その道何十年の

Manila Day (Philippines)
Battle of Carabobo (Venezuela)
St. John the Baptist (Christian)


朝起きると、リビングの屋根からトントンという足音と、コツコツというつつく音がしている。

夜に屋根裏で足音が聞こえたら、それはネズミ。
朝に聞こえたら、それはリス。
でも、どう聞いてもリスではない。なんというか、もっとふてぶてしい、人間に近いような足音だよ。

え、人間!?

ぎょっとして、思わず庭に走り出て、ガーデンチェアーの上に乗って屋根を見上げると。
バサバサと飛び去る黒い影が数羽いた。


ちっ、朝から脅かしやがってカラスども。(どきどき)(ばくばく)

* * * * *

【買い物】
b0059565_11484655.jpg

ベーキング修行には、食べ歩きもかかせない。これって当然のことだよね。(言い聞かせてる)



このエリアで有名なパン屋さんを求めてググってみると、サンフランシスコやバークレー、オークランドにあるお店群がひっかかる。
うーむ、こういうところに運転して行くのであれば、時間と心の余裕がある時にしたい。しかもできたら誰か同乗者が欲しい。かなり切実に。
ぶっちゃけ、都会の運転に自信がないのだよ……(涙目)

しかしありがたいことに、ファーマーズ・マーケットという手があるよ。1週間のうち、決められた曜日・決められた場所で催されるマーケット、こういう有名ベーカリーも出店してくれるんだ。
勿論、お店とは品揃えが全然違うだろうけど、その切れ端でも味わえるお手軽なチャンスなんだよね。


ということで皮切りに行ったのは、一番近所のマーケットから。
まずは、サンフランシスコにお店があるBay Breadのお試しだ。

9時から始まるマーケット、9時15分に着いたのに、もうBay Breadの前には数人並んだ列が。最後尾に並んで、目でパンの物色を始めるよ。
キッシュが2種類、クロワッサン、アーモンド・クロワッサン、チョコレート・クロワッサン、オレンジのクイニ・アマン風のもの……

カンパーニュやエピ、レヴァンなども色々あって(全部オーガニックの粉)、お嬢と私の好みからするとこちらなのだけど。以前に食べたことがあって、とってもおいしかったんだけど。
如何せん、1個がすんごく大きいんだよ。カンパーニュなんか、私の頭より大きいぞ。
当然食べ切れずに、また冷凍庫を圧迫する羽目になるのが目に見えていたので、今日はぐっとこらえて、デニッシュ類だけに絞ってみる。それでも食べきれないほどあるよー。

ようやく私の番になって、ほぼ全種類を1個ずつオーダーする私に、お姉さんもややびっくり眼。そりゃそうだ、他のお客さんは大抵クロワッサン1~2個とかなんだよねえ。
お姉さんのみならず、そばにいるお嬢の目も痛かった……

買い終わった後にぽつりと、「またこんなに沢山、一体どうするの?」と。
え、だって試してみたいし。来週は来週で別なベーカリーのパンを食べたいから、今日のうちに。
「食べきれないよ、どうするの?」
えーと、余ったら冷凍すればいいよ、うん。
「もうあれ以上入らないでしょ!」

いい大人が人前で12歳児に叱られるという、非常に痛々しい風景でございました。


b0059565_1213797.jpg

お昼になって、いそいそとパンとキッシュを温める。
クロワッサン、まずはこれから試さずにはいられない。パリには敵わないにしても、再び買いたいと思えるものに出会いたい。

うーん、悪くない、悪くないよ。バターの香りと味がちゃんとしてる。中もべたつかずにふわっとしてるしね。でもやっぱりこれじゃないんだよなあ。
もっと皮が何層にもなっててゴツくて、でもサクサクしてて。中がレイヤーで埋まってるんだけど柔らかくて歯切れが良くて。油じゃない、確かなバターの味。
パリで食べたのは数年前だから、いつの間にやら美化してしまってるのかもしれないけれど。でもそんなクロワッサンを求めて、またどこかにチャレンジだ。

b0059565_122252.jpgアーモンド・クロワッサンがもっとヒット。適度な甘さのしっとりアーモンドクリームと、外側のさくさくスライスアーモンド&シュガーが良くマッチしてるよ。

そしてキッシュが美味かった! 一つはキッシュ・ロレーヌ、スパイシーなハム入り。もう一つはドライドトマトとマッシュルームがぎっしり。
外側の生地もさくさくで、中はぎっしりと重く、これはリピートしたいなあ。


他にマーケットで買ってきたオーガニック製品色々。
グリーンを数種類ミックスしたものに、ガーリックのカード(凝乳)とペーカンナッツを散らして、オリーブオイルとフィグのバルサミコヴィネガー・塩・胡椒を混ぜたドレッシングで和えたサラダ。
白ソーセージとブラッドソーセージ。サンドライドトマトのチェダーチーズ、セージのチーズ。
パンと一緒にもぐもぐ食べた、とっても洋風なお昼ごはん。


Boulangerie Bay Bread
2325 Pine Street
San Francisco, CA 94115

* * * * *

ファーマーズ・マーケット、以前に買って気に入ったソーセージ屋さんが来ていたので、Blood Sausageを買いました。
Boudin Noirですよ~、Mミィ姉さま。>私信

豚の腸皮に、豚の血と脂・玉ねぎ・スパイス色々のプティング状になったものが詰められていて、なぜか旦那とお嬢が好きなの。
でも確かに全然臭いもクセもなく、食べやすくはあります。中身はほろほろと崩れます。

