百人百彩

今日見かけたナンバープレート。
「WATRRRRR!」の文字の横に、火の中に立つ消防士の絵。

思わず敬礼しそうになりました。

* * * * *

【イベント】
b0059565_1250691.jpg

お嬢と共に、知り合いの方の個展に行く。
場所はカレッジの図書館内。入口を入ると真正面にある壁一面に、ずらりと彼女の作品がかけられている。

油絵にパステル、水彩画。更には和紙などを使ったコラージュも。
個展のテーマが”Nature, Intuition & Memory”となっている通り、風景画や花などの静物画がほとんど。
優しい色合いと、大胆なようで実は正統派な筆使いが特徴のようで。それはまだわずかしか会っていない私にとって、彼女とイメージが重なるようで。

自分が赤と思っている色が、実は他の人の思っている赤と本当に同じものかは、きっと誰にもわからない。
だから美術館などに行くと、きっとこの人は私と見ている世界が違うのだなあと思うことがある。
素敵な絵に会えると、その人の目で世界を見てみたいと願いたくなったりする。

印刷物やTVの画面で見て十分美しくても、やっぱり現物を観るのが何よりだと思った一時でした。

Kani Paik (July 3 - August 10, 2006)
Foothill College Library Gallery
12345 El Monte Road
Los Altos Hills, CA 94022
[PR]
by senrufan | 2006-07-10 12:49 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/5245658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 季節の授かり物 質と大きさの相乗効果は >>