秘密の園は自慢の種

Youth Day (China)
Greeney Day(みどりの日) (Japan)
St. Bededag (Denmark)


主婦業、年俸1,600万円に相当

13日(日)の母の日を前にして、色々と母の日セールのお知らせが、郵便だのメールだので送られてきます。私の元に。

どうせなら、お嬢や旦那のアドレスで登録し直してやりたい。

* * * * *

【イベント】
一昨年去年と参加した、市内にある庭園主催、春のガーデン・ツアー
市内の見事な庭を持つ邸宅5軒が密かに選ばれ、参加者は当日その庭を自由に見ることができるという、シークレットツアーです。
最初の感動が忘れられないまま、今年3回目の参加。友人3人と一緒に周りました。



しかし昨夜からあいにくの雨。明日からはいきなり華氏75度以上という予報なのに、なぜかこの3日間だけ、どこかの異次元に落ち込んだごとくの低気温と涙空。天気運がいいだけが取り得だった私は、朝からがっくりきましたよ。

が、神様が私のうるうるじと目を哀れに思し召したのか、幸い外に出ている間は曇り空で持ちこたえ、しかもたまに晴れ間ものぞくというところまでがんばってくれて、おかげでいい気分で見学できました。肌寒さは変わらないものの、傘がいらない分、身軽でよかったです。

ツアーを終えた後は、ギフトショップを冷やかして、お茶とクッキーをいただいて。予約していたランチバッグを1袋ずつ受け取り、我が家で熱いコーヒーと一緒にわいわい食べました。
見学した5つの庭園の、ごくごく簡単な記録は↓に。でも写真を見ながら、「……あれ、これはどこだっけ?」と何回も呟いてしまったので、あまり真剣に受け取らないでいただけるとありがたく(殴)(蹴)

全米でも有数の高地価のこのエリアで、3億4億の豪邸の一部に足を踏み入れることができるこのツアー。あまりにも手が届かなさ過ぎて、ため息さえ出ない庶民です。
その庭への細やかな気遣いを見せてもらい、やはりここまで手入れができる器の人こそ、こういう家を持つ資格があるのだなあと。尊敬と憧れと、その鮮やかさを分けてくれる温かさに、今年も天気とは裏腹に、胸がほんわりと満たされたのでした。

* * * * *

1.An African Sculpture Garden
家主がジンバブエなどのアフリカ諸国で、直接買い求めてきたという数々の彫刻が飾られた庭です。小さいながらも、ジャグジーも楽しめるプール付。
b0059565_12393869.jpgb0059565_1239486.jpg

2.An Andalusian Garden
東屋に噴水に、と盛り沢山の広い庭園。大きなツバキの木々が美しい色の花を沢山つけていて、その中にまた大輪のバラがアクセントになっています。
b0059565_12402215.jpgb0059565_12403340.jpg

3.An Artisan's Garden
見事な竹林の塀に、かわいいウサギの門鍵。扉をくぐった先に広がるのは、なかなかエキゾチックな彫刻が置かれた、こじんまりとした中にも多数の草木が茂る庭です。池には錦鯉が沢山いて、どこかアジアの雰囲気。
b0059565_12411027.jpgb0059565_12412234.jpg

4.An Arid Garden
ここは今まで見た中でも、最も庭がない庭。拍子抜けなんて言葉じゃ生易しすぎるぐらい。ですが、隣家との間に行き来できるフェンスがあり、その隣家の庭が見事なもので、もしかしてこれが為に選ばれた御宅としか思えません。というわけで、右側写真はフェンスからのぞかせてもらったお隣の庭です(……)
b0059565_124249.jpgb0059565_12421452.jpg

5.An Arts and Crafts Garden
温室や、小さなゲートに仕切られた区画や、ジャグジー・サウナコーナーなど、遊び心いっぱいのお庭です。地階に行く階段部分の塀には見事な絵が描かれていたり、家の中もさぞかし、と想像したくなる様子でした。
b0059565_12423595.jpgb0059565_12424734.jpg

[PR]
by senrufan | 2007-05-04 12:35 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/6825494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sledge at 2007-05-07 21:52 x
こういうお庭を見た瞬間に「草取りが大変そう」、邸宅を見た瞬間に「掃除するの大変そう」とか感想を持ってしまうのが、既に貧乏人の証拠ですね(笑)
そちらでこれだけのグリーンを維持するには莫大な水道料も掛かりそうですね~。(やはり根がダメです)
Commented by usayamama at 2007-05-07 22:49
面白いツアーですね。豪邸に足を踏み入れる事ができる、
考えただけでもワクワクします。
どれもすごいお庭。え〜〜っと公園?
この風景が日々の生活の中に存在するなんてすごいな〜。
しかしながらSledgeさん同様に手入れが大変と思ってしまいます(笑)
Commented by peartree22 at 2007-05-07 23:59
さすが、高級住宅街!ナパにも高級住宅が丘の上にたくさんありましたが、こんな粋な計らいはなく。
ワイナリーも思ったより(今は違うかもしれませんが)ガーデニングがすばらしい!と思えるところは少なかったのです。やはり個人の邸宅にはかなわないのでしょうか?
水道代、高いでしょうねぇ・・・(小市民の考え)。私はコンドミニアムに住んでいたので、庭がなく、悲しがっていたら、庭のある知人が「芝生を枯らさないためにすごい水道料を払っているのよぉ」と嘆いていたのを聞いて、庭付きじゃなくてもいいやとあっさり思い直したのでした(笑)。
Commented by Miyuki at 2007-05-08 08:00 x
*Sledgeさん
いやいや、私もお仲間、お仲間! 憧れますが住みたくない(笑)
水道代、やはり夏はかかりますよ~。おまけにまた値上げしちゃってもう(涙)
Commented by Miyuki at 2007-05-08 08:02 x
*usayamamaさん
そなのです、見るだけ~♪と気楽に入って、あーだこーだと言うのが楽しくて(笑) ほんと、日本の公園並の広さはざらですね。
で、こういう庭を持てる人=手入れができる人なわけですねー、あははー。
Commented by Miyuki at 2007-05-08 08:09 x
*ちゃんさま
ワイナリーも数年行ってません~。あの広さで維持していくのも大変でしょうが、個人の家だとまた大変さが違うんでしょうねえ。
水道代は地域にもよりますが、我がアバラ家でも夏は80ドルぐらいいってしまったりするので、豪邸だと考えるのも恐ろしい! でもこういう家の方達は、そんなもん”へ”でもないんでしょうな、きっと(ヒガミ)


<< 子供の、子供による、子供の為の 克服できない高みを見上げ >>