その付き合い方に着目して

Restoration of Independence (Estonia)
St. Stephan of Hungary's Day (Hungary)
King's and People Revolution Day (Morocco)


「若い女性はピンク好き」は本当

こんなことが生物学的に証明されたとしたら。
「幼い頃からピンクが苦手」「昔から青や緑系統が好き」なお嬢や私は、一体どういう存在になるのか、という会話を交わしました。
「少なくとも、おいしい果実を見つけるのはヘタということだよね」
「そういえばママが買ってくる果物、たまにまずいのもあるよね」
「青や緑が好きだと、どういう利点があるのだ?」
「うーん、カビに敏感だから、カビ生えた食べ物は避けられるのかも!

大変前向きな母子です。

* * * * *

【料理】
b0059565_12524053.jpg

先日のパン教室で、先生が用意して下さったスープ。
これがすんごく美味しくて、皆でレシピをうかがったら、恥ずかしながら、今まで存在を知らなかった野菜のスープだった。

その野菜とは、根セロリ。こちらだと、Celery rootCeleriacが一般的な名前らしい。
特にフランスでは日常的な野菜なんだって。



早速探しに行った根セロリは、見かけはすごくゴツゴツしてて、確かに漂うセロリの香り。
今は根菜の旬ではないけれど、ちょうどお嬢が「ごぼうや蓮根が食べたい」と言い出していたので、そういう時期と思えば良いよね。


レシピを検索したら、サラダ、スープ、煮物、揚げ物、ほんとに色々使えるんだね。その使い方も、じゃがいもと同じ感覚で良さそうだ。
2個買って、作ったものは3種類。まずは先生に教わった、根セロリとりんごのスープから。

b0059565_12561543.jpg

玉ねぎ、根セロリ、りんごの薄切りを、コンソメで柔らかくなるまで煮て、フードプロセッサーで滑らかにする、という手順。
ご馳走になったのは明るめの黄色の甘酸っぱいスープで、見た目も味も二重丸。
でも私はというと、ついていた茎セロリも刻んで入れたせいか、大変ぢみ~な見かけが私らしく(……)
コンソメをチキンじゃなくてベジタブルにしたのはまあいいとしても、先生が使ったリンゴはGranny Smithだったところ、家にあったFujiにしたのはちと失敗。かなり甘いスープになってしまったよ。これは次回への反省点。

b0059565_1257320.jpg

お次はマクロビ風のポトフ
ごろごろと大きく切ったにんじん、玉ねぎ、キャベツに根セロリ、ハーブスパイスいっぱい入れて、昆布出汁でことことと。
自家製豆腐マヨネーズにちょっぴりマスタードとディルを加えたものを添えて、カッテージチーズのクイックブレッドと一緒に食べた。

b0059565_12573235.jpg

最後に、これまたマクロビ風のラタトゥイユ。トマトなしだけどラタトゥイユ。ラットなしでもラタトゥイユ(食欲減退効果)
ズッキーニと茎セロリ、かぼちゃに玉ねぎを、根セロリと一緒に小さめの角切りに。オリーブオイルでにんにくを炒めて、順に野菜をじっくり炒める。椎茸と昆布出汁、塩・胡椒で蒸し煮する。


人によって意見はそれぞれだけど、私が食べたのは茎セロリより香りも味も穏やかで、セロリが大好きというほどではない私でも、十分美味しく食べられたよ。
煮たり炒めたりしたら、ほこほこ・しゃきしゃき感が出たので、マッシュしてサラダにしても良さそうだな。スパイス類も相性が良い模様。
と思ったので、スープとラタトゥイユの残りは、合わせて潰して焼きコロッケと、おからとマッシュルームを加えたタイカレーにと作り変え、無事に全て食べ切った。


フランスでメジャー、というところで、即座に私の頭に浮かんだのはMミィさん。
どういうレシピがあるか聞いてみよー、と思っていたところに、これまたタイムリーに日記にアップされていたのは、根セロリのきんぴら
根セロリ、人参、牛肉をきんぴらにして、ゴマ油と金ゴマとシーヴを散らしてあるという、見た目にも美しく食欲もそそり、ヨダレが出て大変でした。
次はもう少し寒くなるまで、なんて思っていたけど、そこまで我慢できるようか。できるわけがないだろう。(反語)

* * * * *

【料理】
そんなMミィさん製・美きんぴらが添えてあったのは、これまた形の美しいもっふるでした。

以前こちらに書いてから、実は密かに「もっふる教」というのが結成され、すでに全世界に広がる勢いであります。
現在のところ、フランス、カナダ、アメリカにメンバーがいます。ちなみに全部で3名です(……)

しかし私的調査によると、すでに世界には175,300人の隠れもっふりあんがいる模様。
貴重な2名のメンバーと、あと一押しで入教しそうな不特定多数の皆様に向け、新しいもっふるレシピの紹介であります。

b0059565_131817.jpg

これはアメリカ発のマクロビレシピらしいのですが。
まず、玄米餅をすりおろしてパウダー状にします。そこに千切りかぼちゃと千切りキャベツ、すりおろした山芋、醤油と海苔を少々加えて混ぜ合わせ、ごま油をひいたワッフルマシーンで良く焼きます。
焼きあがったら取り出して器に盛り、好みで紅しょうがを添えていただきます。

