導きは思わぬとこから

8月の終わりが夏の終わり。と思うのが、学生時代であったことよ。

そんな最終日に必死こいて夏休みの宿題をすること(例:絵日記を31日分まとめ書き)を、別名”イソノカツオする”とも言う。
巷には「夏休みイソカツ連合」と名乗る、「ギリギリになったらようやく始めて瀕死状態になる、そしてその経験を次回に生かさない連合」も密かに存在するらしい。特に特殊業界に広く潜伏。

出典は21世紀広辞苑です。嘘です。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1052564.jpg

近隣の市は幾つもあれど、意外と行ったことがないのが北方面。私の感覚でいけば「上の方」。地図ってなんで「上下左右」じゃないんだろう。(素朴な疑問)

地元市とサンフランシスコの間にある市、Burlingame。友人がそこのダウンタウンにあるベーカリーに連れて行ってくれたよ。
店名から、北欧系のパン屋さん→日本のアンデルセン→おいしい、と勝手に連想して、期待はむくむく膨らんだ。



広い店内はざっと2つに分かれてて、一方がカフェ、もう一方がパン屋さん。食器や陶器のギフトコーナーまで。壁にはロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートが何枚も。
大きいケーキもいっぱいあって、黄緑やどピンクやちょーイエローできらきらしてて、食べるのにかなり勇気をかき集めなきゃならない外見。カウンターの後ろの棚にずらりと並ぶリーンなパンの山が救いです。
カフェの方は朝・昼・夜とそれぞれメニューがあって、朝食は朝6時半から12時まで、昼食は朝8時からというタイムレンジなので、時間を選べばかなりのバラエティに富んだメニューかと。

でもって、目を通したランチメニューのサンドイッチの中に、なんとアレがあったんだよー。Homemade Danish Liverpaste。レバーですよ、ればーればー。
レバー大好きなんだが、旦那もお嬢も嫌いなので家で料理できなくて、かといって外食でもほとんど見かけなくて、ほんとに恋しかったんだよなあ。ああ食べたい、レバーの香味揚げ、レバ刺し、レバニラ炒め。鉄分補給に最適です。

全粒粉のパンに挟まれた分厚いレバーペーストに、トマト・レタス・マヨネーズ。ペーストはミートローフ並に大きいのに、ほとんど臭味が感じられなくて、それにマヨネーズが良く合ってる。
このレバーだけ売ってくれないかなー。そしたら毎朝トーストにのっけて食べるのに。

食事もおしゃべりも堪能した後、ベーカリーコーナーで一頻り物色。ショーケースを眺めて悩んでいたら、中にはハエが一匹飛んでました。彼がとまったパンは避けたのは言うまでもない。

Copenhagen Bakery & Cafe
1216 Burlingame Avenue
Burlingame, CA 94010
[PR]
by senrufan | 2006-08-31 10:50 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/5604559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 長月2006 そんな平和な戦いならば >>