お友達から始めよう

Revolution Day (Egypt)

* * * * *

【買い物】
b0059565_1271269.jpg

南国の果物、ココナッツ
ミルクもフレークもお嬢の好物なんだけど、飽和脂肪酸食品でコレステロールを増やすので、旦那には食べさせたくないものと思ってた。



ところがトランス脂肪酸が話題になってから、その辺りを色々と調べてみてたら、最近の見方では違うんだね。
自然飽和脂肪酸にも種類があって、ココナッツの持つ脂肪酸はむしろ、悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きがあるらしい。
そしてココナッツのメイン脂肪酸であるラウリン酸は、人間の母乳に含まれるものと同じであり、抗菌作用・抗酸化作用がある。ふむふむ、なるほど。
他のオイルに比べて低カロリー、脂肪分をエネルギーに変える代謝を促進。この辺りなんて、目がキラキラしちゃうよね!(オマエだけだ)

こういう健康系情報でお薦めのオイルはというと、オリーブオイル、キャノーラオイル、フラックスシードオイルという、一価不飽和脂肪酸を含むもの。
そんな中に異分子のように、飽和脂肪酸仲間のココナッツオイルが加わっているのが、良く目にする推薦リスト。

これらのオイルの中で、ココナッツオイルの面白いところは、24度以下だと固形状ということで。
だからバターやマーガリン、ショートニングといった、ベーキングやスプレッド用の油脂に代えて使いやすいという点が、ユニークな特長。
また沸点が高く、賞味期限も長いので、揚げ物や炒め物など、あらゆる目的のクッキングオイルとして良品と言われてる。

すごいなー、手放しだ。
ココナッツオイルって、スキンケアの方のイメージしかなかったけどなー。


逆に現在、悪者として槍玉に上がっているのが、ショートニングマーガリン
植物性油脂で身体に優しいという評価だったのに、トランス脂肪酸の害がわかってからは、あちこちで締め出しモード。
でも今ではトランス脂肪酸ゼロ・オーガニックの製品がちゃんと出ているので、こちらを使う限りは、脂肪酸問題は大丈夫なような気もするのだけど、問題はこれは加工油脂ということにあり。
いくらOKといっても、他に自然ソースの安全なものがあるのに、何もあえて加工品を使わなくても……という意見もあるだろうと。

パンに油脂を入れる場合、バター・ショートニング・オリーブオイルが主たるところ。
バターもオリーブオイルも、その香りと旨味を加えてくれる反面、ショートニングは無味無臭。
ココナッツオイル自体は特に味はないけれど、やはりほのかなココナッツの香り。これをパンに入れた時には、どんな変化があるのだろう。

と思ったら、やってみな。

b0059565_1210963.jpg

実験したい場合にもありがたいのが、門間みかさんのレシピ。シンプルで作りやすい配合なので、一箇所変えた時の変化が良くわかる。
中でも作りやすいミルクスクエアを、バター20gのところ、ココナッツオイル20gに置き換えて。

焼き上がって試食したところ、味も舌ざわりも全く問題なし。言われなければ、ココナッツオイルだとは誰も気づくまい。
クセもなく、バターのようにしばらく室温に置いて柔らかくする必要もなく、ショートニングと同様の手軽さが嬉しい。

強いて言うなら、バターが多く入るブリオッシュなどのリッチ系は、バターの香りや味がしないと寂しいだろうから、その辺りの使い分けは好き好きで、というところかな。
あとはショートニングは、サクサク感をを出すというのもウリなので、この辺りもまた確かめて。それで好みに合えば、置き換え・併用の問題はないように思われる。

えーと、お値段以外はね。(……)


我が家の棚に並ぶオイル族。オリーブオイル、グレープシードオイル、胡麻油にキャノーラオイル。
これにココナッツオイルが加わって、さて、料理ごとに上手く使い分けしていけるかな。
でもココナッツのように、「昔は悪くて、今は良い」とされる製品があるということは、その逆もまたアリなので。そう考えれば、危険物の蓄積を避ける為、そして予防の為に、「一種類のものに限定せず、複数を使い分けていく」ということは大事なんだろう。
[PR]
by senrufan | 2007-07-23 12:05 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7184334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さく at 2007-07-25 12:59 x
>オリーブオイル、グレープシードオイル、胡麻油にキャノーラオイル。

