楽しさ余って闘志に繋ぐ

ギリシャ語で「賞賛する」は、「嫉妬する」と同語だそうです。

古今東西、確かな洞察力を持つ人を賢人と呼ぶ。

* * * * *

【イベント】
b0059565_12543867.jpg

お嬢、久しぶりのSwim Meet。久々の、ひっっっさびさの、ちょーーご無沙汰の(ぜいぜい)
この前に出たのはいつだったっけと、過去日記を調べてみた。
6月下旬だった。おまけに、その時も「ご無沙汰」なんて書いてた。(くらっ)(眩暈)



しかも、それだけ久々なのにも関わらず、1種目しか出ないでやんの。まあおかげで、補習校を休まないですんだけど。(Meetは土・日の2日間)
このやる気のない親子は一体ナニモノだ。ナマケモノだ。

しかしこの寒波猛襲中の週末、屋外プールでどうしようと思ったさ。
むちゃくちゃ厚着をしていこうと思ったさ。私がな(殴)
行ってみたら屋内プールで、すんごくほっとした。

Meetの間中、お嬢はチームメイトや友達と一緒にどこか行ってて、親のとこになど戻ってきません。さすがにもう要領は心得ているのと、皆大体同じ種目に出るので、レースの進行も追いやすい。そしてレースが始まれば皆で応援もあるしね。
というわけで暇な私は、本を読んだり、周りの保護者のウォッチングをしたりしてたわけで。

この手のスポーツイベントに行くと、ステージ両親タイプがやはり目立つ。普段の練習の時からガンガン檄を飛ばし、コーチにも言いたいこと言いまくり、試合では同タイプの親と固まってすごい声援をおくるんだよ。口と共に、身振り手振りも豊かな方が多いね。
しかしその分、ボランティアも積極的にしてくれるので、ありがたかったりするんだな。同じステージ親でも、モロ我が子だけが大事!と全面的に押し出して、自分の子の場所などを確保する為に、人の場所を勝手に占拠したりして、子供が戻ってくるとタオルだの食べ物だの、真綿にくるむように大事にしてて、周りの冷たい目線は全く無視、なんて方々もいらっしゃるから。

お嬢の友達の親御さんや私は、というと。
ボランティアもできる時は参加する。子供は子供で集まって、楽しくやってくれれば良い。お互い応援し合って、皆でタイムが上がればいいね。そんなことを、プールサイドで話したよ。

お嬢、ベストタイムを3秒縮めた。
目標タイムには手が届かず、だったけれど、同じように縮めた友達と、手を取り合って喜んでた。
[PR]
by senrufan | 2007-01-14 12:52 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/6349269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん at 2007-01-17 14:38 x
水泳大会、保護者の方たちもお疲れ様ですね。

カナダでも保護者の関わり方は同様のようですよ。力が入り過ぎて大変な親御さんたちもいるとか。

お嬢さんの新記録樹立、おめでとう。見に行った甲斐がありましたね。
Commented by peartree22 at 2007-01-17 21:41
3秒ってけっこうすごいことですよ。0コンマ1の世界ですもんね。
なんだかほほえましくってこういうのがいいですね。
あぁ、でも私はけっこう熱中してしまうタイプかも・・・。しかし、入ったらの場合で、私の場合は習わせるまでに時間がかかるかも。娘がやりたいといったら、やらせるでしょうけれど・・・。ひそかな狙いは”バレエ”なんですけれど。でもそこに衣装作りとか加わってくると、逃げるかな?(笑)。
Commented by Miyuki at 2007-01-18 13:21 x
*まきりんさん
カナダもやはりそうですか。保護者の助けなしには成り立たないのですが、同時に例えば野球などの人気スポーツの場合、一部の親子の勝手にされてしまうなどの側面もあり。水泳はそこまでではないので、面白がって眺めているだけですみますが(おい)
記録、上がってくれないと困りますよね~。なんせ半年ぶりですもん……
Commented by Miyuki at 2007-01-18 13:24 x
*ちゃんさま♪
確かに3秒はすごいのですが、なんせベースが遅いもんで、たははです。早い子のレースは見甲斐がありますよ。びゅっ!と行って、ばばっ!と帰ってくる!みたいな(笑)
私もバレエ狙いでした~! 自分ができなかったから、というのもあるのですが、あれはいろんなスポーツの基礎となれるものなので、バレエと体操はしばらくやらせましたよん。西洋人の中に混じったレオタード姿に耐えつつ(そっと涙) アネネちゃん、何が好きになるんでしょうね! わくわくしますねえ♪


<< 膝をついても辿り着く 湯気の向こうで揺らぐもの >>