心に染み入る甘さを

「ディナーの後のデザートは、その日一日の自分へのご褒美なんですよ。だから夜に食べるスイートには特別心をこめて、少し甘さを多めに作るんです」
某パティシエの方のお言葉。
私も思う存分、夜にケーキが食べたいです…!(成せない悲哀)(せめてダイエットクッキー)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_12202676.jpg

隣の市のダウンタウンにオープンした、日本からのケーキ屋さん。ベンチャー起業家によって立ち上げられたらしい。
その2号店がここのダウンタウンにもオープンしたので、友人と行って来た。
店は1号店より広め。縦に細長く、向かって左半分がウィンドウ、右半分が客席になっている。

アメリカのケーキと言えば、大きい・極甘・安い、というのが日本人間で良く聞く感想。
その点、ここのケーキはさすが日本生まれだね。小さい・適度な甘さ・ちょーー高い、の三拍子。
一番安いプリンで$3、一番高いケーキはなんと$7。お土産用のマドレーヌやフィナンシェ、1個$2。いやいやもうどうしましょう、というお値段で。地元新聞などのレビューでも、ケーキの大きさと値段が釣り合わないという批評が多かった。

だけどやっぱりおいしいんだな。ああ日本の味……としみじみしちゃう。
私も正直この値段はちょっとなあ、と思うので(だってビンボー)、おそらくめったには行かないけど。
でも例えば特別なお土産用にいいかも。
ベーカリー系製品は大きくて安いから、そちらを目当てにするのも良いかも。
そんな感じで、適度な距離のお付き合いでね。ケーキは毎日の食事じゃなくて、生活の贅沢なエクストラだから。

SATURA CAKES
320 University Ave.
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2006-06-30 12:18 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/5173175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 文月2006 味覚の相性 >>