伸ばすその手は一つじゃなく

Independence Day (Peru)


本日は久しぶりの、お嬢のSwim Meetでございました。
今シーズン最後の競技会。再来週から、スイミングチームは1ヶ月の夏休みに入ります。

今回はタイマーのボランティアをやりました。ストップウォッチを押すアレです、アレ。
オリンピックみたく、壁にタッチすれば計れるタイマーなどないのでございます。全て人力。

競技会でのボランティアのおいしいところ、それは文字通り、美味しいものがタダでもらえるところでございます。
2~3時間交代のシフトなのですが、その間、結構頻繁に、スナックだのジュースだのフルーツだのを持ってきてくれるですよ。今日はマフィンとドーナツもあったですよ。
基本的にはじっと座って、スイマーがゴールする直前に立ち上がり、ゴールする瞬間を目で確認しながらストップボタンを押す。結果をボードに書き込む。
動作としてはこれだけなので、この間にもらったものは全て贅肉に繋がると思って良いでしょう。


それ以外の楽しみは、やはりいろんな親御さんに会えること。
毎日スイミングに行っていても、親同士は滅多に顔を合わせることがないので、こういう機会に会える親しい人、初めての人、それぞれ嬉しいものでございます。
親しい家族であれば、おお、また大きくなったね!とか、
うわ、すっごく速くなってるじゃん!とか。

初めての人であれば、へえ、あのコーチはそんな感じですか、とか、
うんうん、やはり学校との両立は大変ですね、とか、
あらあら、随分とお子様を大事にされて(にっこり)、とか。


あとはこっそり、イマドキの若者ウォッチングですかね。
体毛チェックなどお薦めです(バカモン)(でももう胸毛があるんだよ彼ら)

* * * * *

【雑事】
b0059565_1120072.jpg

水泳は個人競技ではあるものの、基本的には所属するチームがあり。担当コーチがいて、チームメイトがいる図式。
普段の練習では感じないけれど、こういう競技会に行った時は、そんな側面が見られて面白い。



それぞれのレースで「Go, Go!」と声援を送り、良い記録が出たらハイタッチ。逆に、失格になった友達を皆で慰めたり。
お嬢も会場に着くやいなや、チームメイト達のところに行ったきり、帰ってきやしない。
コーチにアドバイスをもらったり、レース前の不安を力強い言葉ではらってもらったりと、見ているだけでも充実しているようで、こういう環境にあるから、ハードな練習もこなせるのだなあ、とは改めて感じること。

これは有名選手でも同様のようで、個人としての課題や心構えをそれぞれ持ちつつ、チームからもらう励ましや刺激を、とても前向きに受けとめている様子。

200m背泳ぎの世界チャンピオン&米国記録保持者である、Margaret Hoelzer
先日読んだ彼女のインタビュー記事から、ちょっとアレンジして抜粋。

--------------------------------------


<Communication, Be part of the team, Stay open-minded>

コーチの言うことを良く聞くこと、そしてコーチもあなたの言うことに耳を傾けることが必要です。あなたが共に過ごしている人達と上手くコミュニケーションできなければ、成功するチャンスはぐっと減ります。
だから、あなたが何を言いたいのかを良く考えて、言いたいポイントをクリアーに、正直に伝えることが大事です。

それはチームメイトに対しても同様です。チームメイトの助けを得て、あなたも彼らを助けて、互いにチームの一部になることです。
水泳は大変に個人的なスポーツですが、もしあなたの周囲から良い影響を受けられれば、一人でやる場合より遥かに良いスイマーになれます。
私がカレッジに所属していた時が、正にそうでした。私は長い間、一人でトレーニングしてきましたが、カレッジに入って初めて、年齢が近い仲間に恵まれたことに気づいたのです。その新鮮な驚きは、毎朝起きるのを楽にしてくれました。
私は一人ではない、他の皆もやらなくてはいけないことなのだから、サボることはできない。責任を持ち、共に一列に並んで、チームの一員としてベストを尽くすことが重要です。

多くの人が、年をとるにつれ、自分は何でも知っていると思い込みがちです。しかしどれだけ自分が沢山のことを知っていたとしても、それでもまだ他から学べることは無数にあるのです。
目標とするゴールに到着するまで、一緒に何ができるのか? コーチやチームメイトと共に考えながら進んでいくことは、一人で進もうとするより、ずっと素晴しいことなのです。

[PR]
by senrufan | 2007-07-28 11:17 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7212481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2007-07-30 18:39
カリフォルニアの青い空を反映して、きれいなプールですね!タイマーのボランティア、難しそうです。わたしならきっとタイミング逃しちゃいそう。
いまどきの若者チェック!やりたいです。絶対好みの男の子、見つけちゃって娘に顰蹙買いそうですが、私の場合。
体毛チェック(笑)いえ、昔、オリンピックで女性の欧米の方が脇●ぼーぼーで、でもそれが金色だったからさほど目立つわけでもなく、でも目が釘付けになった覚えあり!「金色の毛って便利ぃ」なんて感心したことがあります。
Commented by マミィ at 2007-07-30 20:42 x
インタビュー記事、心に響きました。うまく書けないんですが。

今回読んでいて漂ったのは、あの独特なプールのにおい。
ストップウオッチ係り、お疲れさまでした。身体を動かさないにしても、指の運動+神経集中+暑さでカロリーを消費したことでしょうから、トーナツひとつ位は軽い、軽い。え、なに?ドーナツ3つにマフィン5つ食べたって?