わあい、うちとまったく同じだ。
これにフラックスシードオイルは朝のスムージーに混ぜ混ぜして飲みます。

ココナッツオイルは・・・実はココナッツミルクがちょっと苦手で、
タイ料理なんかもココナツミルク入りのカレーなどはちょっと食べにくい私ですが、オイルはあの独特の匂いがやはりするものなのでしょうか。
Commented by まきりん♪ at 2007-07-25 13:04 x
おお、ココナッツオイル!

先日台湾出身の友人がフライド・バナナというバナナソテーを作って、お皿に持った後にココナッツオイルを掛けていたんだよね。既に油を使ってソテーしていたから余計な感じがしたけど、油の代わりに使ってくれたらいい香りがして良かったのかも。

ちなみに料理下手な彼女の作ったフライド・バナナはべっちょりしていてナメクジのようでした。
Commented by peartree22 at 2007-07-25 16:31
ほぉぉぉ、ココナッツオイルとは!ココナッツミルクは知っていますが、オイルの存在は知りませんでした。ただ香りがちょっと苦手で、自分ではあまり使わなかったのですが、実験を見ると使ってみたくなったりして(でも妙に懐かしい香り=若かりし頃の海辺のオイル)。

我が家にも、オリーブオイル、グレープシードオイル、ごま油、キャノーラオイルです!ただし、オリーブオイルフェチなので、これは何種類か(特に使い分けるのではなく、気分でというところがいい加減なのですが)。
Miyukiさんのように実験をちゃんとして、まずはお友達から!と新しい食材と楽しく付き合うのっていいですね♪
私は見た目は冒険家っぽいですが、中身はけっこう保守的なところがあって、新しい食材を使うのはけっこう時間がかかります(笑)。
Commented by frogfreak at 2007-07-26 02:41
皆さんいろいろと身体には気をつけたものを食べていらっしゃるんですね。うちは気をつけないうちに、オリーブ、キャノーラ、ゴマにおさまってた。安心安心。ココナツオイルさん、是非お友達になりたけど、お値段的にお友達価格ではないのでしょうか。タイ料理なんかに使ったら美味しいのかしら♪
Commented by Miyuki at 2007-07-26 11:24 x
*さくさん
さんさんと一緒かあ、それは安心度大♪
スムージーに混ぜて飲む、いい方法だね! 私が今欲しい電気製品はブレンダーなのよ~。うう欲しいなあ。

私もそんなにココナッツ得意じゃないので心配だったんだけど、これが全然匂いなし。鼻をつけてクンクン嗅いでもなし。(おい) ダイジョブです。
Commented by Miyuki at 2007-07-26 11:25 x
*まきりんさん
え、フライドバナナに更にオイルですか! そ、それはどこのレシピかな~、すごいな~。
で、ナメクジって、ナメクジってーー!(爆笑中)
Commented by Miyuki at 2007-07-26 11:33 x
*ちゃんさま
そうだ、あれはコパトーンでしたね、うわははーっ!!
私はとりあえずパンと炒め物に使ってみたところでは、ほとんどクセはないようです。
オリーブオイルが数種類、おお、それは良いなあvv そういう使い方、理想です。ほんとはもっとちっちゃいサイズがあれば、幾つか買いたいのになあ。
私の場合、近眼がひどすぎて、新しい食材があることにも気づかない場合が多いです。(爆)
Commented by Miyuki at 2007-07-26 11:38 x
*frogfreakさん
お、それは良い直感をお持ちということで♪
ココナッツオイルさんはですねえ、↑の8ozのオーガニックオイルが6ドル、オーバニックヴァージンが8ドルぐらいなのです。オーガニックのショートニングが、24ozで4ドル強というのと比べれば……ですが、こういう置き換え目的じゃなければ許容範囲。私はまだ多めに使ったことがないのですが、使うとしたらやはりアジアン料理が合うと思うですー♪


<< 受け継いだものは思い出と 変わらないことへの安堵と落胆 >>