売っているのは、フランス人のお兄さん。
このエリアのフランス人社会で人気なのか、私達が屋台にいる間、かなりの確率でフランス人のお客様がいらっしゃる。

でもガールフレンドが、名古屋出身の日本人だそう。
「こんにちは!」「ありがとう!」と、ニコニコしながら日本語で連発してくれるですよ。
今度、彼女連れで来てくれないかなあ。


お昼に食べたブラッド・ソーセージ、ちっちゃな骨の欠片が入ってました。


Fabrique Délices
[PR]
by senrufan | 2007-06-24 11:46 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/7022158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2007-06-26 16:20 x
12歳のお嬢に叱られているMiyukiママの姿を思い浮かべてにやける朝。新しいパソコンの液晶画面で見ると、より一層写真が鮮明に美しくおいしそうに見え、その分匂いもはっきり!今朝はキッシュの香りだ、幸せ・・・とカフェオレをすすりながら読み進み、突然のBoudin登場にぎょえっ!そんなご無体な。好き嫌いのないよい子ですが、これだけはだめなんです、Boudin。

さて、ここで問題です。
我が家では長女マリオンが次女エマに向かってよく"Petit boudin!"と言っているのですが、それはどういう意味でしょうか?
1.お馬鹿
2.お間抜け
3.おでぶ
Commented by すれっぢ at 2007-06-26 22:49 x
いいな~、いいな~!!と毎回ながらヨダレが・・・・しかし、買い方がマニアック。日本で言う大人買いでしょうか。(笑)

>マミィさん
それ、私も子供の頃、兄からず~っと言われてました。もちろん日本語でもっと直接的表現ですが。
Commented by Miyuki at 2007-06-27 03:11 x
*マミィさん
新しいPC、新しい画面、いいなーいいなー♪ じゃあますますがんばって写真修行しないといかん。やっぱり欲しいなあ一眼レフ(すぐハードに頼る)

あはは、だめですか、血ソーセージ! レバーと同様、好き嫌いがはっきり分かれそうですよね。
で、Petit boudin。どれを選んでもエマちゃんに申し訳ないが(汗)、ちっちゃな豚……さ、3番! かな??
Commented by Miyuki at 2007-06-27 03:13 x
*すれっぢさん
そうか、これも大人買いと言えますよね! じゃあお嬢に「大人の事情よ(ふっ)」なんて言ってもよかったんだ、ちぇーっ。(根にもってます)

兄弟って容赦ないですよね。私も兄によくラリアットをくらったりしてましたが、言葉で一番すごいなと思ったのが、「お前は昔、肥溜めでクロールしていたところをオレが拾ってやったんだ」説。橋の下ですらなかったんだ自分……
Commented by peartree22 at 2007-06-27 16:45
Bay Bread!ジャパンセンターに車を置いて、何度か行きました。
いいですねぇ。
クロワッサン。本場のものは残念ながら食べたことがないのですが、
私の好みとMiyukiさんがさがしていらっしゃるのは似ているかも。
口に入れたときにパリパリっと一番上の層が落ちそうになって、慌てて手を添えつつも、中は良質なバターの香り、そう、けっしてマーガリンではなく、中は柔らかいのだけれど、層がしっかりしていて。
一緒に美味しいクロワッサン巡り、してみたいです。
Commented by マミィ at 2007-06-27 19:32 x
ピンポンピンポンピンポーン!
お見事!正解したMiyuki嬢には我が家のPetit Boudinエマを航空便にてお送りします。いやぁ、悪いですねぇ、じゃ遠慮なく。

すれっぢさん、お兄さんにそんなことを言われていたんですか!それにMiyukiさんも「肥溜めでクロールしていたところを・・・」ってそれ、おもしろ・・・じゃなかった、ひどすぎる!

私にも3歳年上の兄がいるんですが、母が出産後退院して私を連れて帰宅したら、「この子はいったいいつおうちに帰るのかなぁ」と、しばらくの間思っていたそうです。子供の頃は絵本「ロッタちゃんのひっこし」から「バムセ」と愛情深く呼ばれていました。ロッタちゃんの大好きな豚のぬいぐるみの名前です、はい。
Commented by Miyuki at 2007-06-28 07:37 x
*ちゃんさま
ジャパン・センター、うん、その辺りまでせめて運転できるようになりたいです~。SF、何年もいるわりに、数回しか行ったことないのですよね。この夏の目標に、一応SF探索も入ってるので、なんとかしたい!
クロワッサン、それですそれ! そんな感じ! とにかくバターがはっきりわかるものがね! あと中身がちゃんと詰まってるものを探しているのです~。ああ、ほんと、一緒にベーカリー巡りできたらいいのにいいい
Commented by Miyuki at 2007-06-28 07:41 x
*マミィさん
わあい当たったー! んではエマちゃんをお皿にのせて送っていただければこちらで(ピーー)(ちょーー暴言)

肥溜め発言は、いまだに私の中で不動のNO.1です。ほんと、IQは高いのです、うちの兄……性格が悪いだけで。
その「この子はいつまで」視点、意外と多い気がする~。ちっちゃい子にとってはそんなもんなんでしょうなあ。
そう思われませんか、パムセさん(殴る蹴る)


<< 角度を変えれば収まるもの 続々・ここから始まる >>