庇護の膜に包まれて

図書館の駐車場に車を停めていたら、戻ってきた時、外気温度計は115度を示してた。私が目にした最高記録。

いっそのこともうしばらく放置して、どこまで上がるか見たいという誘惑と戦うことしばし。

* * * * *

【料理】
b0059565_10172327.jpg

暑かろうが何だろうが、ちゃんとお腹がすく人はすごいと思う。料理するのは更に暑いし、食欲ない身ではますます作る気もしない。(うんざり)
とりあえず肉はいやだ。私がいやだ。
ということで、今日はベジタリアンメニュー。

そのうちの一品、青菜の油揚げ包み・ごぼうあんかけ。カノウユミコさんのレシピより。
青菜なら何でも可ということだったので、当然ストックしてあった小松菜を出すよ。出すよ(鼻息荒く)

開いた油揚げに、茹でて下味をつけた青菜をのせて巻き、フライパンで軽く焼く。
ささがきごぼうをごま油で炒め、水・醤油・しょうがで煮て、くず粉でとろみをつける。
適宜に切った包みの上にあんをかける。

新ごぼうだったので、柔らかめの歯応えがあんにちょうど良い。
[PR]
by senrufan | 2006-06-22 10:16 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://senrufan.exblog.jp/tb/5099356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 時間は酷か救済か 発想と環境の転換を >>