餅をパウダーにして使えば、好みの具を入れて一緒に焼けるというのが便利な点。フルーツなどの甘いものを入れて、おやつもっふるにするのも一興かと。
野菜もお好みで。山芋もしくは長芋はつなぎだと思うので、手に入らない場合は粉と水や卵など、マクロビにこだわらずに自由にやってしまえば無問題。
我が家でのこのレシピの第2弾は、抹茶パウダーとゆで小豆、長芋、少量のアガベを入れた、和風のもっふるでございました。

さあ、皆で広げよう、もっふるの輪! 目指すはレシピ本の発行&テーマソング製作です☆



教祖というのは、おしなべて誇大妄想狂のケがあるものでございますな。(微笑)
[PR]
by senrufan | 2007-08-20 12:50 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7332157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2007-08-22 14:37 x
おお、マクロビ風和風ラタトゥイユとは!お出汁で蒸し煮というのが健康を意識している感じですね。

モッフル教の教祖様の玄米餅をすりおろしてパウダー状にしたあたりでまず、礼拝。よくぞそこまでしたものだと感心しちゃいました。しかも、具の多岐にわたっていること!

夫にも見せてカナダ、モッフル支部のアイディア強化を図りたいです。
Commented by peartree22 at 2007-08-22 16:28
根セロリ、私もレストランで食べた時に「これ、美味しい!」と思ったのですが、Miyukiさんほど探究心にかけていたので、結局自分では作らずじまい。あー、ほんと、どうしてベイにいるのが今ではないのでしょう!
和風ラタトゥイユもよいですねぇ。
そして、もっふる、このバージョンにはノックアウト。
あー、やっぱりワッフルメーカー、欲しいものリスト上位にぐぐぐっとあがってまいりました(笑)。
Commented by マミィ at 2007-08-22 20:43 x
カビに敏感な母娘の食卓、愛に溢れ、美味しそうでございモス。
根セロリというと馬鹿の一つ覚えで、きんぴらオンリーでございモシたが、りんごとスープにするというのに心踊りました。是非やってみモス。

餅をパウダーにして好みの材料を混ぜて・・・という教祖様の新しいもっふるの教え、有難くて素晴らしくて、カリフォルニアに向けて平伏し・・・たいと思ったのですが、カリフォルニアがこのアパートのどっちの方向なのか、とんと想像だにできず、心の中で拝むに止めました。この教えを生かし、もっふる教の広告塔として、ますます精進いたします。

Commented by さく at 2007-08-22 23:34 x
いやあ、やろうと思ったんですけどね、もっふる。
せっかくうちに玄米の餅米があるし>餅つき機で蒸してついて>丸めてかわかして>すりおろして粉にして>もっふる。

・・・とここまで考えて、くじけるわけであります。

うちのワッフルメーカーはスヌーピーちゃんのお顔。
すぬーぴーもっふる、いつかお目にかけたいっす。
Commented by さく at 2007-08-22 23:40 x
あ、ずっと前に本で見つけた根セロリレシピ。
マッシュルーム20−30個くらいを半分に切って、バター大さじ3−4くらいで炒める。(私はバター嫌いですが、このレシピだけはバターが一番です。でもマクロビ向きじゃないですね)。途中でマッシュルームと同じ大きさに切った根セロリを適量加えます。
ちょっとだけお水と塩を加えて煮詰め、ゆでたパスタとからめます。

根セロリなんか死んでも食わない息子どもが、これなら食べます。(笑)