そういえば、中学の体育でプールというとドクター・ストップがかかっていたわたくしめはいつもストップウオッチ係でありました。奇妙な心雑音のせいです。心臓に毛が生えているに違いなく。

体毛チェックには笑いました。うちのマリオン(12歳)もすでに脇は金色の毛がぼうぼう!今後どうなるか観察を続けることにします。

Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-07-31 03:03
水泳に限らず、日々の生活でも "Communication, Be part of the team, Stay open-minded" であることはとても大切だと感じますー。

自分だけでやってしまったほうが楽で、ついつい何でも(仕事でも家事でも)抱え込んでしまいがちな私でして。。昨日ちょうどこのことで夫と口論したばかり(苦笑)手間がかかっても人とコミュニケーションを取りながら物事を進めていく能力と成果物の相乗効果は子供に知って欲しいですし、自分は自分で何歳になっても努力して実践していかなきゃ、と思います。

いつも目が覚めるようなブログ、ありがとうございます。私もアパートのプールで胸毛チェックして目を覚まそう。
Commented by Miyuki at 2007-07-31 11:42 x
*ちゃんさま
そう、屋外プールは暑いですが、空と一緒の青さがきれいでねえ♪ タイマーはね、なんと1コースに3人つくのですよ。そしてその平均を出すわけ。だからタイミング逃してもダイジョブ!(殴)
ふっふっふ、若者チェック、やめられませんぞ。私はすでに2人、目をつけている子がいるです。
そして、そなのです、金色って便利!(笑) 日本の脱毛グッズで、脱色ってあるでしょ? あんなん意味あるんか、それより抜くか剃るほうが良い、と思っていたんですが、こっちにきて、「あれでもいいじゃん」と思ってしまいました~。日本人、黒いから損ですなあ。
Commented by Miyuki at 2007-07-31 11:48 x
*マミィさん
そうそう、あの塩素の匂い!(爆笑)
わあい、ドーナツのお許しが出た~♪ やっぱり4つ食べて正解だったんだわアタシvv ってのはウソですが、その分、ブドウをそれぐらいはもらいました、えへへ。

え、心音が!? ……なんか少女マンガの一幕ではないですか。細く華奢で運動を禁じられた美少女が、プールサイドで白い帽子をかぶりつつ(妄想中)

マリオンちゃん、もう生えてるですか! うーん、さすが成長が早いわ。今後は手足と鼻の下についてのレポをぜひ!
Commented by Miyuki at 2007-07-31 12:01 x
*shinaさん
これが日常にも当てはまることをちゃんとご存知で、努力していこうと思われていること、さすがshinaさんだと思います。
私も抱え込む、というか、何かしなきゃいけない時、自分一人のプランしか浮かばなくて。結婚直前、あることを決めて帰ってきて、それを旦那に話したら、「どうして一言相談してくれなかったの?」と言われたことがあって。情けないですがその時に初めて、結婚ってそうやって一緒にやっていくことなんだ、と知ったですよ。今でもまだまだ変わりきれないので、私もほんと、努力していかなきゃ、と思ってます。でも明日には忘れそうだー(涙)

胸毛&腹毛両方で、一つよろしくです(なにがだーっ!)

Commented by まきりん♪ at 2007-07-31 14:36 x
水泳って才能が大きく関与しているスポーツのひとつなんだってね。
プロが初めて水に入った子のフォームを見たら、いいスイマーになれるかどうかすぐに分かるんだって。

ちなみに私はずっと金槌で、高校生の時に泳げないと卒業できないと宣告され、泣きながらクロールと背泳ぎを練習しました。未だに平泳ぎが」できない・・・いいんだ、今は浮き輪使うから。

「多くの人が、年をとるにつれ、自分は何でも知っていると思い込みがちです。しかしどれだけ自分が沢山のことを知っていたとしても、それでもまだ他から学べることは無数にあるのです。」

このお言葉には心から頷きました。
知ったかぶりしてると大切なことをとりこぼしてしまうんだね。
実質年齢と体験年齢を比例させていきたいものです。
Commented by Miyuki at 2007-08-01 08:13 x
*まきりんさん
ええっ、そうなんだ! じゃあ才能なくて続けてしまうのは、将来がなくて悲劇なのでしょうか、うむむむむ。まあ好きだからいっかー。

げげ、大変でしたね、高校水泳(汗) 泳ぎってちゃんと習わないと上達しないところがあるから、学校の授業だけではなかなか難しいのですよね。
私も一応小学校の時に水泳チームに入ってましたが、すでにバタフライは全くできず、平泳ぎは腰痛が出るから避けてます。なんのために習ったんだアタシ(遠い目)

実質年齢と体験年齢、全くその通りですね~。特に私なんてホントに視野は狭いわ、意地っ張りだわで、年々聞き下手になっちゃって(涙) オープンマインド、座右の銘にしなくてはいかんです。


<< 和洋折衷の醍醐味を 一歩一歩に味わいを >>