
お値段は、スライス一切れで$2.25、ハーフが$9、1枚丸ごとは$18。
ここはやっぱりスライスだろう。

日替わりのサラダも買って、熱々のところを袋に入れてもらって。ぷ~んと漂うガーリックの香り。
うーん、ほんとにピザなんてどれくらいぶりだろう。薄いクリスピー生地も、分厚いパン生地も良いけれど、サワードゥとなるとどんなものかなあ。

b0059565_14303222.jpg

家で食べてみた感想は。
まず、味は全体に薄め。ピザ、と考えた時に思い浮かべる味より、ということね。
だからその分、個別の材料の味を一つ一つ味わえる。

ピスタッチオの歯応えと、ほくほくしたカリフラワーの欠片、ところどころに玉ねぎの甘味。全体に包み込むガーリック風味。
これらが全部、もちもちのサワーブレッドにのっていると思いなせえ。

トマト味がないだけで、こんなにシンプルになるんだなあ。それも、これはモッツァレラチーズなので、更に薄味。
うんうん、サワードゥと良く合ってて、口の中でまぐまぐ・もぐもぐ、いっぱい噛みしめて味わうよ。
おまけに「一切れ」なのに、なぜか一切れ+3分の1切れが入ってる。まけてもらったみたいで嬉しいな。(単純)

サラダは旬のザクロ入り。主体はシンプルにアレグラのミックス。甘酸っぱいドレッシング付でした。


ちなみにお嬢は、その3分の1切れが限界だった……
最近とみに油に敏感になってるようで、この前もレストランのチーズトーストがだめだったんだよな。焼いてじわっと滲んだ油に、うっ、となって。
油というより、動物性脂質に、というべきなのか、良くわからん。

確かに日頃の食事は、使う油は植物性オンリーで少なめ、ウォーターソテーの時もあるしなあ。
油自体は身体に必要なものなので、せめて植物性の質のいいもので、ある程度は摂らせていかないと、とは思うのだけど。


The Cheeseboard Collective
Bread and Cheese : 1504 Shattuck Avenue, Berkeley, CA 94709
Pizza : 1512 Shattuck Avenue, Berkeley, CA 94709
*-*-*-*-*-*-*-*-*

b0059565_14312953.jpg

実はこのチーズボードに行く時に、ちょこっと方向を間違えて。
左に歩くべきところを、まっすぐ直進してみたら、ふと目に入った可愛らしいお店が一軒。
通りに面している店内は、ドアから窓から全開状態で、そこから漂う美味しそうな香りがたまらんぞ。

貼ってあるメニューを見たら、グリル系中心のランチメニュー。そしてポテトがフライにパフ、チーズにマッシュと4種類。アメリカーンでカジュアルなお店っぽい。

3種類あるデザートがどれも美味しそうだったので、一旦チーズボードに行った後、再びそこに戻ってみた。


デザートに惹かれたのは、なんというか、秋色のメニューだったから。ダークチョコのムースも魅力的だったけど、パンプキンのブレッドプティングに加えて、栗のパイだって。
世間知らずな私は、こちらで栗デザートはほとんど見たことがなく。日本ならモンブラン真っ盛りの季節なのに。
なので、迷ったけれど、このパイをオーダーしてみたよ。

b0059565_14315855.jpg

出来上がるまで時間がかかるので、お店の外のテーブルに座りながら内外をウォッチング。
鉄板の上で肉を野菜を手際よく炒めるお兄さん@腕にすんごい刺青。愛想の良いレジのお姉さん。お店のロゴの入った黒いTシャツを着たお姉さん。
狭い店内で、皆良く動き回ってて。お客さんも途切れることなく訪れる。ちっちゃい場所だけど人気らしい。

名前を呼ばれて受けとったパイは、揚げたての熱々。これまた楽しみが増えちゃった。

b0059565_14323352.jpg

正式名は、Vanilla chestnut fold, crème fraîche。フランスの生クリームらしい。
さくっと切った中には、みっちり詰まった栗のクリーム。甘すぎることなく、優しい栗の味がして。
外側のパイもさくさくで油っこくなく、砂糖がまぶしてあったよ。

お店ではお皿を使わないで、このロゴが入った可愛い箱に料理を入れてサーブしてた。残したらそのまま持ち帰ることができるように、かなあ。
でも食べ物で汚れちゃったらリサイクルできないぞ、なんて皆で話したんだけどね。

b0059565_1433230.jpgドアの横には、こんなステッカーがあったのさ。


GRÉGOIRE restaurant
2109 Cedar Street
Berkeley, CA 94709

※ベーカリーツアー、女神の美しい記録はこちら

*-*-*-*-*-*-*-*-*

この後は、4th Streetという、オッシャレ~・高級~、なお店がずらりと並んだ通りに連れて行ってもらって、ぶらぶらとショッピング。あ、私は見てるだけ。
駆け足のようで、でもすごく充実してた、楽しい楽しいバークレーのツアーでした。

