素材に合ったやり方で

Jan Hus (Czen Republic)
Mindaugas Day (Lithuania)

* * * * *

【お菓子】
b0059565_1122517.jpg

「使ってみよう食材リスト」のうちの一つ、コーンミール
ずっと前に買って、イングリッシュマフィンの上にまぶすぐらいにしか使ってなかったんだけど、改めて取り出してコーンブレッドやコーンマフィンを作ってみたら、プチプチの歯応えや香りの良さを再発見。以来、レシピを色々検索中。
今度はスコーンに使ってみたよ。



コーンミールは、今までスーパーでチェックしたところでは、粗挽き・中挽き・粉状の3種類があって。
私の持っているのは中挽きのもの。ふるいにかけたら、最後にはふるい切れない粒々が結構残るぐらいのもの。これのおかげで食べた時のぷちぷち感があるのだけど、それが増えたらどうなるか。
ということで、今回は結構大量に入れてみた。Pastry FlourとCorn Meal、1対1の割合で。

それから忘れちゃいけない、ハーフ&ハーフ前回パンケーキに使って、あまり存在を感じなかったので、今日は雪辱戦である(なぜだ)


冷凍しておいたバターを細かく切って、またまた粉に指ですりこむ。
この作業だけはなぜか”rub-in”という英語で自らに刷り込んでしまった為に、作業中はついつい「ラヴ、ラヴ、……」と呟く羽目になり、それがそのままドリカムの「Love、Love、愛をさ~け~ぼお~♪」に繋がっていくとかいかないとかそういうクダラナイことは百万光年彼方に置いておけ

クランベリーとチェリーの2種類のドライフルーツをざっくり混ぜて。
スコーンの成型は型抜きしたり、三角に切ったり色々だけど、今回はもうそのままぎゅっとボール状にして。
はてさて、焼き上がりが楽しみだ。


焼き始めてしばらくたってから、どんどん強くなってくるミルクの香り。お、これはきっとハーフ&ハーフの力だな。
焼き上がり時間になった時には、もう家中が芳しくも甘~い香りでいっぱい。これは甘党人間には嬉しいなあ。見事に敗者復活を果たしたよ(だからいつから勝負事に)

タイマーに合わせてオーブンの扉を開けてびっくり仰天。すんごく広がってるよ、スコーン達。
型で抜いたような、高さのある円柱に近い形にしておいたのに、みんな円盤になっていた。これはコーンミールが多かったからか、それとも別な要因か。

冷めてから試食したら、うーん、すんごくプチプチ・ザクザクの食感。粉状のものであれば問題ないだろうけれど、中挽きではもっと量を減らした方がウケるかなあ。これはこれで香ばしくて良いけどね。


まだまだ使うよ、コーンミール。
甘くないマフィンやブレッドも試してみたい。

* * * * *

【時事】
シビックのハイブリットカーの所有者がHONDAを訴える


ガソリン価格高騰に伴い、ハイブリットカーの人気はうなぎのぼり。
特にここカリフォルニアでは、シュワルツネッガー知事による「一人乗りハイブリットのカープールレーン走行許可証」発行効果もあって、希望車種は半年待ちなどの状態が続いてます。

ハイブリットというと、消費者にとっての魅力はやはり燃費の良さにあるわけですが、この記事によると、ホンダのハイブリット・シビック、「市内で49マイル/ガロン・高速で51マイル/ガロン」という謳い文句で宣伝されていたわけで。
ところが所有者のトゥルー氏によれば、走行距離6,000マイルの時点で計算したところ、平均32マイルであったと。これでは損じゃないか、けしからーん!というのが氏の主張。早速法廷に訴えるという手段に出たわけです。びば、あめりかんうぇい。(すでにひらがな)

TOYOTAのプリウスに乗っている知り合いから、宣伝通りの燃費ではないけれど通常カーより良いし、環境の為を考えると満足、と聞いておりました。
燃費というのは道路事情などに大きく左右されるわけですが、その点を考慮したんだかしなかったんだか、とにかくこうやって訴えるエネルギーにむしろ感服。
こういうニュースを目にするたび、実は訴えようとは思わない私の方がただのナマケモノなのだろうかと、錯覚しそうになってきた滞米生活○年目。

