Crater Lake National Park

【旅行】
b0059565_10223441.jpg

空と水の境目が無いような。
そんな青さだと聞いていたCrater Lakeは、前々から行ってみたかったところの一つでした。
日本語にも英語にも数々の青色を表す言葉がありますが、実物はどの青と表現していいのかわからない、ただただ一面の青でした。

今から約7,700年前、Mt. Mazama(マザマ山)という火山が噴火し、その火口に雨水と雪解け水が溜まりました。そうしてできたカルデラ湖が、このクレーターレイクです。
直径5マイル(9.6km)、周囲は2,000フィートの崖にぐるりと囲まれた環状湖。深さは1,943フィート(593m)、全米で最も深く、世界でも7番目。そして世界で最も純粋で透明度が高い湖です。
1万年以上前から周囲にはアメリカン・インディアンの部族が住み、1850年以降からは金を求めてやって来た探鉱者達により噂が広まり、Steel氏の研究結果などを経て、1902年に国立公園に指定されました。現在でも様々な調査が続けられています。



噴火時の堆積物でできた島が2つ、湖内にあります。
1つはWizard Island(ウィザード島)。6,940フィート(2,116m)の大きさのミニ火山です。
もう1つ、幅500フィートと非常に小さいながら、その姿からPhantom Ship(幽霊船)と呼ばれる島です。確かに数本のマストと垂れ下がった帆に見えなくもなく。ぱっと見は「城」と思ったのですが、そんな平凡な発想ではいけないの。
b0059565_10164924.jpgb0059565_1017056.jpg

b0059565_10231477.jpgというのは、”城”という名称ははすでにこちらのもの。Pumice Castleと名付けられた断崖です。Pumice、つまり軽石。あのかかとの角質などをこする為の(台無し)
道端などで拾ってみると、見かけに反して相当に軽く、きっとこれからも浸食が進んで、城の形も変わっていくだろうことが予想できます。


b0059565_1018677.jpg南東にずっと行くと、Pinnaclesと呼ばれる奇岩群。川を挟んでそそり立つ両崖の上に突き出た、何本もの尖塔。これもまたPumiceであり、溶岩流が水や雪で冷やされて、このような形で残ったものとのこと。


b0059565_10182599.jpg湖の周囲は、土壌が土壌であるのと(Pumice soil)、1年のうち8~9ヶ月は雪に覆われる場所であり、夏季である現在でさえ、所々に万年雪が在ります。なのでWildflowersの時期は大変短く、また水があるところにしか咲きません。
湖の南側にあるGarfield Peak(標高2,455m)に登ったのですが、山道ゆえに見られる花は少なく。花を楽しみたい方には、ビジターセンターから行ける短いトレイルがお薦めで、花々やそれに集まるハミングバードが楽しめます。


* * * * *

湖と言えばボート。(偏見)
国立公園のクレーターレイクにも、ボートツアーがあります。7~9月上旬のみオープン、1日7
便。
所要時間2時間弱でPhantom Ship島などを間近で見られるのですが、予約ができないので当日チケットのみ。
私達が行った時には、すでに全便売り切れ。翌日はと聞くと、「朝8時から販売開始だから、7時半には来て並んでた方がいいよ。今日も30分後には売り切れたし」と言われました。恐るべし。

今日一日だけのつもりだったので、夜のホテルは少しでも帰路を楽にする為、100マイルほど南のところを予約した私達。そこから早朝に出て公園に戻り、一便のチケットを買えたとしても、ツアー終了は12時近く。帰りにそこから7~8時間かかることを考え、泣く泣く諦める羽目に。ええ、涙ながらに、仕方なく、断腸の思いで(未練度150%)

実はこのボート乗り場までの道が、すでにトレッキングコースになっており。唯一湖水に触れる場所でもあるので、せめてそこまで行こうかという話もしたのですが。
インフォメーションを見たところ、距離は往復で2.2マイル(3.5km)と短いものの、難易度は4段階の最高(Strenuous climb)。更にそのコースだけ別枠の注意書き。
「往きは700フィート(213m)の高さを降り、帰りは65階分の階段を上るのと同じになりますので、健康で、心臓や呼吸器官に問題のない方だけにお薦めします」
すでに山登り後だった我々は、こちらも諦める羽目になりました。
ボートツアー参加の人達、皆大丈夫なんだろうか。
b0059565_10184634.jpg

