角度を変えれば収まるもの

Independence Day (Croatia)
National Day (Slovenia)


今日から、お嬢のサマーキャンプが始まりました。

今年は学区のキャンプを2つ。Teenage Groumetと、Myths and Legends from around the Worldというもの。
朝からそれぞれ2時間ずつ続けて受けて、お昼に迎えに行くというスケジュールで、4週間。
今年はこれだけなので、夏休みいっぱい、お弁当作りから解放されます。早めに帰ってくるのはナンですが、これはこれで嬉しいかも。

しかし最初のグルメキャンプとは、つまりクッキングのクラスなわけで。1週間ごとに、朝食→前菜→メイン→デザートと習ってくるのです。
初日の今日はキッチン内の安全について等の説明で終わり、いよいよ明日から調理にかかるそうなんですが、それに際してお嬢の一言、
「ママ、明日から朝ごはんは思いっきりちっちゃくしてね。でないと作ったものが入らないから」
ミニチュアご飯はとても作れないし作る気もないので、少なくすることで勘弁してもらうとして。

それ以上に、君が食べてくれないということは、冷凍庫のパンのストックがますます減らないということで(暗 転)


早く泊まりに帰ってきて下さい。>旦那

* * * * *

【パン作り】
b0059565_13133587.jpg

パンというと、基本は小麦粉。グルテンの強さによって強力粉・中力粉・薄力粉と段階が。
しかしこのグルテンに対するアレルギーを持つ人の割合、思った以上に多いらしい。



b0059565_13161346.jpgありがたいことに、そういう人向けのパンやお菓子も売っている。
小麦の代用として使われているのは、米粉・コーンミール・タピオカ粉などなど、更にはアマランサスや粟などの雑穀の粉類といったところ。

ベーキングする上でいろんな粉を試してみたいので、こういった市販のグルテンなし製品も、幾つか買って食べてみた。
ところが残念ながら、今のところ”美味しい”と思ったものには出会えておらず。こんな贅沢言ってはバチが当たるんだが。

でも、小麦粉じゃなくとも、美味しい粉製品は色々あるはずで。更に小麦粉オンリーより、雑穀粉が混ざった方が栄養価も高く、カロリーも抑えられる上、我が家の好みにも合うのだし。
なので、前からちらちらとレシピを探してはいたんだな。

そして4月に日本に行った時、たまたま本屋で見つけたのがこちらの本。陣田靖子さんの「100%米粉のパン&お菓子」
小麦粉、乳製品、卵を使わないということで、アトピーにも安心との謳い文句がついている。
100%でなくても良いのだけど、何かのきっかけにはなるかなあ、と購入した。

b0059565_1317893.jpg

この本推奨の有機天然酵母をたまたま買っていたので、それで作ってみる。
最初にプレーンな米粉パンを焼いた時は、やはりかなりのぬかみそ臭が鼻についてしまったので、それからは雑穀パン優先で。
今日はコーンミールブレッドを焼いてみた。

工程はとてもシンプル。米粉とイースト、水分、油、メープルシロップを混ぜて、そのまま型に流し込んで発酵させ、焼く。それだけ。
成型パンも一応あるけど、かなり生地が柔らかめなので、むしろ型に入れてしまう方が良いのだな。
発酵に1時間以上かかること以外は、普通のパンよりよほど楽。

そして肝心の味と食感。や、ほんとにおもちを食べてるみたい。
焼いた餅ほど柔らかく伸びはないけれど、このもちもち食感はかなりのもの。時間が経っても、またトースターで軽く焼けば、十分もちもちは味わえる。
”ごパン”という言葉が浮かんでくるような、和食のおかずも合いそうなパンだよ。
雑穀粉やドライフルーツを混ぜると、酵母の匂いも全然気にならない。

b0059565_13173195.jpgお菓子も、洋菓子・和菓子と色々レシピがのっていて。白玉粉や道明寺粉を使ったものもあるよ。
ラズベリーとピスタッチオのケーキを焼いてみたけれど、これもまたもちもちとしてて、ほろほろと快く崩れていく。
お嬢によれば、「コーンブレッドみたい」だそう。確かにお菓子の場合、ああいう生地に近いかも。

著者の陣田さんはマクロビ・クッキングスクールの師範コースのご出身とか。さもありなん、といった形のレシピ揃い。

* * * * *

【個人的事情】
覚え書。
・コーンミール
・コーンマフィン、コーンブレッド
・ココナッツオイル
・バターミルク
・Pastry flour
・Superfine flour
・Agave
・Chia seed
・おから
・Rice bran
・Hemp
・雑穀、豆、ナッツ類
・Steel-cut oats
・パンケーキ、スコーン、フレンチトースト
・プティング
・オイルケーキ

少しずつね、少しずつ。(言い聞かせ中)
[PR]
by senrufan | 2007-06-25 13:12 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7026073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2007-06-27 22:21
わー、Miyukiさんますますパンの世界が広がっていますね。
米粉のお菓子やパン、興味はありつつも「どうかなぁ?」と試してないのですが、Miyukiさんの文章を読んでいたら、「そういえば、祖母が作ってくれた団子などがそうだったなぁ」と。
あのもちもちした食感が好きで、祖母の家に行く時は「作っていてね」とおねだりしてました。それを思い出したら、作りたくなってきました。
ご紹介している本、さっそくチェックしてみます!
Commented by さく at 2007-06-27 23:54 x
スペルト小麦は使った事はありますか。
完全なグルテンフリーではないけれど、限りなくフリーに近いはずです。
小麦粉にかなり食感が近いので、グルテン除去食にしていた時はかなり重宝しました。
白いのは取り寄せないと手に入らないけど(しかも大袋ごと)、全粒粉だったらホールフーズでバルクで買えます。

米粉のパンはもち粉ケーキに似ているよね。
もち粉ケーキは息子のクラスに持っていったら、けっこう人気でしたので、子供にも好かれる食感なんだなあ、と。

これからもいっぱい実験して教えてください。
冷蔵庫をさっぱりさせたい時はぜひご一報ください。(笑)
Commented by Miyuki at 2007-06-28 07:45 x
*ちゃんさま
米粉はなかなか良いです。強力粉と混ぜてパンを作ると、やはりもちもち食感になるので、あんぱんに良いですよ~。ベーグルも良さそう!
お団子、そうそう、そんな感じだなあ。やっぱりああいう味と食感は、私たちは好きですよね♪
Commented by Miyuki at 2007-06-28 07:55 x
*さくさん
おー、そうだった、スペルトを忘れてた! 追加しなきゃ。ありがとありがとvv 全粒粉の方がより嬉しいので、そちらの方が手に入れやすいなら感謝だわ。

もち粉のケーキは良いねー。友達でジェロと混ぜたジェロ餅を作る人がいて、どこでも大人気みたいだよ。

私はオリジナリティが全くないので(涙)きっと既存レシピを嬉々として作っていくだけだろうけど、うん、色々やってみるー♪
そんで、マジでお引取りをお願いしたいので、あとでメールさせて下さいませませ。(ぺこり)


<< 痛みと共に歩む道(その1) その道何十年の >>