しかしまあ、私の運転するTOYOTAのカムリで、平均23マイル/ガロンのパフォーマンスですから、確かにハイブリットで32マイルというのは不満足な数字かも。
蛇足ながらそのデカさと丈夫さを誇るHammerは、平均5マイル/ガロンという噂。環境運動家から、ハマー所有者には特別自動車税をかけるべきでは、と皮肉られていたりします。
日本に行った際、道路でハマーを見かけた時はびっくり。狭い、混み混みの日本の道路で、よく運転する気になったもんだと、その財力と精神力に感心しきり。


ところで一日平均50マイルを運転し、マナーの悪いドライバーに5分おきに血管を切らしている私としては、この記事の最後の教授のコメントに、思わず拍手したくなったことでした。
[PR]
by senrufan | 2007-07-06 11:22 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7074719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2007-07-08 17:42 x
Love、Love、愛をさ~け~ぼお~♪と歌いながら、粉をこねこねしているMiyuki嬢の姿を思い浮かべ、にんまりと幸せな気分になる朝。スコーンの匂いも香ばしく。

ねぇねぇ、この記事を読むべくクリックしたけど、MercurryNews.comに登録しないとだめみたい。最後の教授のコメントだけでも教えてくだされ~、ラヴ、ラヴ。
Commented by usayamama at 2007-07-08 21:32
>ラヴ、ラヴ、……愛情を注ぎ込んでいるのかと思いました。
みゆきさんのお菓子の写真見てると
こーゆーものが家で作れる事に感服してしまいます。
見た目もキレイで、でもってかなり美味しいはず!
Commented by すれっぢ at 2007-07-08 21:38 x
我家で物をコネる時は「お餅やさんの、餅つきは~、コネテ、コネ、コネ、コネテ♪」と決まっております。(ウソ)

Miyukiさんのカムリ・・・如何にHWYドライブが多いか、燃費が物語っているような。日本風に直すと、9.78km/リットルってことですよね。渋滞ばっかしの日本ではあり得ない燃費だとおもいます~。
Commented by Miyuki at 2007-07-09 09:54 x
*マミィさん
無意識に歌に移行してから、はっ!と気づいて一人赤面する、ということを繰り返しておるです。それもあって、バターの作業は早めに済ませなくてはなりません、という強迫観念が。オロカモノー。

えっ、なんてこった、読めませんか!? あちゃあ、すみませんですう、じゃあもうリンクできないかなあああ(涙) 教えて下さってありがとうです~。
えと、以下のようになってます。
「UCデイヴィス大学の教授であり、ハイブリッドの父であるアンドリュー・フランク氏によれば、『ドライバーは、乱暴な運転ほど燃費を悪くすることを認識していない。特にハイブリッドにおいては。ハイブリッドは従来車より、ずっとセンシティブなのだ』とコメントしている」
Commented by Miyuki at 2007-07-09 10:19 x
*usayamamaさん
愛情、おお、そういう風に言いぬければよかったのですね!(ぽん)(今更遅い)
や、味はもう、実際のところは……たはは~~(脱兎)
Commented by Miyuki at 2007-07-09 10:21 x
*すれっぢさん
お宅でもそうでしたか~。さようであろう、さようでなくば。すっかり信じてしまいましたが何か。(真顔)

確かに日本よりはマシな燃費ですが、同時に運転量が並じゃないので、費用はどちらがかかるかなー、とニガワライです。でも日本にいた頃、市内10kmを移動するのに30分以上はかかってましたからねえ。日本滞在の経験のあるアメリカ人が、「日本は高速道路じゃない、低速だ」と怒ってましたなあ。
Commented by マミィ at 2007-07-09 16:56 x
Miyukiさん、どうもありがとう!そうか、ハイブリッド車の運転には繊細さが要求されるわけだ。しかしそれをアメリカ人に理解させるのは難しそうですな、ははは。

ところでうちのVolvo,走行中に燃費を表示することができるのでとても良いですわ。フィはしばらく乗り回した後に、繊細かつ無駄のない走りがリーズナブルな燃費につながると悟ったようです。相変わらず走りながら暴言は吐いていますが。ま、これはただなのでいいか。
Commented by Miyuki at 2007-07-10 04:47 x
*マミィさん
ね、笑えるでしょ? 大体こんな風にすぐ訴えたり人のせいにする人って、自分の運転マナーなんかはひどかったりするわけですよ(大いなる偏見) だから自分をまず振り返れ!のメッセージみたいで、大ウケしたです。

その燃費計、良いわ~! さすがボルボだ、大好きだvv そしてちゃんと学んで自分を変えるフィさんが、またご立派。あ、暴言なら私も負けませんよ、ふっふっふ。


<< 月日は巡って再びそこに 歴史と前進の混沌に >>