変えることが前進ならば

本日のQuote。
"I never let my schooling get in the way of my education."
         -------Mark Twain
学ぶこと・身につけることに、限界値や枠を設けてはいけないのです。

でもやっぱり年には勝てない。(台無し)

* * * * *

【お菓子】
b0059565_10343442.jpg

ずっとトライしてみたいなーと思ってたのが、マクロビ風の餡
人によって黒砂糖を使ったり甜菜糖だったり、小豆も一晩水に浸す人がいるかと思えば、水に浸すと陰性が強くなるので浸さないとか、色々と工夫や流儀があるのだね。




今日作ってみたのは、ドライフルーツで甘味をつけるというもの。
小豆を煮て柔らかくなったら、デーツ(なつめやし)とレーズンを刻んだものを加えて、もう少し煮る。やや甘味が足りない気がしたので、玄米米飴を少々足した。

食べてみたら、小豆の味に包まれて、ドライフルーツが入ってるとはほとんどわからないぐらい。市販の餡だとベタベタしているのも多いけど、こちらの方がドライフルーツの歯応えがあるわりに舌触りが良いよ。

とりあえず半量使って、あんパンを作ってみた。家用だからと思って、全粒粉を加えた生地にした。
いつものふんわり柔らかいあんパンでなくて、どこか腰が据わった感じのパンになったよ。
餡だけ口にした時は十分甘いと思ったけど、パンの中に入れるにはもう少し甘めでも良かったかな。
b0059565_10351755.jpg

[PR]
by senrufan | 2006-10-05 10:28 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/5823043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん at 2006-10-07 13:06 x
すごい!小豆煮るのにマクロビ風があるとは!確かにドライフルーツは自然の甘みだものね。気になるお味の方は?
Commented by Miyuki at 2006-10-08 04:35 x
*まきりんさ~ん
私には十分おいしかったです! あんこのあの舌触りが苦手という人にはいいかも。味は小豆なのに、グミみたいな歯応えがあるんですよ。今度はドライフルーツのジャムに挑戦しようかと思ってます。


<< 人の歩みも月の下 闇に惹かれる日常の >>