改めて、女神様ことYみたちさん&Mかしゃんに大感謝。ここに伏してお礼を申し上げる次第です。
今でもどこか夢だったように思えるぐらいの一日でした。

せめて何かで、少しでもこの恩を返せれば嬉しいので。虎視眈々とチャンスをうかがうことに致します。
ありがとう、本当にありがとう。(愛をこめて、二方向に投げちっす)(あ、逃げないでっ)
[PR]
by senrufan | 2007-11-11 14:25 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7701768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2010-12-09 03:46
タイトル : No.936 チーズ大集結!そしてチーズを食べさせるピザ..
チーズ専門店とそのチーズを使ったピザ屋 The Cheese Board Collective の行列は、バークレーではお馴染みの光景。Shattuck Ave 沿い、バークレーの名店 Chez Panisse のちょうど向かい。 向かって左がピザ屋、右がチーズ&ベーカリー。雨にも関わらずこの日も行列。 まずはチーズ専門店へ。ボードにずらりと書かれた世界各地のチーズの数々。 更に驚いたのは、スタッフの数とその専門性。カウンターの向こうに14~15人...... more
Commented by yumikodi at 2007-11-13 16:07
次回はナパだす!
Commented by マミィ at 2007-11-13 20:11 x
バークレー・ツアー、あぁ楽しかった!(←一緒に行った気分)そして、あぁ美味しかった!(←一緒に食べた気分。そしてMiyuki風に言えば涙目)

ピスタチオ入りのピザ、ざくろ入りのサラダ、栗のパイ・・・あぁ、本当に、アアン、アアン、アアンア、やるせない・・・。
Commented by しーら at 2007-11-13 22:01 x
ア・アン・ア・ア・あ・アン~~~ざくろのサラダの写真が見たかったよ~|~~後はなんとか想像力を駆使して、「つもり」になったんだけど・・・

マミィさんちのアンコウグラタンみたいのも想像力超えてるんだけどね・・・
あ・あ・あ・あ・あああん~~
Commented by すれっぢ at 2007-11-13 23:44 x
北米で、東洋系以外で栗使ったもの初めて見たぞ~!!あるんだ。
クリのクリーム、モンブランの上のクリームみたいな感じでしょうか?
クリのア・アン・アン・ア・餡~♪ってことですね。
Commented by Miyuki at 2007-11-14 13:10 x
*ゆみたちさん
女神様のお導きならどこまでもーーっっ!!(諸手を挙げて)
Commented by Miyuki at 2007-11-14 13:12 x
*マミィさん
もーもー、どんどん私についての理解を深めてくださって、しかも同化現象まで起こしてくださって、これでまたもや考えた、マミィさんへのプロポーズ@100回目。

私もマミィさんに同化現象。アンコウ以来、あのメロディーが頭から離れない~~~(うるうる)(ア、アン、ア、アン)
Commented by Miyuki at 2007-11-14 13:14 x
*しーらさん
ア・アン・ア・アン、ざくろサラダは、ただグリーンの上に、ざくろの実の粒をぱらぱらとかけてあるのでございましたよ~~。でもドレッシングがピンク色~~ア~ン~~コオォォ~~~
Commented by Miyuki at 2007-11-14 13:17 x
*すれっぢさん(ぜーぜー)(唸り疲れ)
やっぱり珍しいですよね、栗を使ったもの。HPによると、シェフはフランス修行の経験有りとのことなので、ルーツはそちらということかな。
中身はシンプルに、栗をマッシュしてバニラ風味にしてあるだけっぽかったです。甘さもすごく自然で。それに生クリームが別添えだったのです~~、ってアア・アアン・ア・ア……(結局エンドレス)
Commented by まきりん♪ at 2007-11-14 15:30 x
皆さん、未だにあんこう椿を引きずっているようですね。ア、アン、ア、アン♪

カナダにも栗の入ったスイーツは皆無です。
バンクーバーのクレープ屋(もちろん、フランス系でやんす)にはマロンペースト入りというのがあったけど。

お嬢様同様、私もピザの乳製品のこってりさは苦手なのです。
味はおいしい!って食べても、後で胸焼けしたり・・・
やっぱりご飯と漬物を食べてきた民族の消化器官なのかしら~
Commented by peartree22 at 2007-11-14 17:08
あぁ、なんだかバークレーを一緒に探索した気分(でも、やはり私も涙)
チーズ好き、ピザ好きの私はこのお店は経験ありでっす!(2度ほどですが)栗のパイも美味しそうだし・・・。
え!?次回はナパ!?「よっしゃあ」となぜか気合を入れてみました(笑)。
Commented by Miyuki at 2007-11-15 10:38 x
*まきりんさん
バンクーバーにあるなら、「カナダには皆無」と言っちゃいけません(笑) クレープかあ、うん、それは美味しそうだなあ♪

そうだった、まきさんも苦手でしたよね~! 意外と多いのかもしれませんね、アジア民族にその体質。
Commented by Miyuki at 2007-11-15 10:43 x
*ちゃんさま
「一緒に探索気分」、それは正解です。だってちゃんさまは、いつも私達の心の中で一緒だから。(大真面目)
わあ、このお店、経験ありですか! さすがだわーvv そうそう、ちゃんさまにはいつか、お薦めチーズもお聞きしたいのでした。娘は、焼かなければチーズ自体は好きなのでね~。
で、次回はナパですよ! 心の準備をお願いします。


<< 栗は三年というけれど 美と味の導きに (その2) >>