根セロリと林檎のスープ、おいしそうですね。
この組み合わせは相性がいいようですね。サラダもおいしいですよ。
Commented by シーラ at 2007-08-23 00:26 x
私、昨年あたりからピンク大好きになっちゃってるの。
淡いピンクのカーディガン・シャツ・セーター・パンツetc.
そういえば最近買う服ってみおんなピンクかも・・・・
みうyきさん同様、以前はずっと寒色系が好きだったのになぁ・・・そうか、果物摘みたいのか!
Commented by すれっぢ at 2007-08-23 01:35 x
うちは「もっふる教」信者なんですが、肝心のワッフルプレートがありません。(笑)まるで、信濃町の某教団信者でありながら、家に仏壇が無いようなもんです・・・(過激発言ですいません)(笑) これから信者として、まずは仏壇もとい、プレートを探したいと思います~。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-08-23 01:49
もぉぉぉ、Miyuki さんの作られるお料理はどうしてこんなに優しい柔らかさを持っているんでしょう。。。どんな素材を使っても、昆布だしとか豆腐マヨネーズ(しかも自家製!)といった素朴な和風が取り入れられてるからなんでしょうね。日本に帰って紹介頂いた和食レシピ本を買いあさろうと思っていたのに、突然の日本帰国キャンセル。素敵な和食生活はもうちょっと先でしょうか。(インターネットにもレシピはころがってるだろっ、おい!)Miyuki さんちの子供になりたーい。。
Commented by peartree22 at 2007-08-23 08:50
うわーー、上のコメント、「Miyukiさんほど探究心に欠けて」となっている・・・。もちろん、大間違いでございます!「Miyukiさんのように探究心がないものですから」と訂正いたしまーす。(ん?これで大丈夫?自信なくなってきた・・・)
それから、訂正とともに、日本もっふる支部長任命ください!(と、その前にワッフルメーカーを買うぞ♪)
Commented by あつゆき at 2007-08-23 09:12 x
どんどんウデをあげてますねえ。
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:33 x
*まきりんさん
うふふ、最初は昆布出汁で洋風料理?って思ったのですけど、慣れてしまうとこれはこれでおいしいです。
そしてほーーっっほっほっほ、苦しゅうない、どんどん拝んでくだされ!(肥溜め行き決定) あ、でも書いている通り、これは私が考えたレシピではないですからね。アメリカ発・日本経由のマクロビレシピですよん♪
まきりんさん宅のアイディアはいつも斬新なので、大いに期待してお待ちしております! あ、すでにヨダレが。
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:36 x
*ちゃんさま
いやいや、ちゃんと根セロリを発見されていたところがすでに並ではないですぞ。私なぞ、今まで気づかずにどっかで食べてたんじゃないかなあ(汗)
ワッフルメーカー便利です! お薦めです! さあっ、こっちのみーずはあーまいぞーー♪
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:40 x
*マミィさん
きんぴらという選択肢を与えてくださったこと、心から感謝しておるでモス~vv 我が家では常備菜のきんぴら、バリエーションが広がったでモス。

そうですよ、マミィ姉さまは輝く広告塔。宣伝の見事さには感服しきり。私も見習って、信者獲得に乗り出さねばいけませんな!
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:42 x
*さくさん
餅つき機があるの? それはうらやましい~! つきたてお餅も、パン生地作りもできるじゃないかvv
あ、レギュラーもっふるはその工程の最後は飛ばして良いのよ。丸めてかわかしてお餅になったら、ワッフルマシーンで焼くだけよ~。見せて見せて、すぬーぴーもっふる!(うずうず)
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:47 x
*さくさんあげいん
そして根セロリレシピ、感謝だああ~~(愛の抱擁)(むぎゅーっ)
マシュルーム、お嬢の大好物だから、これは喜ぶに違いない。バター、無問題よ。だってほら、クロワッサン探索してるぐらいだし、ねえ(笑) これ、絶対やってみる。ありがとねえ!
そういえば検索してる時、根セロリとりんごのサラダというレシピがあった。やっぱり相性のいい取り合わせなのね。
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:49 x
*シーラさん
ふっふっふ、それはシーラさん、恋という名の果実ですね(きらーん☆)
でもそうか、じゃあ私たちもいずれピンクが好きになるのかも~。その時にはシーラさんを見習って、「公園でナンパされる」かどうか、試してみなければ。(真剣)
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:53 x
*すれっぢさん
あの電子レンジ用プレートでも大丈夫だと思ってましたが、物足りないですか? ふむふむ、それはすでにすれっぢさんの信仰心が、チャクラ5までいったという証でございますな。チャクラ10に昇りつめた暁には、チタン製のプレートが待ってますぞ。(厳かに)
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:57 x
*shinaさん
優しいだなんて、うるうる、それはまあ私の内面から溢れ出るものがこう(死んでこい)
そうそう、里帰りのキャンセル、残念でしたね~~(涙) しかもすごいキャンセル料……こうなったらガンガン、ネットレシピ獲得とまいりましょー! 私の知っている範囲でよろしければ、いつでも横流ししますので(内緒)、どうぞ遠慮なくおっしゃって下さいね~。継母のMiyukiでございました。
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:58 x
*ちゃんさまあげいん
やったーっ、日本支部長獲得!! ああ、カナダとフランスからも歓声が聞こえます~vv これからもがっちりとタッグを組んで、信者獲得につとめてまいりましょうぞ!
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:59 x
*あつゆきちゃん
いやいや、これは簡単なのよー(笑)
Commented by usayamama at 2007-08-23 22:20
おお、教祖誕生だ〜。未だにもっふる作る道具はないけど
構成員にしてくらさい(笑)
みゆきさんも寒色好きのようですね〜。私もなんです。ピンクとは縁がなくて。
以前カウンセラーの方に聞いた話だと、寒色好き(特に青)の人の中には熱い、情熱的な人が多いんだそうです。
鎮静するために冷ややかな色を身の回りに置きたくなるんですって!
私は家中青いです。常にクールダウンしたいみたいですわ。
Commented by Miyuki at 2007-08-24 10:51 x
*usayamamaさん
構成員、なっていただけるですか! わあいわあい、嬉しゅうございますうううvv じゃあ私がこれからうささんの分まで、2倍焼きます(笑)
寒色好き、共通点ですね♪ 情熱的とは知りませなんだ、そうなのかアタシ~。ということは、本部屋を寒色系にしておかないと、常にごーごーと燃え盛ってのめりこむハメになりますね。考えよう(真剣)


<< 海も空も、国境も越えて 何でも、誰でも、どこからでも >>