[PR]
by senrufan | 2006-08-12 10:14 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/5486422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2007-07-16 14:09
タイトル : No.279 クレーターレイク国立公園(Crater L..
旅行2~3日目はカリフォルニア州からオレゴン州に突入し、目指したのはアメリカで最も深い湖のあるクレーターレイク国立公園。 -+-+- ■ クレーターレイク国立公園 (Crater Lake National Park) クレーターレイクは、火山の噴火口跡に雪解け水が溜まって出来たカルデラ湖。オレゴン州唯一の国立公園。湖の深さは 1,943 ft (592 m)と、世界で第7番目、アメリカでは最も深い。 ちなみに、世界最深はロシアのバイカル湖(Baikal)。 カリフォ...... more
Commented by eucaly at 2006-08-15 15:57 x
ではその未練、わたくしが仇とって差し上げましてよ。・・・いつの日か・・
Commented by Miyuki at 2006-08-16 09:01 x
*eucalyさん
しっかとバトンをお渡ししましたぞっっ!!(がしっ)(もう逃れられない)
Commented by mama at 2006-08-20 07:03 x
初めまして!
実はベイエリアに住むものなのですが、クレーターレイクへ子連れ旅行を考えていて、こちらのサイトに行き着きました。車で7~8時間というのはちょっとキツイので、宿との組みあわせでボートツアーにも参加できたらいいなと計画しているのですが、なかなか早朝にクレーターレイクに着くのは難しいと考えています。
ぶしつけで申し訳ないのですが、管理人さんがリベンジするならば、こうする!、今回の旅はこうだったというのを車移動や宿の視点からご伝授願えないでしょうか?
Commented by Miyuki at 2006-08-20 12:25 x
*mamaさま
初めまして! では拙いながら、リベンジのつもりで(笑)
まず宿ですが、これはもう園内をねらうのが一番かと。園内に2つ、ホテルとモーテルがあるので、このどちらかに泊まるか、もしくはキャンプ場があるのでそこでキャンプするかであれば、早朝のツアー予約は問題ないと思います。
私達は金曜の夕方5時ごろに出発だったので、一息にクレーターに行くのは諦めたのですが、mamaさんが朝から出発できるとなれば、どこかお子様が喜ぶ場所で休憩を兼ねて遊んだりされながら、その日の夜までにクレーターに着くというのはいかがでしょうか。そして翌日をクレーター探索に当てられては。
ちなみに近隣の町に幾つかモーテルがあるのですが、如何せんかなり田舎なので、食事する場所に不自由します。食事も宿もOKな町となると、MedfordかKlamath Fallsまで行くことになり、公園から100マイル以上離れるのが難点で。ただ、クレーターを離れるとなった時のベイエリアまでの中継地点としては良いと思います。
あとボートツアーは9月半ばまでなのと、他にも夏季のみオープンの道があるので、できるだけこの期間にぜひ! 何かありましたらまたご連絡下さいね~。
Commented by mama at 2006-08-23 07:09 x
さっそくのお返事ありがとうございます!
園内は狙っておりますが、レイバーデイ連休に行こうとするともうすでにいっぱいとなっていました。前日くらいにもう一度トライしてみるつもりです(キャンセル空きを狙う)。キャンプならば空いてることが多いと聞くのですが、子供が二歳半・・・はたして、キャンプできるかどうか(キャンプというのが具体的にどんなものか私達が理解していない点も問題)と不安でいますので、結局園外の宿にするしかないかなあと思っております。miyukiさんのおっしゃるとおり、一日目はほとんど移動、二日目は朝早起きしてボートツアーに、三日目はまたふらふら帰路!というのが一番よさそうですね。でも、何だか移動に二日間もとってしまうのはちょっともったいないなあと思い、シャスタ山のへんをうろうろっとして帰ろうかと漠然と考えております。miyukiさんのアドバイス、大変助かりました。
Commented by Miyuki at 2006-08-23 10:37 x
*mamaさま
うわあ、もういっぱいですか、さすが連休。それではもし園外に宿泊される場合は、できるだけ近くの町を選ばれて、食事や食料品の買い物は、園内施設を利用されるのもテですね。ホテルのレストランがありますし、キャンプの人が買い物する用のショップもありました。そう、移動に2日使うのが難点ですよねえ。でもシャスタも良かったですし、自然系なら他にラッセン国立公園などもありますし、Walnut Creekでお買い物もできますし。どうぞ色々楽しんで、ゆっくりお帰り下さいね!あ、でも渋滞地点も多いかも……(汗) 何はともあれ、ボートツアー参加、祈っております!お子様が65階分の階段に耐えられることも祈っております!(真剣)
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-07-16 14:11
クレーターレイクに行かれたということだったので、早速過去ブログをあさってしまいました(笑)丁寧な旅行ガイドブックのような解説ブログですね。私は写真でごまかしてますが。。ボートツアー、参加できなかったんですね。それは本当に残念です。あの湖の青さはボートツアーに参加して最も体感できたものなので。機会があればお嬢様と一緒に是非是非再訪されてください!そのときのブログも楽しみにしています。登り坂も案外大丈夫でした。高齢の方や子供も休み休み一生懸命登っていましたので。

※勝手ながらトラックバックさせていただきました。これからもよろしくお願いします♪
Commented by Miyuki at 2007-07-17 07:26 x
*shinaさん
shinaさんのあの美しい記事には、真剣にうっとりでした~vv 実は、ちょうど知り合いから、クレーターレイクについて聞かれまして。グッドタイミングと思いながらshinaさんの記事を教えたら、わかりやすい説明ときれいな写真に感動してましたよー! そうであろう、そうでなくば(なぜか得意)
そしてボートツアー、もーこれは再チャレンジ決定ですね。(きっぱり) あの湖水がさらに青く、なんて、想像しただけでも血が騒ぎます。

トラバありがとうございます、光栄です♪ ではでは私もトラバ返し、えへへ。


<< Mount Shasta 目に映る空の色の差は >>